Flowchart

フローチャートテンプレート

フローチャートテンプレートを活用して業務フローやプロセスを見える化することにより、プロジェクトタスクの管理や効率化を実現することができます。

フローチャートテンプレートについて

フローチャートとは、あるプロセスを図解または記号で表したもので、プロセスの各段階を記号で表現しています。多くのフローチャートには、各ステップについて簡単な説明が書かれており、さまざまなステップを結びつけ、プロセスの流れの方向を示すために矢印を使用します。

フローチャートテンプレートで使用される各記号には特定の意味があります。例えば、円はプロセスの開始または終了を示し、長方形はプロセス自体、ひし形は決定内容を、そして、矢印はプロセスの発生順序を表します。

組織運営や企業経営においてのプロセスの把握や管理に Miro のフローチャートテンプレートが非常に役立ちます。組織の規模や事業に関係なく、短期・中期・長期的に生産性を持続的に向上させるためにフローチャートを活用しましょう。

フローチャートテンプレートの活用方法

業務プロセスやフローを効率的に把握しようとするときは、各ステップを見える化することが最善の方法です。新しいプロジェクトや、既存のプロセスの改善・改良のために、フローチャートを作成しましょう。プロセスの全体像を視覚的に確認することで、問題の特定や、改善案をすぐに発見することができるようになります。

また、プロジェクト開始前や進行中にフローチャートテンプレートを使用することにより、各タスクにどれだけの時間がかかるか確認し、時間の経過とともに発生する問題を事前に特定し、すぐに解決することができるようになります。プロジェクトメンバーにフローチャートを共有することで、生産性の向上や結果を生み出すコラボレーションを実現することができます。

フローチャートテンプレートを使用するメリット

業務プロセスやフローを見える化することで、さまざまなプロセスの構成要素が互いにどのように影響し合っているかをすぐに確認することができます。また、フローチャートテンプレートを活用することにより、プロセスの欠点を発見することができ、問題解決や製品・サービスの改善にも役立てることが可能です。

フローチャートテンプレート使用には以下のメリットがあります:

  • 初期段階での開発スピードの向上

  • いつでも、どこでも編集が可能。

  • コラボレーションの促進

  • ツールやビジュアルによる高い編集機能

  • 作成したテンプレートを保存すれば、次のプロジェクトでも活用できる。

フローチャート作成前には「どこから手をつければ良いのかわからない」と感じることがあると思います。Miro のフローチャートテンプレートを使用することにより、直感的なフローチャートの作成、編集を実現することができ、さらに、他の種類のプロセスマップと一緒に使用することにより、日々の業務の生産性を格段に向上させることができます。

フローチャートの作成のコツ

Miro ではフローチャートを簡単に作成することができます。まずはこのページからフローチャートテンプレートを使用し、以下のステップで作成作業を進めましょう。

  1. チームで文書化または見える化したいプロセスを決める: まず初めに、チームで文書化または見える化したい業務プロセスやフローが何かを考えましょう。メインプロセスがまだ決定しない場合は、サブプロセスからフローチャートに記入していき、全体像が見えてきた時に図表化したいメインプロセスが何かを決めることもできます。Miro では、いつでもフローチャートテンプレートをご利用いただけ、すぐにフローチャートの作成を開始することができます。

  2. プロセス実行のためのステップを記入: 次に、プロジェクトメンバーを集めて各プロセスの全行程をリストアップしましょう。また、各プロセスに関わるすべての部門から意見を収集し、プロジェクトメンバー全員と共有しましょう。ここでは、認識のズレを防ぐために、役職や部門に関係なく、プロジェクト関係者全員に記入したステップや情報を共有することが重要です。

  3. 記号の追加と手順に基づいたラベル付け: フローチャートで最も重要となるのがシンボルです。Miro のフローチャートテンプレートには、すでに作図の際に必要となるシンボルが内蔵されているため、一から作成する必要はありません。ステップ2の行程が完了した後は、その情報のラベル付けとシンボルの(記号)の割り振りをしましょう。この時に重要なのは、プロセスのスタート地点とゴール地点を明確化することです。

  4. 矢印の記入:プロセスのすべての要素を矢印でつなぎ、プロセスの進行手順や、実行方法、タスク内容を明確化しましょう。例えば、2つの異なるプロセスにおいて意思決定を行う場合、それらのプロセスに関連する要素を矢印でリンクさせたり、問題が発生した際に、どういう対応が求められるのかなどの案を作成し、矢印で示しておくことができます。

  5. フローチャートの見直しと反復作業:フローチャートが完成した後でも、もう一度プロジェクトメンバーを集めて、重要な情報の抜けがないかや、更新すべき箇所がないかなどの再確認を行いましょう。問題がなければ、プロセスの実行やプロジェクトを始動しましょう。

  6. 魅力的で分かりやすいフローチャート: Miro のフローチャートテンプレートでは、絵文字、付箋、特別なフレームを追加ができるため、魅力的かつ分かりやすいフローチャートが作成可能です。Miro のオンラインホワイトボードでコラボレーションを促進し、プロジェクトを成功へと導きましょう。

その他のフローチャートテンプレート:

Miro では、様々なフローチャートテンプレートがご利用いただけます:

プロセスフロー図:人気のフレームワークの1つです。その名通り、ステップごとのプロセスを見える化することができます。プロセスフロー図を組織内の役割と責任の明確化や、プロセスの提案、複雑なワークフローの図解などに利用しましょう。

ワークフロー図: ビジネスがどのように機能しているか、特にデータや文書が組織内でどのように移動しているかを理解するのに役立ちます。ワークフロー図は、新入社員の研修や、プロセスの欠点および非効率な要素の発見、業務の説明などに活用できます。

スイムレーン図: 複数の情報プロセスを並行して確認することができます。スイムレーン図は、組織内の複雑な相互関係やプロセスの見える化や、共同作業プロセスを図として表したい時に役立ちます。

データフロー図:データフロー図は、データがどのように処理されるかを表す際に使用される図です。エンジニアや開発者は、システムの設計や分析に、マーケティング担当者は消費者の行動を理解するために、データフロー図を使うなど、さまざまな用途があります。

Miro では、フローチャートテンプレートを使って、簡単にフローチャートの作成をすることが可能です。オンラインや直接のミーティングでこのテンプレートを活用し、プロジェクトやビジネスを効率的に推進させましょう。まずは無料でお試しください!

フローチャートテンプレートよくある質問

どんな種類のフローチャートがありますか?

フローチャートの主な種類には、プロセスフロー図や、ワークフロー図、スイムレーン図、データフロー図があります。それぞれのフローチャートは異なる目的を持っており、プロセス図は複雑なワークフローを図表化することに役立ち、ワークフロー図はチームとのプロセスに対する認識合わせに活躍し、スイムレーン図は複数の情報を並行的に分析することを可能にし、データフロー図はデータプロセスの流れを視覚化することに便利です。

フローチャートテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Stakeholder Map Thumbnail
プレビュー

ステークホールダーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

経営管理, マッピング, ワークフロー

ステークホールダーマップは、プロジェクトへの影響力と関心の強さに応じて関係者をグループ化する分析手法の 1 つです。このテンプレートを使用することで、製品、プロジェクト、アイデアに関心があるすべての関係者を 1 つの視覚領域に整理することができます。これにより、プロジェクトに影響を与える関係者と、関係者それぞれの関係性を容易に把握することができます。ステークホルダーマップは、プロジェクト管理で広く使われている手法で、通常はプロジェクトの開始時に実施されます。ステークホールダーマップをプロジェクトの早い段階で実施することで、ミスコミュニケーションの発生を防ぐことができます。また、すべてのグループの目的に対する認識を合わせて、成果と結果に対する期待値を設定することができます。

ステークホールダーマップテンプレート
Features Audit Thumbnail
プレビュー

機能検査テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, User Experience

新機能を追加するか、既存機能を改善するか、製品を改善するには 2 つの方法があります。どちらを選ぶべきでしょうか?機能検査はこの決断をサポートします。この使いやすく強力なプロダクト管理ツールを使用すれば、あらゆる機能を検査する方法を見出すことができます。検査結果をまとめ、単に機能していない機能について詳細な議論をすることができます。これにより、機能の認知度や利用頻度を高めるような対応を取るべきか、機能を完全に削除するべきか、決断することができます。

機能検査テンプレート
Market Segmentation Matrix Thumbnail
プレビュー

市場セグメンテーションマトリクス

活躍するシチュエーション:

マーケティング, プロダクト管理, 戦略プランニング

成功し、説得力のあるマーケティングは、顧客層の理解で始まり、顧客層の理解で終わります。すなわち、顧客層が誰で、どこにいて、何を望んでいるのかを理解する必要があります。市場セグメンテーションマトリックスを使えば、より深いレベルで顧客を理解することができます。このビジネスツールでは、ターゲット市場を人口統計、地理学、ニーズ、関心、サイコグラフィック、行動特性に基づいて細分化します。その上で、これらのインサイトとデータを活用することで、より優れた製品戦略、販売戦略、マーケティング戦略を構築し、プロジェクトを成功に導くことができます。私たちのテンプレートなら、市場セグメンテーション マトリクスを容易に設定し、作成することができます。

市場セグメンテーションマトリクス
Outcome Mapping Thumbnail
プレビュー

結果マッピングテンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, 図表作成, プロジェクト管理

大規模で複雑なプロジェクトには、多くの固有の不確定要素があり、さまざまな結果が生じる可能性があります。そうしたあらゆる可能性にどう対処すればよいのでしょうか?可能性を予測することができます。結果マッピングは、プロジェクト進行中に発生する多くの変更や予測できない障害に備え、前もって情報を収集しておく手法です。このテンプレートを使用することで、準備作業、監視用フレームワークの提供、評価計画の作成、チームや関係者への周知の 4 つのステップで結果マッピングを簡単に実施することができます。

結果マッピングテンプレート
Block diagram-thumb-web
プレビュー

ブロック図テンプレート

活躍するシチュエーション:

Mapping, Software Development, Diagrams

ブロック図テンプレートは、技術システムの説明に活躍します。ブロックはシステム内の重要なオブジェクトを表し、矢印はオブジェクトの相互関係を示しています。エンジニアやワークフローマネージャーなど、プロセスの改善に携わる分野に最適のテンプレートです。

ブロック図テンプレート
PERT chart-thumb
プレビュー

PERT図テンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, 図表作成, プロジェクト計画

PERT(Program Evaluation and Review Technique)図は、プロジェクトを効率的に計画するために非常に便利です。明確なタイムラインの設定や、タスクと依存関係を計画し、プロジェクトを成功に導くための道筋を作りましょう。

PERT図テンプレート