テンプレートライブラリ

Miro のテンプレートを使用することにより、迅速かつ効率的にチームでの共同作業をすることができます。

mindmap-highlighted-webMn
Mind Map Thumbnail
マインドマップ テンプレート
プレビュー

マインドマップ テンプレート

活躍するシチュエーション:

プラニング, マインドマップ, 教育

視覚情報から学習したい人を考慮しました。視覚的な情報から学習する人は、よく整理された印象的なグラフィックで表現されていると、概念を理解しやすく、データを把握しやすい特徴があります。マインドマップは、こうした人たちに最適です。このパワフルなブレーンストーミング ツールでは、コンセプトやアイデアを木に、中心となるテーマを幹に、多くのアイデアやサブトピックを枝に見立てて表示します。このテンプレートは、マインドマップを始めるための迅速で効果的な方法で、チームがより創造性を発揮し、記憶力を高め、効果的に問題を解決するのに役立ちます。

マインドマップ テンプレート
Kanban-framework-highlight
Kanban Thumbnail
カンバン フレームワーク テンプレート
プレビュー

カンバン フレームワーク テンプレート

活躍するシチュエーション:

カンバンボード, アジャイル手法, アジャイル ワークフロー

プロセスの最適化、フローの改善、顧客に提供する価値の向上が、カンバン方式によって実現できます。カンバンは、一連のリーンの考え方と実践(1950年代にトヨタ自動車の社員によって考案)に基づいており、無駄を省き、その他の多くの問題に対処し、問題を協力して解決することができます。シンプルなカンバンテンプレートを使って、すべての作業の進捗状況を綿密に監視すると同時に、自分自身や複数部門の同僚に作業を提示し、ソフトウェアの舞台裏を見える化することができます。

カンバン フレームワーク テンプレート
service-blueprint-featured-web
Service Blueprint Thumbnail
サービスブループリント
プレビュー

サービスブループリント

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, オペレーション, マーケットリサーチ

1984年にリン・ショスタック氏によって考案されたサービスブループリントは、顧客の視点から製品・サービスのプロセスを理解し、改善することに非常に役立つツールです。サービスブループリントにより、新しいプロセスを設計したり、既存のプロセスを改善したりすることが容易になります。サービスブループリント作成では、社内の関係各所や、第三者ベンダーまで、顧客体験に貢献する各プロセスと関係者をマップ化します。

サービスブループリント
Flowchart in Miro
Flowchart Thumbnail
フローチャートテンプレート
プレビュー

フローチャートテンプレート

活躍するシチュエーション:

フローチャート, マッピング, 図表作成

業務プロセスやフローの把握や説明に Miro のフローチャートを活用しましょう。一般的な図形(円、長方形、ひし形、矢印)を使用することにより、業務プロセスやフローを簡単に見える化することができます。また、情報の把握だけではなく、潜在的な欠点や問題点を効率的に発見することもできるため、プロセスを改善して、より良い製品やサービスの向上に役立ちます。

フローチャートテンプレート
Ice Breaker Thumbnail
プレビュー

アイスブレイカーテンプレート

活躍するシチュエーション:

Icebreakers

ゲストを安心させ、親近感を抱かせることほど素晴らしい会議やワークショップの始め方はありません。これにより、場の雰囲気は和み、彼らの参加意識を高めることができます。アイスブレーカーが作るのはシンプルな人同士のつながりです。リモートでの集まりや、新しいチームメンバーとの顔合わせを素晴らしいものにしてくれます。アイスブレーカーの質問は様々です。例えば、自分を一言で表す質問は、次のようになります。赤ちゃんのころの写真を共有してください。また、もしあなたが動物なら何になりたいか、などとなります。

アイスブレイカーテンプレート
Daily Standup Thumbnail
プレビュー

デイリースタンドアップミーティング用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, ソフトウェア開発

チーム全体が集まり、前日の確認をして、当日の作業について議論します。こうした毎日の会議は「スクラム」とも呼ばれ、簡単なものですが、障害の特定、各チームメンバーに発言の場の提供、コラボレーションの促進、進捗状況の把握、最終的にはチームの効果的な共同作業を実現することができるパワフルなものです。このテンプレートを使用すれば、スプリントチームのデイリースタンドアップを簡単に計画することができます。日付と時間を指定し、アジェンダを作成して、スプリント全体で同じフォーマットを使用して始めます。

デイリースタンドアップミーティング用テンプレート
event-planning-thumb-web
プレビュー

イベント計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークショップ, プロジェクト計画

製品発売、完全リモート会議、マイルストーンイベントを計画している場合でも、イベント計画用テンプレートは、視覚的なチェックリストとしての役割を果たし、その特別な日までに検討する必要がある詳細事項をすべてマッピングします。イベント計画用テンプレートは、イベントのクリエイティブで戦略的なビジョンが詳細事項に埋もれてしまわないようにする適応性の高い方法です。マーケティング計画からアジェンダ、ゲストへの軽食やみやげ品などさまざまなセクションをマッピングすることで、チームは、自分の業務にとって最も重要な内容に集中し、複数部門間にまたがる作業が生じた場合は、必要に応じてコラボレーションすることができます。

イベント計画用テンプレート
team-meeting-agenda-thumb-web
プレビュー

チーム会議アジェンダテンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ドキュメンテーション, ワークショップ

意思決定、優先順位の調整、方向性を共有するためには、チームの時間を作ることが重要です。チーム会議のアジェンダは、チームとの情報共有やコラボレーションが必要なときに、割り当てられた時間枠にスケジュールと構成を追加することができます。アジェンダは、目標、議題、アクションアイテム、次のステップの進行役を決定するようチームに促します。アジェンダに従って会議を円滑に進めることで、OKR による進捗状況の確認、最新情報の共有、障害に対する話し合い、アイデアのブレインストーミングが容易になります。

チーム会議アジェンダテンプレート
one-on-one-meeting-thumb-web (1)
プレビュー

個別ミーティング用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ミーティング

マネージャーとその従業員間の関係を構築する場合、個別ミーティングが驚異的な力を発揮します。確認、フィードバックの提供、問題の解決を行うため、フォーラムやスペースを作成します。しかし、生産性が高い個別ミーティングを行うには、事前に準備する必要があります。このテンプレートを使用すれば、会議の目標、アクションアイテム、議題、質問を大まかにレイアウトした議事議を簡単に作成できます。このような質問は、「今週何を達成したか?」といった短期的なものから、「職場で学習し、成長しているように感じているか?」といった長期的なものにまで及ぶ傾向があります。

個別ミーティング用テンプレート
Ideas Parking Lot Matrix Thumbnail
プレビュー

パーキングロットマトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, アイデア出し, ミーティング

創造的なエネルギーが溢れるワークショップや会議では、多くの新しいアイデアが生まれます。しかしながら、そのすべてが主題に沿い、実現可能というわけではありません。そのようなアイデアはパーキングロットマトリクスに入れておきましょう。このツールは、有望だがリサーチや議論が必要なアイデアと、最高のアイデアを分けるためのシンプルで効果的なツールです。このテンプレートを使用すれば、独自のパーキングロットマトリクスを簡単に作ることができます。パーキングロットマトリクスは、長時間の会議(そして、話が脱線しがちなチームメイトがいる場合)に特に有効です。

パーキングロットマトリクステンプレート

コミュニティテンプレート

Miro コミュニティが作成したワークフローや、プロジェクト、フレームワークを体験または、自身で作成したものをコミュニティと共有しましょう

Miroverse を見てみる

コミュニティテンプレート

コミュニティテンプレート

Miro コミュニティが作成したワークフローや、プロジェクト、フレームワークを体験または、自身で作成したものをコミュニティと共有しましょう

Miroverse を見てみる
Affinity Diagram Thumbnail
プレビュー

アフィニティ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, マッピング, プロダクト管理

アフィニティ図を使用して、ブレインストーミングセッションで出された情報を発信し、整理し、まとめましょう。製品を作り上げている場合や複雑な問題を抱えて作業している場合、あるいはプロセスを確立している最中であったり、課題を見極めようとしている場合に、アフィニティ図はチームメンバーが協力してアイデアを共有する機会を与えてくれる、便利でシンプルなフレームワークです。ブレインストーミングだけに適しているわけではありません。アフィニティ図は意見を一致させたり、アンケート結果などのデータを分析するような場合に活用できる、大変便利なテンプレートであり、ツールなのです。

アフィニティ図テンプレート
CustomerJourneyMapTimeline-thumb-web
プレビュー

顧客接点(タッチポイント)マップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, Mapping

お得意様を引き寄せ、引き留めておくには、顧客のペインポイント、要望、ニーズを理解することから始めなければなりません。顧客接点(タッチポイント)マップは、サービスの登録からサイトの使用、製品の購入まで、顧客がたどる道筋を見える化することで、それを理解するのに役立ちます。また、2 人として全く同じ顧客はいないので、CJM を使用すれば、製品にたどり着くまでの複数の道筋を立てることができます。すぐに、そうした行動を予測し、あらゆるステップで顧客を満足させることができます。

顧客接点(タッチポイント)マップテンプレート
Fishbone Diagram Thumbnail
プレビュー

特性要因図テンプレート

活躍するシチュエーション:

オペレーション, 図表作成, ワークフロー

問題の根本的な原因を明らかにすることは、チームが直面するあらゆる問題を解決する最善の方法です。Miro の特性要因図(フィッシュボーン図)を使用し、問題の根本的な原因を発見しましょう。別名、石川図としても知られる特性要因図は、潜在的な問題を視覚化し、分析、理解することに役立ちます。また、これらの問題の根本的原因を探るためのツールとしても特性要因図が活躍します。

特性要因図テンプレート
likert-scale-thumb-web
プレビュー

リッカート尺度テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Decision Making, Product Management

製品、サービス、体験に対する人々のイメージなどの複雑で主観性の高いデータを測ることは、必ずしも簡単な作業ではありません。リッカート尺度はそのような作業において力を発揮します。この尺度では、既存または潜在的な顧客にステートメントや質問を尋ねて、数字や文による段階評価(例えば、「強く同意する」、「どちらともいえない」、「強く反対する」などの 5 段階評価)で回答します。リッカート尺度の目的は、顧客に具体的な質問をして、その答えを解釈が容易で実用的なユーザーインサイトに変えることです。

リッカート尺度テンプレート
Mind Map Thumbnail
プレビュー

マインドマップ テンプレート

活躍するシチュエーション:

プラニング, マインドマップ, 教育

視覚情報から学習したい人を考慮しました。視覚的な情報から学習する人は、よく整理された印象的なグラフィックで表現されていると、概念を理解しやすく、データを把握しやすい特徴があります。マインドマップは、こうした人たちに最適です。このパワフルなブレーンストーミング ツールでは、コンセプトやアイデアを木に、中心となるテーマを幹に、多くのアイデアやサブトピックを枝に見立てて表示します。このテンプレートは、マインドマップを始めるための迅速で効果的な方法で、チームがより創造性を発揮し、記憶力を高め、効果的に問題を解決するのに役立ちます。

マインドマップ テンプレート
idea-funnel-backlog-thumb-web
プレビュー

アイデアファネルバックログ

活躍するシチュエーション:

Design, Brainstorming, Agile Workflows

アイデアファネルバックログは、バックログを視覚化し、上流に停滞するバックログの数を限定します。これにより、不要な会議や業務上のオーバーヘッドを発生させることなく、リスト上の項目に優先順位を付けることができます。アイデアファネルバックログを使用するには、ファネルを各フェーズに分けるか、ロードマップのように扱います。アイデアファネルバックログは、ロードマップとバックログを 1 つの分かりやすいハイブリッド モデルにして使用します。

アイデアファネルバックログ
research-thumb-web (1)
プレビュー

リサーチ用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Education, Desk Research, Product Management

ユーザビリティテストや顧客インタビューから得られた情報を体系的かつ柔軟なユーザーリサーチテンプレートとして文書化する必要がある場合も少なくありません。全員の観察結果を一箇所に集めることで、全社的なインサイトの共有や、ユーザーニーズに基づいた新機能の提案が容易になります。リサーチ用テンプレートは、定量的・定性的なデータの記録にも利用できます。

リサーチ用テンプレート
Empathy Map Thumbnail
プレビュー

共感マップテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, ユーザーエクスペリエンス, マッピング

新規ユーザーを引き寄せ、製品を試してもらい、お得意様になってもらうには、まず顧客を理解することから始めます。共感マップは、顧客のニーズ、期待、意思決定ドライバーなど、顧客について知っていることをすべて明確にするスペースを提供することで、その理解へとつながるツールです。そうすることで、仮定に疑問を投げかけ、知識のギャップを特定することができます。Miro のテンプレートを使って、顧客が発言し、考え、行動し、感じることを 4 つの主要な四角形に分割した共感マップを簡単に作成することができます。

共感マップテンプレート
user-flow-thumb-web
プレビュー

ユーザーフロー図

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, フローチャート, マッピング

ユーザーフロー図は web サイト上の各ページでユーザーが体験する要素を「見える化」した図形です。ユーザーフローをマッピングすることにより、web サイトの構成やアプリの機能、ユーザーがサイト上の各ページで実行する行動、意思決定プロセスを事前に予測することができるようになります。ユーザーフロー図を通してユーザーに対するインサイトを深めることにより、web サイトを最適化するためのタスクの判断や、web サイト上でのサービス改善に必要なプロセスを特定することが可能です。Miro の無料で使用できるユーザーフロー図を活用し目標を達成しましょう。

ユーザーフロー図
project-canvas-thumb-web
プレビュー

UX プロジェクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, UX デザイン, ユーザーエクスペリエンス

このプロジェクトキャンバスは、アレクサンダー・オスターワルダー氏の 2005 ビジネスモデルキャンバスからインスピレーションを得たもので、チームは UX とデザインプロジェクトの全体像を視覚化することができ、重要なデータをすべて保管できる便利な構造を提供します。この革新的なツールにより、アイデアをプロジェクト計画に変換し、コラボレーションとコラボレーター間のコミュニケーションを促進することができます。Miro のプロジェクトキャンバスは、他のモデルとは異なり、シンプルなインターフェースです。そのため、従業員は簡単に使い方を習得して、すぐに使い始めることができます。

UX プロジェクトキャンバステンプレート
Working Backwards Thumbnail
プレビュー

逆向き解決法用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Strategic Planning, Product Management

Amazon は、顧客中心主義を賞賛するという重要な原則に基づいて、逆向き解決法を開発しました。逆向き解決法は、詳細なローロードマップがない製品について考えるためのフレームワークです。プロダクトチームは、お客様の思い描くイメージから製品の発売まで、真に役立つ方法で逆向きに取り組んでいきます。この方法では、新製品や新機能のアイデアを思い付いたメンバーが、その目的をできるだけ明確にする必要があります。アイデアに関するプレゼンテーションで組織のリーダーの賛同を得ることができれば、次のステップとして製品や機能の発売に必要なもののマッピングをチームで行いましょう。

逆向き解決法用テンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー

ユーザーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

ユーザーペルソナとは、調査または分析した製品やサービスの対象となる顧客層を表し、要約するツールです。コンテンツマーケティング、製品マーケティング、デザイン、営業、販売のいずれの場合でも、対象者を念頭に置いて運営します。通常、顧客または見込み客がペルソナ作成の対象になります。自社が提供する製品やサービスに対して何かしらのメリットを感じる顧客層かもしれません。通常、個性やニーズが興味深い形で表現されたひとまとまりの情報です。ユーザーに関する知識を抽出することで、対象となるユーザーモデルを作成します。これがペルソナです。

ユーザーペルソナテンプレート
Strategic Diamond Thumbnail
プレビュー

戦略ダイヤモンドテンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Operations, Strategic Planning

重要な目標を達成するために、ほとんどの企業が一通り戦略を組み立てます。しかし、どのような要素を考慮して戦略を立てるべきなのでしょうか?戦略ダイヤモンドは、一貫性があるビジネス戦略を形成する要素の集まりです。これらの要素には、ターゲット、差別化要因、達成手段、実現ステップ、経済論理が含まれます。戦略計画の多くは、これらの要素のうち 1 つか 2 つにしか焦点を当てないため、ギャップが生じ、後のビジネスの支障となる恐れがあります。戦略ダイヤモンドを使えば、戦略計画に集中し、1 つや 2 つだけではない、すべてのビジネス要件を満たすのに役立ちます。

戦略ダイヤモンドテンプレート
Value Chain Analysis Thumbnail
プレビュー

バリューチェーンテンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, ワークフロー

バリューチェーン分析は、ハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・ポーター氏が最初に作成しものです。これはチームが事業活動を評価するのに役立つので、競争優位性を向上させる方法を見つけることができます。バリューチェーンとは、企業が、最初から最後まで貴重な製品を提供するために実施する一連の活動のことです。この分析そのものを使用すれば、チームは製品の作成に関係するすべての事業活動を視覚化することができ、プロセス内の非効率性や障害、認識のズレを特定するのに役立ちます。

バリューチェーンテンプレート
RACI Matrix Thumbnail
プレビュー

RACI マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 意思決定, 組織図

RACI マトリクスは、チームが役割と責任を把握し、プロジェクト中の混乱の回避に役立つ強力な管理ツールです。RACI 次の役割の頭文字をとった略語です。Responsible:実行責任者(タスク達成のために作業し、作業の完了 / 決断を下す)、Accountable:説明責任者(タスクの正確かつ完全な完了に責任を負う)、Consulted:協業先(プロジェクトに関する情報を提供し、情報を双方向でやり取りする)、Informed:報告先(進捗を常に把握し、一方的に情報を受ける)。

RACI マトリクステンプレート
Strategy Map Thumbnail
プレビュー

戦略マップテンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, マッピング

個人やチームの目標は、組織全体の戦略とどのように関連していますか?戦略マップでは、組織の戦略や目標を定型的に図化します。このマップは、様々な要素がどのように組み合わさっているかをわかりやすく視覚化する強力なツールです。戦略マップを使用すれば、各チームの目標と、全体的な戦略やミッションの方向性を合わせることが可能になります。戦略マップを使用すれば、チームは実行力のある適切な KPI を設定することができます。戦略マップは、通常バランススコアカード(BSC)手法の一部とみなされ、チーム全体の目標を設定する戦略的な計画ツールです。

戦略マップテンプレート
Go to Market Strategy Thumbnail
プレビュー

GTM 戦略テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, 戦略プランニング

どれだけ革新的な新製品であっても、見込み客の注目を集められなければ軌道に乗ることはありません。そこで登場するのが GTM 戦略です。GTM は、ビジネスプラン、ターゲット層、マーケティングアプローチ、販売戦略などに関するすべてのリサーチ、インサイト、データを一元化した単一リソースです。GTM は、成長速度が速く、即決と完全な同調性が必要なスタートアップ企業で特に力を発揮します。

GTM 戦略テンプレート
Porters Five Forces Thumbnail
プレビュー

5 フォース分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, マーケットリサーチ

5 フォース分析は、ハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・ポーター氏が最初に開発しものです。これは、チームが利用できる最も一般的で高く評価されたビジネス戦略ツールの 1 つです。5 フォース分析を活用して、現在の競争力を評価し、どの市場に参入できるかを判断します。5 フォース分析には、供給企業の交渉力、買い手の交渉力、既存の競争企業間の敵対関係、代替品やサービスの脅威、新規参入業者の脅威が含まれます。

5 フォース分析テンプレート
Agile Board Thumbnail
プレビュー

アジャイルボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, アジャイルワークフロー

好評のアジャイルフレームワークの一部であるアジャイルボードは、生産サイクル全般を通したタスクを同期させる視覚的なディスプレイです。アジャイルボードは、主にカンバンやスクラムなどのアジャイル開発手法に照らして使われますが、誰でもこのツールを利用できます。ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャーが活用するアジャイルボードは、柔軟で透明性があり、反復的にワークロードを管理するのに役立ちます。アジャイルテンプレートは、タスクやチームに合わせてカスタマイズできる付箋を Miro のレイアウトで簡単に始める方法です。

アジャイルボードテンプレート
Conversion Funnel Backlog-thumb-web
プレビュー

コンバージョンファネルバックログテンプレート

活躍するシチュエーション:

Decision Making, Product Management, Prioritization

コンバージョンを明確にした製品に取り組んでいる場合、コンバージョンファネルに関するバックログを構築し、オーディエンスに到達することを確認するのに役立ちます。コンバージョンファネルバックログを作成する場合は、ファネル内の潜在的なペインポイントや成長機会に関する情報をまとめましょう。その情報を特定したら、優先順位を付けやすくなります。チームは、コンバージョンファネルバックログを使用して、コンバージョン、継続、紹介に集中することができ、より成熟した製品ではワークフローを調整することができます。

コンバージョンファネルバックログテンプレート
one-on-one-meeting-thumb-web (1)
プレビュー

個別ミーティング用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ミーティング

マネージャーとその従業員間の関係を構築する場合、個別ミーティングが驚異的な力を発揮します。確認、フィードバックの提供、問題の解決を行うため、フォーラムやスペースを作成します。しかし、生産性が高い個別ミーティングを行うには、事前に準備する必要があります。このテンプレートを使用すれば、会議の目標、アクションアイテム、議題、質問を大まかにレイアウトした議事議を簡単に作成できます。このような質問は、「今週何を達成したか?」といった短期的なものから、「職場で学習し、成長しているように感じているか?」といった長期的なものにまで及ぶ傾向があります。

個別ミーティング用テンプレート
Quick Retrospective Thumbnail
プレビュー

短時間のふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, ふりかえり, ミーティング

ふりかえりテンプレートは、インサイトにあふれた会議、業務の棚卸し、効率的な反復を支援します。「ふりかえり」という言葉は、「デブリーフィング」や「反省会」よりも表現が中立的なため、最近はより広く使われています。チームによっては、これらの会議を「スプリントのふりかえり」、「イテレーションのふりかえり」、「アジャイルのふりかえり」と呼んでいます。スクラムチームにいる、アジャイル手法を使用している、特定のふりかえり手法(喜・怒・哀によるふりかえりなど)を使用している、そのいずれの場合でも、ふりかえりの目標は共通しています。すなわち、うまくいったことや問題の根本的な原因を把握し、次の反復に活かすことが目標です。

短時間のふりかえりテンプレート
Mad Sad Glad Retrospective Thumbnail
プレビュー

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

ブレインストーミング, アイデア出し, ふりかえり

スプリントの成功の可否は、目標やスケジュールの達成状況だけで評価したくなるものです。しかし、そこには感情がより重要な成功指標として存在しています。喜・怒・哀によるふりかえりは、チームのスプリント後の所感を探り、共有するための人気のある手法でもあります。これにより、ポジティブな点と懸念事項の両方が強調され、チームをどのように前進させるか決めることができます。このテンプレートを使用すれば、喜・哀・楽によるふりかえりを簡単に実行することができます。このふりかえりは、チームの信頼関係、士気、エンゲージメントの向上のために役立ちます。

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレート
Technology Roadmap Thumbnail
プレビュー

テクノロジーロードマップ テンプレート

活躍するシチュエーション:

Agile Methodology, Roadmaps, Agile Workflows

テクノロジーロードマップは、「いつ・だれが・なにを・どのように」に基づくソリューションが、会社を前進させるという根拠を文書化するのに役立ちます。IT ロードマップとも呼ばれるテクノロジーロードマップは、予定されている改善に焦点を当てて、利用可能なテクノロジーをチームに示します。ロードマップは、今後導入されるソフトウェアやプログラムだけでなく、徐々に廃止される技術ツールとのギャップや重複を特定することができます。実用的な観点から、ロードマップでは、どのような種類のツールにお金をかけるのが最善か、新しいシステムやプロセスを導入する最も効果的な方法は何か、といったことについても概説する必要があります。

テクノロジーロードマップ テンプレート
UML Diagram Thumbnail
プレビュー

UML 図テンプレート

活躍するシチュエーション:

Diagrams, Software Development

UML は元々、UML は元々、ソフトウェア工学でモデリング言語として使われていたため、アプリケーション構造やソフトウェアの文書化によく使われるツールです。UML は、「Unified Modeling Language(統一モデリング言語)」の略称で、ビジネスプロセスや、ワークフローのモデリングにも使用することができます。フローチャートと同様に、UML 図は、段階的なプロセスをマッピングすることができます。これにより、チームはシステムとタスク間の関係を簡単に表示することができます。UML ダイアグラムは、新入社員が状況を素早く把握し、文書作成、職場やチームの管理、プロジェクトの合理化に役立つ効果的なツールです。

UML 図テンプレート
Swimlane Diagram Thumbnail
プレビュー

スイムレーン図テンプレート

活躍するシチュエーション:

フローチャート, 図表作成, ワークフロー

プロセスが複雑になってきたら、一歩下がって、誰が、いつ、何をするのかを視覚化することをお勧めします。スイムレーン図とは、身近なもの(水泳プール)から着想を得て、チーム、作業グループ、部門、多層化された組織のプロセスを「スイムレーン」によって整理するものです。このわかりやすいワンストップな視覚表現は、スイムレーンから着想を得て、複雑なプロセスを整理するものです。スイムレーン図は、大規模プロジェクト前の役割の明確化、新入社員の定着の迅速化、組織構造の更新など様々な用途に使用することができます。

スイムレーン図テンプレート
strategic-planning-thumb-web
プレビュー

戦略的計画テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト計画, リーダーシップ, 戦略プランニング

目標を策定し、その達成に必要なステップを把握する必要に迫られたら、戦略的計画テンプレートを活用しましょう。戦略的計画テンプレートは、作業プロセスを通じて、現状を評価し、将来の目標を策定して、それらを実現するための計画の策定をサポートします。一般に戦略では何かを行うために目標や理由を考慮しますが、計画では目標の達成に必要な具体的なステップを考慮します。しかし、戦略的計画では、この 2 つを同時に考慮します。

戦略的計画テンプレート
Stakeholder Map Thumbnail
プレビュー

ステークホールダーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

経営管理, マッピング, ワークフロー

ステークホールダーマップは、プロジェクトへの影響力と関心の強さに応じて関係者をグループ化する分析手法の 1 つです。このテンプレートを使用することで、製品、プロジェクト、アイデアに関心があるすべての関係者を 1 つの視覚領域に整理することができます。これにより、プロジェクトに影響を与える関係者と、関係者それぞれの関係性を容易に把握することができます。ステークホルダーマップは、プロジェクト管理で広く使われている手法で、通常はプロジェクトの開始時に実施されます。ステークホールダーマップをプロジェクトの早い段階で実施することで、ミスコミュニケーションの発生を防ぐことができます。また、すべてのグループの目的に対する認識を合わせて、成果と結果に対する期待値を設定することができます。

ステークホールダーマップテンプレート
Service Blueprint Thumbnail
プレビュー

サービスブループリント

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, オペレーション, マーケットリサーチ

1984年にリン・ショスタック氏によって考案されたサービスブループリントは、顧客の視点から製品・サービスのプロセスを理解し、改善することに非常に役立つツールです。サービスブループリントにより、新しいプロセスを設計したり、既存のプロセスを改善したりすることが容易になります。サービスブループリント作成では、社内の関係各所や、第三者ベンダーまで、顧客体験に貢献する各プロセスと関係者をマップ化します。

サービスブループリント
Flowchart Thumbnail
プレビュー

フローチャートテンプレート

活躍するシチュエーション:

フローチャート, マッピング, 図表作成

業務プロセスやフローの把握や説明に Miro のフローチャートを活用しましょう。一般的な図形(円、長方形、ひし形、矢印)を使用することにより、業務プロセスやフローを簡単に見える化することができます。また、情報の把握だけではなく、潜在的な欠点や問題点を効率的に発見することもできるため、プロセスを改善して、より良い製品やサービスの向上に役立ちます。

フローチャートテンプレート