Cross-Functional Flowchart

業務フロー図テンプレート

Miroの業務フロー図テンプレートを活用して、業務フローを可視化することで、他部門とのスムーズな連携を行いましょう。業務フローの改善やコミュニケーションの立て直しを行いたいチームや組織はぜひお試しください。作図に役立つ機能やデザイン、ツールもそろっているので、誰でもお手軽にわかりやすい業務フロー図が作成できます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

業務フロー図テンプレートとは?

業務フロー図(ワークフロー図)テンプレートは、複数の部門が持つ依存関係や担当領域をわかりやすく可視化したフローチャートです。

テンプレート内の画像やテキストを入れ替えるだけで簡単に、プロジェクトのニーズに合った業務フロー図を完成させることができます。

テンプレートには、総合的なプロセスに関わる人々(お客様、特定の業務の代表者など)が、レーンに割り当てられており、その割り当てられた領域には目標達成に向けて必要なアクションについて記載することができます。

業務フローに関わるポジションの数によってレーンを編集し、カスタマイズしましょう。

こんな人に業務フロー図テンプレートがおすすめ

業務フロー図テンプレートは、あらゆる業種や職種で活用することができます。

業務フローやプロジェクトのプロセス、チーム間での連携に課題を感じている人におすすめのワークフロー図です。

業務フロー図テンプレートの使い方

1. 各レーンに配置するチームを決める

まずは、実際の業務プロセスをもとに、業務フロー図に配置するチームを決定しましょう。

プロセスに含まれるチームを選定した後は、プロセスが進行する順に、チームを業務フロー図テンプレートの各レーンに配置します。

2. プロセスの開始点を定義する

一連のプロセスや、やり取りを引き起こす最初のアクションは何でしょうか?これは「ユーザーから連絡が入る」や「お客様が購入を完了する」などになるでしょう。

各レーンに配置されたチームの出発点は異なりますが、プロセスまたはやり取りにおいて、それぞれのチームが接点を持ちコミュニケーションを取る必要があるポイントがあることがわかります。

3. 最後のステップや完了点にたどり着くまでステップを追加する

最初から最後まで情報フローはどう見えていますか?どのような意思決定をする必要がありますか?それぞれの状況をマッピングするとき、自分自身とチームにこれらの質問をして確認しましょう。

簡単なスケッチを付箋、図形、接続線に変換して、協力して業務フロー図テンプレートを作成します。

Miro の業務フロー図テンプレートを活用するメリット

Miro の業務フロー図テンプレートを活用することには、いくつかのメリットがあります。

これらのメリットを以下で見ていきましょう。

業務への理解が深まる

Miro のテンプレートを使って業務フローを整理することで、業務への理解を深めることができます。そのため、新入社員や新しいプロジェクトメンバーが参加した際に、業務フロー図を見るだけで、すぐに業務の全体像や各担当者を把握できるようになります。

PDCA が回しやすくなる

PDCA は業務を改善する上で重要なサイクルとなります。そのため、業務フローを可視化できていれば、どのプロセスでどのくらいの工数がかかっているのか理解でき、コスパの悪い業務を洗い出すことが可能になります。

他の部署との連携強化に活躍

Miro の業務フロー図テンプレートは、他部署との連携の強化に活躍するツールでもあります。業務フロー図を作成することで、業務の流れや進捗に対しての認識を共有しながら業務を進めることができるので、連携体制を作ることができます。

業務の引継書としても役立つ

業務フロー図テンプレートを使って業務プロセスや業務内容を整理管理しておくことで、担当者が変わった時などに引継書として共有することができます。そのため、研修のコストも削減することができ、新人でもベテランのように業務をスムーズに進められるようになります。

誰でもすぐに編集ができる

Miro の業務フロー図テンプレートは、とてもシンプルなフォーマットで設計されています。そのため、オンラインツールや業務フローの作成が初心者の方でもお手軽にわかりやすい業務フロー図が作成できます。図の作成をさらに効率化するためのツールやデザインもそろっているので、ぜひお試しください。

業務内容に合った共有オプションが選べる

プロジェクトチームや部署、クライアントによって情報の共有の仕方は変わってくると思います。Miro では共有ボタン、ボードリンク、PDF・画像ファイルでダウンロード、外部アプリへの埋め込みなど、業務内容に合った図の共有オプションが選択できます。

イノベーションワークスペースである Miro ではフローチャート作成ツールフローチャートテンプレートを使って業務フロー図を作成することができます。

アカウント作成も無料なので、ぜひ Miro をお試しください。

業務フロー図テンプレートよくある質問

業務フローとフローチャートの違いは何ですか?

業務フロー図とフローチャートは、よく同一の流れ図であると認識されがちですが、図の構造に違いがあります。フローチャートは、プロセスや仕事の流れを表す図であり、より視覚的に情報を整理しているのが業務フローというわけです。

業務フロー図の作成におすすめのツールはありますか?

一般的に業務フロー図は、Excel(エクセル)や PPT(パワーポイント)、Word(ワード)を使って作成されることがありますが、インターネット上には業務フロー図をより直感的に作成できるテンプレートやアプリが提供されています。チームの規模やニーズ、提供されている機能やテンプレートの数を考慮して、自社に合ったツールを選ぶようにしましょう。

業務フローを作る目的は何ですか?

業務フローを作ることで各業務の担当者や部署を明記することができます。そのため、業務の流れや業務ごとの相互関係が理解しやすくなります。各担当者や部署も、業務内容を共有されていることにより、連絡が必要な時に誰・どの部署に連絡すべきか分かるので、プロジェクトをスムーズに進められます。

業務フロー図テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
user-interview-thumb-web (1)
プレビュー
ユーザーインタビュー用テンプレート
Google Open Cloud-thumb-web
プレビュー
Google Cloud アーキテクチャ図テンプレート
azure-demand-forecasting-thumb (5)
プレビュー
Azure アーキテクチャ図テンプレート
Kubernetes-thumb-web
プレビュー
Kubernetes アーキテクチャ図テンプレート
Annual Calendar Thumbnail
プレビュー
年間カレンダーテンプレート
Kubernetes-2-thumb-web
プレビュー
Kubernetes アプリケーションテンプレート