Working Backwards

逆向き解決法用テンプレート

新製品の作成や新機能の構築に価値があるかどうかを判断しましょう。

逆向き解決法用テンプレートについて

逆向き解決法は、お客様中心主義を賞賛するというリーダーシップの原則に基づいて、Amazon が開発したものです。この方法では、新製品や新機能のアイデアを思い付いたメンバーが、その目的をできるだけ明確にする必要があります。

またこのモデルでは、社内でそのアイデアを伝えるために、チームに客観的な資料を作成するよう求めています。アイデアに関するプレゼンテーションで組織のリーダーの賛同を得ることができれば、次のステップとして製品や機能の発売に必要なもののマッピングをチームで行いましょう。

逆向き解決法の詳細については引き続き以下をお読みください。

逆向き解決法とは

逆向き解決法は、詳細なローロードマップがない製品について考えるためのフレームワークです。プロダクトチームは、お客様の思い描くイメージから製品の発売まで、真に役立つ方法で逆向きに取り組んでいきます。

この逆向き解決法の資料は、製品や機能の発売を想定するブログの投稿からプレスリリースまで、まるで今起こっているかのように、さまざまな形式で作成することができます。

資料には以下を記載するのが理想的です。

  • 対象のお客様

  • お客様のチャンスや課題

  • お客様の最も重要なメリット

  • お客様のニーズや希望

  • 顧客の製品やサービスに対する体験の理想像

この資料を実際に繰り返し活用するチームのリソースとして取り入れましょう。例えば、Amazon では、20 ~ 30 回資料を改定することは珍しいことではありません。「1 日目」の考え方は、お客様に初めて新しいものを作成するので、エンタープライズレベルの企業でもベンチャー企業のように考えるのに役立ちます。

逆向き解決法の活用方法

逆向き解決法を使用することで、プロダクトチームはまずお客様のペインポイントを解決し、その後、製品の作成を促すことができます。

新しい製品や機能のアイデアに時間を費やす価値があるかどうかチームが判断できない場合、逆向き解決法を使ってアイデアを検証することができます。また、このフレームワークは、思考を実行するのではなく、期待される結果に移行するように設計されています。

このフレームワークは、集中してお客様中心に物事を見て、実際に何かを作る前に、分かりやすい言葉で伝えるのに役立ちます。

逆向き解決法のフレームワークの作り方

逆向き解決法のフレームワークを作成するのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、この作成や共有に最適なキャンバスです。まず逆向き解決法用テンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従って作成することができます。

  1. まずチャレンジステートメントから始めましょう。お客様の理解や作成した資料に基づくと、お客様が対処するべき課題(または機会)はどんなことですか?

  2. 理想的な未来像を明確にしましょう。新製品や新しい体験を実現するために新しいビジネスモデルや構造に必要なものについてチームと話し合いましょう。正解はないので、必要に応じてできるだけ多くの付箋を自由に使用して、可能性を見極めます。

  3. 理想的な未来像から現在までに実行する行動をマッピングしましょう。そこにたどり着くのにどれくらいの期間が必要ですか?この段階では、チームがその新製品や機能を実現するために必要なリソース、プロセス、システム、導入、サポートについて現実的な会話をすることができます。

  4. 次のステップを計画しましょう。理想的な未来像にたどり着くために必要なステップを把握すれば、タスクのバックログの作成を始めることができます。各タスクを優先順位付けし、チームメンバーに責任を割り当てることができます。

逆向き解決法用テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
plus-delta-thumb-web
プレビュー

プラスデルタテンプレート

活躍するシチュエーション:

ふりかえり, ミーティング, ソフトウェア開発

プラスデルタテンプレートは、グループから問題点を収集するシンプルでありながら強力なツールです。このフォーマットにより、成功したこと、今後繰り返し実施する必要があること、変更していく必要があることに焦点を当てるよう、チームを促すことができます。プラスデルタテンプレートを完成させるには、上手く機能していることや、改善したいことを書き留めるだけです。次に、2 つの別々の列にこうした要素を入力します。プラスデルタを使用して、チーム、関係者、従業員、上司に対して成功事例や習得した知識を紹介することができます。

プラスデルタテンプレート
Technology Product Canvas Thumbnail
プレビュー

テクノロジー製品キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

プロダクト管理, ソフトウェア開発, ロードマップ

プリム・サンダラムが考案したテクノロジープロダクト キャンバスは、プロダクトチームとエンジニアリングチームがロードマップを共有し、認識を合わせることを目的としています。アジャイルの手法と UX の理論を組み合わせて、製品ソリューションの検証をサポートします。各チームが製品目標とテクノロジーの目標を提示し、視覚化し、明確なロードマップの各ステージを話し合います。この演習ではチームが同期し、全員が見込みと方向性を明確にし、素直に話し合うことができます。テクノロジー製品キャンバスの作成過程を経れば、1 時間とかからずにチームの認識を合わせることができます。

テクノロジー製品キャンバステンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー

プロダクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, UX デザイン

プロダクトキャンバスは、製品がどんなもので、戦略的にどのように位置付けられるかを伝える、簡潔でコンテンツが豊富なツールです。プロジェクトキャンバスは、アジャイルと UX を組み合わせることで、ペルソナ、ストーリーボード、シナリオ、デザインスケッチ、その他の UX 成果物でユーザーストーリを補います。プロダクトキャンバスは、プロダクトマネージャーがプロトタイプを定義するのに役立つので、便利です。プロダクトキャンバスの作成は、見込み客、解決する必要がある問題、基本的な製品機能、検討する価値がある高度な機能、競争優位性、製品から得られる顧客の潜在的な利益を判断する上で重要な最初のステップです。

プロダクトキャンバステンプレート
Visual Story Map Thumbnail
プレビュー

ビジュアルストーリーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, デスクリサーチ, マーケティング

ビジュアルストーリーマップは、定型化されたタスクリストと考えられることがありますが、タスク管理以上の力を発揮するツールです。ビジュアルトーリーマップを使用すれば、プロダクト管理に必要な様々な情報を視覚化することができるようになります。そうすることで、プロジェクトの全体像を把握でき、成功への道筋のイメージをより強く持つことができます。ビジュアルストーリーマップテンプレートを認識合わせや、プロジェクトに関するすべての情報やリソースをボード1つだけで管理できるようにしましょう。

ビジュアルストーリーマップテンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー

ユーザーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

ユーザーペルソナとは、調査または分析した製品やサービスの対象となる顧客層を表し、要約するツールです。コンテンツマーケティング、製品マーケティング、デザイン、営業、販売のいずれの場合でも、対象者を念頭に置いて運営します。通常、顧客または見込み客がペルソナ作成の対象になります。自社が提供する製品やサービスに対して何かしらのメリットを感じる顧客層かもしれません。通常、個性やニーズが興味深い形で表現されたひとまとまりの情報です。ユーザーに関する知識を抽出することで、対象となるユーザーモデルを作成します。これがペルソナです。

ユーザーペルソナテンプレート
idea-funnel-backlog-thumb-web
プレビュー

アイデアファネルバックログ

活躍するシチュエーション:

Design, Brainstorming, Agile Workflows

アイデアファネルバックログは、バックログを視覚化し、上流に停滞するバックログの数を限定します。これにより、不要な会議や業務上のオーバーヘッドを発生させることなく、リスト上の項目に優先順位を付けることができます。アイデアファネルバックログを使用するには、ファネルを各フェーズに分けるか、ロードマップのように扱います。アイデアファネルバックログは、ロードマップとバックログを 1 つの分かりやすいハイブリッド モデルにして使用します。

アイデアファネルバックログ