Outcome Mapping

結果マッピングテンプレート

複雑なプロジェクトの結果としてあらゆる可能性を視覚化し、検討しましょう。

結果マッピングテンプレートについて

複雑なプロジェクトを計画している場合、結果として生じるあらゆる可能性を検討することが重要です。プロジェクトの開始から終了までの間には、不透明なプロセスや更新内容が発生することがあります。不透明なシチュエーションを改善できなければ、焦点からプロセスが外れていくといったリスクが発生することがあります。ブラックボックスの内部をのぞいて見ることで、業務効率を高め、無駄を削減して、確実に成功させることができます。

結果マッピングの詳細については、引き続き下記をご確認ください。

結果マッピングとは

結果マッピングとは、プロジェクトを計画し、評価する手法で、結果として生じるあらゆる可能性を理解し、変化を予測します。つまり、そのブラックボックスの中を確認するのに役立ちます。プロジェクトに着手する際には、ある程度の不確実性を予想することができますが、結果マッピングでは、不明点を減らすことを目的としています。プロジェクト進行中に発生する変化や障害に対応するのではなく、結果マッピングを使って、事前に計画することができます。チームは、プロジェクトの過程でセルフモニタリングや評価を推奨するフレームワークを使用してコラボレーションします。

結果マッピングでは、結果は、「行動変化」として捉えられます。結果ではなく、変化の観点から考えることで、それぞれの変化を避けられない結果として扱うのではなく、変化がどのように生じたかということに焦点を当てることができます。行動変化がどのように生じたかを特定したら、結果をマッピングすることで、それに応じて調整し、計画することができます。

結果マッピングをの活用方法

結果マッピングは、公共政策の場で始まりました。元々この手法を使用して、環境、経済、政治、人口の変化などの政策イニシアティブによって生じる結果を追跡していました。この手法は、社会福祉プログラムのような開発活動の中心でブラックボックスを開けることを目的としています。

しかし、結果マッピングは、他の状況でも適用できます。結果マッピングを使用して、プロジェクトの過程でターゲットにするオーディエンス、確認することになる変化、その変化を実現するために使用する進化する戦略について慎重に説明することができます。結果マッピングは、チームが変化について考えるのに役立つツールセットです。これにより、新しいプロジェクトに着手する前に情報を収集し、結果として生じるあらゆる可能性を考慮することができます。

結果マップの作成

結果マップは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、それを作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まず結果マッピングテンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

  1. 準備作業を行います。結果マッピングの初期段階は、デザインステージと呼ばれることがあります。この段階では、以下の 4 つの質問に答えることを目指します。1 つ目は、このプロジェクトのビジョンは何か?2 つ目は、主要な関係者は誰か?3 つ目は、どのような具体的な目標を達成したいと考えているか?4 つ目は、そうした目標をどのように達成するか?

  2. 監視用フレームワークを提供します。結果とパフォーマンスの監視段階では、意図した結果に対して進捗状況を監視する方法を考えてましょう。プロジェクトに自己評価を組み込みます。一般的に、あらかじめ設定されたマーカーに対して進捗状況を把握し、戦略を検証して変化する状況に合わせて適応させ、進化するにつれて組織的対策や手順を記録することを目指します。

  3. 評価計画を作成します。最後に、評価計画段階では、プロジェクト全体でプロセスを詳細に検証するために使用する優先順位を作成しましょう。プロジェクトの途中では、好きなだけあらゆることを徹底的に検証する時間やリソースが常にあるとは限りません。そのため、開始前に優先順位を付けることが重要です。

  4. 計画を周知します。結果マップをすべての主要な関係者と共有しましょう。チーム以外の関係者に計画を周知する前に、全員の認識が合っていることを確認します。

結果マッピングテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Features Audit Thumbnail
プレビュー

機能検査テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, User Experience

新機能を追加するか、既存機能を改善するか、製品を改善するには 2 つの方法があります。どちらを選ぶべきでしょうか?機能検査はこの決断をサポートします。この使いやすく強力なプロダクト管理ツールを使用すれば、あらゆる機能を検査する方法を見出すことができます。検査結果をまとめ、単に機能していない機能について詳細な議論をすることができます。これにより、機能の認知度や利用頻度を高めるような対応を取るべきか、機能を完全に削除するべきか、決断することができます。

機能検査テンプレート
Work Breakdown Thumbnail
プレビュー

WBS テンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークフロー, マッピング, プロジェクト管理

WBS (Work Breakdown Structure) とはプロジェクトを実行するために必要な作業をすべて洗い出すためのプロジェクト管理ツールです。日本語では作業分解図と呼ばれています。WBS テンプレートを使用することでタスクを段階的に整理し計画することができ、より効率的なプロジェクト管理を実現することができます。また WBS テンプレートで洗い出したタスクをガントチャートにも落とすことでより効果的なタイムラインや作業手順を組むことが可能になります。プロジェクトの生産性の向上に WBS テンプレートを活用しましょう。

WBS テンプレート
Annual Calendar Thumbnail
プレビュー

年間カレンダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

経営管理, 戦略プランニング, プロジェクト計画

Miro のさまざまなカレンダーを使用すると、日々の締め切りに集中できるようになります。これは、全体像が把握できるカレンダーです。12 カ月の壁掛けカレンダーのグリッド構造を模したこのテンプレートは、1 年ごとのプロジェクトやコミットメント、目標が一目でわかります。そのため、チームが忙しい期間に本腰を入れたり、必要に応じて物事を動かしたり、進歩を祝ったりするための心構えができるようになります。Miro の年間カレンダーを使用するのは簡単です。カレンダーの色分けされたストリームに名前を付け、開始日に付箋をドラッグするだけです。

年間カレンダーテンプレート
Annual Calendar Thumbnail
プレビュー

年間カレンダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

経営管理, 戦略プランニング, プロジェクト計画

Miro のさまざまなカレンダーを使用すると、日々の締め切りに集中できるようになります。これは、全体像が把握できるカレンダーです。12 カ月の壁掛けカレンダーのグリッド構造を模したこのテンプレートは、1 年ごとのプロジェクトやコミットメント、目標が一目でわかります。そのため、チームが忙しい期間に本腰を入れたり、必要に応じて物事を動かしたり、進歩を祝ったりするための心構えができるようになります。Miro の年間カレンダーを使用するのは簡単です。カレンダーの色分けされたストリームに名前を付け、開始日に付箋をドラッグするだけです。

年間カレンダーテンプレート
OKR Thumbnail
プレビュー

OKR テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, プロジェクト計画

明確性、焦点、構造は、会社の方向性や意思決定に自信を持つのに重要な要素です。OKR フレームワークは、それらを示すように設計されています。OKR(Objectives and Key Results:目標と重要な成果の略称)は、戦略的レベル、そして運用レベルの 2 つの主なレベルで取り組みを行い、組織のリーダーが戦略的目標を決め、重要な結果を四半期ごとに定義するのに役立ち、それがイニシアティブにつながります。そのように OKR を使用すれば、直面している最も緊急性の高い組織の問題に集中して解決することができます。

OKR テンプレート
Technology Roadmap Thumbnail
プレビュー

テクノロジーロードマップ テンプレート

活躍するシチュエーション:

Agile Methodology, Roadmaps, Agile Workflows

テクノロジーロードマップは、「いつ・だれが・なにを・どのように」に基づくソリューションが、会社を前進させるという根拠を文書化するのに役立ちます。IT ロードマップとも呼ばれるテクノロジーロードマップは、予定されている改善に焦点を当てて、利用可能なテクノロジーをチームに示します。ロードマップは、今後導入されるソフトウェアやプログラムだけでなく、徐々に廃止される技術ツールとのギャップや重複を特定することができます。実用的な観点から、ロードマップでは、どのような種類のツールにお金をかけるのが最善か、新しいシステムやプロセスを導入する最も効果的な方法は何か、といったことについても概説する必要があります。

テクノロジーロードマップ テンプレート