UML Communication Diagram

UML コミュニケーション図テンプレート

プログラム内のすべてのオブジェクトが他のオブジェクトとどのように相互作用するかを完全に把握することができます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

UML コミュニケーション図テンプレートについて

多くの人に使ってもらえる SaaS(Software-as-a-Service)製品を作ったことがある人なら、開発においてコミュニケーションが非常に重要であることを知っているはずです。

製品のどの部分が、どのようなタイミングで、どのような目的で、他の部分と通信するのかの図表を作成できれば、製品全体の機能を明確かつ全体的に把握することができるようになります。

そんなシチュエーションでコミュニケーション図が活躍します。シーケンス図が時間の経過とともに処理を見るのとは対照的に、コミュニケーション図は全体像のスナップショットを得ることができます。

プロセスマップと似ていますが、ワークフローではなく、プログラムを対象としたものです。

以下でコミュニケーションズ図テンプレートについてご紹介していきます。

UML コミュニケーション図とは?

コミュニケーション図は UML 図(統一モデリング言語)の一種であり製品開発におけるマップのような役割を果たす図表です。

マップには、地域が明確に示され、互いの位置関係が正しく示され、その間を結ぶ道路が描かれています。

同様に、コミュニケーション図(コラボレーション図またはインタラクション図とも呼ばれる)は、プログラム内のすべてのオブジェクトをマッピングし、それらが互いにどのように関連しているかを図解します。

コミュニケーションはソフトウェア設計の核となる部分です。最終的な目的が何であれ、プログラムは異なるオブジェクトが互いに「コミュニケーションを取る」ことによって目的を達成します。プログラム自体がまだ存在しなくても、コミュニケーション図はそれをイメージすることに役立つツールです。

コミュニケーション図は、シーケンス図と混同されがちですが、関連性があっても別の図表です。これは、シーケンス図では、システム内の時間の流れが強調され、あるオブジェクトから別のオブジェクトへ、どのような順序で要求がリレーされるかを示します。

つまり、コミュニケーション図がマップだとすれば、シーケンス図は、道しるべのようなものです。

コミュニケーション図を使用するメリット

コミュニケーション図には以下のメリットがあります。

  • プログラム内の各オブジェクトの役割を明確にする:ウェブアプリケーションで特定のページが何をしているのか忘れてしまった場合、コミュニケーションダイアグラムを一目見れば、思い出すことができます。

  • 複数のオブジェクトを含む複雑なロジックチェーンの作成ができる:ロジックチェーンは口頭でも伝えることができますが、コミュニケーション図を使用し視覚的に学習することでより効率的に情報を伝達することができるようになります。

  • プログラムの新機能やシナリオの計画が可能:コミュニケーション図に慣れたら、新しい機能設計をプログラムに適合させるために、リモートチームとコラボレーションしましょう。

  • シーケンス図よりも簡単に新しいオブジェクトを追加可能:シーケンス図は、通常、端から端までが埋まっており、機能を追加するスペースがありませんが、コミュニケーション図のレイアウトはより柔軟であるため簡単に新しいオブジェクトを追加することができます。

コミュニケーション図の作成方法

Miro のコミュニケーション図テンプレートを使用することにより、あなた自身のコミュニケーション図を作成し、チームとの共同作業に活用することができます。これは、UML(統一モデリング言語)図の一例で、標準化された画像を使用して、普遍的な方法でアイデアを伝えるための一連の図です。

Miro ボード内のテンプレートライブラリからコミュニケーション図を選択し、以下のステップに沿ってコミュニケーション図を作成しましょう:

ステップ1:モデル化したい機能を決める

コミュニケーション図は、機能または製品全体を把握するための図表であることを忘れないでください。まず、何をモデル化するか、この図表の目標を決めることから始めましょう。

ステップ2:関数に関係する各オブジェクトを長方形を使って記入する

真っ白なキャンバスに怯える必要はありません。シェイプライブラリから長方形(または他の図形)を選び、モデリングする機能を構成するオブジェクトとしてラベル付けしてください。

ステップ3:関連するオブジェクトを線でつなぐ

ミロの接続線を使って、互いに通信するオブジェクトをつなげます。今のところ、方向については心配しないでください。このステップでは、どのオブジェクトが関連し、どのオブジェクトがそうでないかを定義するだけで十分です。

ステップ4:矢印を使って、あるオブジェクトが別のオブジェクトにメッセージを送信する場所をマークする

接続線をカスタマイズして、矢印にすることができます。この機能を使って、あるオブジェクトが別のオブジェクトと対話するすべての場所(たとえば、ログインページに移動するリンク)をマークします。

ステップ5:メッセージの送信順序を示す数字を矢印につける

接続線をさらにカスタマイズして、マルチシーケンスプロセスのステップを説明します。シーケンス図ほど詳細に書く必要はありませんが、全体的な機能を把握するために必要な情報は追加してください。

ステップ6:必要に応じて新しいオブジェクトを追加し続ける

コミュニケーション図のテンプレートは、新しい図形や接続線をいつでも必要に応じて簡単に追加することができます。

コミュニケーション図の使用事例

コミュニケーション図/コラボレーション図がどのようなものであるか、例を挙げて説明します。ここでは、ユーザーが航空券を購入できるアプリを作ることを例として見ていきましょう。

まず、すべてのオブジェクトを定義します。リストには以下のようなものがあります:

  • ランディングページ

  • ログイン画面

  • ユーザープロファイル

  • 検索インターフェース

  • 検索結果ページ

  • 購入画面

  • 購入確認

  • メール確認

それらすべての形状を選択し、Miroテンプレートに記入します。次に、ログイン画面とプロフィール、検索機能と結果、購入フローなど、互いに直接連携するオブジェクトをつなげます。

あるオブジェクトが別のオブジェクトと通信するときは、矢印を付けます。例えば、検索インターフェースと検索結果はループで動作しているので、それぞれを指す矢印を付ける必要があります。

最後に、複数ステップのシーケンスを探し、その仕組みを定義するために数字を追加します。購入と支払いのフローは、一般的なマルチステップのプロセスです。

Miro の UML 図作成ツールではさまざまなニーズに合った UML 図 の作成ができる図表のデザインがそろっています。UML コミュニケーション図テンプレートを使用してシステム内の各要素の相互作用を簡単にモデル化しましょう。

コミュニケーション図よくある質問

コミュニケーション図の使い方を教えてください。

コミュニケーション図は、プログラムを一連のつながった図形として表現することで、プログラムの内部動作を表現することに役立ちます。一目見ただけで、プログラムを構成するオブジェクトと、それらがどのように連動しているか、そして一般的な操作の順序が分かります。

コミュニケーション図の作り方を教えてください。

Miro でなら簡単にコミュニケーション図を作成することができます。コミュニケーション図テンプレートを選択し、シェイプライブラリからシェイプを追加し、カスタマイズ可能な接続線で接続するだけです。

コミュニケーション図の構成要素は何ですか?

コミュニケーション図は、図形(対象を表す)、線(関係を表す)、矢印(一方通行または双方向のコミュニケーションを表す)、数字(操作の順序を表す)で構成されています。

シーケンス図とコミュニケーション図の違いは何ですか?

シーケンス図は、あるプロセスが時間とともにどのように展開するかを示すもので、コミュニケーション図は、ある瞬間に起きていることの大まかなスナップショットに焦点を当てるものです。両者の機能は類似していますが、全く同じだというわけではありません。

UML コミュニケーション図テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
low-fidelity-wireframes-thumb-web
プレビュー
ローファイワイヤーフレームテンプレート
Stakeholder Map Thumbnail
プレビュー
ステークホールダーマップテンプレート
meeting-thumb
プレビュー
会議テンプレート
kinship diagram template thumb
プレビュー
親族関係図テンプレート
PRODUCTION FLOWCHART -web
プレビュー
製造フロー図テンプレート
Mind Map Thumbnail
プレビュー
マインドマップテンプレート