OKR

OKR テンプレート

OKR テンプレートを使用して、事業目標に明確性や構造を取り入れましょう。チーム内の連携を高め、同じビジョンに向かって取り組みましょう。

OKR テンプレートについて

OKR テンプレートは、事業年度の会社戦略を適切に構築し、チームの目標を設定して、同じ目標や重要な結果に向かって全員の認識を合わせるのに役立ちます。

このフレームワークは、明確性、集中力、構造をもたらし、戦略的レベルと運用レベルの 2 つの主なレベルで実施します。OKR テンプレートを使用すれば、トップダウンで概要を把握でき、会社の最終的な目標が達成されるよう、全員に実行タスクが提供されます。

OKR テンプレートの詳細については引き続き下記をご確認ください。

OKR とは?

OKRとは、目標とそれに関連する重要な結果のことです。

OKR は、トップダウン、ボトムアップ、複数部門間で、全員に対して透明性を示す必要があります。全員が同じフレームワークを検討している場合、同じ成果に向けて取り組むチャンスが全員に与えられます。

目標は、「独創的発想」に対する対処法で、達成したいことを明確にすることを目的としています。目標は、意義のある、具体的なもので、物事をやり遂げられるよう導きます。

重要な成果では、そうした物事をやり遂げる方法を説明します。具体的で測定可能な、こうした定量的な目標は、目標を達成する方法に関するベンマークの役割を果たします。(絶対数の成果や結果について考えてみましょう。)

OKR を設定する理由

チームは、OKR を利用して、以下を行うことができます。

  • 部門や分野に応じて、主要な目標を明確にする

  • 複数部門にとって重要な点を明確に伝え、集中して取り組む

  • 全員が会社の大きな目標や最優先事項に取り組む方法を理解できるよう、透明性を示し、大きな構想を簡素化する

  • チームは変更に適応して、調整することができるよう、進捗状況を測定する指標を設定する

  • 全員が認識を合わせ、相互に協力して、競争力のあるイニシアティブを共同のまとまった取り組みに変えるよう、集中して取り組む

目標と重要な成果(OKR)の達成に取り組むチームは、四半期ごとに割り当てられた資金に基づいて、成果を関係者に示すことが理想的です。目標は、リスクを削減することですが、意欲的で大胆な四半期目標を設定することで、顧客とビジネス双方を中心に考えながら、成果よりも結果に集中して取り組むことができます。

OKR の作成

OKR は、主要な指標を定義して作成され、チームをボード上に集めて、全社でこのフレームワークの可視性を高めることができます。

Miro のホワイトボードツールを使えばシンプルに作ることができ、チームの OKR の作成や共有を簡単に行うことができます。まず OKR テンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

作成を開始する方法を以下に示します。

  1. チームの階層をマッピングしましょう。

  2. 各 OKR の担当チームをトップダウンで書き出します。図形内の文書を編集して、組織内のメンバーの名前や役職を追加することができます。

  3. 上部の長方形や図形に会社やチームを推進する主な目標を追加します。

  4. 部門や役割に応じて、各チームの OKR を追加します。

  5. 以下のボックスに測定可能な重要な成果を記入します。

  6. 各 OKR の担当チームを一目で確認できるよう、チームを色分けします。

目標は具体的な目的で、意欲的に設定することができ、重要な成果は常に測定可能なもので、実行タスクを含むことを覚えておいてください。

チームと一緒に OKR 計画を実施することが理想的です。Miro の視覚的なコラボレーションプラットフォームを使用して、少し時間を作って、スムーズにセッションを実行しましょう。

OKR テンプレートよくある質問

OKR と KPI の違いは何ですか?

OKR は、組織全体の戦略と実行を方向付けるために作成されます。OKR として定義されたものは、プロジェクトのパフォーマンスを示す指標である KPI(主要業績評価指標)に直接影響を及ぼします。OKR が KPI と異なる点は、OKR は会社の目標を表明し、それらをどのように実現するかを示します。一方、KPI は、パフォーマンスを評価する指標、つまり、あなたが合意した進め方がうまく行っているかどうかを評価するものです。

OKR の 3 つの重要な要素とは何ですか?

OKR を設定する際には、ビジネスや組織の戦略やビジョン(目的)、達成したい結果、OKR にたどり着くためにすべてのチームが実行する必要のある測定可能なアクション(主な結果)を用意することが重要です。

OKR テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Monthly Planner Thumbnail
プレビュー

月間スケジュール表テンプレート

活躍するシチュエーション:

オペレーション, 戦略プランニング, プロジェクト計画

その月に計画したタスクすべてを完了し、目標を達成するには、効率的なスケジュールを管理の管理が求められます。特に大きなプロジェクトでは、月間スケジュール表でのスケジュール管理が非常に役に立ちます。このテンプレートを活用すれば、月毎に計画したタスクすべてを一目で確認することができるようになり、画像やコメント機能、付箋なども使用して、好みに合わせたカスタマイズすることも可能です。

月間スケジュール表テンプレート
Prototype Thumbnail
プレビュー

プロトタイプテンプレート

活躍するシチュエーション:

UX デザイン, デザイン思考

ここで言うプロトタイプは、生きたモックアップのことで、製品の構造、ユーザーフロー、ナビゲーション要素(ボタンやメニューなど)を定義し、視覚要素などの最終的な詳細には立ち入りません。プロトタイプを使用して、製品やサービスに対するユーザーエクスペリエンスをシミュレーションし、ユーザーのコンテキストやタスクフローを計画し、ペルソナを理解するためのシナリオを作成し、製品に対するフィードバックを収集することができます。プロトタイプを使用することで、プロセスの早い段階で障害を見つけ、コスト削減を図ることができます。様々なスタイルのプロトタイプがありますが、一般的には、矢印やリンクでつながった一連の画面やアートボードで構成されています。

プロトタイプテンプレート
Working Backwards Thumbnail
プレビュー

逆向き解決法用テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Strategic Planning, Product Management

Amazon は、顧客中心主義を賞賛するという重要な原則に基づいて、逆向き解決法を開発しました。逆向き解決法は、詳細なローロードマップがない製品について考えるためのフレームワークです。プロダクトチームは、お客様の思い描くイメージから製品の発売まで、真に役立つ方法で逆向きに取り組んでいきます。この方法では、新製品や新機能のアイデアを思い付いたメンバーが、その目的をできるだけ明確にする必要があります。アイデアに関するプレゼンテーションで組織のリーダーの賛同を得ることができれば、次のステップとして製品や機能の発売に必要なもののマッピングをチームで行いましょう。

逆向き解決法用テンプレート
editorial-calendar-thumb-web
プレビュー

編集カレンダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, 戦略プランニング, プロジェクト計画

大半の企業では、コンテンツが大事です。他の何を作るよりも積極的に(そしてはるかに素早く)コンテンツを作成します。これには、ブログ、ニュースレター、ソーシャルメディアの投稿、広告などが含まれ、アイデア出し、執筆、編集、掲載が必要です。そのため、コンテンツチームには編集カレンダーが必要です。このテンプレートでは、チームが戦略的に計画し、現状を整理して(コンテンツタイプ、ライター、チャネル、納品日など)、スケジュール通りコンテンツをすべて完了/掲載できるカレンダーを簡単に作成することができます。

編集カレンダーテンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー

プロダクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, UX デザイン

プロダクトキャンバスは、製品がどんなもので、戦略的にどのように位置付けられるかを伝える、簡潔でコンテンツが豊富なツールです。プロジェクトキャンバスは、アジャイルと UX を組み合わせることで、ペルソナ、ストーリーボード、シナリオ、デザインスケッチ、その他の UX 成果物でユーザーストーリを補います。プロダクトキャンバスは、プロダクトマネージャーがプロトタイプを定義するのに役立つので、便利です。プロダクトキャンバスの作成は、見込み客、解決する必要がある問題、基本的な製品機能、検討する価値がある高度な機能、競争優位性、製品から得られる顧客の潜在的な利益を判断する上で重要な最初のステップです。

プロダクトキャンバステンプレート
Technology Product Canvas Thumbnail
プレビュー

テクノロジー製品キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

プロダクト管理, ソフトウェア開発, ロードマップ

プリム・サンダラムが考案したテクノロジープロダクト キャンバスは、プロダクトチームとエンジニアリングチームがロードマップを共有し、認識を合わせることを目的としています。アジャイルの手法と UX の理論を組み合わせて、製品ソリューションの検証をサポートします。各チームが製品目標とテクノロジーの目標を提示し、視覚化し、明確なロードマップの各ステージを話し合います。この演習ではチームが同期し、全員が見込みと方向性を明確にし、素直に話し合うことができます。テクノロジー製品キャンバスの作成過程を経れば、1 時間とかからずにチームの認識を合わせることができます。

テクノロジー製品キャンバステンプレート