Strategy Map

戦略マップテンプレート

戦略マップテンプレートを使用して、組織での重要な戦略目標を特定し、優先順位を付けましょう。戦略を一目で理解できるようにし、チームの前進を後押ししましょう。

戦略マップテンプレートについて

戦略マップは、ビジネスや組織の財務、顧客、内部プロセス、成長の視点など、様々な要素が連携する様を明示的な視覚情報として提供します。戦略マップによってビジネス全体の目標が伝えられるため、チームやマネージャーの連携強化に役立ちます。

戦略マップの詳細については、引き続き以下をお読みください。

戦略マップとは?

戦略マップは、組織の戦略や目標を視覚的に伝える手法です。戦略マップは、戦略全体をわかりやすく 1 枚の図にまとめられるように設計されています。

戦略マップを使用すれば、各チームや個人の目標と、全体的な戦略やミッションの方向性を合わせることが可能になります。戦略マップがあれば、チームは実行力のある適切な KPI を設定することができます。

戦略マッピングは、通常バランススコアカード(BSC)手法の一部とみなされ、チーム全体の目標を設定する戦略的な計画ツールです。

戦略マップを作成する 3 つのメリット

戦略マップを使用すれば、全体的な戦略や目標、達成に必要なステップについて、チームと組織の方向性を合わせることが可能になります。戦略マップはシンプルなので、すばやく確認でき、最優先事項を確認するのに最適な方法です。

一元化

戦略マップの大きなメリットの 1 つは、様々な視点、責任、目標をまとめ、わかりやすいビジネス戦略として一元化し、視覚化できる点です。これらの目標の多くのは明文化されない、もしくは非公式なままです。戦略マップを作成することで、目標もその達成に必要な手順も明確になります。

情報共有

目標や目的の策定後、戦略マップは様々な関係者やチームメンバーにそれらを伝えるというの重要な役割も果たします。戦略マップによって、確実に全員と目標を共有できるようになります。

ミッションとの整合性

最後に戦略マップを使用すれば、ビジネス全体の目標 / 目的と、各チームやメンバーの方向性を合わせることが可能になります。各メンバーは、自分の努力とチーム全体の努力の間の具体的な関連性を見いだせるため、コミットメントを維持することができます。戦略マップはその一助となることでしょう。

戦略マップテンプレートの活用方法

戦略マップの作成に決まったルールはありませんが、含めるべき重要な要素がいくつかあります。例えば、Miro の戦略マップテンプレートには、財務、顧客、内部プロセス、成長の視点が含まれており、これらのすべての領域の戦略を評価することができます。

以下では、戦略マップテンプレートを記入する方法をご紹介します。

ステップ 1:生産性と成長の視点を決定する

財務的な観点では、この 2 つの戦略はどのように両立するのでしょうか?ここで重要なのは、いかにしてビジネスを拡大しながら、コストを抑えることができるのか、ということです。

計画を策定し、追跡可能な目標を設定しましょう。それらは 2 つか 3 つ以内にとどめるようにしましょう。そうでないと、追跡することはもちろん関係者に伝えることも難しくなります。

目標を列挙し、関係者から賛同を得ましょう。目標が定まったら、戦略マップの各フィールドを埋めていきます。

ステップ 2:顧客の視点(製品の機能や要素、関係性、イメージ)

このフィールドでは、顧客が製品やサービスをどのように捉えているのかを十分に把握します。まだ市場にはないどのようなものを提供することができますか?競合製品とはどのくらい違いがありますか?

差別化において重要な要素と、最も重要な人である顧客にどのように役立ち、どのような影響を与えることができるのかを分析します。

ステップ 3:内部プロセスの視点(業務プロセスとイノベーション)

内部プロセスの視点とは、顧客管理から規制プロセスまで、社内の業務プロセスを深く掘り下げることを意味します。内部フローの効率化や、絶対的な顧客満足度にリーチするためのビジネスの取り組みを評価する非常に良い機会です。

ステップ 4:成長(リソース)の視点

提案した内容をどのように実現しますか?チームの育成、リソース、プロセスの改善において不足しているの何でしょうか?

どうすればチームの作業速度を上げ、全員のスキルや技術力を向上できるのか、時間をかけて考えましょう。

戦略マップを使用すれば、関係者が抱える、チームの役割 / 責任や、いつ戦略計画会議を行うべきかなどの疑問に答えることができます。戦略マップを活用して、次の四半期や来年の戦略を策定することもできます。戦略マップは、ブレインストーミングセッション、コラボレーション、トレーニング、フィードバックのための建設的な出発点であることを忘れないでください。

戦略マップテンプレートよくある質問

What are the four perspectives in a Strategy Map?

The four perspectives in a strategy map are: financial, customer, internal, and growth perspectives. Each of these key components analyses a different aspect of your strategy, and because they are divided this way, it’s easier for each team or department to see their role in it.

戦略マップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Strategic Diamond Thumbnail
プレビュー

戦略ダイヤモンドテンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Operations, Strategic Planning

重要な目標を達成するために、ほとんどの企業が一通り戦略を組み立てます。しかし、どのような要素を考慮して戦略を立てるべきなのでしょうか?戦略ダイヤモンドは、一貫性があるビジネス戦略を形成する要素の集まりです。これらの要素には、ターゲット、差別化要因、達成手段、実現ステップ、経済論理が含まれます。戦略計画の多くは、これらの要素のうち 1 つか 2 つにしか焦点を当てないため、ギャップが生じ、後のビジネスの支障となる恐れがあります。戦略ダイヤモンドを使えば、戦略計画に集中し、1 つや 2 つだけではない、すべてのビジネス要件を満たすのに役立ちます。

戦略ダイヤモンドテンプレート
Sitemap Thumbnail
プレビュー

サイトマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Mapping, Software Development, Diagrams

ウェブサイトの構築は複雑な作業です。多くの関係者が集まって、ページの構築、コンテンツの作成、要素のデザインなどを遂行し、ターゲットオーディエンスにサービスを提供するウェブサイトアーキテクチャを構築します。サイトマップは、ウェブサイトのデザインプロセスを簡素化するのに効果的なツールです。サイトに含める予定のコンテンツやデザインの要素を棚卸しすることができます。サイトを視覚化することで、オーディエンスに分かりやすいウェブサイトの各要素を構築 / 構成することができます。

サイトマップテンプレート
OKR Thumbnail
プレビュー

OKR テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, プロジェクト計画

明確性、焦点、構造は、会社の方向性や意思決定に自信を持つのに重要な要素です。OKR フレームワークは、それらを示すように設計されています。OKR(Objectives and Key Results:目標と重要な成果の略称)は、戦略的レベル、そして運用レベルの 2 つの主なレベルで取り組みを行い、組織のリーダーが戦略的目標を決め、重要な結果を四半期ごとに定義するのに役立ち、それがイニシアティブにつながります。そのように OKR を使用すれば、直面している最も緊急性の高い組織の問題に集中して解決することができます。

OKR テンプレート
App Dev Thumbnail
プレビュー

アプリ開発キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

Market Research, Product Management, User Experience

良質なアプリを構築するには、多くの人の参加や流動的な部分が必要だと気づいたことはありますか?プロジェクトマネージャーなら、気づいたことがあるはずです。幸いなことに、アプリ開発キャンバスがあれば、プロセス全体を見渡して最適化できるようになります。18 個のボックスが特徴で、それぞれのボックスがアプリ開発の重要な側面に焦点を当てており、全体像を把握できるようになります。そうすれば、プロセスを微調整し、開発過程で遭遇する可能性のある問題を先回りして考えることができます。その結果、プロセスがスムーズになり、より良質で安定した構造の製品が得られます。

アプリ開発キャンバステンプレート
Action-Priority-Matrix-thumb-web
プレビュー

アクション優先順位マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング

アイデアがリソースよりも多いと、チームでタスクの優先順位付けをするのが難しいことがあります。アクション優先順位マトリクスを使用してタスクに取り組む順序を選ぶことで、時間と費用を節約し、不要な作業に拘泥されないようになります。アクション優先順位マトリクスは、タスクを行うことの影響やそれを実行するのに必要な労力に基づいてタスクにスコアをつけられる、シンプルな図です。スコアを使用して各タスクを 4 つの領域(クイックウィン、重要プロジェクト、フィルイン、無駄なタスク)に置きます。

アクション優先順位マトリクステンプレート
Gap Analysis Thumbnail
プレビュー

ギャップ分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, 経営管理, 戦略プランニング

チームや組織の理想的な姿をイメージしてください。それを現状と比較しましょう。現状と理想的な未来とのギャップや、チームや組織の障害を特定したいとは思いませんか?もし特定したいのであれば、ギャップ分析を始めましょう。容易にカスタマイズ可能なこのテンプレートを使用すれば、目標の早期達成の障害物に対してチームを団結させ、目標を達成する計画を協力して策定し、組織の成長と発展を後押しすることができます。スキル、人材選定、ソフトウェア、プロセス、ベンダー、データなど特定の「ギャップ」に焦点を当てた分析が可能になります

ギャップ分析テンプレート