event-planning-web

イベント計画用テンプレート

重要なイベント要件を簡単かつ手軽に描き出すことにイベント計画用テンプレートを活用しましょう。

イベント計画用テンプレートについて

重要なイベントの計画のサポートには、ぎりぎりまで柔軟に変更に対応できるイベント計画用テンプレートが必要です。さまざまなチームが、随時多くの不確かな要素を調整しています。

イベント計画用テンプレートを使用すれば、マクロレベルで自由に計画を立てることができるので、イベント日時がどれくらい近づいているかによって、チームはこのテンプレートを使うのが便利だと気付くでしょう。その特別な日までのタイムラインがせまるにつれて、より詳細な、マイクロレベルの情報を取得することができます。チームであらゆるオプションについて考えてみましょう。一緒に最高の仕事を遂行するために、全員が必要な詳細情報をすべて把握していることを確認します。

イベント計画用テンプレートの詳細については、引き続き以下をお読みください。

イベント計画用テンプレートとは?

製品発売、完全リモート会議、マイルストーンイベントを計画している場合でも、イベント計画用テンプレートは、視覚的なチェックリストとしての役割を果たし、その特別な日までに検討する必要がある詳細事項をすべてマッピングします。

マーケティング計画からアジェンダ、ゲストへの軽食やみやげ品などさまざまなセクションをマッピングすることで、チームは、自分の業務にとって最も重要な内容に集中し、複数部門間にまたがる作業が生じた場合は、必要に応じてコラボレーションすることができます。イベント計画用テンプレートは、イベントのクリエイティブで戦略的なビジョンが詳細事項に埋もれてしまわないようにする適応性の高い方法です。

イベント計画用テンプレートの活用方法

イベントの目的、イベントで達成したいこと、どんな計画リソースが利用できるかについてチームでブレインストーミングした後、イベント計画用テンプレートに取り掛かりましょう。

多くのユーザーにとって大規模な数日間に及ぶイベントでも、イベント計画用テンプレートは 1 ページに制限します。これにより、関係者全員に対して透明性を高め、最後までやり遂げることを促進します。

イベント計画用テンプレートは、イベントの「前」段階だけのものではありません。またこれを使用して、後でイベントのさまざまな機能を評価することもできます。また、リアルタイムのイベントが終わった後でも、やりとりを継続させるために一連のイベント後のコンテンツを公開することもできます。

イベントの成功を定義するのにどの指標を使用するかについてチームで考えてみましょう。おそらく指標は、チケット販売、出席記録、スピーカーやゲストからのフィードバック、またはイベント計画やプロセスのレビューや評価などになると思いますが、何が有効だったか、また何を改善できるか確認しましょう。

イベント計画用テンプレートの作成

Miro のシンプルなテンプレートを使用すれば、イベント計画をカスタマイズするのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、チームと作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まずイベント計画用テンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

  1. 目標期日を決める。

  2. 週間カレンダーや月間カレンダーを活用して、イベントを設定するのに最適な時期やその希望期間を把握します。

  3. スペース要件を確認する。

  4. イベントがオンライン専用の場合、地理的な障害はないかもしれません。しかし、それでもタイムゾーンやキャパシティは検討する必要があります。現実的に、リアルタイムで一度に何人のユーザーをもてなすことができますか?

  5. マーケティングやプロモーションを計画する。

  6. イベントについてどのように周知しますか?どのデジタルチャネルやコミュニティを利用して、重要な詳細事項の最新情報を提供しますか?マーケティングやコンテンツの専門家に頼り、ユーザーが認識し、興味を持つような現実的なシーケンスをマッピングして、当日に表示されるよう尽力することを促します。

  7. イベントスケジュールをマッピングする。

  8. 当日は、イベントがどのように進んでいきますか?キーノートスピーカー、ワークショップファシリテーター、その他の役割を誰が担当しますか?スケジュールをモックアップし、誰がスピーチするか、休憩時間に計画されたエンターテイメントやその他の重要な情報などをアジェンダやコンテンツのセクションで指示しましょう。

  9. 飲み物、軽食、イベントグッズなどその他のことを計画する。スポンサーに、スピーカーや参加者が持っておくことができるカスタム品を郵送してもらいますか?できるだけ早くここでオプションを検討し、記憶に残るイベント体験を追加します。

イベント計画用テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Porters Five Forces Thumbnail
プレビュー

5 フォース分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, マーケットリサーチ

5 フォース分析は、ハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・ポーター氏が最初に開発しものです。これは、チームが利用できる最も一般的で高く評価されたビジネス戦略ツールの 1 つです。5 フォース分析を活用して、現在の競争力を評価し、どの市場に参入できるかを判断します。5 フォース分析には、供給企業の交渉力、買い手の交渉力、既存の競争企業間の敵対関係、代替品やサービスの脅威、新規参入業者の脅威が含まれます。

5 フォース分析テンプレート
Eisenhower Matrix Thumbnail
プレビュー

アイゼンハワーマトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Strategic Planning, Prioritization

膨大な To Do リストはありませんか?緊急性と重要性という 2 つの重要な要因に基づいて優先順位を付けます。これは、アメリカのドワイト・D・アイゼンハワー大統領に役立ちましたが、それはそのままユーザーにも役立ちます。この意思決定フレームワークでは、どこから手をつければいいのかや、その日の計画を立てる方法を把握するのに役立ちます。Miro のテンプレートを使用すれば、重要な 4 つの領域(実施する、予定する、任せる、実施しない)があるアイゼンハワーマトリクスを簡単に構築し、優先順位が変更されると、一日を通して再確認することができます。

アイゼンハワーマトリクステンプレート
Business Model Canvas Thumbnail
プレビュー

ビジネスモデルキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, アジャイル手法, 戦略プランニング

事業推進においてビジネスモデルを構築することは非常に重要なことです。ビジネスモデルキャンバスには、ビジネスモデルを構成する9つの要素がすべて含まれており、効果的なビジネスモデルや新規マーケット参入に必要な戦略構築に非常に便利なツールです。Miro のビジネスモデルキャンバステンプレートは、簡単に使用することができ、アイデアが湧き出すスペースを提供してくれます。

ビジネスモデルキャンバステンプレート
Balanced Scorecard Thumbnail
プレビュー

バランススコアカードテンプレート

活躍するシチュエーション:

オペレーション, 戦略プランニング, プロジェクト計画

チームの目標を明確にして、進捗状況を正確に測定します。意外に簡単そうに見えて、実はそうではありません。実際には、多くの企業にとってそれは根本的な課題となっています。そこでバランススコアカードが解決の役に立ちます。バランススコアカードは、一連の戦略マップを1つの画面、つまり信頼できる一箇所の情報源にまとめます。これにより、チームメンバーにタスクが割り当てられ、成功へと導きます。バランススコアカードをうまく活用すれば、戦略計画、戦略コミュニケーション、パフォーマンス報告という 3 つの重要な分野をにおいて改善見込むことができます。

バランススコアカードテンプレート
Brand Sprint Thumbnail
プレビュー

3 時間のブランドスプリントテンプレート

活躍するシチュエーション:

スプリントプランニング, ワークショップ, マーケティング

顧客が自社ブランドを信仰する以前に、チームが信じなければなりません。そこで、ブランドスプリントが驚異的な力を発揮します。Google Ventures のチームが普及させたブランドスプリントは、自社ブランドに関するさまざまなアイデアを分類し、価値やオーディエンス、特性、ミッションステートメント、ロードマップなど、ブランドの基礎となるビルティングブロックと方向性を合わせます。新たにブランドを立ち上げる場合でも、既存のブランドをリニューアルする場合でも、ブランドスプリントは会社の命名やロゴのデザイン、デザイナーの採用やマニフェストの作成などのトリガーイベントを行うのに適しています。

3 時間のブランドスプリントテンプレート
Meeting Reflections Thumbnail
プレビュー

会議のふりかえり用テンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ブレインストーミング

多忙なスケジュールになると、「実践による学習」が、デフォルトの学習方法になります。そのため、チームは、ふりかえりや聞き取りといった他の重要な方法によって学習する時間を作ります。「学習者」(チームの残りの他のメンバーと共有するチームメンバー)が主導する会議のふりかえりを使用すれば、チームメンバーはクライアントのビジネスや内部事業計画に関する新しい情報を共有し合うことができます。さらに、問題の解決手段を模索して、その解決手段の発見の参考になるであろう本やポッドキャストを他のメンバーと共有することもできるようになります。会議でのふりかえりは、異なる知識レベルにいるチームメンバーが、お互いの長所や専門知識を共有し高め合う機会として非常に役立ちます。

会議のふりかえり用テンプレート