Brand Guidelines

ブランドガイドラインテンプレート

ブランドのユニークなビジュアルイメージや特性を発見し、認知度を高めましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

ブランドガイドラインテンプレートについて

ブランドガイドラインとは

好きな製品やサービス、会社を考えた時に、それらの共通点として何が挙げられますか?多くの人にとって、製品やサービス、企業のポジティブなイメージは、洗練されたブランドによって定義されます。最高のブランドとは、ユニークで、瞬時に認識できるものです。ウェブサイトの仕様、製品やサービス、マーケティングコピー、そして問題点の解決法でさえ、最高のブランドには、明確なスタイルがあります。

しかし、ブランドのイメージというものは、どこからともなく湧き上がるものではありません。すべての人気ブランドは、ブランドとしての一貫性を保つために、独自のブランドガイドラインを文書化し、組織全体でそのガイドラインを実行することから始めます。これらのガイドラインは、ビジネスに独自の特性を与える要素を具体化するのに役立ちます。ブランドガイドラインは、柔軟でデザイナーが手を加える余地があるようにする一方で、ブランドを簡単に認識できるように厳格であるべきなのです。

ブランドガイドラインの活用方法

ブランドガイドラインを理解するのに不適切なタイミングは決してありません。新規事業にとって、ブランドガイドラインは一貫性を保ち、信頼を確保し、ブランド認知を促進するために不可欠です。

しかし、ブランドガイドラインのメリットを受けるのは、新規事業だけに限りません。ブランドガイドラインをブランドイメージやブランド自体を構築するためのコアとしての文書として扱い、ブランドイメージを一新したい場合には、いつでもブランドガイドラインを見直すことが良いでしょう。

ブランドガイドラインの作成

Miro のシンプルなテンプレートを使えば、ブランドガイドラインを作成するのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、作成や共有に最適なキャンバスです。まずブランドガイドライン テンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従って作成することができます。

  1. ブランドストーリーやポジショニングステートメントをはっきりさせます。

  2. ブランドストーリーは、すべてのマーケティング活動において一貫して必要な要素となります。ブランドストーリーにより、顧客はブランドとの「つながり」を築きやすくなります。つまり、どのようにして顧客が自社のブランドと出会ったのか、ブランドが解決できる問題や課題は何か、そのブランドの製品やサービスを利用する理由や利点は何かなどをストーリーとして顧客に提案することで、顧客とブランドとの結びつきが生まれるのです。

  3. 顧客との接点を持ちましょう。

  4. 顧客は、感情レベルでブランドに反応します。自社のブランドと顧客が関わる時、どのように感じてもらいたいですか?自社ブランドはロイヤルティを刺激しますか?創造性は?ワクワク感はどうでしょうか?

  5. 競合他社を調査します。

  6. 競合他社のブランドはどのようなものですか?他社ブランドのスタイルやトーンを掘り下げて研究します。他社はそのブランドをどのように提示しているでしょうか。他社の製品やサービス、ウェブサイト、マーケティング資料はどのようなものですか。ここでの目的は、競合他社の真似をすることではありませんが、顧客は常に似ている企業を比較し、貴社が期待に応えているかどうかの様子を見ていることを心に留めておくと良いでしょう。

  7. ブランドパーソナリティを定義します。

  8. ブランドを人として考えてみましょう。どのような人ですか?友人にブランドをどのように説明しますか?このブランドパーソナリティは、作成するあらゆるものに浸透します。一度確立させたら、色やフォント、写真、、パーソナリティに合わせた視覚的な要素を選択することができます。Miro を使えば、ブランドの視覚的な特性を簡単にコラボレーションすることが可能です。グラフィックを共有し、アイデアを語り尽くし、チームとしてイテレーションしましょう。

ブランドガイドラインテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
BCG Thumbnail
プレビュー
BCG マトリックステンプレート
Brand Positioning -web-1
プレビュー
ブランドポジションニングテンプレート
Go to Market Strategy Thumbnail
プレビュー
GTM 戦略テンプレート
Market Segmentation Matrix Thumbnail
プレビュー
市場セグメンテーションマトリクス
Target Audience Thumbnail
プレビュー
ターゲットオーディエンステンプレート
Buyer Persona Thumbnail
プレビュー
バイヤーペルソナテンプレート