App Wireframing

アプリ用ワイヤーフレームテンプレート

アプリの機能や特徴を視覚的に設計し、最高のプロトタイプを開発しましょう。

アプリ用ワイヤーフレームテンプレートについて

アプリ用ワイヤーフレームテンプレートは、モバイルアプリケーションのインターフェース要素を視覚化することに活躍します。モバイルアプリの構造や機能を配置して、ユーザーフローや構成要素間の相互作用を示すことができます。アプリ用ワイヤーフレーム テンプレートを使うことで、モバイルアプリのレイアウトを全体的に把握することができます。最も簡単にデザインやアプリ開発を管理する方法です。

アプリ用ワイヤーフレーム テンプレートの詳細については、引き続き以下をお読みください。

アプリ用ワイヤーフレームとは

アプリ用ワイヤーフレームとはウェブサイト用ワイヤーフレームと同様に、モバイルアプリのインターフェースを視覚化し、ユーザーとの関わり方を表すために使われます。

アプリ用ワイヤーフレームを使用すると、モバイルアプリをわかりやすく簡単にイテレーションできます。コンテンツやナビゲーションなどの画面上の要素を割り当てるためにワイヤーフレームを使用して、アプリ製作を効率的に整理し、計画することができます。

アプリ用ワイヤーフレーム テンプレートの活用方法

チームがアプリの開発の初期段階でアプリ用ワイヤーフレームを活用することで、モバイルアプリのフローや機能を特定することができます。アプリ用ワイヤーフレームを使用すれば、アプリのユーザーフローをスムーズにし、開発やコンテンツ生産に力を入れる前に、必要な機能をすべて配置できるようになります。アプリ用ワイヤーフレーム の目的は、アプリの機能や各要素の見え方を合わせることです。

モバイルアプリ用ワイヤーフレーム作り方

Miro のワイヤーフレームツールを使用して、あっという間にモバイルアプリ用ワイヤーフレームを作成することができます。まずアプリ用ワイヤーフレームテンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従ってください。

ステップ 1:アプリのフロー

アプリのフローのうち最も重要なステップを書き出します。各ステップの重要なアクションをリストアップします。モバイルアプリケーションの目標は、明確にさせるようにしましょう。ワイヤーフレームを開始する前に、目標やこのモバイルアプリのワイヤーフレームを作成して達成したいことについてチームと話し合いましょう。そうすることで、ユーザーフローやユーザーエクスペリエンスをマップ化することができます

ステップ 2:スケッチ機能

アプリ用ワイヤーフレームテンプレートを使用して、各ステップの画面に表示される機能をスケッチします。Miro のワイヤーフレームライブラリを使用することもできます。ユーザーはモバイルアプリを使用することで、ワイヤフレームに記入された各プロセスを体験することになります。各アプリの画面に表示される情報や、ユーザーがそれにどう反応するかについて考えてみましょう。モバイルアプリの画面サイズはウェブページよりも小さいので、コンテンツもそれに応じて表示するようにします。

ステップ 3:コピーを追加

コンテンツの作成を開始し、入れたいコピーがアプリのデザインに合うかどうか判断します。一般的に、実際のコンテンツを入れると多くのフィードバックが得られるため、この段階ではプレースホルダー テキストではなく実際のコンテンツを使用することをお勧めします。

ステップ 4:注釈

アプリ開発に関わる人は多数いるため、モバイルアプリのワイヤーフレームを見るだけで全てを理解してもらえると思い込まないようにしましょう。ワイヤーフレームを利用する際には注釈を付けて、フィードバックを募り情報を共有しましょう。

Miro ではアプリ開発に役立つワイヤーフレームテンプレート使用してただくことができます。このテンプレートを使用してあっという間にアプリ用ワイヤーフレームを完成させましょう!

アプリ用ワイヤーフレームテンプレートに関するよくある質問

アプリ用ワイヤーフレームテンプレートの作り方を教えてください。

Miro のテンプレートを使ってモバイルアプリ用のワイヤーフレームを作り、自由にカスタマイズできます。Miro の無限大のキャンバスを使用して、アプリの画面遷移をモックアップし、レイアウトの概要を確認することができます。

ワイヤーフレームには何が必要ですか?

アプリのワイヤーフレーム テンプレートには、アプリの画面遷移に関する基本情報や、レイアウトの設計方法、コンテンツの配置場所といった内容が必要です。モバイルアプリのワイヤーフレームには、ロゴ、検索フィールド、ヘッダー、コンテンツの本文、ボタン、フッターなどの要素が必要です。

アプリ用ワイヤーフレームの例にはどんなものがありますか?

ローファイ、ミッドファイ、ハイファイの 3 種類のアプリ用ワイヤーフレームがあります。これらのアプリ用ワイヤーフレームの違いは、モバイルアプリケーションに関する詳細情報のレベルの違いです。

アプリ用ワイヤーフレームテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
product-development-roadmap-thumb-web
プレビュー

製品開発ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

ロードマップ, ソフトウェア開発, プロダクト管理

製品開発ロードマップは、コンセプトから市場投入に至るまで、製品を提供する際にチームが実施する必要があることすべてに対応しています。また、製品開発ロードマップは、ガイダンスとリーダーシップを提供するチーム連携ツールで、チームが集中して製品イノベーションのバランスを取り、顧客ニーズを満たすことができるようサポートします。製品開発段階に集中して時間をかけてロードマップを作成すると、チームは、ビジネスリーダー、デザイナー、開発者、プロジェクトマネージャー、マーケティング担当者、その他チームの目標達成に影響を及ぼす個人にビジョンを伝えることができます。

製品開発ロードマップテンプレート
prune-the-product-tree-thumb-web
プレビュー

製品ツリー管理テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

製品ツリー管理(製品ツリーゲームや製品ツリー優先順位付けフレームワークとも呼ばれる)は、プロダクトマネージャーが製品機能の要求を整理し、優先順位をつけるのに役立つビジュアルツールです。このツリーは、製品ロードマップを表し、顧客や関係者から集めたフィードバックの反映をゲーム化し、製品やサービスをどのように成長させ、形づくるかを検討する手助けとなります。一般的な製品ツリーは、4 つの象徴的な要素で構成されます。幹は構築中の既存製品の機能、枝は製品やシステムの機能、根は技術要件やインフラ、葉は製品機能の新しいアイデアを表しています。

製品ツリー管理テンプレート
4Ls Retrospective Thumbnail
プレビュー

ふりかえり用 4L モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

ふりかえり, 意思決定

さて、今回のスプリントが終わったと仮定しましょう。チームは今回のスプリントで設定した目標に向けて懸命に取り組み、モチベーションも高まっています。完了したスプリントをしっかりとふりかえり、評価してみましょう。うまくいったこと、うまくいかなかったこと、改善できることなどが考えられると思います。このアプローチ(4L は「Liked」「Learned」「Lacked」「Longed」の頭文字を表します)は、感情を省いてプロセスを冷静に振り返る上で非常に有益な方法です。 ふりかえりを行うことにより、信頼を築き、士気を改善し、関わりを増やすことができます。また、今後より生産性を高め成功するために調整を行うこともできます。

ふりかえり用 4L モデルテンプレート
Service Blueprint Thumbnail
プレビュー

サービスブループリント

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, オペレーション, マーケットリサーチ

1984年にリン・ショスタック氏によって考案されたサービスブループリントは、顧客の視点から製品・サービスのプロセスを理解し、改善することに非常に役立つツールです。サービスブループリントにより、新しいプロセスを設計したり、既存のプロセスを改善したりすることが容易になります。サービスブループリント作成では、社内の関係各所や、第三者ベンダーまで、顧客体験に貢献する各プロセスと関係者をマップ化します。

サービスブループリント
UML Class Diagram
プレビュー

UML クラス図テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, マッピング, ソフトウェア開発

UML クラス図をチームでのコラボレーションを通して効率的に作成しましょう。Miro のUML クラス図テンプレートでは、システムの設計や改良が視覚的アセットを活用しながら可能であり、エンジニアやプログラマーがコードを書く際の指針としても役立ちます。

UML クラス図テンプレート
idea-funnel-backlog-thumb-web
プレビュー

アイデアファネルバックログ

活躍するシチュエーション:

Design, Brainstorming, Agile Workflows

アイデアファネルバックログは、バックログを視覚化し、上流に停滞するバックログの数を限定します。これにより、不要な会議や業務上のオーバーヘッドを発生させることなく、リスト上の項目に優先順位を付けることができます。アイデアファネルバックログを使用するには、ファネルを各フェーズに分けるか、ロードマップのように扱います。アイデアファネルバックログは、ロードマップとバックログを 1 つの分かりやすいハイブリッド モデルにして使用します。

アイデアファネルバックログ