Miro でプロジェクトの マイルストーンを達成

複雑なプロジェクトも関係者のアクセス権もしっかり管理。コラボレーションに向けたオンライン ホワイトボードを使用して、複数部門からなるチームでもプロセスを一致させ、認識を合わせることができます。

ボード上で製品ロードマップを見てビデオ会議をする画像

世界で 3,500 万以上のユーザーが Miro を活用

Cisco
TransUnion
Okta
Anthem
Liberty Mutual

プロジェクト マネージャーによる Miro の活用方法

マインド マッピング
タスクの追跡
ユーザーストーリー マップ
PI 計画
オンライン ワークショップ
マインドマップ、コンセプトマップ、ブレインライティングを使用して、新しいアイデアを生み出し、関係性を表します。
テンプレートを閲覧する
マインドマップの画像
各タスクのステータス、優先度、依存関係を俯瞰し、抜けがないようにします。
テンプレートを閲覧する
タスク管理のボード画像
ユーザー ストーリーを使用して、あなたのビジネスがお客様に与えるインパクトを示します。
テンプレートを閲覧する
ユーザーストーリーマップのボード画像
共通のビジョンでチームをまとめ、ビジョンの実現に必要なステップを明確にします。
テンプレートを閲覧する
PI 計画イテレーションのボード画像
計画、リスク管理ワークショップ、対クライアント会議、プロセス改善などをすべて 1 か所で実施できます。
テンプレートを閲覧する
オンラインワークショップのボード画像

リモートでも快適にプラニング

複数部門からメンバーの参加を促すよう、効率性とシンプルさを備えた、遊び心あるリモート会議やワークショップを実施します。
  • PI 計画、ブレインライティング、コンセプト マッピングなどの既成テンプレートを使用して準備の時間を節約できます。
  • デジタル付箋、投票、ライブカーソル表示により、セッションに時間制限を設け、ユーザーの積極的な参加を促します。
  • ワークフローのインテグレーションにより、決定事項を実行タスクに変換します。

リモートでも快適にプラニング

ボード上のマップ画像
複数部門からメンバーの参加を促すよう、効率性とシンプルさを備えた、遊び心あるリモート会議やワークショップを実施します。
  • PI 計画、ブレインライティング、コンセプト マッピングなどの既成テンプレートを使用して準備の時間を節約できます。
  • デジタル付箋、投票、ライブカーソル表示により、セッションに時間制限を設け、ユーザーの積極的な参加を促します。
  • ワークフローのインテグレーションにより、決定事項を実行タスクに変換します。
“人間というのは行動によって変化をもたらすものですが、Miro のようなツールによって実際に影響を生み出すことができます.”
ジェス・ハーバー
シニア プロジェクト マネージャー

信頼できる唯一の情報源で意識合わせ

プロジェクトごとに信頼できる唯一の情報源を作成して認識を合わせ、情報を見えるようにしましょう。
  • 重要な役割と責任の概要を示し、誰もが自分の立ち位置を把握することができます。
  • ワークフローやタイムラインを計画し、チームで不備があるか議論します。
  • プロジェクト全体を参照できるように、カンバンボード、ガントチャート、RACI マトリクス、ユーザーストーリー マップを視覚的に一元化します。

信頼できる唯一の情報源で意識合わせ

ボード上で作業とビデオ会議を実施している画面
プロジェクトごとに信頼できる唯一の情報源を作成して認識を合わせ、情報を見えるようにしましょう。
  • 重要な役割と責任の概要を示し、誰もが自分の立ち位置を把握することができます。
  • ワークフローやタイムラインを計画し、チームで不備があるか議論します。
  • プロジェクト全体を参照できるように、カンバンボード、ガントチャート、RACI マトリクス、ユーザーストーリー マップを視覚的に一元化します。

人気ツールとのインテグレーションでプロジェクトをスムーズに

Confluence
Asana
Notion
Slack
Jira

ユーザー数は 3,500 万以上

今すぐ最初のボードを作成しましょう。料金はずっと無料です。
無料ではじめる
Miro for Enterprise

会社全体の
生産性を向上

組織全体のセキュリティを保ちつつ、各種部門を連携させて重要プロジェクトに弾みをつけ、コミュニケーションの課題を解消します。
お問い合わせ
Miro for Enterprise

会社全体の
生産性を向上

ソファーに座りコンピューターに向かう人物の写真
組織全体のセキュリティを保ちつつ、各種部門を連携させて重要プロジェクトに弾みをつけ、コミュニケーションの課題を解消します。
お問い合わせ