5 Whys

なぜなぜ分析テンプレート

なぜなぜ分析テンプレートを使って、問題や課題の根本的なコンセプトや問題を分析し、理解できるようにしましょう。コンセプトや問題を深く理解することで、クリエイティブな解決策や戦略を策定することができるようになります。

なぜなぜ分析テンプレートについて

なぜなぜ分析テンプレートは、ある問題が「なぜ」発生したのかを分析し、その問題の根本となる原因を特定することに役立つテンプレートです。問題を事前に特定することにより、議論の焦点を明確化することができ、チームでより効果的な結論や解決策を導き出すことができます。また、テンプレート内になぜなぜ分析に必要な要素がすべて含まれているため、あっという間になぜなぜ分析を完了することができます。

なぜなぜ分析とは

なぜなぜ分析は、問題の根本的な原因を効率的に特定するための方法です。アプローチは非常にシンプルなものであり、特定の問題やコンセプトに対して「なぜ?」を問い続け、直接的な原因だけではなく、目に見えない根本的な原因を発見することができるようになります。一般的ななぜなぜ分析では「なぜ?」を5 回繰り返し質問し続け、根本的な問題の特定を行います。

以下でなぜなぜ分析やテンプレートの詳細について見ていきましょう。

なぜなぜ分析のメリット

なぜなぜ分析のフレームワークがあれば、集中して議論できるため、他のトピックに気を逸らされることがありません。まずは問題ステートメントから始めます。なぜ問題が存在するのかについて検討し、それぞれの問題点を洗い出し、行動に移せる真の問題点にたどり着くようにします。「なぜ」の問いかけが、必ずしも 5 回必要なわけではありません。満足のいく結論が出るまでアクティビティを繰り返しましょう。

なぜなぜ分析の事例とやり方

ここでは、チームが新しいアプリを開発し発売しようとしているというシナリオについて考えてみましょう。期限通りのリリースを予定していましたが、最終的に 2 日間の遅れが発生してしまいました。

なぜなぜ分析を使用してこの事例において、問題が起こった理由や、今後同じような問題の再発を防止するためにどんな施策を講じることができるのか見ていきましょう。

1. 可能な限り幅広い質問をして、それに答えてみましょう。

例:なぜアプリのリリースに遅れが生じたのですか?

→ 開発プロセスに遅延が生じたのでリリースが遅れました。

2. 上記の回答から、焦点を絞っていきましょう。

例:なぜ発売プロセスに遅延が生じたのですか?

→ リリース日前に突然エンジニアチームでパッチの追加作業が発生しましたが、製品チームに追加作業についてリリース日まで共有がなかったため、発売プロセスに遅れが生じました。

3. さらに「なぜ」共有が遅れたのか見ていきましょう。

例:なぜ製品チームはパッチ追加作業について知らなかったのですか?→ エンジニアチームがパッチについての情報を製品チームに共有しなかっため製品チームはパッチについて知りませんでした。

4. どんどん「なぜ」を究明していきましょう。

例:なぜエンジニアチームは、製品チームに情報を共有しなかったのですか?

→ エンジニアチームに情報や進捗の共有方法が伝えられていなかったため、製品チームとコミュニケーションを取ることができませんでした。

5. 最後にもう一度質問をして、解決策に狙いをつけましょう。

例:なぜエンジニアチームは、製品チームとコミュニケーションを取る方法を知らなかったのですか?

→ 製品チームに明確な連絡窓口がないため、エンジニアチームは製品チームとコミュニケーションを取る方法がわかりませんでした。

ここでの事例のように「なぜなぜ分析」を使用して「なぜ?」を質問し続けることで、発生している問題の根本的な原因を究明し、今後の改善策や解決策を策定することが可能になります。

なぜなぜ分析を効果的に行うための5つのコツ

  1. 取り組む問題の明確化

  2. 客観的な分析

  3. 各「なぜ?」を個々に分析する(すべてまとめて分析しない)

  4. 事象の連鎖で分析を行う

  5. コントロール可能な範囲で分析を行う

1. 取り組む問題の明確化

取り組む問題の明確化は、なぜなぜ分析において重要なコアとなる要素です。問題が明確になっていない場合、「なぜ?」を追求するための質問もあいまいであったり、抽象的なものになってしまいます。

例えば、上記の「アプリのリリース日の遅延」という事例での問題を見たときに、「なぜリリース日に遅延が生じてしまったのか?」というように問題を明確化します。

2. 客観的な分析

なぜなぜ分析を個人的な感情や先入観、思い込みで行うことを避け、完全な客観的な視点から分析を行うようにしましょう。

例えば、上記の「なぜエンジニアチームは、製品チームに情報を共有しなかったのですか?」事例において「エンジニアチームに責任感がなかった」という感情的な回答ではなく「このような事象に対するマニュアルや指示が伝達されていなかった」という事実をもとにした客観的な分析回答を出せるようにしましょう。

3. 各「なぜ?」を個々に分析する(すべてまとめて分析しない)

「なぜ?」から出た回答を統合的に分析した場合、特定できる問題が抽象的なものだけになってしまい、根本的な解決策や改善方法を見つけることができなくなってしまいます。「なぜ?」の質問で抽出した個々の問題ごとに焦点を当てていき、ミクロレベルでの問題解決を行えるようにしましょう。

4. 事象の連鎖で分析を行う

なぜなぜ分析で質問する事象に関連性を持たせましょう。上記の事例では「なぜアプリのリリースに遅れが生じたのですか?」→ 「なぜ発売プロセスに遅延が生じたのですか?」→ 「なぜ製品チームはパッチ追加作業について知らなかったのですか?」のように製品チームとエンジニアチームに発生したコミュニケーション問題に関連した質問に対しての分析を行なっています。

5. コントロール可能な範囲で分析を行う

なぜなぜ分析で事象や問題の分析を行う場合は、個人や部署の範囲で対応できる範囲の事象や問題のレベルで分析を行いましょう。「なぜ?」を聞き続けた際には、時々、現実的でないアイデアが出てしますこともしばしばあります。

上記の事例において「なぜエンジニアチームは、製品チームとコミュニケーションを取る方法を知らなかったのですか?」という質問に対して「会社がコミュニケーションツールを導入していないため、部署間でのコミュニケーションが取れなかった」という回答を出してしまうと、「その会社がコミュニケーションツールを導入しない理由」が問題となり、リリース日が遅れた根本的な原因を追求することができなくなってしまいます。

なぜなぜ分析テンプレートと特性要因図

企業やビジネス分野、チームに至るまでニーズにあった手法を発見することは迅速な問題解決や解決手段の改善において重要なことです。なぜなぜ分析テンプレートは、1つの事象で発生している個々の問題に焦点を当てることに力を発揮しますが、特性要因図(フィッシュボーン図)も問題の根本的な原因を追求する時に非常に役立つツールとなっています。

どちらの問題解決法も、多くの業界で広く採用されていますが、どちらを活用しようかと決めかねている場合「ある問題の根本原因を特定しようとしているのか vs. 現在の事象を引き起こした、すべての選択肢について分析するのか」を自問してみましょう。

Miro のなぜなぜ分析テンプレートの活用方法

Miro のなぜなぜ分析テンプレートは、この手法についてよく知らない人でも、手順を追って使用できるようにフォーマット化されています。そのため、誰でも簡単に素早くなぜなぜ分析を行うことができます。以下の手順でなぜなぜ分析テンプレートを Miro ボード上に展開しましょう。

手順 1:まず、テンプレートの左上にある一つ目の四角形に、分析したい問題ステートメントを書き出します。これが、プロセス全体にわたる焦点となります。

手順 2:「なぜ」の問いかけを始めましょう。続いて、問題の根本にたどり着くまで「なぜ」の質問をして深く掘り下げていきます。各ブロックにこれらの質問や答えを記録して追跡し、仮説を検証する際に参考にします。

手順 3:納得のいく結果が出るまで、この行程を繰り返します。

手順 4:より多くの人からインプットをもらうこともなぜなぜ分析において重要なことです。作成中のなぜなぜ分析テンプレートをチームメンバーに共有して参加してもらったり、コメントに @メンションをしても良いでしょう。

手順 5:問題の分析が完了した後は、アクションプランを立て、すぐに解決策や改善案の実施ができるように準備しましょう。

特に重要な問題や、フォローアップが必要な問題には、付箋を活用して目立たせます。問題の緊急性や重大度によって、あるいは次のステップを担当する人によって、色分けされた付箋を使っても良いでしょう。

なぜなぜ分析テンプレートよくある質問

なぜなぜ分析の質問とはどういったものですか?

なぜなぜ分析手法では、特定の問題が発生した理由を尋ねることで、この問題の根本にたどり着くことができます。「なぜで始まる質問」は、「なぜ、これが発生し続けるのか」、「なぜこの問題が生じているのか」といったものになります。結論に到達する前に、少なくとも 5 回「なぜで始まる質問」をしてみてください。もちろん、さらに踏み込みたい場合は、なぜなぜ分析を繰り返すこともできます。

なぜなぜ分析は、どのようにして記録したら良いでしょうか。

Miro の既成テンプレートを使用して、なぜなぜ分析を記録することができます。または、Miro で新しいボードを開き、なぜなぜ分析テンプレートをゼロから作成することもできます。セッションを終えたら、チームでリンクを共有してフィードバックをもらいましょう。それを基にイテレーションしたり、新しいアイデアを追加したりすることができます。

なぜなぜ分析テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー

ユーザーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

ユーザーペルソナとは、調査または分析した製品やサービスの対象となる顧客層を表し、要約するツールです。コンテンツマーケティング、製品マーケティング、デザイン、営業、販売のいずれの場合でも、対象者を念頭に置いて運営します。通常、顧客または見込み客がペルソナ作成の対象になります。自社が提供する製品やサービスに対して何かしらのメリットを感じる顧客層かもしれません。通常、個性やニーズが興味深い形で表現されたひとまとまりの情報です。ユーザーに関する知識を抽出することで、対象となるユーザーモデルを作成します。これがペルソナです。

ユーザーペルソナテンプレート
Card-Sorting-thumb-web
プレビュー

カード分類テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, UX Design, Brainstorming

カード分類は、デザインチームが通常使用するブレインストーミング手法ですが、どんなブレーンストーミングやチームにも適用可能です。この手法は、より効率的で創造的なブレインストーミングを促進するように設計されています。カード分類では、チームは、コンテンツ、オブジェクト、アイデアからグループを作成します。まず、ブレインストーミングのトピックに関連する情報が記載されたカードをラベル付けします。グループや個人として作業を行い、自分が分かるような方法でカードを分類し、短い説明を記載して各グループのラベル付けを行います。カード分類を使用することで、予想外ですが、有意義なアイデア間のつながりを形成することができます。

カード分類テンプレート
App Dev Thumbnail
プレビュー

アプリ開発キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

Market Research, Product Management, User Experience

良質なアプリを構築するには、多くの人の参加や流動的な部分が必要だと気づいたことはありますか?プロジェクトマネージャーなら、気づいたことがあるはずです。幸いなことに、アプリ開発キャンバスがあれば、プロセス全体を見渡して最適化できるようになります。18 個のボックスが特徴で、それぞれのボックスがアプリ開発の重要な側面に焦点を当てており、全体像を把握できるようになります。そうすれば、プロセスを微調整し、開発過程で遭遇する可能性のある問題を先回りして考えることができます。その結果、プロセスがスムーズになり、より良質で安定した構造の製品が得られます。

アプリ開発キャンバステンプレート
aws-chef-automate-architecture-thumb
プレビュー

AWS Chef Automate アーキテクチャ テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, ソフトウェア開発

AWS Chef Automate アーキテクチャ テンプレートは、AWS Chef フレームワークを視覚的に表します。各種クラウド ソリューションを簡単に追跡し、運用タスクをこれまでにないスケールで自動化します。

AWS Chef Automate アーキテクチャ テンプレート
Cost Benefit Analysis Thumbnail
プレビュー

費用便益分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 意思決定, 戦略プランニング

日常的に数多くの意思決定が行われる中、それがリスクの高いものである場合、その選択を行うことがすべてビジネスや組織のプレッシャーになります。リスクや利益を分析するにはシステマティックな方法が必要です。費用便益分析では、賢明な判断が必要なものを明確にします。このテンプレートは、CBA を実施して、新しいプロジェクトやビジネス提案のメリットやデメリットを検証するのに役立ち、最終的には会社が貴重な時間、コスト、社会資本を保持することができます。

費用便益分析テンプレート
Card-Sorting-thumb-web
プレビュー

カード分類テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, UX Design, Brainstorming

カード分類は、デザインチームが通常使用するブレインストーミング手法ですが、どんなブレーンストーミングやチームにも適用可能です。この手法は、より効率的で創造的なブレインストーミングを促進するように設計されています。カード分類では、チームは、コンテンツ、オブジェクト、アイデアからグループを作成します。まず、ブレインストーミングのトピックに関連する情報が記載されたカードをラベル付けします。グループや個人として作業を行い、自分が分かるような方法でカードを分類し、短い説明を記載して各グループのラベル付けを行います。カード分類を使用することで、予想外ですが、有意義なアイデア間のつながりを形成することができます。

カード分類テンプレート