UML Diagram

UML 図テンプレート

ソフトウェアのモデリングと設計を簡単に行いましょう。UML 図のテンプレートを使用すれば、チームは共通の言語を使用して、開発、動作を視覚化することができます。

UML 図について

UML 図を使用すれば段階的なプロセスをマッピングし、ソフトウェアシステムを視覚化することができます。UML「Unified Modeling Language(統一モデリング言語)」は当初、ソフトウェア工学でモデリング言語として使用されていましたが、現在はアプリケーション構造の図表作成、モデリング、ソフトウェアの文書化等に幅広く採用されているです。さまざまな業界の専門家がこの手法を活用し、UML 図を使用したビジネスプロセスや、ワークフローのモデリングを行っています。

さまざまなタイプの UML 図の詳細については、引き続き以下をご確認ください。

UML 図の種類

UML 図の例は数多くあります。クラス図は最もよく使用され、さまざまなクラス、属性、動作、オブジェクト間の関係を表示するシステム構造をマッピングすることができます。ソフトウェアエンジニアや、ビジネスマネージャーもこの図表を使用し、プロセス内でで行われるさまざまなやり取りのモデリングを行っています。

その他の UML 図の種類には、ユースケース図や、シーケンス図、アクティビティ図などがあります。

UML 図用テンプレートを使用するメリット

フローチャートと同様に、UML 図は、段階的なプロセスをマッピングすることができます。これにより、チームはシステムとタスク間の関係を簡単に表示することができます。UML 図は、当初ソフトウェアエンジニアによく使用されていましたが、それによってチームはシステム設計を標準化できるので、そのまま他の業界でも採用されるようになりました。

UML 図用テンプレートの活用方法

UML 作成ツールを使用すれば、テンプレートを使用してソフトウェア開発に必要なモデリング作業をすぐに開始することができ、ソフトウェアの設計や分析、開発ガイドの作成やチームの優先順位付けに役立ちます。これは、ビジネスプロセスやワークフローのモデリングを行う一般的な方法です。UML 図は、さまざまな関係者が状況を素早く把握し、文書作成、職場やチームの管理、プロジェクトの効率化に役立つ効果的なツールです。

UML 図用テンプレートでさっそく図表作成

どの種類の UML 図がユーザーのニーズに最適かを判断するには、まずターゲットセグメントを選ぶことから始めます。

例えば、管理者層はプロジェクトの全体像の把握および管理が主な業務となりますが、開発者は可能な限り詳細な情報を必要としています。情報詳細はできるだけシンプルに記述しましょう。

まず、ボード上に UML 図作成に必要なすべての要素を配置し、関係線を追加します。

一言コメントや色を使用することにより、重要な機能にプロジェクトメンバーの注意を引くことができます。

UML 図の例

UML には 14 種類の図表が存在し、2つのカテゴリーに分類することができます。

構造:

  • クラス図

  • パッケージ図

  • オブジェクト図

  • コンポーネント図

  • 構造図

  • 配置図

動作:

  • アクティビティ図

  • シーケンス図

  • コミュニケーション図

  • 相互作用概観図

  • タイミング図

  • ユースケース図

  • ステートマシン(状態遷移)図

  • プロファイル図

UML 構造図は、システムの静的な構造を示します。一方、UML 振る舞い図の例は、システム内のオブジェクト間の動作を示し、システムの変更案としても説明に活用することができます。

UML 図の例

数多くの UML 図があり、システムのマッピング、ソフトウェアのモデリングや文書化に使用することができます。Miro のテンプレートで使用されている UML ダイアグラムの例は、クラス図カテゴリーに属しており、静的な構造や関係者を示しています。この例では、オンラインストアの取引を確認することができます。ダイアグラム上部のオンラインストアのログイン手順から始め、顧客が選ぶルートに進み、ショッピングカートに製品を追加するか、アイテムを検索して注文することができます。

UML ダイアグラムよくある質問

Miro では、様々な UML 図を描くことができますか?

はい、できます。Miro は、ニーズや聞き手に応じて UML 図をカスタマイズできるホワイトボードツールです。UML 図は、主に構造と行動の 2 つのカテゴリーに分けられます。14 種類の UML 図の例 が、この 2 つのカテゴリーに分けられており、Miro の機能を使ってどちらもデザインすることができます。

UML 図とは何ですか?また、その目的は何ですか?

UML 図は、ソフトウェア システムに関する情報を指定、構築、文書化する視覚的な方法です。また、UML の方法論には、システムモデルとその概念的アイデアを書くための標準化された方法があります。UML 図を使用して、ビジネスプロセスとワークフローをモデル化することもできます。

UML 図テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Agile Board Thumbnail
プレビュー

アジャイルボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, アジャイルワークフロー

好評のアジャイルフレームワークの一部であるアジャイルボードは、生産サイクル全般を通したタスクを同期させる視覚的なディスプレイです。アジャイルボードは、主にカンバンやスクラムなどのアジャイル開発手法に照らして使われますが、誰でもこのツールを利用できます。ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャーが活用するアジャイルボードは、柔軟で透明性があり、反復的にワークロードを管理するのに役立ちます。アジャイルテンプレートは、タスクやチームに合わせてカスタマイズできる付箋を Miro のレイアウトで簡単に始める方法です。

アジャイルボードテンプレート
lotus-diagram-thumb-web
プレビュー

ロータス図テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, アイデア出し, UX デザイン

クリエイティブ思考な人でも、新鮮に物事を捉え、斬新なアイデア生み出すために、手助けを必要とすることがあります。ロータス図は新しいインスピレーションを与え、よりスムーズで効果的なブレインストーミングが行えるようになります。クリエイティブ思考をサポートするこの手法は、メインアイデアを図の中心に置き、その周囲に補助的なアイデアの箱を置いてアイデアを探っていきます。このテンプレートなら、ブレインストーミング用のロータス図を簡単に作成することができます。また、無限のアイデアを展開できる無限大のキャンバスを提供します。

ロータス図テンプレート
aws-chef-automate-architecture-thumb
プレビュー

AWS Chef Automate アーキテクチャ テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, ソフトウェア開発

AWS Chef Automate アーキテクチャ テンプレートは、AWS Chef フレームワークを視覚的に表します。各種クラウド ソリューションを簡単に追跡し、運用タスクをこれまでにないスケールで自動化します。

AWS Chef Automate アーキテクチャ テンプレート
CustomerJourneyMap-thumb-web
プレビュー

カスタマージャーニーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

アイデア出し, マッピング, プロダクト管理

カスタマージャーニーマップとは、特定のペルソナを元に顧客体験を視覚化するためのフレームワークであり、顧客が製品・サービスと出会い、購入に至るまでの経緯を視覚的に把握することに役立ちます。顧客のニーズや体験を深く知ることで、ターゲットセグメントに響く製品やサービスの提供が可能となるだけではなく、顧客ロイヤリティの向上やシェアの範囲を持続的に拡大することができるようになります。カスタマージャーニーマップテンプレートを使用することにより、いつでもあっとい間にカスタマージャーニーマップの作成を開始することができます。

カスタマージャーニーマップテンプレート
Team Charter Thumbnail
プレビュー

チームチャーターテンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ワークショップ, ミーティング

チームチャーターとは、チームの目的や目標、それらの達成に必要なステップをまとめた文書です。チームチャーターは、すべてのメンバーが集中し、目指すべき方向性を視覚化します。協力して作成したチームチャーターは、メンバーの結びつきを強める有効な手段です。チームチャーターテンプレートは、新しくチームを設立したとき、既存チームに新メンバーを加えたとき、あるいはチームでの在籍期間にかかわらず、改めてチームの連携を強化したい場合に有効なフレームワークです。

チームチャーターテンプレート
Status Report Thumbnail
プレビュー

ステータスレポートテンプレート

活躍するシチュエーション:

戦略プランニング, ドキュメンテーション, プロジェクト管理

ステータスレポートは、ある時点の進捗状況のスナップショットを提供します。複数のイベントを含んだプロジェクトのマップ化が必要なプロジェクト、チーム、状況ではステータスレポートが有効です。プロジェクトマネージャーであれば、このレポートを使ってプロジェクトのタイムラインを記録することができます。理想的には、プロジェクト関係者が、ステータスレポートを見て「自分たちがどこにいて、どうやってここまで来たのか」という問いに答えられるようになることです。このテンプレートは、予測される計画や結果に対するプロジェクトの進捗状況を要約する際の出発点としてご利用ください。

ステータスレポートテンプレート