cynefin-framework-preview

クネビンフレームワークテンプレート

さまざまな課題を見極めて、意思決定に導くことができます。

クネビンフレームワークテンプレートについて

「クネビン」の意味は?

「クネビン」は、ウェールズ語で「生息地」という意味です。

クネビンフレームワークとは?

クネビンフレームワークを使用すれば、状況を見極め、その適切な対応策を理解することができます。明確、煩雑、複雑、混沌、無秩序の 5 つの領域について概要を説明します。「明確」の領域には、これまでに対応したことがある状況とそのベストプラクティスが含まれます。「煩雑」の領域は、何が起こっているのか分かっていない状況に適用されますが、状況を分析し、やるべきことを見極めるのに必要なスキルは備わっている状態です。「混沌」とした状況では、環境が不安定なので、素早く行動する必要があります。「無秩序」の領域は、環境の本質を判断できない状況について説明します。このフレームワークは、各領域のリーダーの行動モデルを提供します。

クネビンフレームワークの設定方法

クネビンフレームワークには、明確、煩雑、複雑、混沌、無秩序の 5 つの領域があります。明確な課題はよく理解れており、その解決策が明確なので、よく知られた、場合によっては用意されたソリューションを適用することで解決することができます。煩雑な課題の場合、一般的に回答が必要なことに対してどんな質問をすればよいかは分かっています。このような課題を解決するには、専門家の知識を適用することで、次に何をすべきかを判断することができます。複雑な課題の場合、分からないことが多く、どのような質問をすればよいのかさえ判断に迷います。複雑な課題を解決するには、実験し、評価して、より多くの知識を収集する必要があります。混沌とした課題の場合、その課題を封じ込め、長期的なソリューションを見つけることが、当面の優先事項になります。無秩序は、フレームワークの中央のスペースを指します。自分がフレームワークのどこにいるのか分からない場合、現在は「無秩序」の領域にいて、残りの領域のいずれかに移動することが優先事項になります。

クネビンフレームワークの活用方法

クネビンフレームワークは、行動のパワフルで柔軟なモデルです。課題や意思決定を分類し、適切な対応策を見極める必要がある場合、このテンプレートを使用することができます。多くの組織はこのフレームワークを使用して、製品開発、マーケティング計画、組織戦略に役立てます。

このフレームワークは、危機や想定外のイベントに対応する際にも役立ちます。このテンプレートを使用して、そのようなイベントにどう対応するか、または最悪のシナリオをどう切り抜けるのかについて新規採用者に研修を行います。

クネビンフレームよくある質問
クネビンフレームワークテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
kano-model-thumb-web
プレビュー

狩野モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, プロダクト管理, 優先順位付け

製品の成功は、その製品が提供する機能とお客様に与える満足度によって決まります。では、どの機能が最も重要なのでしょうか?狩野モデルがその判断を手助けします。狩野モデルは、ある機能がもたらす満足度と実装コストを比較して、全機能に優先順位を付けるシンプルで強力な手法です。このテンプレートを使えば、標準的な狩野モデル(2 軸(満足度と機能性)と、魅力、性能、無関心、当たり前という 4 つの値による象限)を作成できます。

狩野モデルテンプレート
soar-analysis-thumb-web
プレビュー

SOAR 分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Decision Making, Strategic Planning

SOAR 分析テンプレートは、組織の強みと可能性を検討し、将来の共有ビジョンを作成することを促します。SOAR 分析のユニークな点は、成長分野だけではなく、ポジティブな面にも焦点を当てるよう促す点です。SOAR とは、Strengths(強み)、Opportunities(機会)、Aspirations(願望)、Results(成果)の頭文字をとったものです。このテンプレートを使用するには、各カテゴリをポジティブなレンズを通して検討していきます。人を集めて行動を促したいときは、いつでも SOAR 分析を行ってください。

SOAR 分析テンプレート
Work Plan Thumbnail
プレビュー

作業計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, プロジェクト計画

作業計画は、本来、プロジェクトのロードマップです。これにより、目標を達成するために必要な手順を明確にし、明白な目的を設定し、数値化された成果物を作成することができます。プロジェクトのライフサイクルを通して効果的な作業計画に従うと、チームとコラボレーションすることで、成果を実現することができます。作業計画にはさまざまなものがありますが、通常、目標、戦略、戦術、成果物の 4 つのコア要素が含まれています。

作業計画用テンプレート
event-planning-thumb-web
プレビュー

イベント計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークショップ, プロジェクト計画

製品発売、完全リモート会議、マイルストーンイベントを計画している場合でも、イベント計画用テンプレートは、視覚的なチェックリストとしての役割を果たし、その特別な日までに検討する必要がある詳細事項をすべてマッピングします。イベント計画用テンプレートは、イベントのクリエイティブで戦略的なビジョンが詳細事項に埋もれてしまわないようにする適応性の高い方法です。マーケティング計画からアジェンダ、ゲストへの軽食やみやげ品などさまざまなセクションをマッピングすることで、チームは、自分の業務にとって最も重要な内容に集中し、複数部門間にまたがる作業が生じた場合は、必要に応じてコラボレーションすることができます。

イベント計画用テンプレート
Swimlane Diagram Thumbnail
プレビュー

スイムレーン図テンプレート

活躍するシチュエーション:

フローチャート, 図表作成, ワークフロー

プロセスが複雑になってきたら、一歩下がって、誰が、いつ、何をするのかを視覚化することをお勧めします。スイムレーン図とは、身近なもの(水泳プール)から着想を得て、チーム、作業グループ、部門、多層化された組織のプロセスを「スイムレーン」によって整理するものです。このわかりやすいワンストップな視覚表現は、スイムレーンから着想を得て、複雑なプロセスを整理するものです。スイムレーン図は、大規模プロジェクト前の役割の明確化、新入社員の定着の迅速化、組織構造の更新など様々な用途に使用することができます。

スイムレーン図テンプレート
Cross-Functional Flowchart Thumbnail
プレビュー

複数部門間のフローチャートテンプレート

活躍するシチュエーション:

Flowcharts, Org Charts, Business Management

プロジェクトの全員に素早く目を通し、全員が貢献できることを正確に把握しましょう。これは、複数部門間の役割を明確かつ分かりやすく示したフローチャートです。またこれは、各メンバー(お客様、クライアント、特定の業務の担当者)がレーンに割り当てられているため、「スイムレーン」フローチャートとも呼ばれています。この明確なラインによって、プロジェクトの各段階における役割を視覚化することができます。このテンプレートでは、プロセスを合理化し、非効率性を削減した、複数部門間の有意義な関係を構築することができます。

複数部門間のフローチャートテンプレート