Miro's Product Roadmap Template for building product roadmaps

製品ロードマップテンプレート

製品ロードマップを設計して、製品やサービスの発売時期や成長段階を視覚し、製品開発プロセスを管理しましょう。期限を守り、プロセス全体に焦点をあて当てることができます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

製品ロードマップテンプレートについて

製品ロードマップは、製品戦略に関して組織全体の複数のチームが連携し、さまざまな目標やマイルストーンを達成する際に、非常に役立つロードマップの1つです。プロジェクト管理の観点からは、さまざまなチームメンバー、特に開発者が、最も重要なタスクに集中し、素早く意思決定して、 突然の成果物や使用の変更を未然に防ぐことができます。

製品ロードマップテンプレートの詳細については引き続き下記をご確認ください。

製品ロードマップとは?

製品ロードマップは、製品の今後のビジョンや進捗状況の共有に役立ちます。これは、戦略や優先順位に関して、管理者層、エンジニアリング、マーケティング、カスタマーサクセス、営業などのチームと重要な関係者の認識を合わせるのに適した重要な資産です。製品ロードマップでは、今後のプロジェクト管理の連絡、新しい機能や製品目標の詳細説明、新製品のライフサイクルの規定などをロードマップというツールを通して行うことができます。

製品ロードマップが活躍する分野

通常、プロダクトマネージャーは、製品ロードマップの作成、組織全体で収集したアイデアの優先順位付け、さまざまな関係者から賛同を得ることを担当します。製品チームだけではなく、他のチームや専門職も、開発チーム、マーケティングチーム、デザインチームとの意思決定に製品ロードマップを使用することが可能です。

製品ロードマップの構築時に考慮すべき 3 つのこと

製品ロードマップを構築するにはさまざまな方法があり、使用する構造は、アジャイルチームかどうか、またはウォーターフォールなど別のモデルを使用しているかどうかなど、複数の要因に応じて異なります。

以下では、Miro を製品ロードマップの設計に必要な要素をご紹介したいと思います。

1. 開発する製品や機能

次の機能や製品を開発する際には常にさまざまなオプションがあります。製品ロードマップでは、優先順位を付けるもののリストを作成する必要があり、それを戦略的なテーマに基づいて整理します。

2. 製品や機能を開発する時期

スプリントを中心に Miro のロードマップテンプレートを整理します。さまざまな段階を完了するのにかかる時間の見積もりに基づいて、各機能をスプリントに追加します。

3. 各段階の関係者

デザイナー、開発者、プロダクトマネージャー、マーケティング担当者など、製品開発プロセスに関わるメンバーを追加することができます。

4 つのステップで製品ロードマップを作成する方法

製品ロードマップでは、管理者層から外部の顧客、社内の開発チームまで多くのさまざまなオーディエンスが対象になります。製品ロードマップのオーディエンスを考慮し、それに合わせてカスタマイズする方法を把握しましょう。

ステップ 1:戦略を定義する

ロードマップに機能を追加する前に、「その理由」についてもう一度考えてみましょう。

製品戦略は、ビジネス目標を考えることから始めます。以下のことを確認しましょう。

何を達成しようとしているか?ユーザーのどんなペインポイントを解決しようとしているか?市場の他の製品とどう差別化するか?

ステップ 2:複数部門間の関係者やチームを追加する

組織内に存在する異なるチームを把握することで、次に開発する機能の全体像のイメージが掴みやすくなります。どのチームがどのプロジェクトを担当するか特定した後は、ロードマップ内の情報を担当者や部署ごとに異なる色で色分けし、いつでも一目で情報を把握できるようにしましょう。色分けすると、関係するチームを明確に視覚化することができます。

ステップ 3:要件の優先順位付けをする

多くのプロダクトマネージャーは、機能をテーマ別に整理し、優先順位を付けます。テーマ別に整理することによって、ロードマップに追加するすべてのものが製品戦略全体に結び付けられ、特定の機能(他の機能ではなく)の開発を決めた理由を関係者に伝えるのに役立ちます。また、製品発売、ワークショップ、祝賀会、マイルストーンなどのイベントを表す絵文字を追加することもできます。

ステップ 4:タイムラインを作成する

期待値を設定するには、さまざまな機能に取り組む時期を推定することが不可欠です。スプリントを中心に Miro の製品ロードマップテンプレートを整理し、適切な 2 週間の期間にアイテムを追加します。

タイムラインの変更が生じるのは避けられないので、ロードマップには柔軟性が必要なことを忘れないでください。アジャイルを維持するのはプロセスの一環です。

Miro ではさまざまなニーズに対応するロードマップテンプレートを無料でご使用いただけます。プロジェトの計画や管理に Miro のロードマップテンプレートを活用しましょう。

製品ロードマップテンプレートよくある質問

製品ロードマップの例とはどういったものですか?

効果的なロードマップの例は、新製品のリリースに合わせてタイムラインを設定したものです。ロードマップの今後 3 カ月には、現在日常的に実施していることに関する情報を記載する必要があります。3 ~ 6 カ月には戦略的レベルで実施することを計画している情報を記載します。6 カ月より先には、実施するまたは実施しないかもしれない機能や開発を含みます。

Can I use a product roadmap template for agile development?

Yes, many product roadmap templates can be adapted for agile methodologies. They can be used to plan and prioritize iterations, releases, and sprints.

What should I do if my product roadmap needs to change?

It's common for product roadmaps to change. You should remain flexible and update the roadmap to reflect changing priorities, market conditions, and customer feedback. This is easy to do with the product roadmap template at any stage.

製品ロードマップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
team-meeting-agenda-thumb-web
プレビュー
チーム会議アジェンダテンプレート
Buyer Persona Thumbnail
プレビュー
バイヤーペルソナテンプレート
UML State Machine Diagram Template
プレビュー
UML ステートマシン図テンプレート
azure-data-flow-thumb
プレビュー
Azure データフローテンプレート
RAID Log Thumbnail
プレビュー
RAID ログテンプレート
SMART Goals Thumbnail
プレビュー
SMART 目標テンプレート