Technology Roadmap

テクノロジーロードマップ テンプレート

組織全体のテクノロジー採用計画を立て、戦略を策定しましょう。

テクノロジーロードマップ テンプレートについて

テクノロジーロードマップ(別名 IT ロードマップ)は、チームが利用可能なテクノロジーを示し、事前に計画された改善に焦点を当てます。ロードマップは、今後導入されるソフトウェアやプログラムだけでなく、徐々に廃止される技術ツールとのギャップや重複を特定することもできます。

チームリーダーは、まとまりのあるデジタル変換(またはタイムリーなアップグレード)に向けて戦略的な方向性を提供できるため、チームは競争力を維持するための関連技術を備えることができます。

テクノロジーロートマップの詳細については、引き続き以下をお読みください。

テクノロジーロードマップとは何でしょうか

テクノロジーロードマップは、「いつ・だれが・なにを・どのように」に基づくソリューションが、会社を前進させるという根拠を文書化するのに役立ちます。

実用的な観点から、ロードマップでは、どのような種類のツールにお金をかけるのが最善か、新しいシステムやプロセスを導入する最も効果的な方法は何か、といったことについても概説する必要があります。

ロードマップは、会社が必要とするテクノロジーと、長・短期のビジネス目標を戦略レベルで結び付けるのにも役立ちます。

テクノロジーロードマップには、通常以下のものが含まれます。

  • 会社やチームの目標

  • 新システムの性能

  • 各ツールのリリースプラン

  • 達成目標

  • 必要なリソース

  • 必要なトレーニング

  • 検討が必要なリスク要素または潜在的な障害

  • ステータスレポートのレビュー

テクノロジーロードマップの作成には、通常、複数のチームや関係者が関与します。彼らは、オペレーション、エンジニアリング、財務、販売 / マーケティング、法務に関する IT 部門から一般社員、プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャーなどで構成されます。

ロードマップは全員の認識を合わせ、導入に関連する様々なタスクや責任が、生産性にどのような影響を与えるかを理解することができます。

テクノロジーロードマップの活用方法

テクノロジーロードマップは、社内チームが、技術インフラと必要な変更を決定するのに役立ちます。また、開発プロセス全体を通じて、注力すべき技術の優先順位をつけて、賛同を獲得し、チーム間のコラボレーションをサポートすることもできます。

以下のようなサポートをチームが求めているときは、いつでもこのテンプレートを使ってください。

  • 会社が現在の IT 能力を明確にする

  • ビジネス目標と IT インフラの関連をマップ化する

  • 未解決な IT の課題を整理する

  • 陳腐化し、ほとんど使われていない技術や、アプリを整理してコストを削減する

  • テクノロジーを活用して生産性を向上させる

  • サイバーセキュリティを改善する

  • インフラの弱点を洗い出し、システム不具合を修復する

  • 全社的なデジタル変革に備える

テクノロジーロードマップは、タスクベースではなく、戦略ベースであることを念頭に置いてください。ロードマップは、ハイレベルな目標を設定し、一つ上のステップを目指す行動を促します。タスク管理は、必要に応じてチームのプロジェクトマネージャーに引き継ぐこともできます。

独自のテクノロジーロードマップを作成します

独自のテクノロジーロードマップは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、それらを作成し、共有するための最適なキャンバスです。まずテクノロジーロードマップ テンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従ってテクノロジーロードマップを作成します。

  1. 目標を明確にします。技術導入に必要な長・短期のビジネス目標を作成するよう、チームに呼びかけます。技術がビジネスの継続性にどのように貢献し、ビジネスの成長に併せてシステムをどのように拡張させていくのか、より深いインサイトを得ることができます。

  2. 新システムの機能を確認します。新しいシステムやプラットフォームを導入することで、どのような機会にアクセスできるかをチームに考えてもらいます。ビジネスを成長させるには、どのような拡張や強化を提供すべきなのでしょうか?

  3. リリースプランを更新します。リリースプランは通常、予測可能で、リリースの数カ月前に作成されます。また、直接関係するチーム以外も利用できる必要があります。リリースプランは、Miro のボードで組織全体と共有することも、PDF に変換してメールに添付することも可能です。

  4. 重要なマイルストーンを記録します。マイルストーンは、プロジェクトの成果を確認し、評価する重要な日付となります。マイルストーンの日付は、チーム全員が長期目標を理解し、導入後、技術導入の成否を追跡するのに役立ちます。

  5. 利用可能なリソースを追跡します。新技術の導入と既存システムの更新を同時に行う場合、費用、時間、人的資源を検討します。ロードマップを使用することで、チーム内で誰が誰に依存しているかが明確になり、目標達成に向けた作業が容易になります。

  6. 教育ニーズを特定します。社内チームや新メンバーが新しいソフトウェアに慣れる時間を用意します。効率化を考えたとき、生産性が期待するレベルに到達するまでには準備期間が必要な点に留意してください。

  7. リスク要因を洗い出します。新技術の導入時に起こりうる混乱、制限、課題を特定し、チームによる新技術導入の取り組みが成功するよう継続的にサポートします。

  8. ステータスレポートで継続的にチームに情報提供します。テクノロジーロードマップとステータスレポートを連携させることで、ロードマップの影響を受ける全員が、技術ベースの進歩を前に進めるためのマイルストーンや障害を把握することができます。

Technology Roadmap FAQ

When to use a technology roadmap?

Technology roadmaps can help internal teams decide their technical infrastructure and changes they need to make. They can also help you prioritize tech to focus on, get buy-in, and collaborate across teams throughout the development process. Use this template whenever you need to help your team: - Get a clear picture of your company’s current IT abilities - Map out relationships between business objectives and IT infrastructure - Address unresolved IT issues - Cut costs by getting rid of outdated or rarely used tech and apps - Increase tech-based productivity - Improve cybersecurity - Find infrastructure weaknesses and resolve system failures - Prepare for a company-wide digital transformation Technology roadmaps focus on identifying high-level goals and driving action toward next steps. Task management can then be handed over to the project managers on your team as needed.

テクノロジーロードマップ テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Sitemap Thumbnail
プレビュー

サイトマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

Mapping, Software Development, Diagrams

ウェブサイトの構築は複雑な作業です。多くの関係者が集まって、ページの構築、コンテンツの作成、要素のデザインなどを遂行し、ターゲットオーディエンスにサービスを提供するウェブサイトアーキテクチャを構築します。サイトマップは、ウェブサイトのデザインプロセスを簡素化するのに効果的なツールです。サイトに含める予定のコンテンツやデザインの要素を棚卸しすることができます。サイトを視覚化することで、オーディエンスに分かりやすいウェブサイトの各要素を構築 / 構成することができます。

サイトマップテンプレート
low-fidelity-prototype-thumb-web
プレビュー

ローファイプロトタイプテンプレート

活躍するシチュエーション:

デザイン, デスクリサーチ, ワイヤーフレーム

ローファイプロトタイプは、製品またはサービスの実用的な初期ビジョンとして機能します。これらのシンプルなプロトタイプは、最終製品と一部の機能しか共有していません。大まかなコンセプトの検証やアイデアの妥当性を確認するのに最適です。ローファイプロトタイプは、製品やサービスの機能性を検討するために、製品開発チームや UX チーム が迅速なイテレーションとユーザーテストに焦点を当てて、将来のデザインに反映させるためのものです。コンテンツ、メニュー、ユーザーフローをスケッチしたマッピングに重点を置くことで、デザイナーとノンデザイナーの両方がデザインとアイデア出しのプロセスに参加することができます。リンクされたインタラクティブな画面を作成する代わりに、ローファイプロトタイプは、ユーザー ニーズ、デザイナー ビジョン、関係者の目標の一致についてのインサイトに焦点を当てています。

ローファイプロトタイプテンプレート
Kubernetes-2-thumb-web
プレビュー

Kubernetes アプリケーションテンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, ソフトウェア開発

Kubernetes アプリケーションテンプレートを使用すれば、企業向けにコンテナ化されたアプリケーションをより適切に管理できます。ポータビリティ、ライセンス、統合課金の処理に対するチームのアジリティを高めることができます。Kubernetes アプリケーションテンプレートは、どこでもデプロイを実行できるため、アプリケーションの管理が容易になります。まずはお試しはいただき、あなたやあなたのチームにとって最適な選択肢かご確認ください。

Kubernetes アプリケーションテンプレート
product-market-fit-canvas-thumb-web
プレビュー

プロダクトマーケットフィット(PMF)キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, 戦略プランニング, プロダクト管理

プロダクトマーケットフィット(PMF)テンプレートは、プロダクトチームが、製品デザインを提供して、顧客や市場のニーズを満たすのに役立ちます。このテンプレートでは、製品を 2 つの側面から見ていきます。1 つは、製品がユーザーのニーズにどう適合するか、そしてもう 1つは、完全にデザインされた製品が、市場の状況にどう適合するかを確認します。こうした指標を組み合わせることで、顧客が製品を使用し希望する方法から市場需要まで、製品を総合的に理解することができます。顧客と製品品質を並べて比較することで、ユーザーは、製品分野や重要な指標をより深く理解する必要があります。

プロダクトマーケットフィット(PMF)キャンバステンプレート
Product Roadmap Basic-thumb-web
プレビュー

製品ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

プロダクト管理, ロードマップ

製品ロードマップは、製品の今後のビジョンや進捗状況の共有に役立ちます。これは、戦略や優先順位に関して、管理者層、エンジニアリング、マーケティング、カスタマーサクセス、営業などのチームや重要な関係各所との認識を合わせるのに適した重要な資産です。製品ロードマップを使用することにより、今後のプロジェクト管理方法についての情報共有や、新しい機能や製品目標の詳細、新製品のライフサイクルの説明を行うことができます。製品ロードマップは、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできるフレームワークですが、通常、開発する製品や、開発時期、各プロセスの担当者や関係者に関する情報が含まれます。

製品ロードマップテンプレート
Bang for the Buck-web
プレビュー

バング・フォー・ザ・バック テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

名前の通りです。このアジャイルフレームワークは、プロダクトマネージャーと開発チーム間のコラボレーションに力をつけることで、効率を最大限に高めることに尽きます。プロダクトマネージャーと開発チームが共にプロジェクトアジェンダにある各 To Do リストを確認し、コストやメリットの観点から評価することができます。そうすることで、費やしたコストに対しどれだけの利益を上げられるかという点に基づいてタスクに優先順位をつけることができます。このテンプレートは、次回のスプリントに取り組むための戦略的な計画を立てようとするチームや組織に最適です。

バング・フォー・ザ・バック テンプレート