Gantt Chart

ガントチャートテンプレート

Miro の無料で使用できるガントチャートテンプレートでプロジェクトやタスクの進捗状況を視覚的に管理しましょう。

ガントチャートテンプレートについて

「ガントチャート」は、プロジェクトの進捗状況を横軸と縦軸で現した図表であり、タスク内容や、担当者、完了日などを視覚的に管理することを可能にします。横軸は時間を示しており、縦軸はタスクや担当者などの詳細を示しています。また、Miro では無料でガントチャートを作成でき、チームメンバーやプロジェクトメンバー間で簡単に共有できるため、コラボレーションに最適なツールと言えるでしょう。

通常、ガントチャートテンプレートは、四半期、月次、年次のプロジェクトの戦略立案を効率的に行うことに非常に便利です。ガントチャートをオンラインで作成し、プロセスや生産性の最適化を実現し、チームでのビジネス推進を達成しましょう。

ガントチャートとは?

ガントチャートは、作業行程の全体像の見える化に効果的なツールであり、プロジェクトの進捗やタスク管理に役立ちます。ガントチャート内の横軸は、プロジェクトにおいての時間経過や進行時期を示しており、縦軸にはタスク内容や、タスクに従事するメンバー、タスク完了期限などのプロジェクトに関する詳細が記載されます。

事業やチームによってガントチャートの使用方法は様々ですが、いくつかの重要な構成要素をここではご紹介したいと思います。

  1. 図の左側の縦軸には、タスクのリストやプロジェクトの作業内容が記載され、通常、グループやサブグループに分類されます。

  2. 2つ目の構成要素は、図の上部にある横軸であり、ロジェクトの進行状況を表しています。

  3. 3つ目は、図の右側にある横軸は、特定の目標に対する進捗状況を表しています。ガントチャートには、結果、依存関係、プロジェクト関係者も記載します。

これらの構成要素により、プロジェクトの全体像を一目で把握することができ、優先度の高いタスクやサブタスク、タスクの内容、担当者、進捗状況、開始日と終了日を効率的に管理することが可能になります。

ガントチャート使用ケース

ガントチャートテンプレートは、プロジェクト計画や、スケージュール設計、担当割り当て、タスクの進行日程を決める際に力を発揮します。また、テンプレートをチームメンバーや関係各所に簡単に共有できるため、コラボレーションツールとしても非常に優れています。

ガントチャートを使用するメリットは、プロジェクトタスク、タスク完了に要する時間、タスク担当者をチームでいち早く共有できることにあります。また、タスクの依存関係も明確化できるため、チームメンバーのお互いに対する責任意識の向上にもつながります。

Miro のガントチャートテンプレートには、図表作成に必要なフレームワークがすでに追加されているため、すぐに作業を開始することができます。タイムマネジメントこそ、ガントチャートの真骨頂であり、このテンプレートではその効果を最大限に引き出すことが可能です。

ガントチャートは以下の役職からの人気を得ています:

  • CEO

  • 会社役員

  • プロジェクトマネジャー

  • チームリーダー

  • コンサルタント

上記の役職に関係なく、ガントチャートテンプレートのどこから手をつけていいかわからないという方もいらっしゃることでしょう。次のトピックではその方法をご紹介したいと思います。

ガントチャート作成方法

オンラインでのガントチャート作成は一見複雑なプロセスに見えますが、想像よりも簡単なものです。以下の手順をガントチャートを作成にご活用ください。

  1. Miro アカウントにログイン - もしアカウントをまだお持ちでなければ、ほんの数クリックだけで作成できます。さらに完全無料です!

  2. ガントチャートテンプレートを開く - このページ内の「テンプレートを使用する」ボタンをクリックして直接使用するか、ダッシュボード上の左ツールバーのテンプレートライブラリから Miro ボードにテンプレートを追加することができます。

  3. 基本的な作業からスタート - まずは、タスクリストとタイムラインの作成から始めましょう。プロジェクトのニーズによって内容は異なりますが、いつも図の一番上にはタイムラインが存在しており、通常、週単位で区切られています。図の左側は、プロジェクトの内容に合わせて、様々な情報を記載することができます。

  4. タスクカードの作成 - 各タスクは横棒で表現され、棒の位置と長さは、各アクティビティの開始日と終了日、および期間を示しています。タスクの記入が完了した後は、担当するメンバーを各タスクに追記することを忘れないようにしましょう。また、納期日や、タスク完了期日、その他説明文や詳細を記入することも可能です。

  5. チームと共有 - ガントチャートを作成たボードにプロジェクトメンバーを招待し、完了したタスクや追加された新しいプロセスなどの変更事項をリアルタイムで共有することが可能です。経営者などの立場に関係なく、設定されたスケジュールやタスクがどれだけ現実的か、常に従業員からのフィードバックを受けるようにしましょう。

  6. プロジェクト開始 - 以上の手順を踏むことで、ガントチャートを完成することができます。後は、納期と目標達成するためにプロジェクトを開始しましょう。

  7. 保存 - 図表作成後、必要に応じてPDFやJPG形式で保存することができます。変更の可能性がある場合は、オンライン上で保存しておくのが理想ですが、Miro ではすべてnの図をエクスポートすることも可能です。

カスタマイズ可能なガントチャートテンプレート

ガントチャートテンプレートを、いつでも必要に応じてカスタマイズ可能であり、以下の要素を追加することができます:

  • タスク担当者(個人またはチーム)

  • 優先順位

  • 締切日

  • 依存関係

  • 説明と情報

さらに、様々なファイル(Office、Excel、Google Docs、PDF、JPG、PNG)を一つのボードで管理することが可能です。また、チームメンバーから説明を求められた場合や、意見を収集したい場合は、メモやコメント機能を使ってタスクの説明や議論を行うことができます。

ガントチャートが完成した後でも、優先度の高いタスクの追加や、特定のタスクの結果の追記などの作業が発生した場合は、すぐに情報更新を Miro ボードで行うことが可能です。もちろん、目的やチームによってカードの色を変えるなどの工夫もできます。

また、図表の作成だけではなく、Miro では、Jira、Trello、スプレッドシートなどの外部ツールをボードに取り込むことができ、すべて一つのボードで情報を管理することができます。

ガントチャート例

テンプレートを開くと、すぐ横にガントチャートの基本的な例が表示され、作成時のインスピレーションに使用することができます。また、作成例が確認できる解説動画もあるので、作成時の参考にしましょう。

ガントチャートテンプレートは、図表作成の中でも複雑なテンプレートの1つであるため、最初は、作成が難しいと感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、いつでもプロジェクトやタスク管理にその力を発揮してくれます。タイムラインテンプレートカンバンテンプレートスイムレーン図なども使うことにより、より早くテンプレート作成に慣れることができます。時間をかけて、最高のガントチャートを作成できるようになりましょう!

今日におけるガントチャートの役割

この図は20世紀初頭にヘンリー・ガント提唱したものですが、今日でも彼の図はプロジェクト管理で最も広く使われている図の一つです。

ここ数年、リモートワークが人気になってきており、ハイブリッドワーク(オフィスとリモート両方での出勤)の時代には、オンラインでガントチャートを作成することは、チームのタスクを管理するために非常に重要なことだと言えるでしょう。

Miro のガントチャートテンプレートを使用することで、プロジェクト計画や目標設定だけではなく、目標を達成できているか、効率的な作業ができているか、チームメンバーのパフォーマンスの追跡を簡単にすることができます。スプリント方式で業務をこなすことは、DX(デジタルトランスフォーメーション)に最適な方法だと言え、ガントチャートは、そのような DX 改革実現に非常に役立つ図の一つです。

ガントチャートよくある質問

ガントチャートの使用目的は?

ガントチャートは、プロジェクトの進捗状況やタスク、関係各所、期日などを視覚的に示すツールとして使われています。

ガントチャートを使用するメリットは?

プロジェクトにガントチャートを使用するメリットは、進捗状況の確認、リソースの評価、コミュニケーション、チームとしての意識の向上、期日や依存関係をより効率的に管理できることにあります。

ガントチャート作成方法は?

Miro の無料ガントチャートテンプレートを使用するか、1からガントチャートを作成することができます。まず、プロジェクトに関連するタスクのリストを作成し、タイムラインと各タスクの期日を記入し、タイムラインの下にタスクを横棒で追加することで、視覚的に情報を整理することができます。その後は、各タスクをそれぞれの担当者に割り当て、プロジェクト関係者全員と共有しましょう。

ガントチャートテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Bang for the Buck-web
プレビュー

バング・フォー・ザ・バック テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

名前の通りです。このアジャイルフレームワークは、プロダクトマネージャーと開発チーム間のコラボレーションに力をつけることで、効率を最大限に高めることに尽きます。プロダクトマネージャーと開発チームが共にプロジェクトアジェンダにある各 To Do リストを確認し、コストやメリットの観点から評価することができます。そうすることで、費やしたコストに対しどれだけの利益を上げられるかという点に基づいてタスクに優先順位をつけることができます。このテンプレートは、次回のスプリントに取り組むための戦略的な計画を立てようとするチームや組織に最適です。

バング・フォー・ザ・バック テンプレート
communications-plan-thumb-web
プレビュー

コミュニケーション計画テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, プロジェクト計画, マーケティング

チャンスを捉えました。製品を開発しました。そして今、重要なステップに差し掛かっています。オーディエンスを見つけ、明確で記憶に残り、インスピレーションを与える方法で話しかけましょう。このテンプレートを使用することにより、ビジネスの各場面で必要となるメッセージ戦略を管理するコミュニケーション計画の設計をすることができるようになります。何かコミュニケーションが必要な場合に、新しい戦略を構築する必要はありません。ここでは、プロセスを簡素化し、メッセージを合理化して、ビジネスの拡大とともに成長する方法でコミュニケーションが可能になります。

コミュニケーション計画テンプレート
Jobs to be Done Thumbnail
プレビュー

ジョブ理論テンプレート

活躍するシチュエーション:

アイデア出し, デザイン思考, ブレインストーミング

すべてはジョブを適切に完了するためにあります。顧客は「ジョブ」を実行するために製品やサービスを「採用」します。もし「ジョブ」が上手く完了できなければ、より上手く完了できる他の誰かを探します。このシンプルな前提に基づいて構築されたジョブ理論(JTBD:Jobs To Be Done)フレームワークは、起業家、スタートアップ企業、経営者が、顧客が誰かを定義し、市場で満たされていないニーズを発見するのに役立ちます。標準的なジョブストーリーでは、「~のときに、~がしたいので~します」というストーリー構成で顧客ストーリーが語られ、顧客目線で物事を見ることができます。

ジョブ理論テンプレート
RAID Log Thumbnail
プレビュー

RAID ログテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, プロジェクト管理, アジャイルワークフロー

RAID ログは、リスク、前提条件、課題、依存関係という 4 つの分野に着目し、プロジェクト計画の策定をサポートするツールです。リスクは、プロジェクトに悪影響を及ぼす可能性のある潜在的な問題を指します。前提条件は、発生すればプロジェクトを成功に導くことができる事象を指します(発生しなければプロジェクトに悪い結果をもたらします)。課題は、すでに発生してプロジェクトに悪影響を及ぼしたリスクを指します。依存関係は、プロジェクトを進行させるために開始または終了させる必要がある関係を指します。RAID ログは、プロジェクトの開始時に多く使用されますが、進行中のプロジェクトの調整や状況を共有するのにも有効なツールです。

RAID ログテンプレート
PI Planning Thumbnail
プレビュー

PI 計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, 戦略プランニング, ソフトウェア開発

PI 計画は、「プログラム増分計画(program increment planning)」の略称です。大規模アジャイル開発フレームワーク(SAFe)の一環である PI 計画は、チームが共有するビジョンに対して戦略を立てるのに役立ちます。通常の PI 計画セッションでは、チームは集まってプログラムのバックログを確認し、複数部門間で連携して、次のステップを決めます。多くのチームが 8 ~ 12 週間ごとに PI 計画イベントを実施しますが、ニーズに合わせて計画スケジュールをカスタマイズすることができます。PI 計画を使用して機能を細分化して、リスクを特定し、関係性を見付け、展開するシナリオを決めましょう。

PI 計画用テンプレート
Market Segmentation Matrix Thumbnail
プレビュー

市場セグメンテーションマトリクス

活躍するシチュエーション:

マーケティング, プロダクト管理, 戦略プランニング

成功し、説得力のあるマーケティングは、顧客層の理解で始まり、顧客層の理解で終わります。すなわち、顧客層が誰で、どこにいて、何を望んでいるのかを理解する必要があります。市場セグメンテーションマトリックスを使えば、より深いレベルで顧客を理解することができます。このビジネスツールでは、ターゲット市場を人口統計、地理学、ニーズ、関心、サイコグラフィック、行動特性に基づいて細分化します。その上で、これらのインサイトとデータを活用することで、より優れた製品戦略、販売戦略、マーケティング戦略を構築し、プロジェクトを成功に導くことができます。私たちのテンプレートなら、市場セグメンテーション マトリクスを容易に設定し、作成することができます。

市場セグメンテーションマトリクス