growth-experiments-web

グロースエクスペリメントテンプレート

実験を通して事業規模拡大のための戦略を策定しましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

グロースエクスペリメントテンプレートについて

グロースエクスペリメントとは何でしょうか?

グロースエクスペリメントは、ビジネスの成長戦略をテストする体系的な手法です。例えば、マーケティングキャンペーンを実施したい、あるいはビジネスモデルのフリーミアム形式からペイパーユーズ形式に移行したいとします。このような決断は、コストのかかる大きな賭けとなる可能性があります。グロースエクスペリメントなら、ビジネスの拡大に完全にコミットする前に、その戦略をテストできるので、時間とリソースの大幅な節約につながります。

グロースエクスペリメントテンプレートの活用方法

子供向けの科学実験会で、実験方法を示した図を見たことがある方なら、実験計画について覚えがあるでしょう。実験は、特に一度に複数の実験を行う場合、時間とリソースを多く消費する可能性があります。グロースエクスペリメントテンプレートを使用して、実験の記録を残しましょう。マーケティング キャンペーン、ソーシャルメディア キャンペーン、ビジネス成長戦略、広告などを同時にテストする場合、特に役に有効です。何をテストするかにかかわらず、以下に示すテストのステップは重要です。

ステップ 1

まず、仮説を立てます。多くの企業、特にスタートアップや中小企業は、競合他社に倣ってマーケティングや製品の戦略を選択する傾向があります。競合他社でうまくいったのなら、自社でもうまくいくだろうという期待によるものでしょう。ただし、そのような選択はコストがかかり、損害を与える結果につながりかねません。より良い選択は、顧客データを基に仮説を立てることです。

音楽編集用アプリに、ペイパーユーズ形式のオプションの提供を検討しているとします。このサービスを約 1 ヶ月間利用した顧客のデータは、このサービスに大変満足していることを示しています。実際、このサービスを 1 ヶ月間利用して満足したユーザーは、1 年間継続して利用する可能性が高いことも分かっています。そこで、ユーザーがこのサービスにお金を払ってくれるという仮説を立てます。

ステップ 2

仮説を立て終えたら、成長につながる潜在的な戦略をブレインストーミングします。だだし、仮説はあくまで経験と知識に基づいた推測に過ぎないことを忘れないでください。当然、その情報を活用してビジネスを成長に導く方法を考え出す必要があります。

まず、グロースエクスペリメントテンプレートを使って、ブレインストーミングを行います。各自でのブレインストーミングして、会議にそのアイデアを持ってくるよう全員に依頼します。全員で話し合い、創造性と実用性に基づいてアイデアに順位を付けます。迷ったり、行き詰ったりしたら仮説に戻ります。仮説がガードレールとして機能し、目標に集中して進むことができます。

ここで挙げたような例を実践できれば、アプリをマネタイズする戦略を思いつくかもしれません。そうすれば、30 日後にユーザーを有料モデルに移行させることができます。

ステップ 3

戦略を立て終わったら、次はリサーチを行います。同じような企業が同じような戦略を採用しているか調べます。それはうまく機能していますか?改善できることはありませんか?あなたならどこに変更を加えますか?戦略に穴がなければ、実験に必要なサポート(他チームの協力と賛同、既存顧客への影響や技術的な制約の調査)を確保します。戦略が使えないようでしたら、仮説に戻るかブレインストーミングをやり直します。

ステップ 4

次に実験をデザインします。実験のデザインは、仮説、チームの規模、影響を受ける顧客の数、その他の要因によって異なります。一般的には、必要な実験のコピー、実験対象群とその対照群、実験の記録 / 測定方法、タイムライン、サンプルサイズを決定します。何をもって成功とするか決めておくことが重要です。実験の成功をどのようにして知るのでしょうか?どのような結果を予測しますか?

この例では、30 日間の有料オプションを一定割合の顧客に展開することができました。あなたのデータによると、統計的有意性を達成するには、このオプションを顧客の 3% に提供する必要があることを示唆しています。そのうちの 25% の顧客が有料モデルに移行すれば、実験は成功したことになります。

ステップ 5

実験シートを作成します。上記の情報を基にして、テンプレートに実験のガイドとなる実験シートを作成します。実験シートに記載する一般的な内容を以下に示します。

  • 私たちの仮説は次の通りです…

  • 次の方法でこの仮説を検証します…

  • 仮説を次の指標で検証します…

  • もしこの実験が成功したら次のようになります…

定量的な結果と定性的な統合するセクションを含めることもできます。

ステップ 6

実験と分析を行いましょう。多くの実験は数週間または数ヶ月にわたって展開されます。実験をそのような形で行う場合、毎週または隔週で会議を開き、全員に情報提供することを検討します。グロースエクスペリメントテンプレートは、実験を進めながら更新しましょう。

結果が出たらチームで話し合い、次のステップを検討します。重要な学びや気付きがないか確認します。このような会議からよく新しい実験が生まれます。もし新しい実験が生まれたら、このプロセスを最初からやり直します。

成長実験を行う理由

成長実験の実施は競争で優位に立つことを手助けします。マーケティングや製品に関する決断で大きな賭けをする代わりに、戦略をテストしてから、全顧客ベースに展開することができます。成長実験は、企画会議に情報を提供し、会社を拡大するための体系的で信頼できる手法を提供します。

成長実験が重要な理由

スタートアップから大企業に至るまで、すべての企業は不確実性に対処する必要があります。成長実験は、大きなリスクを伴うビジネス上の決断における不確実性を低減します。実績のない戦略に時間とリソースを投資するのではなく、成長実験を実施して仮説を検証し、最小限のリスクでビジネスを成長させることができます。

グロースエクスペリメントテンプレートの活用方法

グロースエクスペリメントテンプレートを使って、いつでもビジネス戦略、マーケティング プラン、会社の成長に影響を与える決定を検証しましょう。このテンプレートは、複数の戦略を一度にテストする場合に特に有効です。

グロースエクスペリメントテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Buyer Persona Thumbnail
プレビュー
バイヤーペルソナテンプレート
spider-thumb-webs
プレビュー
スパイダー図テンプレート
elevatorpitch-thumb-web
プレビュー
エレベーターピッチテンプレート
Innovation Matrix-thumb-web
プレビュー
イノベーションマトリクステンプレート
Website Wireframing Thumbnail
プレビュー
Web サイトワイヤーフレームテンプレート
editorial-calendar-thumb-web
プレビュー
編集カレンダーテンプレート