Website Wireframing

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレート

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレートを使用して、ウェブサイトの要素をマッピングし、ビジョンを実現しましょう。優れたユーザーエクスペリエンスを作成して、目標を達成することができます。

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレートについて

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレートは、各ウェブサイトのページの要素やフレームワークを視覚的に設計し、最高のプロトタイプを開発することができるシンブルで、効果的なツールです。多くの UX チームとプロダクトチームはウェブサイトワイヤーフレームを使用して、視覚的なデザイン、ユーザーフロー、ウェブサイト情報アーキテクチャの情報を共有することができます。

ウェブサイト用ワイヤーフレームの詳細に関しては引き続き以下をお読みください。

ウェブサイト用ワイヤーフレームとは

ウェブサイト用ワイヤーフレームは、構造レベルでウェブサイトを設計するツールの 1 つです。簡潔に言うと、ウェブサイト用ワイヤーフレームは、各ページのインターフェース要素を視覚的に示すためのウェブページの設計図のようなものです。

ワイヤーフレームは、ウェブページでイテレーションするための、迅速かつ安価でシンプルな方法で、クライアントやチームメンバーなどのプロジェクト関係者とのコラボレーションにワイヤーフレームを簡単に活用することができます。さまざまなウェブサイト用ワイヤーフレームのサンプルを使用してクライアントや関係者に提示すれば、多くの時間やリソースを費やすことなく、効率的に認識合わせができます。これにより、ユーザーのニーズや期待を確実に満たすことができるウェブサイトの構造やフローを構築することが可能になります。

ウェブサイト用ワイヤーフレームの使い方

チームはワイヤーフレームを使用して、ページのモックアップにコンテンツや機能を配置することができます。また、ユーザーのニーズ、ジャーニー、ナビゲーションをそのページにマッピングすることができます。

UX チームとプロダクトチームが、開発プロセスの早い段階でウェブサイトワイヤーフレーム用テンプレートを使用すれば、コンテンツを設計や追加する前に、メインページの構成が的確であることを確認することができます。この目標は、ページの表示について共通の理解を深めることであり、このプロセスでは、最終版に到達するまで、多くのウェブサイトワイヤーフレームが作成され、迅速にイテレーションすることができます。

ウェブサイトワイヤーフレームの作り方

ウェブサイトワイヤーフレームを作成するのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、この作成や共有に最適なキャンバスです。まずウェブサイトワイヤーフレーム用テンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

1. 目標を明確にする

ワイヤーフレームを開始する前に、チームに以下の質問を行いましょう。このウェブページを作成して、何を達成したいと考えていますか?このワイヤーフレームセッションから何を取得したいですか?

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレートで付箋に回答を書き留め、念頭に置いておきます。

2. ユーザーエクスペリエンスについて考える

ユーザーが製品と関わる場合、ウェブサイトのある個所から次の箇所へ移動することになります。UX デザイナーとして、その移動をできるだけスムーズで楽しいものにすることが目標です。個別の画面ではなく、ユーザーの操作について考えましょう。フロー用にデザインします。

自分に以下のことを確認します。この画面で何が重要なですか?ユーザーは、どのように操作する必要がありますか?

3. 早期にプロセスにコンテンツを含めるようにする

実際のコンテンツを使用すれば、対象のコピーがデザインに適合するかどうかを簡単に判断することができます。一般的に、実際のコンテンツではフィードバックの質は向上します。つまり、その過程において、後でデザインのイテレーションが少なく済むということです。

4. コメントを追加する

コミュニケーションは、思考プロセスを理解する上で重要なポイントです。ウェブサイト用ワイヤーフレームで視覚化した情報がすべてとは考えないで、ワイヤーフレームの各作成プロセスで収集したフィードバックをその都度反映していくようにしましょう。

ウェブサイト用ワイヤーフレームよくある質問

ウェブサイト用ワイヤーフレームの作成方法を教えてください。

Miro の既成テンプレートを利用してウェブサイト用ワイヤーフレームを作成し、ニーズに合わせてカスタマイズできます。ウェブサイトのワイヤーフレームを作成する際には、以下の 4 つの重要なステップがあります。それは、ウェブサイトのワイヤーフレームの目的を設定すること、ユーザーフローをデザインすること、イテレーションしプロトタイプを作成すること、そして試験運用することです。UX と UI リサーチに基づいて目標を設定し、ユーザーフローをデザインして、可能であれば早い段階でコンテンツを追加しましょう。次に、ウェブサイトのワイヤーフレームにコメントを追加してテンプレートをチームメンバーや開発に関わる担当者が理解できるようにします。その上でプロトタイプを作成し、試験的に運用してイテレーションしましょう。

ワイヤーフレームとはどのようなものですか?

多くの場合、ウェブサイトワイヤーフレームには、プレスホルダーとして複数のデザイン要素が含まれているため、この段階のデザイナーは、デザインの視覚的な側面ではなく、レイアウトやページの構成に集中することができます。ほとんどのウェブサイト用ワイヤーフレームには、カラーパレットも含まれています。

ウェブサイト用ワイヤーフレームは、いつ作成するべきですか?

ウェブサイト用ワイヤーフレームは、安価で簡単にビジュアルに取り組める上に簡単に変更できますので、デザインプロセスの初期段階で作成するのが最も望ましいでしょう。初期段階のウェブサイト用ワイヤーフレーム テンプレートは、レイアウトそのものに重点が置かれます。デザインやコンテンツは、ワイヤーフレーム プロセスの後半で実施されます。

ウェブサイト用ワイヤーフレームテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Annual Calendar Thumbnail
プレビュー
年間カレンダーテンプレート
Lean UX Canvas Thumbnail
プレビュー
リーン UX キャンバステンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー
プロダクトキャンバステンプレート
Infographic Thumbnail
プレビュー
インフォグラフィックテンプレート
user-flow-thumb-web
プレビュー
ユーザーフローテンプレート
research-topic-brainstorm-thumb-web
プレビュー
リサーチトピック ブレインストーミング テンプレート