Ideas Parking Lot Matrix

パーキングロットマトリクステンプレート

アイデア、本題から外れた話題、その他の議論を管理することにより、チーム会議に集中できます。

パーキングロットマトリクステンプレートについて

アイデアのパーキングロットマトリクス(「アイデアの壁」とも呼ばれる)は、会議中に生まれた、さらなる調査や議論が必要なアイデアおよび問題を蓄積しておくことができます。

大きなアイデア、進行を妨げるトピック、関係のない余談は、会議が終わるまでに解決できないかもしれません。ワークショップや会議中に、パーキングロットフレームワークの使用をチームに打診してみましょう。民主的なアプローチを使用するなら、会議に貢献した全員がこの資料の所有権を有することになります。

各チームメンバーは、懸念事項があれば指摘することができます。会議の主題が片付いてから、優先順位が付けられるパーキングロットフレームワークのアイデアには順位を付けて、前回の会議以降のアイデアの進捗について話し合うことができます。

アイデアのパーキングロットマトリクスの詳細については、引き続き以下をお読みください。

アイデアのパーキングロットマトリクスとは?

パーキングロット マトリクスは、ワークショップや長時間に及ぶ会議に使用される会議進行ツールで、本題からの逸脱や無関係のトピックを切り離し、次のステップとするべき実用的なアイデアを決定するものです。議論したいアイデアをパーキングロットマトリクスに追加することで、チームでの議論に一貫性を持たせることができ、全員の考えや会議への貢献度を管理することができます。

パーキングロット マトリクスは、本題から逸れる、または曖昧で変更があるかもしれないアイデアを提案する可能性があるチームメンバーがグループにいる場合、特に便利です。アイデアや考察を「一時退避」させて価値あるインサイトを集め、議論する適切なタイミングや状況に備え、優先順位付けや必要に応じて再確認できます。

パーキングロットマトリクスの作り方

独自のアイデアのパーキングロットマトリクスを作成することは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、アイデアのパーキングロットマトリクスを作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まずは、アイデアのパーキングロットマトリクスを選択し、以下の手順に従って独自のマトリクスを作成しましょう。

1. 会議中は主題に集中します。

事前に決めた主題に集中しましょう。誰かが別の話題や無関係なアイデアを話し始めた場合は、それを付箋紙に書き出すよう促します。彼らのアイデアを記録することで、その価値は理解しているが、現在の話し合っている内容ほど緊急性がないことが伝わるはずです。

2. 質問リスト、無関係な余談、後から確認が必要なアイデアを蓄積します。

チームは、Tab キー(または「Command + D」ショートカットキー)を使用し、付箋紙を必要なだけ追加して、手早く簡単にアイデアを書き出すことができます。「議論するアイデア」は、最も重要なコンセプトや懸念事項に集中します。気になること、後で検討すべきこと、余談など、誰もが自由にアイデアをバーキングロットに追加することができます。

3. フォローアップが必要なチームのアクションアイテムを明確にします。

関連性のある付箋の内容はチームメンバーが管理するアクションアイテムに移行させ、現実的なタイムラインを作成して進捗を報告します。こうすることで、すべてのアイデアを一度に解決 / 完結しようとせずに、今後の To-Do に焦点を当てることができるため、会議を予定通りに進めることができます。

4. フォローアップ会議の開催計画を立てましょう。

パーキングロットマトリクスは、今後のリサーチ、議題、会議のための行動計画となります。思い付きを具体的な価値に変えるための指針となるのがこのフレームワークの理想です。次のチームの再グループ化の際にマトリックスを取り込みましょう。これにより、全員の考えを整理し、次の計画を軌道に乗せるための準備ができます。

パーキングロットマトリクステンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Impact Effort Matrix Thumbnail
プレビュー

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 戦略プランニング, 優先順位付け

成長中の組織では、非常に多くの To Do を抱えており、たったの 1 日(あるいは大きなローンチ前の数週間だけ)でそのすべてをこなさなければいけないことがあります。そこで登場するのがインパクトエフォートマトリクスです。これは、タスクに優先順位を付け、実行すべき価値のあるタスクを正確に把握するための簡単な視覚的ガイドを提供します。インパクトエフォートマトリクステンプレートを使えば、タスクを次の 4 つのカテゴリーに整理することができます。労力の少ないクイックウィン、長期的な効果が期待できるが労力を要するプロジェクト、労力は少ないが効果の低いフィルイン、時間がかかるが効果も少ないタイムウェイスターです。

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス
Card-Sorting-thumb-web
プレビュー

カード分類テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, UX Design, Brainstorming

カード分類は、デザインチームが通常使用するブレインストーミング手法ですが、どんなブレーンストーミングやチームにも適用可能です。この手法は、より効率的で創造的なブレインストーミングを促進するように設計されています。カード分類では、チームは、コンテンツ、オブジェクト、アイデアからグループを作成します。まず、ブレインストーミングのトピックに関連する情報が記載されたカードをラベル付けします。グループや個人として作業を行い、自分が分かるような方法でカードを分類し、短い説明を記載して各グループのラベル付けを行います。カード分類を使用することで、予想外ですが、有意義なアイデア間のつながりを形成することができます。

カード分類テンプレート
idea-funnel-backlog-thumb-web
プレビュー

アイデアファネルバックログ

活躍するシチュエーション:

Design, Brainstorming, Agile Workflows

アイデアファネルバックログは、バックログを視覚化し、上流に停滞するバックログの数を限定します。これにより、不要な会議や業務上のオーバーヘッドを発生させることなく、リスト上の項目に優先順位を付けることができます。アイデアファネルバックログを使用するには、ファネルを各フェーズに分けるか、ロードマップのように扱います。アイデアファネルバックログは、ロードマップとバックログを 1 つの分かりやすいハイブリッド モデルにして使用します。

アイデアファネルバックログ
Bang for the Buck-web
プレビュー

バング・フォー・ザ・バック テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

名前の通りです。このアジャイルフレームワークは、プロダクトマネージャーと開発チーム間のコラボレーションに力をつけることで、効率を最大限に高めることに尽きます。プロダクトマネージャーと開発チームが共にプロジェクトアジェンダにある各 To Do リストを確認し、コストやメリットの観点から評価することができます。そうすることで、費やしたコストに対しどれだけの利益を上げられるかという点に基づいてタスクに優先順位をつけることができます。このテンプレートは、次回のスプリントに取り組むための戦略的な計画を立てようとするチームや組織に最適です。

バング・フォー・ザ・バック テンプレート
Meeting Notes Thumbnail
プレビュー

議事録テンプレート

活躍するシチュエーション:

Business Management, Meetings

会議を成功に導くには(Miro を使えば確実に実行できます)、参加者の意欲を高め、素晴らしいアイデアを引き出し、意思決定が行う必要があります。一言も聞き逃さないよう、議事録テンプレートを使用して、チーム全員がアクセスできる場所でメモやフィードバックを一元管理します。会議開始前に記録係を指名し、話し合いのトピックを特定して、記録係が、参加者、取り上げた重要なポイント、意思決定を記録します。

議事録テンプレート
rosebud-thumb-web
プレビュー

バラ、トゲ、つぼみのふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

Agile Workflows, Retrospectives

バラ、トゲ、つぼみのふりかえりテンプレートを使って、シンプルながらも効果的なふりかえりを実行しましょう。ポジティブな成果や課題、将来の機会を特定します。

バラ、トゲ、つぼみのふりかえりテンプレート