Fishbone Diagram Template | Online Ishikawa Diagram Maker | Miro

特性要因図テンプレート

Miro の特性要因図(フィッシュボーン図)テンプレートを使用して、あらゆる問題の根本的な原因をいち早く特定し、効率的に解決しましょう。

特性要因図(フィッシュボーン図)テンプレートについて

問題の根本的な解決、意思決定の改善、投資機会の分析などに特性要因図(フィッシュボーン図)テンプレートが役立ちます。

Miro の特性要因図は、潜在的な問題の原因を特定し、事前に解決策を打ち出すことに活躍します。また、オンラインやオフラインでの作業が可能なため、時差や場所に影響されない共同作業がチームでできるようになります。

特性要因図とは?

特性要因図は、フィッシュボーン図や、石川図(東京大学名誉教授の石川馨から名付けられた)、魚の骨の図とも呼ばれています。チームで、問題の根本的な原因を可視化し、影響分析で結果を予測することに非常に便利です。

1943年に石川馨が提唱したこの図は、問題の発生原因を特定することにより、問題を事前に回避し、プロセスやシステムを正常な状態に保つことを目的にデザインされています。

特性要因図は、問題をブレインストーミングを通して多角的に分析、議論する前提で設計された図であるため、いつもチームでこの図表の作成を行いましょう。

この図は、当初、石川博士が化学者として働いていた事業で応用されたものですが、その後、他の多くの事業でも採用されるようになりました。

特性要因図(フィッシュボーン図)テンプレートの作り方

この図の本領を発揮するために、紙ではなく、オンラインでの作成を進めることを推奨いたします。Miro のテンプレートでは、いつでも自由に図表の編集ができ、チームメンバーが同じ空間にいなくても円滑に作業を進めることができます。ただし、特性要因図作成には必ず守るべき5つのルールがあります。

1. 問題の定義

どんな問題やリスクが潜んでいるのか、いつ、どのように発生する可能性があるのかを正確に記載した文章を作成しましょう。そしてこの文章を図の左側、つまり、魚の「頭」の部分に配置してください。また、問題を定義する際は、事前にチームとの確認を行ってから定義するようにしましょう。

2. 原因の分類を明確にする

潜在的な問題の原因をカテゴリー別に分類しましょう。例えば、ソフトウェア製品の問題を分析する場合、ユーザー、ソフトウェア、マーケティングのカテゴリーを設定し、一般的な製品であれば、人、方法、材料、機械、環境などのカテゴリーに分けることができます。最大10個のカテゴリーで分類できるようにしましょう。

3. 原因のリストアップ

次に、個々の原因をリストアップしましょう。これらの要素が魚の「骨」となり、根本的な原因を特定する判断材料となります。また、「なぜなぜ分析」手法を併用し、新たな潜在的原因を体系的に分析し、特定することができるようになります。このステップでは必ずブレインストーミングを行いましょう。

4. 投票

原因が特定できれば、特性要因図テンプレート作成の次のステップとして、投票を行いましょう。例えば、ドット投票の場合、最も深刻な原因をチームで選出するために限られた数のドットやステッカーを使用した投票を行いましょう。

5. 次のステップの決定

投票が終われば、最も投票数が多かった問題を選択し、この問題にどのように取り組むべきか、誰が担当するか、期限はどうするかなどをチームで決定しましょう。

特性要因の作成方法がわからない場合は、Miro のテンプレートにアクセスし、ダッシュボードで作成方法を説明した短い動画を視聴することが可能です。

特性要因図(フィッシュボーン図)がもたらす5つのメリット

  • 現状ではなく、原因に着目:特性要因図テンプレートを使用することで、単に状況や状態を説明するだけではなく、実際に起きていることの根本的な原因に迫ることができます。

  • 想定し得るすべての原因を一目で確認可能:特性要因図テンプレートは、複数の原因を論理的かつ視覚的に整理することに非常に便利です。チームやプロジェクトメンバーで現在の状態と原因にどのような関連性があるのか分析し、理解することにこの図が活躍します。

  • ブレーンストーミングの促進:このテンプレートでは、問題の原因を個別に特定するのではなく、根本的な原因が見つかるまで、さまざまな可能性を分析し、優先順位を付けながら、チームで集中して作業を進めることができます。

  • 原因についての認識の共有:フィッシュボーン図では、問題の原因を個別に特定するのではなく、根本的な原因が見つかるまで、さまざまな可能性を分析し、優先順位を付けながら、チームで集中して作業を進めることができます。

  • チームでの共同作業の促進:チーム全員でブレインストーミングを行うことで、チームメンバー全員の声が反映され、チームとしての一体感を再確認できるようになります。異なる視点を持つことはイノベーション創出に欠かせない要因です。

これらのメリットを実感するために、今日から Miro の特性要因図テンプレートを使用しましょう!

特性要因テンプレートの使用事例

特性要因図テンプレートの使用事例として、「なぜ顧客はアカウントを解約するのか」という問題を魚の「頭」として分析していきましょう。

このケースでは、「料金体系が悪い」、「不安定なシステム」、「スタッフ不足」、「インサイトが足りない」、「戦略が合っていない」という内容を潜在的な原因として書き込みます。

これらの内容を定義した上で、次に問題点をその原因別にリストアップしていきましょう。これは特性要因図作成の中心的な部分となるものです。「競合他社の方が安い」や「自社には競争力がない」というものを顧客がアカウントを解約する原因として挙げてみましょう。

これらは、特性要因図の簡単な例ですが、Miro のテンプレートを使用するだけで簡単に再現できます。

また、他の分野で言えば、製品の生産が遅れるという技術的な例もあります。この場合、主な問題は「生産の遅れ」であり、特性要因図(フィッシュボーン図の魚の頭の部分に配置されます。

「原材料」、「労働力」、「機械」、「設備」などが問題の潜在的原因として挙げることができます。原因を特定した後は、各原因を展開していきましょう。例えば、「原材料」では、品質が悪い、不足している、不良品が届くなどの問題が、「機械」では、時代遅れ、故障しやすいなどの問題が、「労働力」では、モチベーション不足、リソース不足、スタッフに対する高負担など、そして、「設備」では、注意不足、非効率的なタスクの割り当てなど生産担当の管理能力に関する問題が浮上しますね。

問題の原因を挙げた後は、前例と同じように投票をして、主な問題の原因をチームで特定し、生産性向上のために取り組み始めましょう。

特性要因図6M法

特性要因図の中で最も標準的なフォーマットに6M法があります。ここではこれらの6M法を見ていきましょう。

  • Man(人材):まず1つめの「M」では人事に関わるすべての要素を考慮しましょう。

  • Method(方法):ここでは、現在採用している方法が正しいかどうか評価する必要があります。

  • Machine(機械):ソフトウェアや、ハードウェア、設備などのプロセスに必要な要因のことを指します。

  • Measurement(検査・測定): 現在採用している方法や設備の検査や測定をしましょう。

  • Management(管理・マネジメント):管理プロセスや、システム、担当者がこのカテゴリーに分類されます。

  • Material(材料): 文字通り、製品開発に使用される素材に関わるすべての評価のことを指します。

特性要因を使用して、それぞれの「M」に関する質問に回答していきましょう。

特性要因図(フィッシュボーン図)が活躍する分野

特性要因図は、様々な業界や事業、目的で使用されています。下記では、その一部を是非ご紹介したいと思います。

マーケティング

マーケティングは、どの組織においても最も幅の広いものです。戦略や施策は、オンラインや、オフライン、有料、無料など、様々な内容で実施されます。フィッシュボーン図は、マーケティングチームがニュースレターを送信する際や、ソーシャルメディア広告の発信の際などに発生する問題や障壁をいち早く察知することに役立ちます。ワークフローの改善を図るためにもマーケティングでフィッシュボーン図を試してみてください。

営業

営業部門は、この図が最もよく活用される分野の一つだと思います。なぜなら、営業担当が目標を達成できない際に、その原因を探り、根本的な解決策を立てることにより、業績を大幅に改善でき、個人にかかるストレスも軽減することができるからです。

マネジメント

マネジメントも特性要因図のメリットが感じられる部門の一つではないでしょうか。例えば、営業チームがなぜセールス目標を達成できないのか、マーケティングチームがなぜ検索エンジンから十分なトラフィック流入やユーザーを獲得できていないのかなどの原因を探ることができるからです。経営管理のためにこの図を活用してみましょう。

カスタマーサービス

カスタマーカスタマーサービスは、企業と顧客の直接的な接点であるため、企業にとって非常に重要でセンシティブな部門といっても過言ではないでしょう。そのため、カスタマーサービスにおいての問題の原因を明確化することは、サービスの改善や顧客ロイヤリティを高めるだけでなく、新しい顧客を獲得するためにも非常に重要なことなのです。

以上が特性要因図の活用例です。問題の裏に潜む根本的な原因を特定、解決するために Miro の特性要因図を活用してみてください!

特性要因図(フィッシュボーン図)テンプレートよくある質問

特性要因図(フィッシュボーン図)作り方は?

まず初めに、問題を定義し、図の右側に配置しましょう。次に、問題の原因となっている可能性のあるものを特定、異なるカテゴリーに分類しましょう。最後に、それぞれの原因を魚の「骨」に見立ててリストアップすることで図を完成することができます。詳しくは本ページ「フィッシュボーン図作成のコツ」もご参照ください。

特性要因図(フィッシュボーン図)の目的とは?

特性要因図は、問題の原因発見を目的とした分析ツールであり、ブレーンストーミングで使用されます。原因をあらかじめ特定することで問題を早急に解決することが可能になります。

特性要因図(フィッシュボーン図)作成におすすめのツールはありますか?

Miro の特性要因図テンプレート(フィッシュボーン図)を是非お試しください!また、Miroverse からも便利なテンプレートを多数ご利用いただけます。

特性要因図テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Affinity Diagram Thumbnail
プレビュー

アフィニティ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, マッピング, プロダクト管理

アフィニティ図を使用して、ブレインストーミングセッションで出された情報を発信し、整理し、まとめましょう。製品を作り上げている場合や複雑な問題を抱えて作業している場合、あるいはプロセスを確立している最中であったり、課題を見極めようとしている場合に、アフィニティ図はチームメンバーが協力してアイデアを共有する機会を与えてくれる、便利でシンプルなフレームワークです。ブレインストーミングだけに適しているわけではありません。アフィニティ図は意見を一致させたり、アンケート結果などのデータを分析するような場合に活用できる、大変便利なテンプレートであり、ツールなのです。

アフィニティ図テンプレート
Decision Tree Thumbnail
プレビュー

デシジョンツリー(決定木)テンプレート

活躍するシチュエーション:

意思決定, マインドマップ, 図表作成

選択肢をよく見極めて、成果を視覚化することができれば、難しい意思決定も簡単に行うことができます。それを行うのにデシジョンツリーが役立つので、自信を持って時間とコストを費やしましょう。デシジョンツリーとは、利用可能な選択肢を示す「ブランチ」を使って、思い描いた通りに表したフローチャートです。これは、現実世界のリソースに取り組む前に、一連の意思決定を行い、それによって導かれる方向を確認することができる定型化された方法で、特にスタートアップ企業や中小企業に役立ちます。

デシジョンツリー(決定木)テンプレート
cisco-network-diagram-thumb (2)
プレビュー

Cisco データネットワーク図テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, ソフトウェア開発

Cisco のデータセンターとアクセスネットワークソリューションには、業界最高レベルの自動化、プログラム性、リアルタイムの可視性があり、スケールに合わせて構築されています。Cisco データ ネットワーク図は、Cisco 要素を使用して、Cisco のネットワークデザインを視覚化することに役立ちます。

Cisco データネットワーク図テンプレート
Competitive Analysis Thumbnail
プレビュー

競合分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, 意思決定, 戦略プランニング

優れた製品を開発するには、状況(どこと敵対しているか)を把握し、いくつかの質問に答えることから始めます。競合他社はどこですか?製品やサービスにどのような違いがありますか?卓越しているものは何ですか?競合分析では、こうした質問の答えを見つけ、最終的には製品、価値提案、マーケティング、販売戦略を形にすることができます。これは、新製品のリリースや戦略計画セッションなど、大規模なビジネスイベントを予定している場合に最適です。

競合分析テンプレート
PERT chart-thumb
プレビュー

PERT図テンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, 図表作成, プロジェクト計画

PERT(Program Evaluation and Review Technique)図は、プロジェクトを効率的に計画するために非常に便利です。明確なタイムラインの設定や、タスクと依存関係を計画し、プロジェクトを成功に導くための道筋を作りましょう。

PERT図テンプレート
UML Diagram Thumbnail
プレビュー

UML 図テンプレート

活躍するシチュエーション:

Diagrams, Software Development

UML は元々、UML は元々、ソフトウェア工学でモデリング言語として使われていたため、アプリケーション構造やソフトウェアの文書化によく使われるツールです。UML は、「Unified Modeling Language(統一モデリング言語)」の略称で、ビジネスプロセスや、ワークフローのモデリングにも使用することができます。フローチャートと同様に、UML 図は、段階的なプロセスをマッピングすることができます。これにより、チームはシステムとタスク間の関係を簡単に表示することができます。UML ダイアグラムは、新入社員が状況を素早く把握し、文書作成、職場やチームの管理、プロジェクトの合理化に役立つ効果的なツールです。

UML 図テンプレート