user-flow-web

ユーザーフロー図テンプレート

Miroのユーザーフロー図テンプレートを活用して、webサイト上でのユーザー体験の改善を行いましょう。webサイト上の各ページで、ユーザーが体験する要素を見える化することで、改善すべき点が明確になり、イノベーションに溢れたソリューションの創造につなげましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

ユーザーフロー図テンプレートとは?

ユーザーフロー図はwebサイト上の各ページでユーザーが体験する要素を見える化することができるフロー図(フローチャート)です。

ユーザーフローを見える化することにより、webサイトの構成やアプリの機能を基礎とし、サイトの各ページ上でのユーザーの行動、意思決定プロセスを予測することが可能です。

さらに、ユーザーインサイトの分析を深めることにより、サービス改善が必要な箇所を特定しやすくなります。

ユーザーフロー図テンプレートは、ユーザーが目的のページに辿り着くまでのプロセスを簡単に図解できるように、フォーマットが用意されています。

スクリーンのサンプル画面やボタンが入る位置など、自由にカスタムしながら組み立てていくことが可能です。

こんな人におすすめ

ユーザーフロー図テンプレートは、UXデザインチームやプロダクトチームなど、サービス向上のため、常にユーザーインサイトを収集している人にとって特に役立つツールです。

ユーザーの行動を可視化できるツールなので、マーケティングの意思決定者にとっても、サービス内でどこがユーザーコミュニケーションで重要なのかを知るヒントになるはずです。

ユーザーフロー図テンプレートの使い方

Miro のユーザーフロー図テンプレートを活用することで簡単にユーザーフロー図の作成ができます。

1. ユーザー行動の開始点と到着点を明確にする

ユーザーがどのようにして自社のサイトにたどり着いたのか、ユーザーは何をゴールとして求めているのかを明確にしましょう。

例えば、オーガニック検索からサイトにたどり着いたのか、有料広告、ソーシャルメディア、紹介リンク、メルマガなど、この分析によりユーザーフロー図の開始地点を特定することができるようになります。

2. ユーザーが必要な情報を出す最適なタイミングを定義する

ユーザーの行動開始点と到着点が明確になったら、そのフローの中で、どのようなユーザーのニーズが発生し、サービスのタッチポイントを設計していくべきなのかを分析しましょう。

ユーザーが求めている情報が、適切なタイミングで表示された場合、ユーザーのコンバージョン率は大幅に向上します。

そのためも、ユーザーのインサイトを想定し、ユーザーフローの中でタッチポイントの洗い出しをすることが重要です。

3. ユーザーフローのマッピングとフィードバックをもらって改善する

ユーザーフロー図にタッチポイントを洗い出せたら、図形や矢印を追加して、ユーザーのステップを整理していきましょう。

ユーザーが最初のタッチポイントに到達した後の次のステップは何か?ユーザーが目的のページに到達するまでにかかるステップ数はどれくらいあるのか?などを整理します。

そして、ユーザーフロー図を完成させた後は、チームやクライアントに内容を共有し、フィードバックを得てさらにブラッシュアップを行いましょう。

Miro のユーザーフロー図を活用すれば、オンライン上でシェアしたり編集することが簡単に行えるため、最適なユーザーフロー図を効率的に作り上げることができるのです。

ユーザーフロー図と共に画面遷移図が web サイト上でのユーザー体験の改善によく使用されますが、あくまでユーザーフロー図は、ユーザーのサイト上での行動に焦点を当てているため、

サイトの構造やデザイン自体を表現したワイヤーフレームの画面遷移図とは少し用途が異なります。

この2つの図表を上手に使い分け、洗練されたサービスの提供を自社の web サイトで実現しましょう。

ユーザーフロー図テンプレートよくある質問

ユーザーフロー図を作るコツはありますか?

ユーザーフロー図の作成時は、自分自身やチームに以下のことを確認し、ユーザー視点でwebサイト上の行動をマッピングしてみましょう。 ・ユーザーは、どこで自社サイトを見つけるのか?(例:検索エンジン、有料広告、ソーシャルメディア、ブログなど) ・ユーザーが自社サイトに来るための目的は何か?(例:学習、情報収集、製品調査、製品購入など) ・サイトに来たユーザーが必要とする情報や製品を購入するための動機を与える要素は何か?(例:ポップアップ、関連ページ、CTAボタンなど) ・これらのユーザーの課題を解決するためにはどのようなコンテンツが必要か?(例:ブログ、ホワイトペーパー、ガイドなど) ・ユーザーが課題を解決する上で障害となり得る要素が存在するのか?(例:複雑すぎるサイトインターフェース、エラーページ、過剰な広告表示など)

ユーザーフロー図テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Prototype Thumbnail
プレビュー
プロトタイプテンプレート
User Story Map Framework
プレビュー
ユーザーストーリーマッピングテンプレート
cynefin-framework-thumb-web
プレビュー
クネビンフレームワークテンプレート
Cross-Functional Flowchart Thumbnail
プレビュー
業務フロー図テンプレート
SMART Goals Thumbnail
プレビュー
SMART 目標テンプレート
4Ps Marketing Mix Thumbnail
プレビュー
4P 分析テンプレート