milestone-chart-web

マイルストーンチャートテンプレート

プロジェクトのマイルストーンをすべて視覚的なタイムラインで表示しましょう。

マイルストーンチャートテンプレートについて

マイルストーンチャートとは?

マイルストーンチャートは、プロジェクトのタイムラインで計画された重要なイベント(マイルストーン)を視覚的に表したものです。マイルストーンチャートでは、縦軸に 1 つのマイルストーンが示され、マイルストーンの左側には説明が記載され、プロジェクト全体のタイムスケールが水平方向に示されます。

マイルストーンチャートの活用方法

チームが、複数のタスクや期限がある大規模なプロジェクトでコラボレーションする場合は、マイルストーンチャートを使用することをお勧めします。また、マイルストーンチャートをマネージャーや顧客と共有し、進捗状況や全体の期限に間に合うめどについて、更新するのにも便利です。

マイルストーンチャートを使用するメリット

チームがマイルストーンを把握していなければ、目標にどのくらい近付いているのか確認する方法がありません。プロジェクトの重要なマイルストーンを決め、追跡することで、スケジュール通りに作業を進め、予定通り目標を達成することができます。

マイルストーンチャートの作り方

プロジェクトが計画されている場合、または計画中の場合、シンプルでありながら効果的なマイルストーンチャートの作成方法を以下に示します。

ステップ 1:主要なマイルストーンを決める

プロジェクトマネージャーや関係者には、タスクのマイルストーンを解析するのは難しいかもしれません。マイルストーンは、プロジェクトの開発における変化を示す明確なものです。マイルストーンを、プロジェクトの完了に取り組む際に、正しい道を進むのに役立つ道路標識のようなものだと考えてみましょう。

以下のような質問に答えることで、マイルストーンを決めることができます。

  1. このタスクは、期限に影響するか?

  2. これはタスクか、それとも成果物か?

  3. プロジェクトのこのポイントが、大幅な前進になるか?

  4. このタスクは、関係者の確認が必要か?

  5. このタスクが完了していなくても、プロジェクトを完了できるか?

ステップ 2:テンプレートからマイルストーンチャートを作成する

Miro のホワイトボードツールは、マイルストーンチャートを作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まずマイルストーンチャートのテンプレートを選択します。Miro のシンプルなテンプレートを使用して、大規模なプロジェクト内の細かいステップを視覚的に把握しましょう。各マイルストーンについて、複数の列や行が用意されたテンプレートにあらかじめ入力しておくと、期限、ステップ、成果物を追跡することができます。その後、特定のプロジェクトのニーズに合わせて、テンプレートをカスタマイズしましょう。

ステップ 3:主要なマイルストーンを入力して追跡する

Miro のマイルストーンチャートのテンプレートでは、各列は独自のマイルストーンを示します。作成したら、必要な数だけ独自のマイルストーンの列を追加して、マイルストーンチャートをカスタマイズすることができます。主要なマイルストーンと小さなタスクは区別するように注意してください。追跡対象とするマイルストーンの数は、プロジェクトの種類や規模によって異なりますが、一般的には最も重要なマイルストーンのみを特定することをお勧めします。

ステップ 4:日付、ステップ、成果物を定義する

マイルストーンチャートの最初の行には、特定のマイルストーンの完了予定日を表示します。これは、ニーズに応じて、特定の日付や期間にすることもできます。

マイルストーンチャートの 2 行目には、マイルストーンに到達するために完了する必要がある高レベルなステップを表示します。グラフが乱雑にならないように、細かい設定は必要ありません。

マイルストーンチャートの 3 行目には、特定の成果物を示します。こうした成果物は、マイルストーンに到達したかどうかを測定するために利用するのが理想的です。こうした成果物が、マイルストーンの完了に必要なすべての主要指標を考慮していることを時間をかけて確認してください。

ステップ 5:カスタマイズして追跡する

マイルストーンチャートは、特定のプロジェクトのニーズに合わせてカスタマイズ可能なようデザインされています。プロジェクトの進捗状況に応じて、予想外の問題に対応するには、変更を加える必要があるかもしれません。各マイルストーンの進捗状況を把握し、新たに開発する際には、チームと定期的に共同作業を行うようにしましょう。

Milestone Chart FAQ

What is the typical format of a Milestone Chart?

Track each project milestone, both on a visual timeline and on a static chart, with this detailed project milestone template. Identify who is assigned to each task, the status of each task, and any comments that accompany those tasks. Use the status key to see which tasks have yet to be started, which are on hold, and which are in progress.

How do you use a milestone chart?

Map out your project and each individual task across a predetermined timeline with this project timeline with milestones template. Show each task across a certain timeline, such as by month, quarter, or year, so you can get an accurate portrayal of the work left to be completed. Point out specific milestones that your team needs to hit in order to maintain the project timeline.

マイルストーンチャートテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Risk Assessment Thumbnail
プレビュー

リスク評価テンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Project Management, Decision Making

リスク評価マトリックスは、プロジェクトや製品開発サイクルの計画の策定をサポートするシンプルなフレームワークです。発生確率 / 重要度リスクマトリックスとも呼ばれるこのフレームワークを使用することで、発生確率と潜在的な影響度に基づいて、プロジェクトや製品が抱えるリスクにどのように優先順位をつけるかを把握することができます。リスクは、発生確率が低く影響度が軽度の「1:緑色の領域」から発生確率が最高の「10:赤色の領域」にランク付けされます。各リスクにランクをつけることで、対処の優先順位がつけられ、最大の脅威に強力なアクションプランを持って取り組むことができます。リスクを限定して視覚化するグリッドフォーマットは、プロジェクト実行中に直面しうるリスクの低減に寄与します。

リスク評価テンプレート
PI Planning Thumbnail
プレビュー

PI 計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, 戦略プランニング, ソフトウェア開発

PI 計画は、「プログラム増分計画(program increment planning)」の略称です。大規模アジャイル開発フレームワーク(SAFe)の一環である PI 計画は、チームが共有するビジョンに対して戦略を立てるのに役立ちます。通常の PI 計画セッションでは、チームは集まってプログラムのバックログを確認し、複数部門間で連携して、次のステップを決めます。多くのチームが 8 ~ 12 週間ごとに PI 計画イベントを実施しますが、ニーズに合わせて計画スケジュールをカスタマイズすることができます。PI 計画を使用して機能を細分化して、リスクを特定し、関係性を見付け、展開するシナリオを決めましょう。

PI 計画用テンプレート
meeting-organizer-thumb-web (1)
プレビュー

ミーティングファシリテーター用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ミーティング, ワークショップ, プロジェクト計画

会議中にアイデアを出す場合、量と質が求められます。なぜ選択するのでしょうか?Miro のミーティングファシリテーター用テンプレートを使用して、多くの素晴らしいアイデアを生み出す可能性を最大限に活用しましょう。これにより、どんなアクティビティ(ミーティングや毎日の計画など)もシンプルで効率的な方法でデザインでき、リモートチームのメンバーが、会議の目的を確実に把握できるようになります。また、Atlassian の JIRA、Google ドライブ、Slack、Trello、DropBox、OneDrive などよく使うアプリやサービスに Miro を接続して、ミーティングファシリテーターの機能を提供することができます。

ミーティングファシリテーター用テンプレート
Agile Board Thumbnail
プレビュー

アジャイルボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, アジャイルワークフロー

好評のアジャイルフレームワークの一部であるアジャイルボードは、生産サイクル全般を通したタスクを同期させる視覚的なディスプレイです。アジャイルボードは、主にカンバンやスクラムなどのアジャイル開発手法に照らして使われますが、誰でもこのツールを利用できます。ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャーが活用するアジャイルボードは、柔軟で透明性があり、反復的にワークロードを管理するのに役立ちます。アジャイルテンプレートは、タスクやチームに合わせてカスタマイズできる付箋を Miro のレイアウトで簡単に始める方法です。

アジャイルボードテンプレート
Risk Assessment Thumbnail
プレビュー

リスク評価テンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Project Management, Decision Making

リスク評価マトリックスは、プロジェクトや製品開発サイクルの計画の策定をサポートするシンプルなフレームワークです。発生確率 / 重要度リスクマトリックスとも呼ばれるこのフレームワークを使用することで、発生確率と潜在的な影響度に基づいて、プロジェクトや製品が抱えるリスクにどのように優先順位をつけるかを把握することができます。リスクは、発生確率が低く影響度が軽度の「1:緑色の領域」から発生確率が最高の「10:赤色の領域」にランク付けされます。各リスクにランクをつけることで、対処の優先順位がつけられ、最大の脅威に強力なアクションプランを持って取り組むことができます。リスクを限定して視覚化するグリッドフォーマットは、プロジェクト実行中に直面しうるリスクの低減に寄与します。

リスク評価テンプレート
devops-roadmap-thumb-web
プレビュー

DevOps ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Documentation, Product Management, Software Development

DevOps チームは、常にコードを作成して、イテレーションし、ライブ状態で配信しています。このように継続的に開発を行っている中で、プロジェクトの進捗状況を常に把握するのは困難です。この DevOps ロードマップテンプレートを使用して、製品開発プロセスや組織の製品戦略の位置付けを詳細に確認しましょう。DevOps ロードマップでは、マイルストーンや関係性など、短期的に計画した開発および運用イニシアティブを共有します。このテンプレートは、製品、開発、IT 運用など、オーディエンスに分かりやすく、使いやすいフォーマットになっています。

DevOps ロードマップテンプレート