Project Charter

プロジェクト憲章テンプレート

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの詳細情報を正確に把握するために、プロジェクト憲章を活用します。プロジェクト憲章では、プロジェクトに関係する主要目的、範囲、チームメンバーなどについて説明します。プロジェクト管理を整理する場合、プロジェクト憲章は、あらゆるプロジェクト範囲の目的、戦略、成果物に関する情報を共有し、全員の認識を合わせるのに役立ちます。このテンプレートを使用すれば、プロジェクトのあらゆる側面を記録して、関係者全員の意識を合わせることができます。プロジェクトの進捗状況、目的、範囲について常に把握することできます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

プロジェクト憲章テンプレートについて

プロジェクト管理におけるプロジェクト憲章とは?

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの詳細情報を正確に把握し、キックオフミーティングなどで情報を共有するために、プロジェクト憲章を活用します。プロジェクト憲章では、プロジェクトに関係する主要目的、範囲、チームメンバーなどについて説明します。プロジェクト管理を整理する場合、プロジェクト憲章は、あらゆるプロジェクト範囲の目的、戦略、成果物に関する情報を共有し、全員の認識を合わせるのに役立ちます。

プロジェクト憲章にはどんな情報を記載する必要がありますか?

プロジェクト憲章を有効活用するには、できるだけ多く詳細情報を記載する必要があります。

プロジェクト憲章をまとめる際には、必ず以下の 3 つの重要なポイントについて検討しましょう。1 つ目は目標です。実行可能で、妥当かつ測定可能な目標を決めましょう。2 つ目は対象範囲です。プロジェクト範囲の上限と下限を明確にし、成功や期待値について全員の認識を合わせましょう。3 つ目は成果物です。このプロジェクトの一環として生産することを目指すあらゆるアセットや製品について記載します。

これらの 3 つのポイントの概要を記載したら、残りの項目の記入に移ります。通常、プロジェクト憲章では以下の質問に答える必要があります。

1. プロジェクトを始める理由は何か?プロジェクトを実施する理由とそれから得たいことが全員に明確になるよう、その背景情報を提供しましょう。

2. 目標は何か?目標を定義するだけでなく、成功を定義するのにも時間をかける必要があります。

3. 問題が生じた場合、どう対処するか?障害は避けられません。プロジェクト憲章を使用して、問題が発生した場合に、どう対処するかについて合意を得ましょう。

4. プロジェクトの関係者はだれか?関係者を特定し、責任を明確にしましょう。全員がプロジェクトへの参加を実感し、役割を把握して、期待値を認識できるため、これは重要です。

5. 対象の範囲はどこまでか?このプロジェクトの境界を明確にしましょう。プロジェクトの開始日と終了日を記載します。プロジェクトに含まれないタスクにに取り組んで、時間やリソースを浪費しないよう、範囲外の項目を明記しましょう。

6. どれくらいのコストやメリットを想定しているか?詳細な予算を作成する必要はありませんが、予想されるコストについてはある程度把握しておく必要があります。リソースを使用する権限を持つメンバーを指定しておくのも良いでしょう。コストについて考える際には、顧客、チーム、複数部門間のパートナーなど関係者へのメリットについて考えてみましょう。

プロジェクト憲章の使い方

プロジェクトに取り組む際、多くの場合、ドキュメンテーションを作成するのは最後の作業になります。また、予算、プロジェクト計画、財源の明細書が既に準備できている場合、なぜプロジェクト憲章が必要なのか?どのような場合に便利か?

プロジェクト憲章はプロジェクト全体の情報を一か所にまとめたものです。複雑なプロジェクトに取り組む際には、多くの関係者が携わり、さまざまな不確定要素があるので、チームを正しい方向に導き、タスクの進捗状況を把握するにはプロジェクト憲章が必要になります。プロジェクト全体を通して、チームはこのプロジェクト憲章を参照し、プロジェクトの範囲内で作業を実施していることを確認できます。プロジェクト憲章やロードマップとマニフェストのハイブリッドについて考えてみましょう。

プロジェクト憲章は、プロジェクトを関係者に売り込む必要がある場合にも重要です。簡潔な商品説明を提供する必要があるかもしれません。プロジェクト憲章は、それよりもさらに洗練されたものです。これにより、監視役は現実的な結果を簡単に想像することができます。また、プロジェクト関係者に検証を共有する際に、関係者に情報資料としてこの検証を提供することもできます。

プロジェクト憲章テンプレートよくある質問

プロジェクト憲章の主な目的は何ですか?

プロジェクトマネージャーやプロジェクトスポンサーは、プロジェクト内で認識のズレが生じた時に、プロジェクト憲章を参照し、軌道を修正することができます。また、プロジェクトメンバーとも情報を共有することで、すべてのメンバーが同じ目線でプロジェクトを進めることが可能です。

プロジェクト憲章の作り方を教えてください。

Miro のようなオンラインツールを使うことでプロジェクト憲章をあっという間に作成することができます。Miro のテンプレートにはすでに必要な項目が使用できるため、情報を記入するだけでプロジェクト憲章が完成します。

プロジェクト憲章どんな情報を記入しますか?

通常のプロジェクト憲章にはプロジェクトの目的やスコープ、成果物、予算内容、各メンバーの担当分野が記載されます。リスクの特定と軽減計画、プロジェクトのスケジュール、予想されるリソース要件のリスト、主要なプロジェクト利害関係者のリスト、プロジェクトコミュニケーション計画書などもプロジェクト憲章に記載されます。

プロジェクト憲章テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
product-development-roadmap-thumb-web
プレビュー
製品開発ロードマップテンプレート
PROTO PERSONA -web-1
プレビュー
プロトペルソナテンプレート
ansoff-matrix-thumb-web
プレビュー
アンゾフマトリクステンプレート
Bang for the Buck-web
プレビュー
バング・フォー・ザ・バック テンプレート
website-flowchart-thumb-web
プレビュー
ウェブサイト用フローチャートテンプレート
user-interview-thumb-web (1)
プレビュー
ユーザーインタビュー用テンプレート