Miro's decision tree template

デシジョンツリー(決定木)テンプレート

意思決定に対して起こりうる複数の結果を検討、計画、予測しましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

デシジョンツリー(決定木)テンプレートについて

決定木とも呼ばれるデシジョンツリーは、チームが意思決定を固める前に、起こりうる結果や選択肢を大まかに示すことができます。

デシジョンツリーは中心課題から始め、リンクワードとボックスを使って 2 つの選択肢と意思決定による結果を視覚的に理解することに役立ちます。一連の意思決定作業が完了すれば、ツリーが示す形状から効果的な最終決定を下すことが可能になります。デシジョンツリーテンプレートを使用すれば、意思決定に時間とコストを費やす前に、意思決定の過程と起こりうる結果を戦略的に評価することができます。

デシジョンツリーテンプレートとは?

デシジョンツリーテンプレートとは、実行可能なすべての意思決定とその意思決定の結果をビジュアルを通して理解する際に役立つフローチャート(フロー図)の1つです。各「ブランチ」は、意思決定中に利用可能な選択肢を表します。

デシジョンツリーは、無限に拡張可能で、原因と結果によって決まります。ある結果によってが別のアクションが生じる場合は、ブランチを拡張することができ、その後またそのブランチを拡張する、ということが続いていきます。

デシジョンツリーテンプレートは、ソリューションに取り組む前に、選択肢とその結果を見極めるのに役立つため、最終的にマイナス面を最小限に抑え、プラス面を最大限に引き出した最善の意思決定を行うことができます。これは、現実世界の時間とリソースに不必要に取り組むのではなく、一連の意思決定を行い、それによって導かれる方向を確認できる定型化された世界を提供します。

デシジョンツリーが重要な理由

デシジョンツリー(決定木)テンプレートは、パワフルなツールです。チームはこれを使用して、予測や説明することができます。どちらの場合もデシジョンツリーを使用すれば、実際にリソースを投資することなく結果を視覚化し、シナリオを描くことができます。

スタートアップ企業や中小企業は、リソースに限りがあり、財政的な賛同を得るのが難しいので、デシジョンツリーは特に重要だと考えるかもしれません。エンタープライズ企業や大企業は、チーム全体や忙しい関係者にプレゼンする前に、デシジョンツリーを使用して選択肢を試すことができます。

デシジョンツリーを使用して、新製品が実行可能かどうか判断すれば、新しい市場の機会が広がり、また投資の可能性を検討することもできます。選択肢は無限にあり、順応性の高いツールです。唯一制限があるとすれば、それは自分の創造力です。

デシジョンツリーテンプレートを作成する方法

Miro ではマインドマップツールを使用して簡単にデシジョンツリー(決定木)を作成し、意思決定に必要な分析を行うことができます。以下でその作成方法を6つのステップに分けて見ていきましょう。

ステップ 1:質問を定義します。中央のテーマや答えようとしている質問を使って、デシジョンツリーテンプレートを始めましょう。例えば、どの会社と提携する必要があるか、などです。

ステップ 2:ブランチを追加します選択肢がいくつかあると想像しましょう。この例では、A 社または B 社と提携することができます。これらそれぞれの選択肢に対して、ノードから始め、リーフノードで終わる線を描きましょう。

ステップ 3:リーフを追加します。各ブランチの先端に、リーフノードを追加します。質問や選択肢があるリーフノードにラベルを付けましょう。各ステップでは、「if then」ステートメントの選択肢について考えてみましょう。

A 社と提携する場合、その後、どうなりますか?一つの選択肢は、A 社に対して強くポジティブな感情を抱いているので、顧客総数を増やす可能性があるものです。もう一つの選択肢は、A 社に強くネガティブな感情を抱いているので、顧客総数を減らす可能性があるものです。

B 社に対しても、このエクササイズを繰り返します。再度、「if then」ステートメントとして、リーフやノードを概念化します。

ステップ 4:さらにブランチを追加します。ブランチとリーフを使って、デシジョンツリーを作り続けます。必ずブランチやリーフにラベル付けして、記録しましょう。

ステップ 5:ブランチを終了します。ツリーの内のすべての質問に答えていることを確認します。つまり、遭遇した「if then」ステートメントすべてに対応してきたということです。ブランチを完成させましょう。

ステップ 6:関係者と再確認します。デシジョンツリーが完成したら、この機会に、すべての関係者がボードに参加していることを確認します。デシジョンツリーテンプレートは、実際の意思決定の分岐を模倣するように設計されています。このツリーを使用して、あらゆる選択肢について徹底的に話し合い、必要に応じて追加のブランチを作成します。

Miro では様々なマインドマップの例やテンプレートをご利用いただけます。テンプレートを使用して効率的なマインドマップ作成を実現しましょう。

デシジョンツリー(決定木)テンプレートよくある質問

ディシジョンツリー(決定木)を作成する方法

ディシジョンツリーテンプレートを使用すれば、ブランチやリーフを簡単に追加したりつなげたりして、あらゆる可能性をマッピングすることができます。 ディシジョンツリーを体系化するには、中心となるテーマや答えがほしい質問から始めると良いでしょう。リンクワードとラインを使って、決定につながる 2 つの選択肢を示します。 決断が下される場合は、もうひとつのボックスを使い、起こりうる結果を表示します。当初の課題に対処するための意思決定が最終的に下されるまで、このブランチ構造を追加しましょう。

優れたデシジョンツリーとは何ですか?

優れたデシジョンツリーでは、意思決定プロセスを簡単に視覚化し、評価することができます。問題を明確に提示することで、意思決定により起こり得る生じる結果を確認することができます。Miro の無料のデシジョンツリーテンプレートを使って今すぐ始めることができます。使いやすく、適応するのも簡単です。

デシジョンツリー(決定木)テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
syllabus-thumb-web
プレビュー
シラバステンプレート
to-do-list-thumb-web
プレビュー
ToDo リストテンプレート
likert-scale-thumb-web
プレビュー
リッカート尺度テンプレート
Eisenhower Matrix Thumbnail
プレビュー
アイゼンハワーマトリクステンプレート
business-plan-thumb-web
プレビュー
事業計画書テンプレート
Conversion Funnel Backlog-thumb-web
プレビュー
コンバージョンファネルバックログテンプレート