research-web (1)

リサーチ用テンプレート

すべてのユーザーリサーチを一箇所で管理し、チームでのコラボレーションに活用しましょう。

リサーチ用テンプレートについて

ユーザビリティテストや顧客インタビューから得られた情報を体系的かつ柔軟なユーザーリサーチテンプレートに記録しましょう。すべてのリサーチ結果を一箇所に集めることで、チームでのインサイトの共有が容易になり、ユーザーのニーズに基づいた新機能の提案も可能になります。

以下では、ユーザーリサーチ用テンプレートについてご紹介していきたいと思います。

リサーチ用テンプレートとは?

リサーチ用テンプレートは、さまざまなデザイン思考やユーザーリサーチのテクニックに取り入れることができます。集めたインサイトから繰り返しテストを行うときに、リサーチ用テンプレートは、仮定の検証や、異なるユーザー間の類似点の特定、ンタルモデル、ニーズ、ゴールの明確に活躍するテンプレートです。 

ユーザーリサーチは、チームが自分たちのためにデザインするのではなく、実際に製品を使うのは誰か、どんな状況で製品やサービスを使うのか、そしてユーザーがブランドや組織に何を求め、何を期待しているのかを分析することに非常に役立ちます。

リサーチ用テンプレートでは下記の 2 種類のデータを分析または管理することができます:

  • 定量調査:定量調査は、数字に基づく調査です。この調査で使用される数字には、ユーザー数、変化率などが含まれ、ウェブサイトやアプリの分析にも活躍します。

  • 定性調査:意見に基づく調査形態であり、質疑応答形式(クローズドクエスチョン)や会話形式(オープンクエスチョン)でデータが収集されます。

どちらの調査形式でも、Miro のリサーチ用テンプレートを活用することができ、顧客の視点での分析やインサイトの収集が可能になります。

リサーチ用テンプレートが活躍するシチュエーション

リサーチ用テンプレートは製品やサービスの開発のどの段階でも使用することが可能です。以下では、異なるタイムラインでのリサーチ用テンプレートの使用方法をご紹介します:

  • 今すぐ:調査を始めるのが早ければ早いほど、調査結果が製品やサービスに与えるインパクトは大きくなります。

  • デザイン・開発プロセスでのすべてのステージ:ユーザー調査によって、製品やサービスに応用できる重要な情報が得られることがあります。これにより、製品やサービスの価値を底上げすることが可能になります。

  • プロジェクトの初期段階:すべてのチームが、すべての段階において調査のための予算を確保できるわけではありません。そのような場合は、プロジェクトのできるだけ早い段階で、最も多くのリサーチを行うようにしましょう。また、プロセスの後半で補足的な調査を行うための時間と予算も確保してください。

リサーチ用テンプレートの作成方法

チームとしてユーザー調査に参加することは重要です。ユーザーをよりよく理解し、ある決定がなぜユーザーリサーチの結果に基づいているのかを明確にしましょう。

リサーチ用テンプレートを選択し、ニーズに合わせてカスタマイズしていきましょう:

  1. 観察の記録、必要に応じて修正:デザイナー、エンジニア、プロダクトマネージャー、ユーザーリサーチャー、マーケッター、サポートチームなど、ユーザーとの接点を持つチームがユーザー視点での分析情報を共有することにテンプレートが使用できます。グループ内の誰かをファシリテーターに指名し、そのメンバーがユーザー参加者との会話をリードします。他のメンバーは、ユーザーの話を聞き、障害になりそうなことや新しい視点を得ることができないか観察します。

  2. ノートテイキング:ユーザーリサーチテンプレートの列や行はカスタマイズ可能で、観察目標、テスターの詳細、会話中に生じた感情などの要素を記録するために名前を変更することができます。これらのメモは、セッションに参加できなかった人たちへの共有にも役立ちます。

  3. データ整理:ユーザーインタビューセッションが終了したのち、類似する内容のメモをテーマ別にグループ分けします。顧客にとってのペインポイントは何なのか?満足度を向上する機会はどこにあるのか?メモが論理的なテーマ別クラスターにまとまることもありますが、どこにも当てはまらない「イレギュラー」な情報が表示されることもあります。これらのデータや情報を異なる箇所に集めておけば後で役に立つかもしれません。

  4. リサーチとデザインプロセスの調整:このプロセスによって、すべての関係部署との引き継ぎプロセスでの非効率的な開発ではなく、チームとして横並びでの製品やサービスの開発を実現することができます。Miro のリサーチ用テンプレートでは、チームのニーズに合わせていつでも柔軟に編集または調整することができます。

リサーチ用テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
prune-the-product-tree-thumb-web
プレビュー

製品ツリー管理テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

製品ツリー管理(製品ツリーゲームや製品ツリー優先順位付けフレームワークとも呼ばれる)は、プロダクトマネージャーが製品機能の要求を整理し、優先順位をつけるのに役立つビジュアルツールです。このツリーは、製品ロードマップを表し、顧客や関係者から集めたフィードバックの反映をゲーム化し、製品やサービスをどのように成長させ、形づくるかを検討する手助けとなります。一般的な製品ツリーは、4 つの象徴的な要素で構成されます。幹は構築中の既存製品の機能、枝は製品やシステムの機能、根は技術要件やインフラ、葉は製品機能の新しいアイデアを表しています。

製品ツリー管理テンプレート
lotus-diagram-thumb-web
プレビュー

ロータス図テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, アイデア出し, UX デザイン

クリエイティブ思考な人でも、新鮮に物事を捉え、斬新なアイデア生み出すために、手助けを必要とすることがあります。ロータス図は新しいインスピレーションを与え、よりスムーズで効果的なブレインストーミングが行えるようになります。クリエイティブ思考をサポートするこの手法は、メインアイデアを図の中心に置き、その周囲に補助的なアイデアの箱を置いてアイデアを探っていきます。このテンプレートなら、ブレインストーミング用のロータス図を簡単に作成することができます。また、無限のアイデアを展開できる無限大のキャンバスを提供します。

ロータス図テンプレート
Bang for the Buck-web
プレビュー

バング・フォー・ザ・バック テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

名前の通りです。このアジャイルフレームワークは、プロダクトマネージャーと開発チーム間のコラボレーションに力をつけることで、効率を最大限に高めることに尽きます。プロダクトマネージャーと開発チームが共にプロジェクトアジェンダにある各 To Do リストを確認し、コストやメリットの観点から評価することができます。そうすることで、費やしたコストに対しどれだけの利益を上げられるかという点に基づいてタスクに優先順位をつけることができます。このテンプレートは、次回のスプリントに取り組むための戦略的な計画を立てようとするチームや組織に最適です。

バング・フォー・ザ・バック テンプレート
CustomerJourneyMap-thumb-web
プレビュー

カスタマージャーニーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

アイデア出し, マッピング, プロダクト管理

カスタマージャーニーマップとは、特定のペルソナを元に顧客体験を視覚化するためのフレームワークであり、顧客が製品・サービスと出会い、購入に至るまでの経緯を視覚的に把握することに役立ちます。顧客のニーズや体験を深く知ることで、ターゲットセグメントに響く製品やサービスの提供が可能となるだけではなく、顧客ロイヤリティの向上やシェアの範囲を持続的に拡大することができるようになります。カスタマージャーニーマップテンプレートを使用することにより、いつでもあっとい間にカスタマージャーニーマップの作成を開始することができます。

カスタマージャーニーマップテンプレート
Action-Priority-Matrix-thumb-web
プレビュー

アクション優先順位マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング

アイデアがリソースよりも多いと、チームでタスクの優先順位付けをするのが難しいことがあります。アクション優先順位マトリクスを使用してタスクに取り組む順序を選ぶことで、時間と費用を節約し、不要な作業に拘泥されないようになります。アクション優先順位マトリクスは、タスクを行うことの影響やそれを実行するのに必要な労力に基づいてタスクにスコアをつけられる、シンプルな図です。スコアを使用して各タスクを 4 つの領域(クイックウィン、重要プロジェクト、フィルイン、無駄なタスク)に置きます。

アクション優先順位マトリクステンプレート
Service Blueprint Thumbnail
プレビュー

サービスブループリント

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, オペレーション, マーケットリサーチ

1984年にリン・ショスタック氏によって考案されたサービスブループリントは、顧客の視点から製品・サービスのプロセスを理解し、改善することに非常に役立つツールです。サービスブループリントにより、新しいプロセスを設計したり、既存のプロセスを改善したりすることが容易になります。サービスブループリント作成では、社内の関係各所や、第三者ベンダーまで、顧客体験に貢献する各プロセスと関係者をマップ化します。

サービスブループリント