SAFe

SAFe プログラムテンプレート

納期を追跡し、プロジェクトの依存関係やマイルストーンを理解することができます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

SAFe プログラムボードテンプレートについて

正式な PI セッションを採用していなくても、プログラムボードは、チームや関係者とのコミュニケーションを活発にすることができます。また、開発目標とビジネス目標を一致させ、依存関係を明確にし、部門横断的なコラボレーションも可能にします。プログラムボードは、計画セッションに必要な構造を提供し、ブレインストーミングや調整会議にも対応できるような適応性を持っています。

SAFe プログラムボードの詳細については引き続き以下をお読みください。

SAFe プログラムボードとは?

アジャイルモデルの誕生以来、多くの企業が社内プロセスの合理化、連携の維持、優れた製品開発のためにアジャイルモデルを利用してきました。すべてのアジャイル標準を厳密に順守していない企業でも、アジャイルモデルのようなツールや手法を取り入れています。プログラムインクリメント(PI)計画は、最も人気のある手法の 1 つです。

PI 計画の策定は、SAFe アジャイルモデルに不可欠です。これは、SAFe におけるイノベーションと計画反復プロセスの一部です。PI 計画策定セッションでは、チームは 1 ~ 2 日かけてビジネスコンテキストとビジョンを提示します。その後、分科会を実施し、自分たちの仕事が組織の成功にどのような直接的貢献が果たせるかを把握します。すべてのチームが反復計画と将来の目標を策定します。

SAFe プログラムボードは、PI 計画の不可欠な要素です。実際 PI セッションで得られる成果は重要なものです。プログラムボードでは、スケジュール、チーム間の依存関係、マイルストーン、タイムラインが強調されます。

SAFe プログラムボードの活用方法

多くの組織は、チームで PI セッションを行う際に、ビジネスコンテキストやビジョンを提示するのに SAFe プログラムボードを使用します。このようなコンテキストに SAFe ボードを使用すれば、会社の目的に沿って議論を進め、成果をマッピングすることができます。

しかし、SAFe プログラムボードの使用において正式な PI セッションを実施は必須でありません。ボードは、月次または四半期の計画会議に簡単に組み込み、全員参加の会議に活用し、新しい人員の認識を合わせ、複雑なプロジェクトにおけるミスコミュニケーションの解消などに活用することができます。

重要なのは、SAFe プログラムボードは対面でもリモートでも利用できる点です。全員が計画セッションのために移動しなくても、ビデオ会議でプログラムボードを活用すれば、会社のビジョンやチームの目的を共有することができます。ボードを使ってリモートセッションを行うことできます。チーム全員が計画セッションに参加し、すべてのタイムライン、成果物、マイルストーンを簡単に再確認することができます。

独自の SAFe プログラムボーボードを作成しましょう

独自の SAFe プログラムボードは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、SAFe プログラムボードを作成し、共有するには最適なキャンバスです。まず SAFe プログラムボードテンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って独自の SAFe プログラムボードを作成します。

  1. ボードにラベルを付けます。計画を作成する前に、ボードのスロットをカスタマイズして、チーム名、セッションの参加者、イテレーションを記入します。

  2. マイルストーン、タイムライン、リリース情報を追加します。次に、重要な期限と目標達成の進捗を追跡するための情報を追加します。

  3. 機能とイネーブラーを追加します。ボードの左側には、機能とイネーブラーのスロットがあります。機能は、この生産サイクル中に展開を予定しているものです。イネーブラーは、ビジネスタスクの実現に必要なプロセスや取り組みをサポートするものです。また、依存関係も忘れずに追加してください。

  4. ボードを使用してチームの連携を強化します。ボードが完成しても、プロジェクトにおけるチームの継続的な連携に活用することができます。必要に応じて、機能、イネーブラー、マイルストーンに変更を加えたり、ボードを作り直したりすることもできます。

イノベーションワークスペースである Miro ではアジャイル開発ツールアジャイル開発テンプレートを使うことで簡単にSAFe プログラムボーボードを作成することができます。

アカウント作成も無料なので、ぜひ Miro をご利用ください。

SAFe プログラムテンプレートよくある質問

SAFeプログラムボードを使用するタイミングは?

SAFeプログラムボードは、機能や目標を視覚的に要約し、いつまでに達成する必要があるかを計画し、納品に影響を与えるチーム間の依存関係を視覚化したい場合に使用します。

SAFeの4つの基本的価値観とは?

SAFeの4つの基本的価値観は、「アライメント」「ビルトイン品質」「透明性」「プログラムの実行」です。これらのコアバリューは、SAFeの有効性の鍵となる基本的な信念を表しています。これらの基本的価値観は、SAFeポートフォリオに参加するすべての人の行動と行動を規定するのに役立ちます。

SAFe プログラムテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Timeline Workflow Thumbnail
プレビュー
タイムラインテンプレート
Project Status Thumbnail
プレビュー
プロジェクトステータスレポート用テンプレート
Storyboard Thumbnail
プレビュー
ストーリーボードテンプレート
ALGORiTHM FLOWCHART -web
プレビュー
アルゴリズムフローチャートテンプレート
heart-template-thumb-web
プレビュー
HEART テンプレート
Project Scope Thumbnail
プレビュー
プロジェクトスコープテンプレート