Business Model Canvas Template | Miro

ビジネスモデルキャンバステンプレート

ビジネスにおいての新規事業開拓に対する戦略立案、ビジネスの見直し、マーケット分析などに必要なフレームワークすべてが入った Miro のビジネスモデルキャンバスをビジネス推進に活用しましょう。

ビジネスモデルキャンバステンプレートについて

ビジネスモデルキャンバスは、アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュールが考案した事業推進に非常に役立つ戦略ツールです。9つの要素から構成されており、Miro ボードでは、付箋や、線・矢印、ペン機能、イメージ、動画などを使用することにより完成させることができます。チームでビジネス分析を行い、視覚的に情報を理解できるようにしましょう。

ビジネスモデルキャンバス(BMC)とは?

ビジネスモデルキャンバス(BMC)は、ビジネスモデルを構築し、視覚的に表示するための戦略ツールです。このツールは、ビジネスの主要な活動と、その提案価値との関係を定義し、整理することに役立ちます。

また、ビジネス戦略を成功させるための各プロセスや、関係各所などを分析するためのビジネスフレームワークツールでもあり、サービスや製品のマーケティングを成功させることで、どの程度の収益が得られるかを評価するために使用されます。

ビジネスモデルキャンバステンプレートは以下の活動を効率的に行う時に力を発揮します:

  • 新規ビジネスモデルの立案

  • 既存のビジネスモデルの見直し

  • 企業戦略の再定義

  • 新製品・サービスの設計

ビジネスモデルキャンバステンプレートに興味をお持ちいただけたでしょうか?

次のトピックでは、ビジネスモデルキャンバスの作成方法についてご説明したいと思います。

ビジネスモデルキャンバスの作成方法:9つの重要な要素

この図には、ビジネスを構成する9つの重要な要素が含まれ、視覚的にすべて把握できるようにデザインされています。ビジネスモデルキャンバスの9つの構成要素は以下の通りです:

1. 主要パートナー

事業展開のために必要となる外部発注や外部提携先などのパートナーシップをリストアップしましょう。これらのパートナーシップから得られるリソースや価値の詳細も記入してください。

2. 主要な活動

ビジネス推進に必要な、マーケティングや、営業、アプリ開発などの主な活動内容をここでは記入してください。主要な活動を明確化することで、スムーズな利益を向上を目指すことができます。

3. 主要なリソース

事業運営やサービス提供のために必要となる主要なリソースの詳細をここではリストアップしましょう。通常、リソースは「ヒト・モノ・カネ・情報」で構成されます。

4. 提供価値(バリュープロポジション)

「顧客のどのようなニーズを満たすのか」または「顧客のどのような問題を解決するのか」など自社製品やサービスの顧客に対する価値をここでは記入しましょう。

5. 顧客との関係

このセクションは事業の方向性の指針となる重要な箇所でもありるため、どのように顧客と関係を築き、維持、発展していくのかを定義しましょう。

6. チャネル・販路

製品やサービスを顧客セグメントに届けるための方法やメディアのことなどを指します。顧客とのコミュニケーション方法、サービスの提供方法、販売チャネル、価値提案の提供方法などを詳細に記入しましょう。

7. 顧客セグメンテーション

「誰に価値を提供するのか」、「どの顧客層に自社製品やサービスがうけるのか」、「取引先の課題点」など、ビジネスを成功させるための主要なパートナーにスポットライトを当てることにより、より顧客や取引先の理解を深めることができます。

8. コスト構造

事業を運営し、サービスを提供するために必要な費用を特定し、これらの費用と他の事業機能との関係を明確化しましょう。費用の中には、特定の活動にかかる人件費や外注した際のコストなどを詳細に記入してください。

9. 収益の流れ

自社のビジネスが、どのように価値提供(バリュープロポジション)をすることで収益あげることができるのか説明しましょう。支払いの方法やタイミングも補足することにより、どのように顧客が安心して取引を完了できるのか視覚的に確認することができるようにもなります。

これら9つの要素を確実に定義できれば、ビジネスモデルの基礎の完成です。ビジネスモデルキャンバステンプレートを使用すれば、ブレインストーミング無しでも、すぐに成功につながるビジネスモデルを簡単に構築することができます。

ビジネスモデルキャンバスの作成と活用のタイミング

ビジネスモデルキャンバス(BMC)は、ビジネス計画に使用するものではなく、ビジネスモデルの最も重要な情報を分析し、視覚的に理解するためのツールです。

また、BMCは、主要な機能を中心にアイデアを整理・統合することにも役立つため、スタートアップ企業の新しいビジネスモデルの可視化にも適しています。しかし、BMCは、時間の経過とともに、上記すべての要因が変化する可能性があるため、定期的に見直す必要があります。

ビジネスモデルを選定した後は、ガントチャートなども活用して、戦略実施のための行動計画を立てるようにしましょう。

ビジネスモデルキャンバスを利用する5つのメリット

1. 新しいアイデア発見の基盤となる

ビジネスモデルキャンバスは、ビジネスモデルを視覚的に構築するのに非常に便利であり、ビジネスモデルを定義するさまざまなレベルで役立ちます。

2. 価値提案にフォーカスを当てる

価値提案(バリュープロポジション)は、ビジネスモデルキャンバスの中心的な部分です。テンプレートに記載した価値提案をガイドラインとして、キャンバスの残りの箇所を埋めるようにしましょう。

3. 作業を効率的かつ素早く行える

明確に定義されたビジネスモデルをすでに持っている場合でも、新しいビジネスモデルを検証する場合でも、このテンプレートを活用することによりすべての作業を素早く実行することができ、新しいビジネスアイデアを効率的に生み出すことができます。これにより、フィードバックやアイデア出し、ふりかえり作業のスピードアップを実現することができます。

4. ビジネスの全体像の把握

ビジネスモデルキャンバステンプレートを使用すれば、ビジネスのすべての要素がどのような相互関係にあり、影響し合っているかを簡単に把握することができます。

5. 時差や、場所に関係なく情報や資料が共有できる

ビジネスモデルキャンバスを完成した後は、プロジェクトチームと共有し、フィードバックを収集、必要な修正を加えましょう。視覚的特徴により、チームや、プロジェクトメンバー、ビジネスパートナーが簡単に情報を理解できます。

ビジネスモデルをいつでも改善

Miro のテンプレートには、作図に必要な質問がすでに記入されているため、すぐにビジネスモデルキャンバスの作成を開始することができます。あとは、質問に沿って順番に回答を記入していくだけです。

また、Miro ボードでは、色やフォント、セクションの移動だけでなく、ビジネスモデルキャンバスを他のテンプレートと組み合わせることで、複数のタブを開いたり、複数のボードを行き来することなく、すべてのプロセスを1つのボードで管理することが可能です。

そして、Jira、Asana、Trello などの外部ツールとも連携することで、新しいレベルの計画プロセスが実現可能になり、ビジネス推進を促進することができます。

完成したら、PDFで書き出したり、JPG画像で保存したり、印刷してどこにでも持っていくことができます。また、ダッシュボードに置いておけば、アプリでどこにいてもコンテンツにアクセスすることができます。

洗練されたビジネスモデルキャンバスは、ビジネス戦略を次のレベルに引き上げることを可能にします。大企業や、中小企業、スタートアップなど組織の規模や属性に関係なく、ビジネス推進に Miro のビジネスモデルキャンバスを活用しましょう。

まずは「テンプレートを使用する」から無料でお試しください!

ビジネスモデルキャンバスよくある質問

ビジネスモデルキャンバスを何に使う?

ビジネスモデルキャンバスは、ビジネスモデルを視覚的に表現するためのツールです。従来のビジネスモデルの作成は、複雑な文書を書き出すというプロセスになりがちですが、ビジネスモデルキャンバスを使用すれば、要点を整理しながら、より直感的で魅力的なビジネスモデルを視覚的に構築することができるようになります。

ビジネスモデルキャンバスの作り方は?

ビジネスモデルキャンバスには、定義すべき9つの主要な要素が存在します。まず、ビジネスを定義し、サービスや製品の提供をサポートする主要なパートナーや、活動、リソース、価値提案から考えましょう。そして、顧客との関係のあり方、顧客セグメント、顧客とのコミュニケーションチャネルを明確にし、ビジネスのコスト構造と収益源を割り出します。詳しくは、本テンプレートページ上記「ビジネスモデルキャンバスの作成方法:9つの重要な要素」をご確認ください。

ビジネスモデルキャンバス作成に必要な情報は?

ビジネスキャンバスのテンプレートには、1. 主要パートナー、2. 主要な活動、3. 主要なリソース、4. 提供価値(バリュープロポジション)、5. 顧客との関係、6. チャネル・販路、7. 顧客セグメンテーション、8. コスト構造、9. 収益の流れの 9 つの主要要素が存在します。これらの要素を定義することで、ビジネスモデルの基礎を完成させ、すぐに行動へと移すことができます。

ビジネスモデルキャンバステンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
brand-thumb-web
プレビュー

ブランド戦略テンプレート

活躍するシチュエーション:

Marketing

完全なガイドが盛り込まれたブランド戦略テンプレートを使用して、新ブランドや既存ブランドのためのブランド戦略を立てましょう。ブランドを構築し、ビジネスを立ち上げ成功に導くための新しい方法を見つけましょう。

ブランド戦略テンプレート
Eisenhower Matrix Thumbnail
プレビュー

アイゼンハワーマトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Strategic Planning, Prioritization

膨大な To Do リストはありませんか?緊急性と重要性という 2 つの重要な要因に基づいて優先順位を付けます。これは、アメリカのドワイト・D・アイゼンハワー大統領に役立ちましたが、それはそのままユーザーにも役立ちます。この意思決定フレームワークでは、どこから手をつければいいのかや、その日の計画を立てる方法を把握するのに役立ちます。Miro のテンプレートを使用すれば、重要な 4 つの領域(実施する、予定する、任せる、実施しない)があるアイゼンハワーマトリクスを簡単に構築し、優先順位が変更されると、一日を通して再確認することができます。

アイゼンハワーマトリクステンプレート
OKR Thumbnail
プレビュー

OKR テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, プロジェクト計画

明確性、焦点、構造は、会社の方向性や意思決定に自信を持つのに重要な要素です。OKR フレームワークは、それらを示すように設計されています。OKR(Objectives and Key Results:目標と重要な成果の略称)は、戦略的レベル、そして運用レベルの 2 つの主なレベルで取り組みを行い、組織のリーダーが戦略的目標を決め、重要な結果を四半期ごとに定義するのに役立ち、それがイニシアティブにつながります。そのように OKR を使用すれば、直面している最も緊急性の高い組織の問題に集中して解決することができます。

OKR テンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー

ユーザーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

ユーザーペルソナとは、調査または分析した製品やサービスの対象となる顧客層を表し、要約するツールです。コンテンツマーケティング、製品マーケティング、デザイン、営業、販売のいずれの場合でも、対象者を念頭に置いて運営します。通常、顧客または見込み客がペルソナ作成の対象になります。自社が提供する製品やサービスに対して何かしらのメリットを感じる顧客層かもしれません。通常、個性やニーズが興味深い形で表現されたひとまとまりの情報です。ユーザーに関する知識を抽出することで、対象となるユーザーモデルを作成します。これがペルソナです。

ユーザーペルソナテンプレート
social-media-calendar-thumb-web
プレビュー

ソーシャルメディアカレンダー テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト計画, マーケティング

ほとんどの企業がソーシャルメディアを利用していますが、その多くは競争者との差別化ができていません。ソーシャルメディアカレンダー テンプレートは、ソーシャルメディア(LinkedIn、Twitter、Facebook、Instagram、Pinterest)の計画、スケジュール、投稿の編集を可能にし、戦略的なブランドプロモーション ツールとして活用することができます。ソーシャルメディアカレンダー テンプレートを使って、1 週間先、1 ヶ月先、四半期先のソーシャルコンテンツの計画を立てましょう。マーケティングチームと一緒に、製品の発売や主要なイニシアチブに関する投稿を準備し、そのドラフトを共有します。

ソーシャルメディアカレンダー テンプレート
event-planning-thumb-web
プレビュー

イベント計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークショップ, プロジェクト計画

製品発売、完全リモート会議、マイルストーンイベントを計画している場合でも、イベント計画用テンプレートは、視覚的なチェックリストとしての役割を果たし、その特別な日までに検討する必要がある詳細事項をすべてマッピングします。イベント計画用テンプレートは、イベントのクリエイティブで戦略的なビジョンが詳細事項に埋もれてしまわないようにする適応性の高い方法です。マーケティング計画からアジェンダ、ゲストへの軽食やみやげ品などさまざまなセクションをマッピングすることで、チームは、自分の業務にとって最も重要な内容に集中し、複数部門間にまたがる作業が生じた場合は、必要に応じてコラボレーションすることができます。

イベント計画用テンプレート