low-fidelity-prototype-web

ローファイプロトタイプテンプレート

高レベルのデザインコンセプトを検証可能なものにしましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

ローファイプロトタイプテンプレートについて

ローファイプロトタイプは、製品やサービスの機能性を検討するために、製品開発チームや UX チーム が迅速なイテレーションとユーザーテストに焦点を当てて、将来のデザインに反映させるためのワイヤーフレームです。ウェブページやアプリ画面のブループリントとして使えるワイヤーフレームテンプレートをお探しですか?それなら、ローファイプロトタイプがお勧めです。

コンテンツ、メニュー、ユーザーフローをスケッチしたマッピングに重点を置くことで、デザイナーとノンデザイナーの両方がデザインとアイデア出しのプロセスに参加することができます。リンクされたインタラクティブな画面を作成する代わりに、ローファイプロトタイプは、ユーザー ニーズ、デザイナー ビジョン、関係者の目標の一致についてのインサイトに焦点を当てています。

ローファイプロトタイプの詳細については引き続き以下をお読みください。

ローファイプロトタイプとは?

ローファイプロトタイプとは、製品またはサービスの実用的な初期ビジョンとして機能します。これらのシンプルなプロトタイプは、最終製品と一部の機能しか共有していません。大まかなコンセプトの検証やアイデアの妥当性を確認するのに最適です。

また、ローファイプロトタイプは静的なスライドを一枚ずつスクリーンに写していくようなプレゼンテーションにもよく使われます。

各スクリーンは、スケッチやワイヤーフレームで構成され、シンプルなモノクロのイラストが描かれています。複雑なディテールの代わりに、各フレームにはダミーコンテンツやラベルが用意されています。

ローファイプロトタイプの活用方法

ローファイプロトタイプは、ワークフローやコンバージョンパスから、ビジュアル要素やウェブサイト エンゲージメントにいたる、デザイン要素ごとの検証に最適です。

プロダクトマネージャーや UX デザイナーは、次のような場合にローファイプロトタイプを使用することができます。

  • 製品テスト段階で行う設計変更を容易にします

  • ユーザーに、デザインではなく機能に対する率直なフィードバックを求めることができます

  • アイデアが機能しない場合に、デザインを手早く書き換えます

  • スケッチが翌日に届くようなことはないので、関係者からの生の声を聞くことができます

ローファイプロトタイプは、デザイン思考を求める声やリーンスタートアップ手法(チームがイテレーションする早期検証や最低限実行可能な製品ソリューションなど)の台頭と、ユーザー中心設計の協調性と応答性の高いアプローチによって一般的になっています。

ローファイワイヤーフレームの使い方

独自のローファイプロトタイプは簡単に作成することができます。Miro のワイヤーフレームツールは、ローファイワイヤーフレームを作成し、共有するには最適なキャンバスです。まずは、ローファイプロトタイプテンプレートを選択し、以下の手順に従って独自のローファイプロトタイプを作成しましょう。

  1. 目標を定めましょう。ユーザーに見せるコア機能を決定します。付箋に、ローファイプロトタイプに含める予定のコア機能を 2、3 件リストアップします。

  2. ユーザーとリソースに基づいてメソッドを定義します。ローファイプロトタイプにどの程度の詳細を含めるかは、次の 2 つの質問に対する答えによって決まります。どのようなタイプのユーザーがこのプロトタイプを試用するか(そして、どのようなフィードバックを彼らに期待するのか)。どのようなツールとリソースが利用可能なのか。

Adobe XD で作業している場合、Adobe XD プラグインを使用してアートボードを Miro のボードに追加し、Miro を使ったデザイン中にチームとコラボレーションすることができます。

  1. プロトタイプを実行しましょう。形や機能についてはあまり気にしないでください。ユーザーにテストしてもらいたいアイデアを出すことに集中しましょう。

  2. プロトタイプをテストしましょう。ユーザーにプロトタイプ プロジェクトの目的を理解してもらい、指摘をもらいましょう。テストユーザーが読めるように、プロトタイプのワイヤーフレームと一緒に短いウェルカム画面またはガイドを作成することもできます。一般的なフィードバックを求めることもできますし、知覚、反応、認識、競争上の優位性、利用目的の検討にプラスになるようなフィートバックを求めることもできます。

  3. プロトタイプのテスト段階から学び、それを繰り返しましょう。ユーザーフィードバックを集めて、その中から共通するものを見つけます。これらのインサイトを KJ 法で分析することによりパターンや類似性を見いだすことができます。必要に応じて、このユーザーとのテスト段階を繰り返すことできます。ユーザーフィードバックを取り込んだら、ローファイプロトタイプの作成に移行します。

Miro にはローファイプロトタイプを含む多数のワイヤーフレームテンプレートをご利用いただくことが可能です。プロトタイプの設計にこのワイヤーフレームを活用しましょう!

ローファイプロトタイプよくある質問
ローファイプロトタイプテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
crazy-eights-thumb-web
プレビュー
クレイジー 8 テンプレート
user-flow-thumb-web
プレビュー
ユーザーフロー図テンプレート
research-thumb-web (1)
プレビュー
リサーチ用テンプレート
research-thumb-web (1)
プレビュー
リサーチ用テンプレート
Kubernetes-thumb-web
プレビュー
Kubernetes アーキテクチャ図テンプレート
creative-brief-thumb-web
プレビュー
クリエイティブブリーフテンプレート