プロダクト管理テンプレート

適切な管理ツールを見つけ、製品要件の収集や、プロセスのダイアグラム作成、チーム会議の開催、機能のワイヤーフレーミングなど、さまざまなタスクに取り組むことができます。Miro のプロダクト管理テンプレートコレクションを使用して、製品のマーケティング戦略、ロードマップ、カスタマージャーニーなどを作成しましょう。

Affinity Diagram Thumbnail
プレビュー

アフィニティ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, マッピング, プロダクト管理

アフィニティ図を使用して、ブレインストーミングセッションで出された情報を発信し、整理し、まとめましょう。製品を作り上げている場合や複雑な問題を抱えて作業している場合、あるいはプロセスを確立している最中であったり、課題を見極めようとしている場合に、アフィニティ図はチームメンバーが協力してアイデアを共有する機会を与えてくれる、便利でシンプルなフレームワークです。ブレインストーミングだけに適しているわけではありません。アフィニティ図は意見を一致させたり、アンケート結果などのデータを分析するような場合に活用できる、大変便利なテンプレートであり、ツールなのです。

アフィニティ図テンプレート
Swimlane Diagram Thumbnail
プレビュー

スイムレーン図テンプレート

活躍するシチュエーション:

フローチャート, 図表作成, ワークフロー

プロセスが複雑になってきたら、一歩下がって、誰が、いつ、何をするのかを視覚化することをお勧めします。スイムレーン図とは、身近なもの(水泳プール)から着想を得て、チーム、作業グループ、部門、多層化された組織のプロセスを「スイムレーン」によって整理するものです。このわかりやすいワンストップな視覚表現は、スイムレーンから着想を得て、複雑なプロセスを整理するものです。スイムレーン図は、大規模プロジェクト前の役割の明確化、新入社員の定着の迅速化、組織構造の更新など様々な用途に使用することができます。

スイムレーン図テンプレート
UML Diagram Thumbnail
プレビュー

UML 図テンプレート

活躍するシチュエーション:

Diagrams, Software Development

UML は元々、UML は元々、ソフトウェア工学でモデリング言語として使われていたため、アプリケーション構造やソフトウェアの文書化によく使われるツールです。UML は、「Unified Modeling Language(統一モデリング言語)」の略称で、ビジネスプロセスや、ワークフローのモデリングにも使用することができます。フローチャートと同様に、UML 図は、段階的なプロセスをマッピングすることができます。これにより、チームはシステムとタスク間の関係を簡単に表示することができます。UML ダイアグラムは、新入社員が状況を素早く把握し、文書作成、職場やチームの管理、プロジェクトの合理化に役立つ効果的なツールです。

UML 図テンプレート
CustomerJourneyMapTimeline-thumb-web
プレビュー

顧客接点(タッチポイント)マップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, Mapping

お得意様を引き寄せ、引き留めておくには、顧客のペインポイント、要望、ニーズを理解することから始めなければなりません。顧客接点(タッチポイント)マップは、サービスの登録からサイトの使用、製品の購入まで、顧客がたどる道筋を見える化することで、それを理解するのに役立ちます。また、2 人として全く同じ顧客はいないので、CJM を使用すれば、製品にたどり着くまでの複数の道筋を立てることができます。すぐに、そうした行動を予測し、あらゆるステップで顧客を満足させることができます。

顧客接点(タッチポイント)マップテンプレート
Concept Map Thumbnail
プレビュー

コンセプトマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, マッピング, ブレインストーミング

簡単に言うと、コンセプトマップでは、複雑なアイデアやコンセプトの具体的な相互関係に関して、「なるほど、そういうことか」と思う瞬間を作り出します。これは、とてもシンプルなビジュアルツールです。通常、コンセプトを四角形や円形の中に書き、矢印で関連するアイデアや情報を結び付けるもので、下方向に枝分かれしていく階層構造が出来上がります。新しいアイデアを学んでいる(そしてチームに教えている)場合でも、ユーザーフローをマッピングしている場合でも、このテンプレートは、前進し、飛躍的進歩を遂げるのに役立ちます。

コンセプトマップテンプレート
official-remote-5-day-design-sprint-web.png
プレビュー

作業用 5-Day デザインスプリント

活躍するシチュエーション:

デザイン, デスクリサーチ, スプリントプランニング

デザインスプリントの目標は、わずか 5 日間でプロトタイプを構築し、検証することです。一週間のスケジュールを確保して小規模チームを編成し、実績のあるチェックリストを使用して順序よく、課題の解決からソリューションの構築までをスムーズに進めます。Design Sprint のステフ・クルション氏は、Google でデザインスプリントの第一人者とコラボレーションして、この Miro のテンプレートを作成しました。この作業用 5-Day デザインスプリントは、リモートスプリント用に特別に設計されているため、世界中の同僚と生産性の高い、効率的なスプリントを実行することができます。

作業用 5-Day デザインスプリント
product-development-roadmap-thumb-web
プレビュー

製品開発ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

ロードマップ, ソフトウェア開発, プロダクト管理

製品開発ロードマップは、コンセプトから市場投入に至るまで、製品を提供する際にチームが実施する必要があることすべてに対応しています。また、製品開発ロードマップは、ガイダンスとリーダーシップを提供するチーム連携ツールで、チームが集中して製品イノベーションのバランスを取り、顧客ニーズを満たすことができるようサポートします。製品開発段階に集中して時間をかけてロードマップを作成すると、チームは、ビジネスリーダー、デザイナー、開発者、プロジェクトマネージャー、マーケティング担当者、その他チームの目標達成に影響を及ぼす個人にビジョンを伝えることができます。

製品開発ロードマップテンプレート
Project Charter Thumbnail
プレビュー

プロジェクト憲章テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, ドキュメンテーション, 戦略プランニング

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの詳細情報を正確に把握するために、プロジェクト憲章を活用します。プロジェクト憲章では、プロジェクトに関係する主要目的、範囲、チームメンバーなどについて説明します。プロジェクト管理を整理する場合、プロジェクト憲章は、あらゆるプロジェクト範囲の目的、戦略、成果物に関する情報を共有し、全員の認識を合わせるのに役立ちます。このテンプレートを使用すれば、プロジェクトのあらゆる側面を記録して、関係者全員の意識を合わせることができます。プロジェクトの進捗状況、目的、範囲について常に把握することできます。

プロジェクト憲章テンプレート
research-thumb-web (1)
プレビュー

リサーチ用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Education, Desk Research, Product Management

ユーザビリティテストや顧客インタビューから得られた情報を体系的かつ柔軟なユーザーリサーチテンプレートとして文書化する必要がある場合も少なくありません。全員の観察結果を一箇所に集めることで、全社的なインサイトの共有や、ユーザーニーズに基づいた新機能の提案が容易になります。リサーチ用テンプレートは、定量的・定性的なデータの記録にも利用できます。

リサーチ用テンプレート
Research Design Thumbnail
プレビュー

リサーチデザインテンプレート

活躍するシチュエーション:

デザイン思考, デスクリサーチ, UX デザイン

デザインリサーチマップは、リサーチ方法において考え方とアプローチという 2 つの重要な共通部分の関係を示すグリッドフレームワークです。デザインリサーチマップでは、チームやクライアントに、生成的なデザイン思考を使用して新しいビジネス戦略を立てるよう促します。このフレームワークは元々、学者のリズ・サンダース氏によってデザインされ、リサーチとデザイン手法間の混乱や重複の問題を解決することを目的としています。チームが問題解決モードまたは問題空間定義モードのどちらであっても、リサーチデザインテンプレートを使用すれば、多くの無関係な業務における共同価値を検討するのに役立ちます。

リサーチデザインテンプレート
research-topic-brainstorm-thumb-web
プレビュー

リサーチトピックブレインストーミングテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Brainstorming, Ideation

リサーチプロジェクトのトピックを考え出すことは時に困難を伴います。リサーチトピックブレインストーミング テンプレートを使用して、一般的なアイデアを具体的なものに変換しましょう。リサーチトピックブレインストーミングテンプレートを使用すれば、興味を引く一般的なアイデアを列挙し、構成要素ごとに分解することができます。それらを、リサーチプロジェクトの焦点となるような質問に変えることができます。

リサーチトピックブレインストーミングテンプレート
RICE Thumbnail
プレビュー

RICE 優先順位付けテンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

製品ロードマップを作成する際、道に迷ってしまうことがよくあります。RICE とは、Reach(リーチ)、Impact(インパクト)、Confidence(信頼度)、Effort(労力)の略語で、アイデアの評価と優先順位付けを行うのに役立ちます。顧客を喜ばせる新しいアイデアをブレインストーミングするというのはやりがいのある仕事ですが、過度な期待が伴うものです。チームは、過度な期待に気づかないまま、最も魅力的なアイデアに飛びついてしまうものです。RICE フレームワークを活用することで、各プロジェクトの可能性を慎重に検討し、その実現可能性を評価することができます。

RICE 優先順位付けテンプレート
SAFe Thumbnail
プレビュー

SAFe プログラムテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, 図表作成, アジャイルワークフロー

アジャイルモデルは多くの組織で使用されています。すべてのアジャイル標準を厳密に順守していない企業でも、アジャイルツールやプログラムインクリメント(PI)プランニングのような手法を取り入れています。正式な PI セッションを採用していなくても、プログラムボードは、チームや関係者とのコミュニケーションを活発にすることができます。また、開発目標とビジネス目標を一致させ、依存関係を明確にし、部門横断的なコラボレーションも可能にします。プログラムボードは、計画セッションに必要な構造を提供し、ブレインストーミングや調整会議にも対応できるような適応性を持っています。

SAFe プログラムテンプレート
safe-roam-board-thumb-web
プレビュー

SAFe ロームボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

Agile Methodology, Operations, Agile Workflows

SAFe ROAM ボーボードは、リスクを視覚化するフレームワークです。このフレームワークは、リスクを無視することがないように、リスクに気づき、浮き彫りにするための共有スペースを提供します。ROAM ボードは、リスクの可能性と影響を検討し、リスクの優先度が低いのか、高いのかを判断するのに役立ちます。SAFe(Scaled Agile Framework)の基本原則は、費用対効果の高いソリューションの推進、システム思考の適用、物事が変化することの想定、段階的な構築、作業システムの評価に基づくマイルストーン、進行中の作業の視覚化と制限によって構成されています。

SAFe ロームボードテンプレート
Scenario Mapping Thumbnail
プレビュー

シナリオマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Mapping, Product Management

シナリオマッピングは、あるタスクを完了するためにユーザーが取りうるあらゆるステップを概説するプロセスです。シナリオマッピングテンプレートを使用することで、様々なペルソナが様々な状況に対して起こす行動、思考、感情の視覚化が可能になります。シナリオマップは、実際に起こったことだけでなく、意図したシナリオや理想的なシナリオ(起こるべきこと)を一緒に概説します。理想的なシナリオを概説するのであれば、プロジェクトのかなり早い段階でユーザーマッピングを行って、ユーザーストーリーやプロダクトマネージャーバックログの作成に役立てるべきです。現状をより詳しく把握するだけなら、ユーザーへの聞き取り調査や観察を行う際のユーザーマッピングだけで十分です。

シナリオマップテンプレート
screen-flow-thumb-web
プレビュー

画面遷移図

活躍するシチュエーション:

ワイヤーフレーム, プロダクト管理, UX デザイン

画面遷移図は、web サイトやシステム開発において画面間の関係を一目で理解することができる便利な図形です。各画面間のフローを視覚的にマッピングすることにより、ユーザーが web サイト上の各画面で何を見て、製品やサービスを購入する際の意思決定にどのような影響を与えるかを深く分析することができます。また、コラボレーションに特化した Miro ならではの機能によりプロジェクトチームや関係者、取引先との円滑なコミュニケーションも1つのボード内ですべて取ることができます。Miro の画面遷移図テンプレートを活用し洗練されたユーザー体験を自社サイトで実現しましょう。

画面遷移図
Process Map Thumbnail
プレビュー

プロセスマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, プロダクト管理, マッピング

プロセスマップを使用すると、チームが実施した計画やアプローチを評価、記録し、戦略を立てることができます。これは、障害を排除、または防止するのに役立つツールです。段階的に整理できるプロセスマップを使用すれば、プロセスやシステムを分類し、プロセスの各段階の成果物やアクションアイテムを記録することができます。プロジェクトのあらゆる段階の目標、活動、成果物を細分化することで、進捗状況を把握しているか、または効果的に問題解決に取り組んでいるかどうか理解することができます。

プロセスマップテンプレート
Quick Retrospective Thumbnail
プレビュー

短時間のふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, ふりかえり, ミーティング

ふりかえりテンプレートは、インサイトにあふれた会議、業務の棚卸し、効率的な反復を支援します。「ふりかえり」という言葉は、「デブリーフィング」や「反省会」よりも表現が中立的なため、最近はより広く使われています。チームによっては、これらの会議を「スプリントのふりかえり」、「イテレーションのふりかえり」、「アジャイルのふりかえり」と呼んでいます。スクラムチームにいる、アジャイル手法を使用している、特定のふりかえり手法(喜・怒・哀によるふりかえりなど)を使用している、そのいずれの場合でも、ふりかえりの目標は共通しています。すなわち、うまくいったことや問題の根本的な原因を把握し、次の反復に活かすことが目標です。

短時間のふりかえりテンプレート
Brainwriting Thumbnail
プレビュー

ブレインライティングテンプレート

活躍するシチュエーション:

Education, Ideation, Brainstorming

ブレインストーミングは、アイデア出しの大部分を占めています。しかし、参加者全員がブレインストーミングの場ではっきりと発言すること、つまり声を大にして意見を述べ他の人のアイデアをベースにして考えるといったことが得意なわけではありません。ブレインライティングは、クリエイティブな思考を持った内向的な人のための素晴らしい解決法です。このアプローチとテンプレートは、参加者にアイデアを静かに振り返って書き出してもらうことを促します。そして、他の人にそのアイデアを読んでもらい、それに書き加えるのです。そうすることで、はっきり発言する数人からだけではなく、参加者全員からクリエイティブなアイデアを得られるようになります。

ブレインライティングテンプレート
Product Roadmap Basic-thumb-web
プレビュー

製品ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

プロダクト管理, ロードマップ

製品ロードマップは、製品の今後のビジョンや進捗状況の共有に役立ちます。これは、戦略や優先順位に関して、管理者層、エンジニアリング、マーケティング、カスタマーサクセス、営業などのチームや重要な関係各所との認識を合わせるのに適した重要な資産です。製品ロードマップを使用することにより、今後のプロジェクト管理方法についての情報共有や、新しい機能や製品目標の詳細、新製品のライフサイクルの説明を行うことができます。製品ロードマップは、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできるフレームワークですが、通常、開発する製品や、開発時期、各プロセスの担当者や関係者に関する情報が含まれます。

製品ロードマップテンプレート
productvision-thumb-web
プレビュー

プロダクトビジョン テンプレート

活躍するシチュエーション:

Product Management

このプロダクトビジョン テンプレートを使って、ユーザーに価値をもたらし、より優れた製品を開発しましょう。チームが優れたプロダクトビジョン ステートメントを築き上げ、ビジネスとカスタマー エクスペリエンスを向上させるのに役立ちます。

プロダクトビジョン テンプレート
mvp-thumb-web
プレビュー

MVP (実用最小限の製品)テンプレート

活躍するシチュエーション:

Product Management

MVP (実用最小限の製品)テンプレートを使ってアイデアを検証し、ユーザーに利用される製品を作りましょう。

MVP (実用最小限の製品)テンプレート
prune-the-product-tree-thumb-web
プレビュー

製品ツリー管理テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

製品ツリー管理(製品ツリーゲームや製品ツリー優先順位付けフレームワークとも呼ばれる)は、プロダクトマネージャーが製品機能の要求を整理し、優先順位をつけるのに役立つビジュアルツールです。このツリーは、製品ロードマップを表し、顧客や関係者から集めたフィードバックの反映をゲーム化し、製品やサービスをどのように成長させ、形づくるかを検討する手助けとなります。一般的な製品ツリーは、4 つの象徴的な要素で構成されます。幹は構築中の既存製品の機能、枝は製品やシステムの機能、根は技術要件やインフラ、葉は製品機能の新しいアイデアを表しています。

製品ツリー管理テンプレート
Project Presentation-thumb-web
プレビュー

プロジェクト プレゼンテーション テンプレート

活躍するシチュエーション:

Presentations, Product Management

Miro のプロジェクト プレゼンテーション テンプレートを使用して、今後のプロジェクトの概要を説明しすることができます。投資家の賛同を得て、関係者に情報を提供し、同僚にアクションプランを示しましょう。

プロジェクト プレゼンテーション テンプレート
CustomerJourneyMap-thumb-web
プレビュー

カスタマージャーニーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

アイデア出し, マッピング, プロダクト管理

カスタマージャーニーマップとは、特定のペルソナを元に顧客体験を視覚化するためのフレームワークであり、顧客が製品・サービスと出会い、購入に至るまでの経緯を視覚的に把握することに役立ちます。顧客のニーズや体験を深く知ることで、ターゲットセグメントに響く製品やサービスの提供が可能となるだけではなく、顧客ロイヤリティの向上やシェアの範囲を持続的に拡大することができるようになります。カスタマージャーニーマップテンプレートを使用することにより、いつでもあっとい間にカスタマージャーニーマップの作成を開始することができます。

カスタマージャーニーマップテンプレート
experiencemap-thumb-web
プレビュー

エクスペリエンスマッピングテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Mapping

エクスペリエンスマップテンプレートを使用して、顧客のニーズと要求に応じた製品計画を策定しましょう。製品開発とブランディングに顧客中心のアプローチを導入します。

エクスペリエンスマッピングテンプレート
Website Wireframing Thumbnail
プレビュー

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレート

活躍するシチュエーション:

ワイヤーフレーム, ユーザーエクスペリエンス

ワイヤーフレームは、構造レベルでウェブサイトを設計するツールの 1 つです。ワイヤーフレームは、各ページのインターフェース要素を視覚的に示すためのウェブページの設計図のようなものです。このワイヤーフレームテンプレートを使用すれば、ウェブページで素早く、手軽にイテレーションすることができます。クライアントやチームメンバーなどのプロジェクト関係者とのコラボレーションにワイヤーフレームを活用しましょう。ワイヤフレームを使用すれば、多くの時間やリソースを費やすことなく、プロジェクト関係者と効率的に認識合わせができます。これにより、ユーザーのニーズや期待を確実に満たすことができるウェブサイトの構造やフローを構築することが可能になります。

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレート
swot-analysis-thumb-web
プレビュー

SWOT 分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

意思決定, 戦略プランニング, 優先順位付け

ビジネス戦略を策定するときに、どこに焦点を当てるべきか判断に迷うことがあります。SWOT 分析テンプレートは、焦点を当てるべき重要な要素を見出すのに役立ちます。SWOT とは、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字をとった略語です。強みと弱みは、従業員、知的財産、マーケティング戦略、立地などの内部要因を指します。機会と脅威は通常、市場の変動、競争、原材料の価格、消費者の動向などの外部要因を指します。新規事業や新製品の機会を探る、製品を発売する最善の方法を決定する、自社の潜在能力を引き出す、自社の強みを活かして機会を開拓する、などを希望するなら、SWOT 分析を実施しましょう。

SWOT 分析テンプレート
Online Sketching Thumbnail
プレビュー

オンラインスケッチテンプレート

活躍するシチュエーション:

UX デザイン, デスクリサーチ, デザイン思考

期待できるアイデアを用いて本格的に取り組む前に、高レベルから考え、それがどう機能し、どれくらい目標に合っているかを把握しましょう。それを行うのがスケッチです。このテンプレートは、ウェブページやモバイルアプリのスケッチ、ロゴの設計、イベントの計画など、プロトタイプの初期段階に適した強力なリモートコラボレーションツールです。スケッチをチームと簡単に共有し、それを変更したものをベースとして作り上げる前に、各段階のスケッチを保存することができます。

オンラインスケッチテンプレート
Lean Coffee Thumbnail
プレビュー

リーンコーヒーテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, プロダクト管理, ミーティング

会議を素晴らしくするために必要なものは何でしょか?それは、参加者のスキル、リソース、時間を最大限に活用することに尽きます。リーンコーヒーは、そのためにデザインされた手法です。チームのブレインストーミングや振り返りに最適なリーンコーヒーは、会議を「話すべきこと、話すこと、話したこと」の 3 つの基本的なステージに分けます。このテンプレートを使えば、別なトピックに移動する際の付箋の回収やカラムの更新が容易になります。

リーンコーヒーテンプレート
Competitive Analysis Thumbnail
プレビュー

競合分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, 意思決定, 戦略プランニング

優れた製品を開発するには、状況(どこと敵対しているか)を把握し、いくつかの質問に答えることから始めます。競合他社はどこですか?製品やサービスにどのような違いがありますか?卓越しているものは何ですか?競合分析では、こうした質問の答えを見つけ、最終的には製品、価値提案、マーケティング、販売戦略を形にすることができます。これは、新製品のリリースや戦略計画セッションなど、大規模なビジネスイベントを予定している場合に最適です。

競合分析テンプレート
Agile-roadmap-thumb-web
プレビュー

アジャイルロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ロードマップ, アジャイルワークフロー

アジャイル製品ロードマップは、製品が解決策になり、時間とともに進化する方法のためのアクションプランです。アジャイル 製品ロードマップは、機能やタイムラインではなく、日々の生産性に向けた望ましい目標や成果、コンテキストに焦点を当てています。あらゆるチームは、タスクに優先順位付けし、他のチームと連携するために、アジャイル製品ロードマップを視覚的資料として共有することがよくあります。プロダクトオーナーやマネージャー、アジャイルスクラムマスターは、アジャイルロードマップを使用してチームと連携し、進捗状況を把握し、プロダクトバックログに優先順位付けし、内部関係者と外部関係者の両方に変更点を随時連絡することができます。

アジャイルロードマップテンプレート
kano-model-thumb-web
プレビュー

狩野モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, プロダクト管理, 優先順位付け

製品の成功は、その製品が提供する機能とお客様に与える満足度によって決まります。では、どの機能が最も重要なのでしょうか?狩野モデルがその判断を手助けします。狩野モデルは、ある機能がもたらす満足度と実装コストを比較して、全機能に優先順位を付けるシンプルで強力な手法です。このテンプレートを使えば、標準的な狩野モデル(2 軸(満足度と機能性)と、魅力、性能、無関心、当たり前という 4 つの値による象限)を作成できます。

狩野モデルテンプレート
App Wireframing Thumbnail
プレビュー

アプリ用ワイヤーフレームテンプレート

活躍するシチュエーション:

UX デザイン, ワイヤーフレーム

アプリを作成してみませんか?アプリの機能やユーザーの利用法について頭の中で想像してみるだけではなく、ワイヤーフレームを使って実際に見てみましょう。ワイヤーフレームは、各画面の基本的なレイアウトを作成する手法です。理想的にはアプリ開発の早期段階でワイヤーフレームを使用すると、各画面の機能を確認できるようになり、開発に携わる関係者からの賛同を得やすくなります。デザインやコンテンツを加える前にそれが達成されるため、時間と費用の節約になります。また、ユーザージャーニーという観点から考えることで、より説得力があり成功するエクスペリエンスを提供できるようになります。

アプリ用ワイヤーフレームテンプレート
Timeline Workflow Thumbnail
プレビュー

タイムラインワークフロー

活躍するシチュエーション:

オペレーション, フローチャート, プロジェクト管理

タイムラインは、プロジェクトを段階的に時系列で計画するビジュアルツールです。またチームがストーリー(組織内のイベントの概要など)を伝え、プロジェクトやプロセスを視覚化するのに最適なツールです。タイムラインワークフローテンプレートは、視覚的なコンテンツに頼るプロジェクトに最適です。チームと活用し、その他の関係者やクライアントと共有するのに便利で、常に進捗状況の最新情報を共有することができます。

タイムラインワークフロー
App Dev Thumbnail
プレビュー

アプリ開発キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

Market Research, Product Management, User Experience

良質なアプリを構築するには、多くの人の参加や流動的な部分が必要だと気づいたことはありますか?プロジェクトマネージャーなら、気づいたことがあるはずです。幸いなことに、アプリ開発キャンバスがあれば、プロセス全体を見渡して最適化できるようになります。18 個のボックスが特徴で、それぞれのボックスがアプリ開発の重要な側面に焦点を当てており、全体像を把握できるようになります。そうすれば、プロセスを微調整し、開発過程で遭遇する可能性のある問題を先回りして考えることができます。その結果、プロセスがスムーズになり、より良質で安定した構造の製品が得られます。

アプリ開発キャンバステンプレート
Bang for the Buck-web
プレビュー

バング・フォー・ザ・バック テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

名前の通りです。このアジャイルフレームワークは、プロダクトマネージャーと開発チーム間のコラボレーションに力をつけることで、効率を最大限に高めることに尽きます。プロダクトマネージャーと開発チームが共にプロジェクトアジェンダにある各 To Do リストを確認し、コストやメリットの観点から評価することができます。そうすることで、費やしたコストに対しどれだけの利益を上げられるかという点に基づいてタスクに優先順位をつけることができます。このテンプレートは、次回のスプリントに取り組むための戦略的な計画を立てようとするチームや組織に最適です。

バング・フォー・ザ・バック テンプレート
four-actions-framework-thumb-web
プレビュー

ブルーオーシャン 4 アクションフレームワークテンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 意思決定, 戦略プランニング

起業家にとって、新しいユーザーをいかに惹きつけ、感動させ、ロイヤルカスタマーに変えていくかは、非常に重要なことです。このテンプレートは、「ブルー・オーシャン戦略:競争のない世界を想像する」の著者がデザインし、あなたとあなたの顧客の価値を最大化するお手伝いをします。このテンプレートの 4 つのステップ(シンプルなカラムに分かれています)を使えば、より革新的な手法で製品を簡単に評価し、本当に重要な分野に投資がなされていることを確認できます。

ブルーオーシャン 4 アクションフレームワークテンプレート
Card-Sorting-thumb-web
プレビュー

カード分類テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, UX Design, Brainstorming

カード分類は、デザインチームが通常使用するブレインストーミング手法ですが、どんなブレーンストーミングやチームにも適用可能です。この手法は、より効率的で創造的なブレインストーミングを促進するように設計されています。カード分類では、チームは、コンテンツ、オブジェクト、アイデアからグループを作成します。まず、ブレインストーミングのトピックに関連する情報が記載されたカードをラベル付けします。グループや個人として作業を行い、自分が分かるような方法でカードを分類し、短い説明を記載して各グループのラベル付けを行います。カード分類を使用することで、予想外ですが、有意義なアイデア間のつながりを形成することができます。

カード分類テンプレート
change-control-process-thumb-web
プレビュー

変更管理プロセス用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ドキュメンテーション, プロダクト管理

あらゆる詳細を予測、リサーチ、計画することで、プロジェクトは特定の方向に進むことができます。その後、不測のことが発生し、修正が必要になります。その時、変更管理プロセスが役立ちます。これを使用すれば、適切なステップを定義し、関係者に十分な可視性を示し、エラーや混乱の可能性を減らすことができます。また、このテンプレートは使いやすく、非常に効果的で、変更を実行する前に変更内容を必ず確認し、チームに不要なまたは混乱を引き起こすことが明らかな変更を拒否するよう促すことができます。

変更管理プロセス用テンプレート
Conversion Funnel Backlog-thumb-web
プレビュー

コンバージョンファネルバックログテンプレート

活躍するシチュエーション:

Decision Making, Product Management, Prioritization

コンバージョンを明確にした製品に取り組んでいる場合、コンバージョンファネルに関するバックログを構築し、オーディエンスに到達することを確認するのに役立ちます。コンバージョンファネルバックログを作成する場合は、ファネル内の潜在的なペインポイントや成長機会に関する情報をまとめましょう。その情報を特定したら、優先順位を付けやすくなります。チームは、コンバージョンファネルバックログを使用して、コンバージョン、継続、紹介に集中することができ、より成熟した製品ではワークフローを調整することができます。

コンバージョンファネルバックログテンプレート
crazy-eights-thumb-web
プレビュー

クレイジー 8 テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design Thinking, Brainstorming, Ideation

時には、ブレインストーミングを行い、チームの想像力を発揮するのに、できるだけ短時間で、できるだけ多くのアイデアを考える必要がある時もあります。クレイジー 8 では、これを素早く簡単に実行します。このスケッチブレインストーミングでは、質より量を優先させて、8 分間に 8 つのアイデアを出すことに挑戦するので、アイデアについて議論している時間はありません。これは、開発の初期段階で、スピーディーに楽しみたいチームに最適です。

クレイジー 8 テンプレート
Customer Problem Statement Thumbnail
プレビュー

顧客課題ステートメントテンプレート

活躍するシチュエーション:

Ideation, Design Thinking, Product Management

会社は規模や業種を問わず、製品が顧客のニーズをどう満たすかを明確にすることにより、論理的に主張する必要があります。顧客課題ステートメントでは、魅力的なステートメントを作り出すのに役立ちます。どのようにして?顧客の考えや気持ちを深く掘り下げることにより、顧客が価値があると思うものを作成できる可能性が高まります。また、課題ステートメントでは、顧客に大きなメリットを提供するだけでなく、チームが明確に定義された共通の目標を認識し、その目標の達成感を味わうことができます。

顧客課題ステートメントテンプレート
devops-roadmap-thumb-web
プレビュー

DevOps ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Documentation, Product Management, Software Development

DevOps チームは、常にコードを作成して、イテレーションし、ライブ状態で配信しています。このように継続的に開発を行っている中で、プロジェクトの進捗状況を常に把握するのは困難です。この DevOps ロードマップテンプレートを使用して、製品開発プロセスや組織の製品戦略の位置付けを詳細に確認しましょう。DevOps ロードマップでは、マイルストーンや関係性など、短期的に計画した開発および運用イニシアティブを共有します。このテンプレートは、製品、開発、IT 運用など、オーディエンスに分かりやすく、使いやすいフォーマットになっています。

DevOps ロードマップテンプレート
Example Mapping Thumbnail
プレビュー

実例マッピングテンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, マッピング, プロダクト管理

有意義な方法で製品を更新するには、問題点を認識し、機能を追加して、必要な改善を行い、ユーザーの立場に立つ必要があります。実例マッピング(またはユーザーストーリーマッピング)では、複数部門間のチームが、さまざまな状況におけるユーザーの行動を特定することで、ユーザーの視点を提供することができます。こうしたユーザーストーリーは、組織がスプリント計画のために開発計画を作成する、または顧客にとって有益なものになるよう必要最小限の機能を定義するに最適です。

実例マッピングテンプレート
feature-canvas-thumb-web
プレビュー

機能キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

ユーザーが抱える問題を解決するための新機能を開発する際は、どんな機能がソリューションとして役に立つのか実際に手を付けてリサーチし始めることが一番の近道だと言えるでしょう。しかし、まずはユーザーの問題を理解することが重要です。機能キャンパステンプレートを使用して、ユーザーの問題、ユーザーがその機能を使うシチュエーション、ユーザーに提供する価値について深く掘り下げましょう。このテンプレートでは、ソリューション開発に移行する前に、取り組むべき問題について深く理解することができ、潜在的な死角を予測または特定することができるようになります。

機能キャンバステンプレート
feature-planning-thumb-web
プレビュー

機能計画テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Agile Methodology, Product Management

機能は製品やサービスを改善しますが、新機能を追加することは簡単でありません。新機能の追加には、アイデア、設計、改良、構築、テスト、立ち上げ、宣伝などの多くのステップと関係者の協力が必要です。機能計画テンプレートを使用すれば、円滑かつ堅実な工程を作成できます。これにより、必要な時間やリソースを削減して機能の追加を成功に導くことができます。機能計画テンプレートは、製品、エンジニア、マーケティング、セールスなど、製品の新機能追加に携わるすべてのチームメンバーにとって賢い出発点になります。

機能計画テンプレート
Features Audit Thumbnail
プレビュー

機能検査テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, User Experience

新機能を追加するか、既存機能を改善するか、製品を改善するには 2 つの方法があります。どちらを選ぶべきでしょうか?機能検査はこの決断をサポートします。この使いやすく強力なプロダクト管理ツールを使用すれば、あらゆる機能を検査する方法を見出すことができます。検査結果をまとめ、単に機能していない機能について詳細な議論をすることができます。これにより、機能の認知度や利用頻度を高めるような対応を取るべきか、機能を完全に削除するべきか、決断することができます。

機能検査テンプレート
How Now Wow Thumbnail
プレビュー

How Now Wow マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

Ideation, Product Management, Prioritization

ブレインストーミングで生まれるアイデアに悪いものはありませんが、中には独創的で簡単に実行できるアイデアがあります。How Now Wow マトリックスはそうした素晴らしいアイデアを特定 / 整理するだけでなく、チームが創造的に考え、リスクを取ることで、活力を与えるためのツールです(規模が大きいほどより高い目標が課せられます)。このテンプレートを使用して独自のマトリックスを作成し、ブレインストーミングで生まれたアイデアにランク(「How」:実現が困難、「Now」:実現が容易、「Wow」:独創的かつ実現が容易)を付けましょう。

How Now Wow マトリクステンプレート
idea-funnel-backlog-thumb-web
プレビュー

アイデアファネルバックログ

活躍するシチュエーション:

Design, Brainstorming, Agile Workflows

アイデアファネルバックログは、バックログを視覚化し、上流に停滞するバックログの数を限定します。これにより、不要な会議や業務上のオーバーヘッドを発生させることなく、リスト上の項目に優先順位を付けることができます。アイデアファネルバックログを使用するには、ファネルを各フェーズに分けるか、ロードマップのように扱います。アイデアファネルバックログは、ロードマップとバックログを 1 つの分かりやすいハイブリッド モデルにして使用します。

アイデアファネルバックログ
impact-mapping-thumb-web
プレビュー

インパクトマッピングテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, マッピング, アジャイルワークフロー

製品の開発から販売にいたるあらゆる過程において、状況を整理し、タスクに忠実であることほど重要なことはありません。インパクトマッピングはそのための素晴らしい手法です。この実績ある製品計画手法は、全体目標と個別目標の実現に必要なステップを視覚化して伝えることができます。これによって、チームメイトとのコミュニケーションが明確になり、目標とするビジネスのイメージを共有し、より良いロードマップを構築することができます。私たちのテンプレートは、様々なプロジェクト計画の策定に対応するインパクトマッピングの作成を可能にします。

インパクトマッピングテンプレート
Lean UX Canvas Thumbnail
プレビュー

リーン UX キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, プロダクト管理, ユーザーエクスペリエンス

何を、何のために、誰のために構築していますか?これらは、有名な企業やチームを成功に導くための全体像の質問であり、リーン UX はその答えを見出すのに役立ちます。このツールは、プロジェクトの調査、設計、計画の段階で特に役に立ちます。これを使用すると、素早く製品を改善し、ビジネス上の問題を解決できるため、顧客中心の製品の実現につながります。このテンプレートを使用すると、8 つの主要要素(ビジネス上の問題、ビジネスの成果、ユーザーと顧客、ユーザーのメリット、ソリューションのアイデア、仮説、仮定、実験)を中心に構成されたリーン UX キャンバスを作成することができます。

リーン UX キャンバステンプレート
likert-scale-thumb-web
プレビュー

リッカート尺度テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Decision Making, Product Management

製品、サービス、体験に対する人々のイメージなどの複雑で主観性の高いデータを測ることは、必ずしも簡単な作業ではありません。リッカート尺度はそのような作業において力を発揮します。この尺度では、既存または潜在的な顧客にステートメントや質問を尋ねて、数字や文による段階評価(例えば、「強く同意する」、「どちらともいえない」、「強く反対する」などの 5 段階評価)で回答します。リッカート尺度の目的は、顧客に具体的な質問をして、その答えを解釈が容易で実用的なユーザーインサイトに変えることです。

リッカート尺度テンプレート
Look Mock Analyze Thumbnail
プレビュー

観察・モデリング・分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

デザインプロセスにおいて、宿題(調査とも言います)をこなしていくことは重要なステップです。観察・モデリング・分析アプローチはこのステップの構造化と効率化を検証する有効な手法です。この強力なツールを使用すれば、長所 / 短所、成功 / 失敗、時間を効率的に使えたかどうかが明確になります。観察・モデリング・分析テンプレートは、インスピレーションの発見、デザインのモックアップ、フィードバックの獲得を容易にします。ボードのセットアップには 1 分とかかりません。

観察・モデリング・分析テンプレート
low-fidelity-wireframes-thumb-web
プレビュー

ローファイワイヤーフレームテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, Wireframes

ウェブサイトやアプリの開発初期段階では、製品の「大まかな」全体像を用意して、チームで確認しながら概要を話し合うことを推奨します。ローファイワイヤーフレームテンプレートならそれを可能にします。設計会議でこの大まかなレイアウト(ナプキンに描いたスケッチのデジタル版とお考えてください)があれば、チームやプロジェクトの関係者は素早くそれが顧客ニーズにマッチしているかを判断することができます。Miro では会議や、ワークショップ、プレゼンテーション、評価会議の最中にワイヤーフレームのテンプレートを簡単に使用することができます。

ローファイワイヤーフレームテンプレート
Market Segmentation Matrix Thumbnail
プレビュー

市場セグメンテーションマトリクス

活躍するシチュエーション:

マーケティング, プロダクト管理, 戦略プランニング

成功し、説得力のあるマーケティングは、顧客層の理解で始まり、顧客層の理解で終わります。すなわち、顧客層が誰で、どこにいて、何を望んでいるのかを理解する必要があります。市場セグメンテーションマトリックスを使えば、より深いレベルで顧客を理解することができます。このビジネスツールでは、ターゲット市場を人口統計、地理学、ニーズ、関心、サイコグラフィック、行動特性に基づいて細分化します。その上で、これらのインサイトとデータを活用することで、より優れた製品戦略、販売戦略、マーケティング戦略を構築し、プロジェクトを成功に導くことができます。私たちのテンプレートなら、市場セグメンテーション マトリクスを容易に設定し、作成することができます。

市場セグメンテーションマトリクス
Opportunity Solution Tree-thumb-web
プレビュー

オポチュニティソリューションツリー用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Flowcharts, Product Management, Diagrams

問題の解決。成功した企業や生産性の高いチームは、そのノウハウを知っています。考えられる多くのソリューションを特定し、目指す成果につながるソリューションを判断することができます。その機能をオポチュニティソリューションツリーが提供します。このマインドマップは、プロダクトディスカバリーコーチのテレサ・トーレスがデザインしたもので、ユーザーのニーズに合った製品を提供するための機会を視覚的に細分化し、ソリューションの道筋をブレインストーミングすることにより、チームに効果的な方法を提供します。

オポチュニティソリューションツリー用テンプレート
product-backlog-thumb-web
プレビュー

プロダクトバックログテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, カンバンボード, プロダクト管理

開発チームは、たいてい同時に複数の製品に対応しています。プロダクトバックログは、チームがプロジェクトの構築とイテレーションを行う際に進行中のプロジェクトの進捗状況を把握するのに役立つプロジェクト管理ツールです。これにより、全員のアイデアを管理し、エピックを計画して、タスクの優先順位付けを行うことができます。最も優先順位の高いタスクは、プロダクトバックログの上位に表示されるので、チームは、最初に着手するべき作業を把握できます。プロダクトバックログにより、チームはリソースの計画や、割り当てを簡単に行うことができ、開発チームが取り組んでいる内容を全員が把握できる情報源を提供することもできます。

プロダクトバックログテンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー

プロダクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, UX デザイン

プロダクトキャンバスは、製品がどんなもので、戦略的にどのように位置付けられるかを伝える、簡潔でコンテンツが豊富なツールです。プロジェクトキャンバスは、アジャイルと UX を組み合わせることで、ペルソナ、ストーリーボード、シナリオ、デザインスケッチ、その他の UX 成果物でユーザーストーリを補います。プロダクトキャンバスは、プロダクトマネージャーがプロトタイプを定義するのに役立つので、便利です。プロダクトキャンバスの作成は、見込み客、解決する必要がある問題、基本的な製品機能、検討する価値がある高度な機能、競争優位性、製品から得られる顧客の潜在的な利益を判断する上で重要な最初のステップです。

プロダクトキャンバステンプレート
product-market-fit-canvas-thumb-web
プレビュー

プロダクトマーケットフィット(PMF)キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, 戦略プランニング, プロダクト管理

プロダクトマーケットフィット(PMF)テンプレートは、プロダクトチームが、製品デザインを提供して、顧客や市場のニーズを満たすのに役立ちます。このテンプレートでは、製品を 2 つの側面から見ていきます。1 つは、製品がユーザーのニーズにどう適合するか、そしてもう 1つは、完全にデザインされた製品が、市場の状況にどう適合するかを確認します。こうした指標を組み合わせることで、顧客が製品を使用し希望する方法から市場需要まで、製品を総合的に理解することができます。顧客と製品品質を並べて比較することで、ユーザーは、製品分野や重要な指標をより深く理解する必要があります。

プロダクトマーケットフィット(PMF)キャンバステンプレート
product-positioning-thumb-web
プレビュー

ポジショニング戦略用テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, プロダクト管理, デスクリサーチ

ビジネスが成功するかどうかは、参入する市場によって大きく左右されます。従って、製品や計画戦略を構築する前に、ポジショニング戦略の策定をすることをお勧めします。ポジショニング戦略の策定では、参入市場内で自社や自社製品がどのような位置付けを取れるかを「見える化」できるように設計されています。ポジショニング戦略テンプレートでは、製品や市場カテゴリーの定義、ターゲット層や競合他社の特定、主なメリットや差別化の理解など、重要なトピックを検討するよう導きます。

ポジショニング戦略用テンプレート
stickies-packs-thumb-web (1)
プレビュー

付箋パックテンプレート

活躍するシチュエーション:

Brainstorming, Meetings, Workshops

付箋は、バーチャル、ハイブリッド、対面式のブレインストーミングセッションでよく使われる機能です。参加者は、付箋によってアイデアの提供、分類、投票など様々なことが可能になります。付箋パックテンプレートを活用して、参加者の付箋をグループごとにカスタマイズしましょう。付箋の色でグループを分けたり、アイデアを色分けするなど、様々な分類が可能になります。付箋パックテンプレートを使用することで、ニーズに合ったブレインストーミングを目標に沿って実施することができます。

付箋パックテンプレート
Technology Product Canvas Thumbnail
プレビュー

テクノロジー製品キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

プロダクト管理, ソフトウェア開発, ロードマップ

プリム・サンダラムが考案したテクノロジープロダクト キャンバスは、プロダクトチームとエンジニアリングチームがロードマップを共有し、認識を合わせることを目的としています。アジャイルの手法と UX の理論を組み合わせて、製品ソリューションの検証をサポートします。各チームが製品目標とテクノロジーの目標を提示し、視覚化し、明確なロードマップの各ステージを話し合います。この演習ではチームが同期し、全員が見込みと方向性を明確にし、素直に話し合うことができます。テクノロジー製品キャンバスの作成過程を経れば、1 時間とかからずにチームの認識を合わせることができます。

テクノロジー製品キャンバステンプレート
Technology Roadmap Thumbnail
プレビュー

テクノロジーロードマップ テンプレート

活躍するシチュエーション:

Agile Methodology, Roadmaps, Agile Workflows

テクノロジーロードマップは、「いつ・だれが・なにを・どのように」に基づくソリューションが、会社を前進させるという根拠を文書化するのに役立ちます。IT ロードマップとも呼ばれるテクノロジーロードマップは、予定されている改善に焦点を当てて、利用可能なテクノロジーをチームに示します。ロードマップは、今後導入されるソフトウェアやプログラムだけでなく、徐々に廃止される技術ツールとのギャップや重複を特定することができます。実用的な観点から、ロードマップでは、どのような種類のツールにお金をかけるのが最善か、新しいシステムやプロセスを導入する最も効果的な方法は何か、といったことについても概説する必要があります。

テクノロジーロードマップ テンプレート
user-flow-thumb-web
プレビュー

ユーザーフロー図

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, フローチャート, マッピング

ユーザーフロー図は web サイト上の各ページでユーザーが体験する要素を「見える化」した図形です。ユーザーフローをマッピングすることにより、web サイトの構成やアプリの機能、ユーザーがサイト上の各ページで実行する行動、意思決定プロセスを事前に予測することができるようになります。ユーザーフロー図を通してユーザーに対するインサイトを深めることにより、web サイトを最適化するためのタスクの判断や、web サイト上でのサービス改善に必要なプロセスを特定することが可能です。Miro の無料で使用できるユーザーフロー図を活用し目標を達成しましょう。

ユーザーフロー図
user-interview-thumb-web (1)
プレビュー

ユーザーインタビュー用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management

ユーザーインタビューとは、リサーチャーがユーザーにトピックに関する質問をする UX リサーチの手法です。これにより、チームはユーザーデータを素早く簡単に収集し、ユーザーに関する詳細情報を把握することができます。一般的に、組織はユーザーインタビューを実施して背景データを収集し、テクノロジーの利用方法の理解、ユーザーの製品との関わり方のスナップショット作成、ユーザーの目標やモチベーションの理解、またユーザーのペインポイントの特定などに役立てます。このテンプレートを使用して、インタビュー中にメモを記録し、ペルソナの作成に必要なデータを収集します。

ユーザーインタビュー用テンプレート
project-canvas-thumb-web
プレビュー

UX プロジェクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, UX デザイン, ユーザーエクスペリエンス

このプロジェクトキャンバスは、アレクサンダー・オスターワルダー氏の 2005 ビジネスモデルキャンバスからインスピレーションを得たもので、チームは UX とデザインプロジェクトの全体像を視覚化することができ、重要なデータをすべて保管できる便利な構造を提供します。この革新的なツールにより、アイデアをプロジェクト計画に変換し、コラボレーションとコラボレーター間のコミュニケーションを促進することができます。Miro のプロジェクトキャンバスは、他のモデルとは異なり、シンプルなインターフェースです。そのため、従業員は簡単に使い方を習得して、すぐに使い始めることができます。

UX プロジェクトキャンバステンプレート
ux-research-thumb-web (1)
プレビュー

UX リサーチ計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

リサーチ計画とは、関係者がユーザーエクスペリエンスのリサーチプロジェクトについて理解する必要がある基本的な情報(誰が、何を、なぜ、何時)を伝えるものです。この計画では、全員が認識を合わせ、UX リサーチプロジェクトを成功させるために何をすべきかを把握する必要があります。このリサーチ計画を使用して、目標、リサーチ方法、プロジェクトの範囲、参加者のプロフィールなど、プロジェクトの背景情報を伝えることができます。UX リサーチ計画を使用すれば、関係者と効率的に認識合わせができ、進捗状況を把握して、成功へ導くこともできます。

UX リサーチ計画用テンプレート
Value Stream Map Thumbnail
プレビュー

バリューストリームマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 戦略プランニング, マッピング

バリューストリームマッピングは、製品をお客様に提供するのに必要な材料や情報のフローを図示する方法です。これはシンプルで、一連の記号を使用して作業ストリームや情報フローを提示し、別の記号を使用してそのアイテムが付加価値を生み出すかどうかを示します。これにより、お客様の視点から付加価値を生み出していないアイテムを確認することができます。バリューストリームマッピングを使用して、コミュニケーションやコラボレーションを向上させましょう。バリューストリームマップテンプレートを使用して、チームメンバー間やチーム全体の引継ぎで把握している情報の差を理解することができます。効果的なバリューストリームマップにより、無駄の特定、コラボレーションの促進、生産の合理化を図ります。

バリューストリームマップテンプレート
Venn Diagram Thumbnail
プレビュー

ベン図テンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, 図表作成, ブレインストーミング

ベン図はビジネス会議やプレゼンテーションで使用される人気の図表です。ベン図は、データや集合項目間の関係を視覚的に表現するためのツールでありブレーンストーミングや、会議、プレゼンテーションで非常に活躍します。ある概念を含む円を描き、その上に別の概念を含む円を重ねることで、円が重なった部分からそのコンセプト同士の類似性を見つけることができるようになります。重なっている部分には、共通点を、重なっていない部分には、相違点を記入しベン図を作成しましょう。

ベン図テンプレート
Whats on your Radar Thumbnail
プレビュー

優先順位付けレーダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

Business Management, Operations, Strategic Planning

タスクの量が多くなってくると、管理するのが難しくなり、チームメンバーにストレスを生じさせてしまうことがあります。また、タスクの過剰な数により、どのタスクから処理するべきなのかにおいて混乱を発生させることもしばしばあります。レーダー表示とは、重要性や関連性に応じて構想を膨らませる思考エクササイズです。デザイナーやチームは、レーダー表示を使用して、自分たちのアイデアが指定プロジェクトの対象になっているかを確認することができます。また、特定のソリューションが当面の問題を解決できるかどうかを評価する方法も利用しています。しかし、デザイナーではない場合でも、この方法を使用すれば、優先順位を割り当て、実際にアイデアを生み出すことができます。

優先順位付けレーダーテンプレート
Working Backwards Thumbnail
プレビュー

逆向き解決法用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Strategic Planning, Product Management

Amazon は、顧客中心主義を賞賛するという重要な原則に基づいて、逆向き解決法を開発しました。逆向き解決法は、詳細なローロードマップがない製品について考えるためのフレームワークです。プロダクトチームは、お客様の思い描くイメージから製品の発売まで、真に役立つ方法で逆向きに取り組んでいきます。この方法では、新製品や新機能のアイデアを思い付いたメンバーが、その目的をできるだけ明確にする必要があります。アイデアに関するプレゼンテーションで組織のリーダーの賛同を得ることができれば、次のステップとして製品や機能の発売に必要なもののマッピングをチームで行いましょう。

逆向き解決法用テンプレート
Miro でリアルタイムのコラボレーションを実現しましょう

Miro は、リモートチームや離れた場所でメンバーが活動するチームのためのオンラインホワイトボードです。

無料ではじめる