Job Map

ジョブマップテンプレート

顧客が目標を達成するために必要な各ステップを視覚化しましょう。

ジョブマップテンプレートについて

ジョブマッピングは、顧客が実行するジョブに欠かせない製品やサービスを「採用」するまでの工程を分解します。チームの UX リサーチャーやプロダクトマネージャーは、まずジョブ理論フレームワークを利用して、顧客が製品やサービスを「採用」または「不採用」にする理由を理解することから始めます。ジョブマッピングはその次の論理的ステップで、顧客が行おうとしていることをより深く掘り下げていきます。

ジョブを複数ステップに分解することは、顧客が「採用」した製品やサービスを使用してジョブを完了させた際に、その結果を成功と判断する基準を視覚化することにもつながります。

ジョブマッピングの詳細については、引き続き以下をお読みください。

ジョブマップについて

ジョブマッピングは、顧客の希望をより深く理解できるよう、プロセスを段階的に示したものです。また、このマッピングにより、新しいサービスや競合他社とは違う製品を提供する機会の獲得につながります。

UX リサーチャーやプロダクトマネージャーは、自分のチームに次のことを共有しましょう。

  • あらゆるジョブを始めから終わりまで顧客目線で捉える必要があります。

  • ステップをマッピングすることの価値は、厳しい検証と改善にあります。その過程で、ステップの削除、導入、有効化、あるいは顧客から企業への責任の移行が必要となるかもしれません。ジョブマッピングは、何を、なぜ、どのようにして、これらの変更を行ったかを明確にするための助けとなります。

  • ジョブの種類は変わっても、成すべきことは変わりません。

  • 顧客はそれぞれ異なりますが、ジョブの構成は類似しています。顧客は、ジョブに必要な要件を洗い出す必要があります。まず、必要なインプットの洗い出しと各ジョブを準備し、ジョブの実行場所を決定します。その上でタスクを実行して必要に応じて変更し、ジョブを終了させます。

  • ジョブとソリューションは異なります。

  • 顧客は、「ジョブ理論」プロセスのステップごとに貴社と競合他社のサービスを採用することができます。これらのジョブで重要なのは、問題を解決することよりも、新しい市場機会の開拓を後押しする製品やサービスの改善なのです。

ジョブマップの使用タイミング

ジョブマップは、顧客が行おうとしているコア機能ジョブにおいて、段階的な定義が必要な場合に使用できます。ジョブマップは、UX リサーチャーが理想的な結果と、その実現に待ち受ける課題や障害を見つける手助けとなります。

ジョブマップの役割は、チームを(企業が提供するソリューション目線ではなく)顧客目線にして、シンプルなジョブ ステートメントの作成を後押しすることにあります。ジョブマップは、製品やサービスの対象とするべき顧客層を見いだすのにふさわしい、安定したフレームワークとしても有効です。例えば、ソリューション(解決方法)に関係なく、クリエイティブなキャンペーンをしたい人がいるはずです。

独自のジョブマップを作成します

独自のジョブマップは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、ジョブマップを作成し、共有するには最適なキャンバスです。まずは、ジョブマップテンプレートを選択し、以下の手順に従って独自のジョブマップを作成しましょう。

  1. 顧客を招待してジョブの特徴を定義してもらうことから始めます。

  2. 顧客と打ち合わせる前に、実行するジョブを挙げてもらうことが理想的です。あえて感情を込めたり、社会性を意識したりする必要はありません。もし彼らが慣例的にこれを行っているのであれば、そのままでも問題ありません。顧客とジョブを定義するということは、「世界のニュースについて話す」わけでも、「スーパーの列に並ぶ」わけでもありません。

  3. 顧客には、ジョブを完了させるのに必要な顧客名を入力し、材料を挙げていただきます。

  4. ジョブを遂行するために必要な手順を付箋に書き出すよう顧客に促してください。例えば、計画段階で顧客は何をすべきかなど、付箋に書き出してもらいます。さらに付箋が必要な場合は、既存の付箋をコピーして編集します。

  5. 顧客が分解したジョブの 1 つだけに集中できるようサポートします。

  6. もし、複数のステップをマッピングしたら、1 つだけに集中するよう伝えてください。望ましい成果と直面する課題を掘り下げて、遂行するジョブに与える影響への理解を深めます。ここで出す答えには間違ったものはないので、演習に 1 時間以上費やすべきではありません。

  7. 作業をより簡単にするためにブレインストーミングを行いましょう。

  8. 顧客がステージ全体で提供したデータは、チームとして確認します。彼らの優先事項や、時間、資金、安全に対するリスクへの対処方法を確認してください。

  9. 顧客が、ジョブを始める準備が整っているかどうかを判断するための情報にアクセスできるようにして、ジョブを完遂するための代替手段を提供します。

  10. このステップごとのジョブを、顧客がより迅速かつ簡単に行えるようにするにはどうすればいいのでしょうか?より良いタイミング、要求に応える方法、顧客から組織への責任移行など、投資収益率の向上につながるような変更を検討します。

ジョブマップテンプレートよくある質問
ジョブマップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Project Charter Thumbnail
プレビュー

プロジェクト憲章テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, ドキュメンテーション, 戦略プランニング

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの詳細情報を正確に把握するために、プロジェクト憲章を活用します。プロジェクト憲章では、プロジェクトに関係する主要目的、範囲、チームメンバーなどについて説明します。プロジェクト管理を整理する場合、プロジェクト憲章は、あらゆるプロジェクト範囲の目的、戦略、成果物に関する情報を共有し、全員の認識を合わせるのに役立ちます。このテンプレートを使用すれば、プロジェクトのあらゆる側面を記録して、関係者全員の意識を合わせることができます。プロジェクトの進捗状況、目的、範囲について常に把握することできます。

プロジェクト憲章テンプレート
Lean Canvas Thumbnail
プレビュー

リーンキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, 戦略プランニング, アジャイルワークフロー

ビジネスチャンスを評価することは、その不透明で複雑であるため、非常に困難なものとなります。リーンキャンバスで要素を整理し、ビジネスアイデアを細分化しましょう。これは起業家や新興企業にとって有用なツールで、ビジネスモデルを 1 ページにまとめ、アイデアを高いレベルで分かりやすく伝えることができます。全体的な戦略に集中し、潜在的な脅威と機会の両方を特定して、業界で潜在的収益性を決定する様々な要因をブレインストーミングすることができます。

リーンキャンバステンプレート
kano-model-thumb-web
プレビュー

狩野モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, プロダクト管理, 優先順位付け

製品の成功は、その製品が提供する機能とお客様に与える満足度によって決まります。では、どの機能が最も重要なのでしょうか?狩野モデルがその判断を手助けします。狩野モデルは、ある機能がもたらす満足度と実装コストを比較して、全機能に優先順位を付けるシンプルで強力な手法です。このテンプレートを使えば、標準的な狩野モデル(2 軸(満足度と機能性)と、魅力、性能、無関心、当たり前という 4 つの値による象限)を作成できます。

狩野モデルテンプレート
5 Whys Thumbnail
プレビュー

なぜなぜ分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design Thinking, Operations, Mapping

問題の根本的な問題を発見したいですか?Miro のなぜなぜ分析テンプレートを使用しましょう。まずは、簡単な質問から始めます。「なぜこの問題が起こったのか?」答えが明確になり、改善策を実行できるようになるまで、問いかけを 5 回まで繰り返します。さらに、Miro のチャット機能や@メンション、付箋機能を使用すれば、このアプローチをさらに高いレベルで問題の分析に活用することが可能になります。

なぜなぜ分析テンプレート
Look Mock Analyze Thumbnail
プレビュー

観察・モデリング・分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

デザインプロセスにおいて、宿題(調査とも言います)をこなしていくことは重要なステップです。観察・モデリング・分析アプローチはこのステップの構造化と効率化を検証する有効な手法です。この強力なツールを使用すれば、長所 / 短所、成功 / 失敗、時間を効率的に使えたかどうかが明確になります。観察・モデリング・分析テンプレートは、インスピレーションの発見、デザインのモックアップ、フィードバックの獲得を容易にします。ボードのセットアップには 1 分とかかりません。

観察・モデリング・分析テンプレート
Wardley Map Thumbnail
プレビュー

ウォードリーマッピングキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Strategic Planning, Mapping

ウォードリーマップは、事業活動の環境を表します。これは、バリューチェーン(ユーザーのニーズを満たすために必要な活動)で構成されており、時間の経過とともに進化する個々の活動に基づいてグラフ化しています。 Y 軸にバリューチェーン構成要素を、x 軸に商品を配置します。ウォードリーマップを使用して、環境に関する共通認識を理解し、利用できる戦略的な選択肢を発見しましょう。事業環境について、チーム、新規採用者、関係者に簡単に情報を伝えることができます。

ウォードリーマッピングキャンバステンプレート