リモートでも活躍できる プロダクトチームを

Miro のコラボレーション用オンライン ホワイトボードを使用して、エンジニア、デザイナー、上層部に製品ビジョンを魅力的にプレゼンしましょう。オフィスがなくても、思いを機会に変えることができます。

ビデオ会議とボードの画像

世界中 3,500 万以上のユーザーが Miro を活用

Cisco
TransUnion
Okta
Anthem
Liberty Mutual

プロダクト マネージャーによる Miro の活用方法

製品ロードマップ
ブレインストーミング
ジャーニーマップ
素早いワイヤーフレーミング
フィードバックの合成
グループ化や色分けなどの視覚的な要素を使用して、インパクトのある製品戦略のストーリーを伝えます。
テンプレートを試す
ロードマップのカンバンボード画面
対面でのホワイトボード体験を再現し、創造性とイノベーションを発揮します。
テンプレートを試す
投票画面
カスタマー エクスペリエンスの問題を表面化させ、ビジョンとゴールに向けてチームを連携させます。
テンプレートを試す
ジャーニーマップの画像
製品戦略に対する支持を得て、製品要件を視覚化しましょう。
テンプレートを試す
ボード上でのワイヤーフレーミングの画像
フィードバックを一か所に集めて、インサイトを見出し、パターンを特定して、情報に基づいた決定を下します。
テンプレートを試す
Google ドライブとのインテグレーション

ブレストして共に作り上げる

かつては対面のコラボレーションでしか実現できなかった創造性やエネルギー、場の磁力を再現します。
  • チームにとっては、実際のホワイトボードに集まる以上に有意義でインタラクティブな会議やワークショップを開催できます。
  • ビデオチャットやライブカーソル表示により、受け身の視聴者を活発な参加者に変えます。
  • 付箋にアイデアを収集したのち、タスク管理やプロジェクト ワークフローの各種インテグレーションを活用してタスクに最優順位をつけ、実行に移します。

ブレストして共に作り上げる

ビデオ会議とボード上での作業の画像
かつては対面のコラボレーションでしか実現できなかった創造性やエネルギー、場の磁力を再現します。
  • チームにとっては、実際のホワイトボードに集まる以上に有意義でインタラクティブな会議やワークショップを開催できます。
  • ビデオチャットやライブカーソル表示により、受け身の視聴者を活発な参加者に変えます。
  • 付箋にアイデアを収集したのち、タスク管理やプロジェクト ワークフローの各種インテグレーションを活用してタスクに最優順位をつけ、実行に移します。
クリス・ホムベルク

“Miro は、クライアントとのコミュニケーションに大いに役立っています。製品開発プロセスの説明やプレゼンが分かりやすくでき、クライアントにもよく理解してもらえるようになりました.”

クリス・ホムベルク
Lookfar Labs、プロダクト部門責任者

チームで製品ビジョンを一つに

製品仕様、ワイヤーフレーム、UX フローなどをホワイトボードに一元化することで、視覚化された信頼できる唯一の情報源を作成します。消去の心配もありません。
  • 色分け、グループ化、人目を引くテンプレートを使用して、文字のみのロードマップから解放されます。
  • コメント追加で、関係者から直接フィードバックを入手できます。
  • チームが作業する場所にボードを埋め込むことで、作業完了に必要な背景情報を全員が把握できます。

チームで製品ビジョンを一つに

Google ドライブとのインテグレーション
製品仕様、ワイヤーフレーム、UX フローなどをホワイトボードに一元化することで、視覚化された信頼できる唯一の情報源を作成します。消去の心配もありません。
  • 色分け、グループ化、人目を引くテンプレートを使用して、文字のみのロードマップから解放されます。
  • コメント追加で、関係者から直接フィードバックを入手できます。
  • チームが作業する場所にボードを埋め込むことで、作業完了に必要な背景情報を全員が把握できます。

人気ツールとの
インテグレーションで
作業をシンプルに

Confluence
Google Drive
Slack
Jira
Invision

ユーザー数は 3,500 万以上

今すぐ最初のボードを作成しましょう。料金はずっと無料です。
無料ではじめる
Miro for Enterprise

高品質な製品を短期間でリリース

製品ロードマップの背後にある戦略を複数の部門間で意識合わせ、マイルストーンに対する進捗状況の確認、あらゆるデバイス上での安全なコラボレーション、優れた製品体験の創出などが実現します。
Enterprise プランについて
Miro for Enterprise

高品質な製品を短期間でリリース

ソファーに座りコンピューターに向かう人物の写真
製品ロードマップの背後にある戦略を複数の部門間で意識合わせ、マイルストーンに対する進捗状況の確認、あらゆるデバイス上での安全なコラボレーション、優れた製品体験の創出などが実現します。
Enterprise プランについて