UML Activity Diagram

UML アクティビティ図

アクティビティ図のテンプレートを使って、アクティビティをサブプロセスや構成要素に分割し、計画、分析、最適化することができます。

Enterprise 、Business、Consultant、Education プランでご利用可能です。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

UML アクティビティ図について

組織、部門、システム内で発生するすべての事象を一目で把握するために、Miro のアクティビティ図テンプレートを使用して、簡単に図を作成しましょう。

アクティビティ図は、大規模なプロセスやプロセスチェーンを小さな一口サイズのアクティビティに分解する、強力なビジュアルツールです。プロセスを分析したり、誰かと視覚的に共有したりするためのシンプルな方法です。

このテンプレートを使用することにより、アクティビティ図作成にかかる時間を大幅に削減することができ、システムの最適化や、プレゼンでの説明、オンボーディングなど様々なシチュエーションで活用することができます。

アクティビティ図とは?

アクティビティ図とは、UML 図(統一モデリング言語)の一種であり、プロセスやシステムを視覚的に表現したものです。大きなアクティビティを構成するアクション、サブプロセス、および意思決定の分析をする際に役立つ図であり、ITや経営におけるプロセスの計画、実装、最適化によく使用されます。

一見、アクティビティ図はフローチャートとよく似ているように見えるかもしれませんが、視点と用途の点で大きな違いがあります。オブジェクトの流れを示すことで、アクティビティの各ポイントで何をすべきかを明確化するためのフレームワークですが、これは、プロジェクトを完了するための方法を説明したインストラクションのようなものです。

一方で、アクティビティ図では、プロセスとそのサブプロセスを詳細なレベルで把握することができます。システム設計者や管理者にとって便利なツールと言えるでしょう。Miro のアクティビティ図はプロジェクトマネージャー、チームリーダー、ビジネスユーザーなどによく使用されています。

アクティビティ図を使用するメリット

アクティビティ図には多数のメリットが存在します。以下で見ていきましょう。

より大きな活動を行うための一連の行動や意思決定に活躍:アクティビティ図では、アクティビティが構成するすべての決定とサブアクティビティを簡単に確認することができます。これにより、複雑なプロセスも含めて可視化し、理解・説明することが容易になります。

複雑なシステムをどのように最適化できるかを理解するのに役立つ:プロセスや意思決定の連鎖が長いと、最適化が困難になることがあります。アクティビティ図を使えば、クリティカルパスを短縮する方法や、サブプロセスをまとめる方法などをすばやく視覚化することができます。これにより、特に共同作業環境において、最適化がより速く、より簡単になります。

プロセスが計画通りに実行されているかどうかが簡単に把握できる:システムや組織で実際に起きている自称とアクティビティ図で計画した内容を比較することにより、プロセスが計画したとおりに実行されているかどうかを確認し、必要に合わせて修正することが可能になります。

プロセスから不要なアクションを特定し、削除することが容易になる:アクティビティ図では、行き止まりや重複するアクティビティなどを簡単に確認することができます。このため、システムや組織を停滞させている余分な不要なアクションを簡単に特定し、削除することができます。

アクティビティ図で使用する記号

アクティビティ図の読み方は簡単です。知っておくべき、覚えておくべき、主なアクティビティ図の記号5つを以下でご紹介します:

  • 楕円形記号:楕円形の記号は、システム内のアクションを表します。この記号の内部には、通常、そのアクションを説明するテキストが入っているためアクションを簡単に見分けることができます。楕円形の記号は、背景に対してより目立つように色で塗りつぶすのが一般的です。

  • ひし形記号:ひし形は意思決定を表します。2本以上の線が伸びていて、さまざまな決断を象徴しています。ひし形の記号には通常、黒色が使用されますが、他の色で表すことも可能です。

  • バー記号: バー記号とは、並行するフローや複数のパートからなるアクティビティの開始点と終了点を示すものです。開始バーはプロセスが分岐する場所であり、終了バーはプロセスが再び結合する場所である。ひし形記号と同様、バー記号は通常黒い色で表現されます。

  • 黒色の円:通常の黒円は、アクティビティ、システム、またはワークフローが開始される場所です。黒円の中の黒円は、アクティビティが終了する場所(つまり、最終ノード)を示します。

  • その他の記号:特定の図表に独自のアクティビティシンボルを追加することがあります。これらを追加する場合は、新しいシンボルの意味を読み手がわが理解できるように、小さな説明文を挿入しましょう。

アクティビティ図の作成方法

Miroの UML アクティビティ図ツールは、アクティビティ図の作成と共有に最適なキャンバスです。アクティビティ図のテンプレートを選択し、以下のステップに従ってアクティビティ図を作成しましょう:

ステップ1:シェイプパックを使って、主要なアクティビティとサブプロセスを表す楕円を追加します。その次に、楕円の中に好きな色でテキストを記入しましょう。完成したら、主要なアクティビティを上から下へ、または左から右へと順番に並べます。

ステップ2:ここでもシェイプパックからマッピングするプロセス内の決定を表すひし形を追加します。次に、並行して行われるアクティビティの開始と終了を表すバー記号を追加します。最後に、プロセスの開始と終了を示すために、黒円を使用します。

ステップ3:プロセスとそのロジックを適切に表現できているかを確認しましょう。サブプロセスや決定事項などを見落としたり、間違って表現していないか確認します。実際に起きていることを忠実に表現できているかも確認しましょう。

ステップ4:Miroの便利な共有機能を使って、アクティビティ図の共有とコラボレーションを行います。

ステップ5:ボードを共有したメンバーがコメントや編集を加えたら、アクティビティ図の内容が基準を満たしたものかもう一度確認しましょう。後で、プロセスやアクティビティが途中で計画したとおりに機能しないことに気がつくのは避けたいものです。

アクティビティ図の良い例

アクティビティ図を使用して、オンラインショッピングストアでの購入プロセスをマップ化することができます。これにより、機械と人間の行動が、ショッピング体験全体(およびそのバックエンド)をどのように作り出しているかを、チームが簡単に確認できるようになります。

この例では、顧客がウェブサイトやアプリを訪問した時点が起点となります。この時点で、直線的な一連のアクションをマップ化します。「商品を探す」、「商品を見つける」、「カートに入れる」、「商品を購入する」。これらのアクションは、さらに小さなサブプロセスや決定経路に分割することができます。例えば、商品を後で保存する、住所を選択するなどです。

このような購買プロセスの基本的な流れができれば、その上に構築することができます。例えば、購入せずに離脱した顧客に対して、広告を追加することができます。また、機械が行うサーバーサイドの処理をミックスすることも可能です。

このようなアクティビティ図は、オンラインショッピングでの取引の流れを計画、理解し、開発するための方法として力を発揮します。プロジェクトマネージャー、マーケティング担当者、開発者などがよく使用する図表となっています。

Miro では UML 図の作成に役立つさまざまな図表のデザインを利用することができます。Miro のアクティビティ図テンプレートを使用してビジネスプロセスやプログラムの流れを可視化しましょう!

アクティビティ図よくある質問

アクティビティ図の使用目的を教えてください。

アクティビティ図は、プロセスをより小さなサブプロセスのシーケンスとして可視化し、マップ化するために使用されます。これは、複雑なプロセスを理解し、最適化するのに役立ちます。アクティビティ図は、マネージャー、開発者、その他のシステムおよびビジネスプロセスの設計者がハイレベルな詳細を図表を通して表現する際に使用される図となっています。

アクティビティ図を構成する要素は何ですか?

アクティビティ図は、プロセスをより小さなサブプロセスのシーケンスとして可視化し、マップ化するために使用されます。これは、複雑なプロセスを理解し、最適化するのに役立ちます。アクティビティ図は、マネージャー、開発者、その他のシステムおよびビジネスプロセスの設計者がハイレベルな詳細を図表を通して表現する際に使用される図となっています。

アクティビティ図の作成方法を教えてください。

Miro のようなオンラインツールを使用することであっという間にアクティビティ図を作成することが可能です。Miro にはアクティビティ図を描くのに必要なすべての図形や記号が揃っており、一人でも、チームメンバーや第三者との共同作業でも簡単に使うことができます。このページの「テンプレートを使用する」のリンクからアクティビティ図のテンプレートをお試しください。

UML アクティビティ図

このテンプレートで作業を開始する Enterprise 、Business、Consultant、Education プランでご利用可能です。

関連テンプレート
entity-relationship-diagram-thumb-web
プレビュー
ER 図(実体関連図)テンプレート
Daily Standup Thumbnail
プレビュー
デイリースタンドアップミーティング用テンプレート
azure-demand-forecasting-thumb (5)
プレビュー
Azure アーキテクチャ図テンプレート
euler diagram template
プレビュー
オイラー図テンプレート
website-flowchart-thumb-web
プレビュー
ウェブサイト用フローチャートテンプレート
likert-scale-thumb-web
プレビュー
リッカート尺度テンプレート