Stakeholder Map

ステークホールダーマップテンプレート

ステークホールダーマップテンプレートを使って、プロジェクトの関係者を把握してマップ化しましょう。こうすることで関係者の賛同が容易に得られ、目標を円滑に達成することができます。

ステークホールダーマップテンプレートについて

ステークホールダーマップは、プロジェクトへの影響力と関心の強さに応じて関係者をグループ化することができます。また、それらの関係者がプロジェクトにどのような影響を与えるのか、製品やアイデアにどのような関心を持っているのかを素早く把握することができます。

プロジェクトに影響力を持つすべてのキーパーソンとの関わり方と、コミュニケーションのとり方を計画し、管理し、把握するのに役立つステークホールダー分析テンプレートとは異なり、ステークホールダーマップテンプレートは、組織の階層構造だけをマップ化します。

ステークホールダーマップとは?

ステークホールダーマップは、製品、プロジェクト、アイデアに関心があるすべての関係者を 1 つの視覚領域に整理する手法です。これにより、プロジェクトに影響を与える関係者と、関係者それぞれの関係性を容易に把握することができます。

ステークホルダーマップは、プロジェクト管理で広く使われている手法で、通常はプロジェクトの開始時に実施されます。ステークホールダーマップをプロジェクトの早い段階で実施することで、ミスコミュニケーションの発生を防ぐことができます。また、すべてのグループの目的に対する認識を合わせて、成果と結果に対する期待値を設定することができます。

ステークホールダーマップが重要視される理由とは?

あなたは、今、新しく始めたプロジェクトを出来るだけ成功に導きたいとします。次のような質問が生まれてくることでしょう。誰をプロジェクトには参加させるべきか?誰に情報を提供し続けるべきか?質問や異議がありそうなのは誰か?

プロジェクトの開始時から、関係者マッピングを活用すれば、関係者の整理と積極的なコミュニケーションが可能になり、プロジェクトを前進させることができます。

ステークホールダーマップの 3 つのメリット

プロジェクトが明確に定義される

関係者は、プロジェクトの味方であるというだけでなく、プロジェクトを形作るのに役立つインサイトやアドバイスも提供してくれます。プロジェクトの開始時から様々な関係者が参加してくれれば、プロジェクトを成功に導くために、最適なアウトラインとプランの策定に貢献してくれることでしょう。

プロジェクトの初期段階で共通認識が構築される

プロジェクトの関係者が視覚化され、彼らが誰であるかを理解できれば、早い段階で彼らとコミュニケーションをとることができます。これにより、プロジェクトに対する共通の理解を深めることができます。関係者がプロジェクトのメリットを理解すれば、将来にわたってよき支援者でいてくれる可能性が高まります。

リソースの確保

関係者は、多くの場合、プロジェクトの財政面や必要なリソースの確保において重要な役割を担っています。関係者マップを使用することで、このような関係者をより迅速に特定することができます。

関係者マップの使用例

ステークホールダーマップテンプレートを使用すれば、プロジェクトに影響を与えるキープレイヤーを把握することができます。ここでは、様々なプロジェクトで重要な役割を担う関係者の例を 3 つ挙げます。

プロダクト ローンチ(ソフトウェア)

ソフトウェア製品の市場展開においては、次に示すポジションを関係者としてプロジェクトに参加させます。

  • プロダクト マネージャー

  • 開発者

  • マーケティング担当

  • エグゼクティブスポンサー

  • 設計担当

組織内のチームが互いにどのように依存しているか、製品ローンチのどの段階で誰とコミュニケーションをとるべきか把握しておくことは非常に重要です。エグゼクティブスポンサーから賛同を早い段階で得ることは重要ですが、彼らは、プロダクト マネージャーのように製品開発に関わる詳細な情報を知る必要はありません。

このように、関係者を予めマッピングしておけば、全員の認識を合わせて、プロセスとプロジェクトの進捗を加速させることが可能になります。

公共機関のプロジェクト

公共機関では、次に示すような組織内 / 外の様々な関係者と協働することになります。

  • ビジネスグループ

  • 選挙で選ばれた代表者

  • 地方議会

  • 裁判所

  • 労働組合

  • メディア

ここで重要なのは、組織内 / 外の関係者にどのようにして優先順位をつけるのかということです。ここで明確なメッセージを発信することも重要です。早い段階で関係者の賛同が得られれば、プロジェクトを軌道に乗せることができます。ステークホールダーマップのより詳しい使用方法については、「関係者マッピング完全ガイド」をご確認ください。

関係者マップテンプレートよくある質問

関係者マップを作成する方法を教えてください。

まず、プロジェクトの開発やアイデアに関わりのある関係者を特定する必要があります。その後、Miro の関係者マップテンプレートを利用し、階層や部門に応じて関係者を整理してマップにリストアップします。そうすることで、関係者間のつながりを見ることができます。あらゆるメンバーについて考え、プロジェクトに貴重なインプットを提供してくれるようなメンバーも加えるようにしましょう。

関係者マップに必要なものは何ですか?

関係者マップには、プロジェクトに関与する人々、プロジェクトに利害関係のある人々、そしてプロジェクトを承認する人々が含まれます。内部と外部の関係者と、プロジェクトの進展について知らされるべき人々や意見を聞くべき人々が含まれる場合もあります。

関連テンプレート
euler diagram template
プレビュー

オイラー図テンプレート

活躍するシチュエーション:

Business Management, Operations, Diagrams

オイラー図は、円もしくは「セル」を使用して、対象間のさまざまな関係性を示すのに大いに役立ちます。オイラー図は、ITシステムで多く活用され、対象物の相互関係性とその作用性を明確にします。それ以外にも、オイラー図を利用すれば、関係性を見出す必要のあるいずれの事柄も説明可能になります。

オイラー図テンプレート
one-on-one-meeting-thumb-web (1)
プレビュー

個別ミーティング用テンプレート

活躍するシチュエーション:

ミーティング

マネージャーとその従業員間の関係を構築する場合、個別ミーティングが驚異的な力を発揮します。確認、フィードバックの提供、問題の解決を行うため、フォーラムやスペースを作成します。しかし、生産性が高い個別ミーティングを行うには、事前に準備する必要があります。このテンプレートを使用すれば、会議の目標、アクションアイテム、議題、質問を大まかにレイアウトした議事議を簡単に作成できます。このような質問は、「今週何を達成したか?」といった短期的なものから、「職場で学習し、成長しているように感じているか?」といった長期的なものにまで及ぶ傾向があります。

個別ミーティング用テンプレート
UML component diagram
プレビュー

UML コンポーネント図テンプレート

活躍するシチュエーション:

ソフトウェア開発, マッピング, 図表作成

コンポーネント図テンプレートを使用して、システムの物理的なコンポーネントがどのように構成され、配線されているかを表現しましょう。システム実装の詳細を可視化し、計画された開発がシステムのニーズにマッチしていることを確認するなど様々なシチュエーションで活躍します。

UML コンポーネント図テンプレート
Go to Market Strategy Thumbnail
プレビュー

GTM 戦略テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, 戦略プランニング

どれだけ革新的な新製品であっても、見込み客の注目を集められなければ軌道に乗ることはありません。そこで登場するのが GTM 戦略です。GTM は、ビジネスプラン、ターゲット層、マーケティングアプローチ、販売戦略などに関するすべてのリサーチ、インサイト、データを一元化した単一リソースです。GTM は、成長速度が速く、即決と完全な同調性が必要なスタートアップ企業で特に力を発揮します。

GTM 戦略テンプレート
Whats on your Radar Thumbnail
プレビュー

優先順位付けレーダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

Business Management, Operations, Strategic Planning

タスクの量が多くなってくると、管理するのが難しくなり、チームメンバーにストレスを生じさせてしまうことがあります。また、タスクの過剰な数により、どのタスクから処理するべきなのかにおいて混乱を発生させることもしばしばあります。レーダー表示とは、重要性や関連性に応じて構想を膨らませる思考エクササイズです。デザイナーやチームは、レーダー表示を使用して、自分たちのアイデアが指定プロジェクトの対象になっているかを確認することができます。また、特定のソリューションが当面の問題を解決できるかどうかを評価する方法も利用しています。しかし、デザイナーではない場合でも、この方法を使用すれば、優先順位を割り当て、実際にアイデアを生み出すことができます。

優先順位付けレーダーテンプレート
Job Map Thumbnail
プレビュー

ジョブマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

デザイン, デスクリサーチ, マッピング

顧客に対する理解を深めたいですか?そのためには顧客の視点で物事を捉えることが必要です。彼らの達成すべき「ジョブ」を特定し、どのような要因が、提供する製品やサービスを「採用」または「不採用」するのかを調べましょう。UX(ユーザーエクスペリエンス) リサーチャーにとって最適なジョブマッピングは、「ジョブ」をステップごとに分解し、ジョブマッピングを段階的に捉える視点を与えてくれます。これにより、最終的にユニークかつ有用で、競合製品とは一線を画した商品を提供することができます。このテンプレートを使用することで、詳細かつ包括的なジョブマップを簡単に作成することができます。

ジョブマップテンプレート