diagrammingfishbone diagram

特性要因図 作成ツール

Miro の特性要因図(フィッシュボーン図)作成ツールで原因分析 フレームワークを作成しましょう。 特性要因図を活用することにより、問題の原因に対する ブレインストーミングから、原因の分析、改善計画の立案まで すべて1つのフレームワークで完了することができます。 さっそく無料で Miro のフレームワークの効果をご体験ください。

Miro の特性要因図作成ツールについての画像

6,000 万人のビジネスパーソンが愛用する Miro

原因分析と改善に役立つ Miro の特性要因図作成ツール

Miro の特性要因図作成ツールは、直面している問題の原因を分析し効果的な 改善策を立案することに力を発揮します。個人やチームにかかわらず、長期的な 問題の改善にこの原因分析フレームワークを活用しましょう。

特性要因図を作成している画像

通常の原因分析だけに とどまらない Miro の 特性要因図作成ツール

一目で問題の全体像を理解

チームでブレインストーミングを行い、特性要因図にすべての原因を追加する ことで、問題の全体像を簡単に把握することができるようになります。原因の 分析をすることで、改善策をすぐに立案することが可能であり、スムーズに アクションプランへと移行することが可能です。

インサイトの収集

Miro の特性要因図作成ツールは、チームのインサイト収集にも役立つツールです。ボード上に他のメンバーを招待し、さまざまな問題に対するインサイトを 集めることで、より多角的なアプローチを取ることができます。

認識の共有

1つのボードに作成した特性要因図を通して情報を整理し、チームメンバー全員の認識共有に活用しましょう。情報を共有した後は、改善すべき原因の優先順位を投票機能などを使用して選定しましょう。

お気に入りのツールとも連携

お気に入りのツールやアプリを Miro と連携してシームレスなワークフローを 実現しましょう。特性要因図を作成した後、ボード上で付箋を直接 Jiraチケットに変換して、次のアクションを計画しましょう。

簡単な図の共有

Miro ではボードリンクを関係者と共有したり、特性要因図を画像やPDFで ダウンロードすることで、情報を簡単に共有することができます。

無限の可能性を秘めたツール

特性要因図作成ツールを他の機能と同時に使用すれば、改善策発見までのスピードを加速させることができます。無限に広がる Miro ボードに他のフレームワークのテンプレートや情報を追加して問題の根本的な原因の発見と改善策の立案に活用しましょう。

特性要因図作成に役立つテンプレート

Miro の特性要因図(フィッシュボーン図)テンプレートを使用して、あらゆる問題の根本的な原因をいち早く特定し、効率的に解決しま しょう。

無料のなぜなぜ分析テンプレートを使って、問題や課題の根本的な コンセプトや問題を分析し、理解できるようにしましょう。

DMAIC でロードマップを作成し、構造化されたアプローチで課題を 解決できます。

Miro のブロック図を活用して、既存のシステムに関する理解を深め、新しいシステムの構築への道筋を見出しましょう。

メリット・デメリットリストテンプレートを使用して、意思決定の 判断力を向上させましょう。全体像を確認ができることにより、 効果的な意思決定ができるようになります。

Miro で特性要因図を 作成する方法

特性要因図を作成する方法についての画像

1

問題を定義する

問題の定義は、特性要因図(フィッシュボーン図) 作成の核となるステップです。 「何が」「なぜ」「どのように」問題なのか、 このステップで明確にしましょう。

2

根本的な原因をブレインストーミング

付箋紙を使って、できるだけ多くの根本的な原因を 特性要因図に追加しましょう。 このステップでは、ブレインストーミングセッションや6M法を活用して原因分析を行うことにより、根本的な原因の特定が可能です。

3

アイデアをさっそくアクションに

ドット投票や投票ツールを活用して問題の優先順位 付けをし、アクションポイントに変換することで、 問題改善の明確な道筋を立てることができます。 また、Jira や Asana など、お気に入りの外部ツールも使用して、付箋をカードやタスクに変換し、簡単に改善策を管理することも Miro では可能です。

特性要因図を作成する方法についての画像

人気のビジネスツールと連携

Miro は Zoom や Google ドライブなどの人気のビジネスツールとも連携することができます。 すべての業務フローを Miro ボードで管理し、ビジネスの生産性を向上しましょう。

100 種類以上の人気ビジネスツールを Miro でも利用しましょう!

Miro の作図ツール

製品ページ

なぜなぜ分析テンプレート

テンプレートページ

“Miro を使用することでプロダクト デザインにおける大きな課題の 1 つである、異なるツールを使用したデザイナー間でのタスク管理を改善 することができました。”

ジェーン・アシュリー

デザインマネージャー、DocuSign

特性要因図作成ツール よくある質問

特性要因図(フィッシュボーン図)の作成方法を教えてください。

特性要因図は以下のステップを通して作成することができます: 1.ニーズに合った特性要因図作成ツールを選択しましょう。 Miro では、ブレインストーミングやビジネスフレームワークに必要な図を1つのボードで簡単に作成することができます。 2. 問題の定義 改善したい問題を定義し、特性要因図の「頭(特性)」の部分に追加しましょう。 3. 原因のブレインストーミング 考えられる根本的な原因をブレーンストーミングし、付箋をボードに追加しましょう。 4. 原因の優先順位付け 最も緊急性の高い問題の優先順位付けをしましょう。Miro では、投票ツールやドット投票を使用することで原因の優先順位付けを することができます。 5. 次のステップに移行 優先順位付けが完了した後は、タスクやアクションプランを作成し、次のステップへ移行しましょう。 特性要因図は、原因分析と問題の全体像を理解することに役立つフレームワークです。このフレームワークを使用して、 効果的な改善策を策定しましょう。

ソリューション

作図ツール

図表を通して複雑なデータや情報からタスク内容まですべて見える化することで 製品の改善や生産性の向上、業務の効率化を実現することができます。

シンキングツール

Miro のシンキングツールを活用して、アイデアを整理し、形に変えましょう。Miro のワークスペースは、 思考の整理や新しいアイデアの発見を付箋ツールやテンプレートを使って実行できます。

原因分析フレームワーク

Miro の原因分析フレームワークを使用して、問題を発生させている原因を簡単に可視化しましょう。 問題の全体像を可視化することで、状況の改善や再発を防ぐための解決策を立案することができます。

新しい働き方を Miro で実現しましょう!

Miro はチームで課題を解決し、新しいアイデアを発見するための「ワークスペース」です。