Mad Sad Glad Retrospective

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレート

チームの感情や気持ちを理解するためにふりかえりを行いましょう。

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレートについて

喜・怒・哀によるふりかえりとは?

スプリントの後、少し立ち止まって振り返り、自分たちがどのように感じているかを評価することは、チームにとって有意義なものになります。これは、チームの士気を維持し、スプリントの結果を最大限活用するための非常に重要なプロセスです。しかし、「気分はどうですか」のような自由回答形式の質問では、チームの気持ちを把握することが難しい場合があります。そのため、多くのチームで喜・怒・哀によるふりかえりが採用されているのです。

喜・怒・哀によるふりかえりは、チームメンバーの気持ちを測り、自分たちがどのような感情を抱いているかふりかえるきっかを与える人気のある手法です。ふりかえりを行うことで、スプリント後に抱いたポジティブな感情だけでなく、今後、直面しうる懸念や疑問についても強調することができます。

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレートの使用方法

ファシリテーターは、30 ~ 60 分の時間を回答者に与えて、前のスプリントについて感じたことを考えてもらいます。次に、回答者に自分たちの気持ちを整理する時間を与えてから、ホワイトボードにその内容を書き出してもらいます。スプリントで怒りを感じたことはありましたか?動揺はどうでしょか?それとも満足しましたか?チーム全員が書き終えてから、集まって話し合います。ファシリテーターは、この機会にフォローアップの質問をしたり、メモをとったりします。

喜・怒・哀によるふりかえりを実行するための 4 つのヒント

1. ふりかえりのためのスペースと時間を確保します

チームがどのように感じているかを整理するため、30 ~ 60 分程度邪魔が入らない時間を確保します。回答者にはメモを多くとるよう促します。静かで邪魔が入らない部屋を必ず用意します。

2. 電話の電源は必ず切っておきます

ふりかえりに集中できるよう、参加者全員に携帯電話の電源を切るよう依頼します。携帯電話に気を取られると、ふりかえりが難しくなります。

3. 包括的であるようにします

ここでは、正しい答えも、誤った答えもないことを全員で確認しましょう。喜・怒・哀によるふりかえりの目的は、プロセスや戦略のブレインストーミングではなく、チームが何を感じたのかを全員で理解することにあります。

4. 感情に焦点を当てます

行動ではなく、感情に焦点を当てるようチームに促します。感情を共有することに抵抗がある人は、戦略に軸を移そうとします。優しくいさめてあげてください。

喜・怒・哀によるふりかえりを使用する 3 つの理由

喜・怒・哀によるふりかえりは、チームの心の旅に焦点を当てます。また、通常のアジャイルなふりかえりとは違ったメリットを持つユニークなアプローチでもあります。

信頼関係の構築

チームメンバーが自分たちの仕事に対する感情と気持ちを話し合う場があれば、彼らの正直で素直な気持ちを後押しすることができます。チームは、より正直、オープン、ポジティブになり、メンバー同士がお互いを信頼できるようになります。

士気の向上

ほとんどの人が何かに悩みや不満を感じていますが、職場でそのような気持ちを話す機会はありません。従業員が困っていることを話せる場があれば、自分たちが大事にされていると感じ、彼らの士気を高めることにつながります。

エンゲージメントの向上

チームメンバーは、不満があったり、話を聞いてもらえないと感じたりすると、席を立ってしまうことがあります。喜・怒・哀によるふりかえりを使用すれば、そのようなチームメンバーも発言し、問題の解決に協力することができます。その結果、職場はより包括的になり従業員の結束が守られます。

喜・怒・哀によるふりかえりは、どのようなときに実行すべきでしょうか?

この種のふりかえりは、チームにネガティブな力が働いていたり、まだ誰も口にしていない緊張感がある場合、特に有効です。構造化されたフレームワークが、自分たちの感情を表に出すのに役立つことに気づくことでしょう。速いスピードで結果を重視するアジャイルな環境にあっては、特にその傾向は強くなるはずです。

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
event-planning-thumb-web
プレビュー

イベント計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークショップ, プロジェクト計画

製品発売、完全リモート会議、マイルストーンイベントを計画している場合でも、イベント計画用テンプレートは、視覚的なチェックリストとしての役割を果たし、その特別な日までに検討する必要がある詳細事項をすべてマッピングします。イベント計画用テンプレートは、イベントのクリエイティブで戦略的なビジョンが詳細事項に埋もれてしまわないようにする適応性の高い方法です。マーケティング計画からアジェンダ、ゲストへの軽食やみやげ品などさまざまなセクションをマッピングすることで、チームは、自分の業務にとって最も重要な内容に集中し、複数部門間にまたがる作業が生じた場合は、必要に応じてコラボレーションすることができます。

イベント計画用テンプレート
RACI Matrix Thumbnail
プレビュー

RACI マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 意思決定, 組織図

RACI マトリクスは、チームが役割と責任を把握し、プロジェクト中の混乱の回避に役立つ強力な管理ツールです。RACI 次の役割の頭文字をとった略語です。Responsible:実行責任者(タスク達成のために作業し、作業の完了 / 決断を下す)、Accountable:説明責任者(タスクの正確かつ完全な完了に責任を負う)、Consulted:協業先(プロジェクトに関する情報を提供し、情報を双方向でやり取りする)、Informed:報告先(進捗を常に把握し、一方的に情報を受ける)。

RACI マトリクステンプレート
SCAMPER Thumbnail
プレビュー

S.C.A.M.P.E.R.テンプレート

活躍するシチュエーション:

Ideation, Operations, Brainstorming

あなたのチームは行き詰っていませんか?解決できない問題を長い間抱えていませんか?1972 年に登場した S.C.A.M.P.E.R. は、創造性に関する若者向けの書籍の著者であるボブ・エバールが考案したブレインストーミング手法です。このスマートで使いやすい手法は、チームの創造を阻む障害を克服するのに役立ちます。S.C.A.M.P.E.R. によって、チームは、7 つの質問が与えるユニークなフィルターを通して課題に取り組むことができます。このフレームワークを課題の解決に取り入れれば、チームは新しく革新的な解決策を思い付くことができるでしょう。

S.C.A.M.P.E.R.テンプレート
Agenda-web-thumb
プレビュー

アジェンダテンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークショップ, ミーティング, プロジェクト管理

長年にわたり会議を開催してきたことと思いますが、会議をオンラインで開催することは全く別物です。オンライン会議を構造化し目的を持たせ、それに集中して取り組むことが重要です。すべては詳細なアジェンダがあることが前提ですが、このテンプレートを使用すれば簡単にアジェンダを作成することができます。一番の利点は何でしょうか。アジェンダは無味乾燥なものが多いですが、これは違います。Miro のアジェンダは、好みのグラフィックや色、フォント、画像を簡単に折り込めるため、オリジナルでクリエイティブなアジェンダの作成が可能です。

アジェンダテンプレート
team-meeting-agenda-thumb-web
プレビュー

チーム会議アジェンダテンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ドキュメンテーション, ワークショップ

意思決定、優先順位の調整、方向性を共有するためには、チームの時間を作ることが重要です。チーム会議のアジェンダは、チームとの情報共有やコラボレーションが必要なときに、割り当てられた時間枠にスケジュールと構成を追加することができます。アジェンダは、目標、議題、アクションアイテム、次のステップの進行役を決定するようチームに促します。アジェンダに従って会議を円滑に進めることで、OKR による進捗状況の確認、最新情報の共有、障害に対する話し合い、アイデアのブレインストーミングが容易になります。

チーム会議アジェンダテンプレート
Quick Retrospective Thumbnail
プレビュー

短時間のふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, ふりかえり, ミーティング

ふりかえりテンプレートは、インサイトにあふれた会議、業務の棚卸し、効率的な反復を支援します。「ふりかえり」という言葉は、「デブリーフィング」や「反省会」よりも表現が中立的なため、最近はより広く使われています。チームによっては、これらの会議を「スプリントのふりかえり」、「イテレーションのふりかえり」、「アジャイルのふりかえり」と呼んでいます。スクラムチームにいる、アジャイル手法を使用している、特定のふりかえり手法(喜・怒・哀によるふりかえりなど)を使用している、そのいずれの場合でも、ふりかえりの目標は共通しています。すなわち、うまくいったことや問題の根本的な原因を把握し、次の反復に活かすことが目標です。

短時間のふりかえりテンプレート