Outcome Mapping

結果マッピングテンプレート

複雑なプロジェクトの結果としてあらゆる可能性を視覚化し、検討しましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

結果マッピングテンプレートについて

複雑なプロジェクトを計画している場合、結果として生じるあらゆる可能性を検討することが重要です。プロジェクトの開始から終了までの間には、不透明なプロセスや更新内容が発生することがあります。不透明なシチュエーションを改善できなければ、焦点からプロセスが外れていくといったリスクが発生することがあります。ブラックボックスの内部をのぞいて見ることで、業務効率を高め、無駄を削減して、確実に成功させることができます。

結果マッピングの詳細については、引き続き下記をご確認ください。

結果マッピングとは

結果マッピングとは、プロジェクトを計画し、評価する手法で、結果として生じるあらゆる可能性を理解し、変化を予測します。つまり、そのブラックボックスの中を確認するのに役立ちます。プロジェクトに着手する際には、ある程度の不確実性を予想することができますが、結果マッピングでは、不明点を減らすことを目的としています。プロジェクト進行中に発生する変化や障害に対応するのではなく、結果マッピングを使って、事前に計画することができます。チームは、プロジェクトの過程でセルフモニタリングや評価を推奨するフレームワークを使用してコラボレーションします。

結果マッピングでは、結果は、「行動変化」として捉えられます。結果ではなく、変化の観点から考えることで、それぞれの変化を避けられない結果として扱うのではなく、変化がどのように生じたかということに焦点を当てることができます。行動変化がどのように生じたかを特定したら、結果をマッピングすることで、それに応じて調整し、計画することができます。

結果マッピングをの活用方法

結果マッピングは、公共政策の場で始まりました。元々この手法を使用して、環境、経済、政治、人口の変化などの政策イニシアティブによって生じる結果を追跡していました。この手法は、社会福祉プログラムのような開発活動の中心でブラックボックスを開けることを目的としています。

しかし、結果マッピングは、他の状況でも適用できます。結果マッピングを使用して、プロジェクトの過程でターゲットにするオーディエンス、確認することになる変化、その変化を実現するために使用する進化する戦略について慎重に説明することができます。結果マッピングは、チームが変化について考えるのに役立つツールセットです。これにより、新しいプロジェクトに着手する前に情報を収集し、結果として生じるあらゆる可能性を考慮することができます。

結果マップの作成

結果マップは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、それを作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まず結果マッピングテンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

  1. 準備作業を行います。結果マッピングの初期段階は、デザインステージと呼ばれることがあります。この段階では、以下の 4 つの質問に答えることを目指します。1 つ目は、このプロジェクトのビジョンは何か?2 つ目は、主要な関係者は誰か?3 つ目は、どのような具体的な目標を達成したいと考えているか?4 つ目は、そうした目標をどのように達成するか?

  2. 監視用フレームワークを提供します。結果とパフォーマンスの監視段階では、意図した結果に対して進捗状況を監視する方法を考えてましょう。プロジェクトに自己評価を組み込みます。一般的に、あらかじめ設定されたマーカーに対して進捗状況を把握し、戦略を検証して変化する状況に合わせて適応させ、進化するにつれて組織的対策や手順を記録することを目指します。

  3. 評価計画を作成します。最後に、評価計画段階では、プロジェクト全体でプロセスを詳細に検証するために使用する優先順位を作成しましょう。プロジェクトの途中では、好きなだけあらゆることを徹底的に検証する時間やリソースが常にあるとは限りません。そのため、開始前に優先順位を付けることが重要です。

  4. 計画を周知します。結果マップをすべての主要な関係者と共有しましょう。チーム以外の関係者に計画を周知する前に、全員の認識が合っていることを確認します。

結果マッピングテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
A3 REPORT TEMPLATE -web-1
プレビュー
A3 報告書テンプレート
monthly-budget-thumb-web
プレビュー
予算管理表テンプレート
Fishbone Diagram Thumbnail
プレビュー
フィッシュボーン図テンプレート
CustomerJourneyMapTimeline-thumb-web
プレビュー
顧客接点(タッチポイント)マップテンプレート
Project Kick-off Thumbnail
プレビュー
プロジェクトキックオフテンプレート
Kanban Thumbnail
プレビュー
カンバン フレームワーク テンプレート