Lean UX Canvas

リーン UX キャンバステンプレート

製品のビジネス面とユーザー面を明確に分析、理解しましょう。

リーン UX キャンバステンプレートについて

リーン UX とは何でしょうか?

リーン UX は、チームが仮説と実験によって、ビジネス上の問題を分析し、解決することを支援するツールです。従来の UX とは異なり、リーン UX は、成果の量ではなく体験に重きを置いています。したがって、チームはデザインプロセスのできるだけ早い段階でフィードバックを収集する必要があります。そのため、リーン UX では、従来の方法よりも緊密なチームコラボレーションが要求されます。リーン UX キャンバスを使用することで、品質を損なうことなく、作業とイテレーションサイクルを迅速化できます。

リーン UX キャンバスの活用方法

リーン UX キャンバスは、プロジェクトのリサーチ、デザイン、プランニングに有効で、特にディスカバリーフェーズにおいてその力を発揮します。チームが様々なプロジェクトを同時開発している場合、従来の UX 手法では対応しきれない可能性があります。通常の手法では、このような短時間で UX を提供することはできません。幸い、リーン UX は、効率を犠牲にすることなく、高品質のユーザーエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。

リーン UX キャンバスのメリット

リーン UX キャンバスは、何を、何のために、誰のために構築しているのか、といった全体像を示すことができます。製品の潜在的に弱い部分を迅速に特定 / 修正し、ビジネス上の問題を解決することで、優れた、大幅に改善された、顧客中心の製品を作ることができます。

リーン UX キャンバスの 8 つの要素

リーン UX キャンバスは、次の8つの主要な要素を含むグリッドです。

  1. ビジネス上の問題:

  2. ビジネス上の問題とはどのようなものでしょうか?

  3. ビジネスの成果:

  4. 問題が解決したことを確認するには、どのようなユーザーの行動の変化に着目すればいいのでしょうか?

  5. ユーザーと顧客:

  6. どのようなユーザーと顧客を優先すべきなのでしょうか?

  7. ユーザーのメリット:

  8. ユーザーはどのような目標を達成しようとしていて、どのような問題を解決しようとしているのでしょか?

  9. ソリューションのアイデア:

  10. ターゲットユーザーが目標を達成するために必要な製品、機能、拡張機能を列挙してください。

  11. 仮説:

  12. 上記の 2 ~ 5 を勘案して、「ユーザー Y が機能 A でメリット Z が得られれば、ビジネス成果 X が得られると考える」というような仮説を立ててください。

  13. 仮定:

  14. 仮説を実現するために実行する必要がある最も重要な仮定とは何でしょうか?何を持って仮説が誤っていると判断するのでしょうか?仮説が崩れる原因は何でしょうか?

  15. 実験:

  16. 仮説を検証するために必要な実験をブレインストーミングします。

リーン UX キャンバステンプレートの作り方

Miro のホワイトボードツールは、リーン UX キャンバスを作成し、共有するのに最適です。作成方法以下の通りです。

ステップ 1:まず、リーン UX キャンバステンプレートを選択します。

ステップ 2: あらゆるカスタマイズが可能なテンプレートに、ビジネス上の問題の象限から実験のアイデアの象限まで、順を追って書き込みます。

ステップ3:次に、ユーザー インタビュー、調査、ユーザビリティ スタディなどをアップロードして、ユーザー象限を書き込みます。このプロセスは、Miro が Google Drive、Sketch、Dropbox、Adobe CC などと統合されているおかげで、本当にシームレスに行えます。

ステップ 4:プロダクトの象限を埋めて、ビジネスの象限が提起した仮定に答え、ユーザーの象限が明らかにしたニーズを確認します。

チームとボードを共有し、リアルタイムで話し合いながら、効率的で有用なソリューションとエクスペリエンスをデザインします。

リーン UX キャンバステンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Strategy Map Thumbnail
プレビュー

戦略マップテンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, マッピング

個人やチームの目標は、組織全体の戦略とどのように関連していますか?戦略マップでは、組織の戦略や目標を定型的に図化します。このマップは、様々な要素がどのように組み合わさっているかをわかりやすく視覚化する強力なツールです。戦略マップを使用すれば、各チームの目標と、全体的な戦略やミッションの方向性を合わせることが可能になります。戦略マップを使用すれば、チームは実行力のある適切な KPI を設定することができます。戦略マップは、通常バランススコアカード(BSC)手法の一部とみなされ、チーム全体の目標を設定する戦略的な計画ツールです。

戦略マップテンプレート
3 Horizons of Growth Thumbnail
プレビュー

3 つの成長地平線モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Strategic Planning, Project Planning

「The Alchemy of Growth」で紹介されたこのモデルは、挑戦する企業に現在と未来のバランスをとる方法を提供します。つまり、既存の事業でうまくいっていること、新たに発生しつつあること、そして未来に待ち受ける収益性の高い成長の機会とのバランスです。そうすることで、組織のあらゆるチームが取り組んでいるプロジェクトが、組織のゴールに寄り添い、それをサポートしていることを確認できるのです。また、3 つの成長地平線モデルは、実験と反復を重視し、それに頼るイノベーション文化を育み、新規事業の機会を特定する強力な方法です。

3 つの成長地平線モデルテンプレート
communications-plan-thumb-web
プレビュー

コミュニケーション計画テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, プロジェクト計画, マーケティング

チャンスを捉えました。製品を開発しました。そして今、重要なステップに差し掛かっています。オーディエンスを見つけ、明確で記憶に残り、インスピレーションを与える方法で話しかけましょう。このテンプレートを使用することにより、ビジネスの各場面で必要となるメッセージ戦略を管理するコミュニケーション計画の設計をすることができるようになります。何かコミュニケーションが必要な場合に、新しい戦略を構築する必要はありません。ここでは、プロセスを簡素化し、メッセージを合理化して、ビジネスの拡大とともに成長する方法でコミュニケーションが可能になります。

コミュニケーション計画テンプレート
Presentation Thumbnail
プレビュー

プレゼンテーションテンプレート

活躍するシチュエーション:

プレゼンテーション, 教育

キャリアのある時点で、プレゼンテーションを行う必要があるかもしれません。通常、プレゼンテーションは、トピックを説明する画像、文章、図を含む付属のスライド資料を使って話すことになります。このプレゼンテーションテンプレートを使用することで、プレゼンテーションの計画を立てるストレスから解放され、効果的で視覚的に魅力的なスライドを簡単に作成することかできます。プレゼンテーションテンプレートは、オーディエンスの集中力や意欲を高めるサポートをすることで、負担を取り除くことができます。シンプルなツールを使用して、スライド資料をカスタマイズし、チームとスライドを共有して、フィードバックを得て、コラボレーションすることができます。

プレゼンテーションテンプレート
Look Mock Analyze Thumbnail
プレビュー

観察・モデリング・分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

デザインプロセスにおいて、宿題(調査とも言います)をこなしていくことは重要なステップです。観察・モデリング・分析アプローチはこのステップの構造化と効率化を検証する有効な手法です。この強力なツールを使用すれば、長所 / 短所、成功 / 失敗、時間を効率的に使えたかどうかが明確になります。観察・モデリング・分析テンプレートは、インスピレーションの発見、デザインのモックアップ、フィードバックの獲得を容易にします。ボードのセットアップには 1 分とかかりません。

観察・モデリング・分析テンプレート
Risk Assessment Thumbnail
プレビュー

リスク評価テンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Project Management, Decision Making

リスク評価マトリックスは、プロジェクトや製品開発サイクルの計画の策定をサポートするシンプルなフレームワークです。発生確率 / 重要度リスクマトリックスとも呼ばれるこのフレームワークを使用することで、発生確率と潜在的な影響度に基づいて、プロジェクトや製品が抱えるリスクにどのように優先順位をつけるかを把握することができます。リスクは、発生確率が低く影響度が軽度の「1:緑色の領域」から発生確率が最高の「10:赤色の領域」にランク付けされます。各リスクにランクをつけることで、対処の優先順位がつけられ、最大の脅威に強力なアクションプランを持って取り組むことができます。リスクを限定して視覚化するグリッドフォーマットは、プロジェクト実行中に直面しうるリスクの低減に寄与します。

リスク評価テンプレート