Conversion Funnel Backlog-preview

コンバージョンファネルバックログテンプレート

潜在的なペインポイントや機会領域に関するデータをコンバージョンファネルバックログでまとめましょう。

コンバージョンファネルバックログテンプレートについて

コンバージョンファネルバックログは、経験の浅いまたは成長段階のプロダクトマネージャーが、コンバージョン率を改善する方法を理解するのに役立ちます。

コンバージョンファネルバックログは、製品に関して、ドロップオフ率やファネル内の潜在的なペインポイントに関する定量的な(数字ベースの)データと、アイデアのバックログや機会領域などの定性的(単語ベース)データの 2 つの側面を表します。

このファネルモデルを使用すれば、プロダクトチームは、ドロップオフ率が表示される領域に集中することができます。チームが、コンバージョンが低いステージを把握したら、ファネル内の他の場所で高成長の機会が表示されるまで、数字の改善に集中することができます。

コンバージョンファネルバックログの詳細については、引き続き以下をお読みください。

コンバージョンファネルバックログとは

コンバージョンファネルバックログを使用すれば、チームは、見込み客のフローやコンバージョン経路を視覚化し、支払い顧客に変えることができます。顧客は、検索エンジンの検索結果ページ、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディア、有料広告、コールドアウトリーチを使用して、ウェブサイトにアクセスすることができます。プロセスの各ステージを分析することで、ユーザーフローを改善するために何をするべきか把握することができます。

ファネルバックログには、通常 5 つのステージがあります。

獲得:顧客はサイトをどのように見つけますか?

活性化:顧客が「なるほど!と思う瞬間」にどのくらい早くたどり着くことができますか?

継続:何人の顧客を維持していますか?なぜ他の顧客は離れていっているのですか?

紹介:どのように顧客を製品推奨者に変えることができますか?

収益:どうやって製品やサービスの収益性を向上させることができますか?各ステージは、新しいアイデアを用いて、また(ポジティブな)コンバージョン率や(ネガティブな)ドロップオフ率を把握することで、改善することができます。

コンバージョンファネルバックログの活用方法

以下のようなさまざまなシナリオに対してコンバージョンファネルを作成することができます。

  • 登録とログインファネル:ユーザーはプロセス内のどのステップや行き詰まりによって、製品やサービスに登録することができないのですか?

  • チュートリアルファネル:ユーザーは、パフォーマンス課題(対話向上の必要性など)によって混乱、退屈、または行き詰まるようになっていますか?

  • アプリ内購入ファネル:なぜユーザーはチェックアウト画面を離れるのですか?

  • プロへアップグレードしたファネル:アプリに積極的に取り組んでいるユーザーやその行動パターンから何を学ぶことができますか?

  • レベル達成ファネル:ゲーム化されたアプリや体験に関して、簡単なスキルレベルとやりがいのあるスキルレベルをどのようにバランスよく提供すれば、リピートユーザーを奨励することができますか?

  • 検索ファネル:ウェブサイトは結果の提供や対応にどれくらいの時間を要しますか?提供できていないのはどの結果ですか(コンテンツギャップ分析データとして使用されることがある)?

  • キャンセルサブスクリプション「ウィンバック」ファネル:どのようにドロップオフを使用してコンバージョンを作成することができますか?リエンゲージメントメッセージやプロモーションにより、どうやって再び顧客を獲得することができますか?

コンバージョンファネルバックログの作成

コンバージョンファネルバックログを作成するのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、この作成や共有に最適なキャンバスです。まずコンバージョンファネルバックログテンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って作成することができます。

  1. 各ファネルステージを確認し、コンバージョン率を考え、どこに集中するべきかを決めましょう。分析ダッシュボードのコンバージョン率データを確認し、中間のファネルコンバージョン率を更新します。チームのエネルギー(やアイデア)を最低率の領域(収益や紹介など)に集中させましょう。

  2. チームにアイデアをブレインストーミングするよう依頼し、低コンバージョン領域の優先順位付けを行い、その後、活動を追加して、高コンバージョン領域を維持します。キーボードの「N」を押すか、付箋アイコンをクリックして、付箋モードを有効にすることができます。Miro のタイマー機能を使用して、活動に制限時間を設け、全員のアイデアを確認します。

  3. 実行可能な 1 つか 2 つのアイデアに優先順位を付けます。最低コンバージョン領域でどのアイデアを優先するかについて、全員に投票をするよう依頼しましょう。Miro の投票プラグインを使用して、全員に発言の機会を提供することができます。確実に一位を狙えるアイデアが 1 つ(または 2 つ)あれば、チームメンバーに責任を割り当てて実現させましょう。

  4. コンバージョンファネルバックログを定期的に確認します。テスト期間または実施期間終了後、結果やデータを収集して、このコンバージョンファネルを最新の状態にします。ドロップオフ率がファネルの高い方向または低い方向に移動すると、他のファネルステージが急な対応を必要としているかどうか判断することができます。成果をより大きな影響に結び付けることも忘れないでください。これらのコンバージョンファネルアイデアを、成果マップマイルストーンチャート、または会社の四半期ごとのOKRなどの戦略的計画ドキュメントにリンクさせます。

コンバージョンファネルバックログテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Action-Priority-Matrix-thumb-web
プレビュー

アクション優先順位マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング

アイデアがリソースよりも多いと、チームでタスクの優先順位付けをするのが難しいことがあります。アクション優先順位マトリクスを使用してタスクに取り組む順序を選ぶことで、時間と費用を節約し、不要な作業に拘泥されないようになります。アクション優先順位マトリクスは、タスクを行うことの影響やそれを実行するのに必要な労力に基づいてタスクにスコアをつけられる、シンプルな図です。スコアを使用して各タスクを 4 つの領域(クイックウィン、重要プロジェクト、フィルイン、無駄なタスク)に置きます。

アクション優先順位マトリクステンプレート
Quick Retrospective Thumbnail
プレビュー

短時間のふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, ふりかえり, 会議

ふりかえりテンプレートは、インサイトにあふれた会議、作業の把握、効率的なイテレーションを可能にします。「ふりかえり(レトロスペクティブ)」という言葉は、一般的な「デブリーフィング」や「反省会」よりも表現が中立的なため、最近はより広く使われています。チームによっては、これらの会議を「スプリントのふりかえり」または「イテレーションのふりかえり」、「アジャイルのふりかえり」または「イテレーションのふりかえり」と呼んでいます。スクラムチームにいる、アジャイル手法を使用している、特定のふりかえり手法(喜・怒・哀によるふりかえりなど)を使用している、そのいずれの場合でも、ふりかえりの目標は共通しています。すなわち、うまくいったことや問題の根本的な原因を把握し、次の反復に活かすことが目標です。

短時間のふりかえりテンプレート
startup-canvas-thumb-web (1)
プレビュー

スタートアップキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, ドキュメンテーション, 戦略プランニング

スタートアップキャンバスは、起業家が従来の事業計画よりも堅苦しくない形式で新しいビジネスアイデアを表現し、マップ化するのに役立ちます。スタートアップキャンバスは、新しいビジネスアイデアの長所と短所を判断したい起業家にとって、便利なビジュアルマップです。このキャンバスは、ビジネスアイディアの価値提案、問題点、解決策、市場、チーム、マーケティングチャネル、顧客セグメント、外部リスク、主要業績評価指標を素早く明確化するフレームワークとして使用することができます。成功、実行可能性、ビジョン、顧客にとっての価値などの要素を明確にすることで、起業家は、新しい製品やサービスの存在と、資金提供する理由を簡潔に説明することができます。

スタートアップキャンバステンプレート
Flyer Maker Thumbnail
プレビュー

チラシ作成テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Marketing

顧客とのパーティーでも、非営利団体の資金集めの会合でも、大きな成功を収めるには人を集めることが重要です。そのため、企画の宣伝はその計画において重要な要素であり、チラシの作成と配布がその第一歩となります。この 1 ページは、来場者の目を引き付け、イベントの時間、日付、場所(資金調達の場合は資金の提供先と目的)などの詳細を伝えます。このテンプレートを使用すれば、テキストをレイアウトし、チラシのデザインをカスタマイズすることができます。

チラシ作成テンプレート
devops-roadmap-thumb-web
プレビュー

DevOps ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Documentation, Product Management, Software Development

DevOps チームは、常にコードを作成して、イテレーションし、ライブ状態で配信しています。このように継続的に開発を行っている中で、プロジェクトの進捗状況を常に把握するのは困難です。この DevOps ロードマップテンプレートを使用して、製品開発プロセスや組織の製品戦略の位置付けを詳細に確認しましょう。DevOps ロードマップでは、マイルストーンや関係性など、短期的に計画した開発および運用イニシアティブを共有します。このテンプレートは、製品、開発、IT 運用など、オーディエンスに分かりやすく、使いやすいフォーマットになっています。

DevOps ロードマップテンプレート
Whats on your Radar Thumbnail
プレビュー

優先順位付けレーダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

Business Management, Operations, Strategic Planning

タスクの量が多くなってくると、管理するのが難しくなり、チームメンバーにストレスを生じさせてしまうことがあります。また、タスクの過剰な数により、どのタスクから処理するべきなのかにおいて混乱を発生させることもしばしばあります。レーダー表示とは、重要性や関連性に応じて構想を膨らませる思考エクササイズです。デザイナーやチームは、レーダー表示を使用して、自分たちのアイデアが指定プロジェクトの対象になっているかを確認することができます。また、特定のソリューションが当面の問題を解決できるかどうかを評価する方法も利用しています。しかし、デザイナーではない場合でも、この方法を使用すれば、優先順位を割り当て、実際にアイデアを生み出すことができます。

優先順位付けレーダーテンプレート