Innovation Matrix-web

イノベーションマトリクステンプレート

イノベーションマトリクスを活用し、イノベーション戦略を策定、ビジネスを推進しましょう。

イノベーションマトリクステンプレートについて

ビジネスにおいてのイノベショーションを創出する方法をお探しですか?Miro のイノベーションマトリクステンプレートを使用すれば、ビジネス推進のための道筋を特定し、独自のイノベーション戦略を構築することができます。

ここでは、イノベーションマトリクスとは何か、そしてイノベーションマトリクステンプレートをどのように作成できるかを見ていきましょう。

イノベーションマトリクスとは?

イノベーションマトリクスとは、目標を基準にビジネスを革新する方法を視覚化するためのツールです。

スタートアップ企業やスケールアップ企業に関係なく、このマトリクスを活用すれば、新たなイノベーションの機会を発見することができ、イノベーションマネジメントを簡単に実行することができるようになります。イノベーションマトリクスは、イノベーションプログラムを発足する際のスタート地点としてよく利用され、デザイン思考の手法を用いた戦略がよく用いられます。

マトリクス自体は、テンプレートというよりフレームワークであり、様々なフォーマットが存在します。Miro のイノベーションマトリクステンプレートでは、ブレークスルーイノベーションや、持続的イノベーション、ベーシックリサーチ、ディスラプティブ(破壊的)イノベーションの4つの主要分野に焦点を当てています。これらについては、後で詳しく見ていきましょう。

イノベーションマトリクス活用のメリット

イノベーションマトリクスは、イノベーション戦略においてだけでなく、下記のメリットもイノベーションの創出においてもたらします。

  • 現在のビジネスモデルとプロセスにおける改善点の発見

  • 新製品やサービスの企画

  • すでに存在する製品やサービスの改善

  • ビジネスにおける新分野の開拓

  • ビジネス推進におけるリソース配分の見直しや改善

また、チーム単位でのタスクの進行状況やイノベーションプロセスの効率化にも役立ち、成長や、発展の鍵となる分野の概要をすべて1つのボードで管理することが可能です。

イノベーションマトリクスの作成について

Miro オンラインホワイトボードでは、チームで共有可能なイノベーションマトリクスを簡単に作成することができます。まずは、イノベーションマトリクステンプレートをボードに追加し、下記の簡単なステップに沿って作成・編集しましょう。

ステップ1:ビジネスの成長分野や新しいアイデアを発見するために「アイデア出し」から始めましょう。「アイデア出し」はブレインストーミング法の一種であり、ボード上にすべてのアイデアを追加し、イノベーションへのロードマップ作成に活用しましょう。

まず初めに、現在のビジネスモデルにおいて特に力を入れたい分野はあるか確認してみましょう。この情報をもとにアイデアを出し、練り上げれば、より焦点を絞ったマトリクスができあがることでしょう。

ステップ2:力を入れたい分野がわかった後は、マトリクス内でアイデアをカテゴリー別に分類していきましょう。上記でも少し説明した通り、Miro のイノベーションマトリクステンプレートは、ブレークスルーイノベーション、持続的イノベーション、ベーシックリサーチ、ディスラプティブ(破壊的)イノベーション(別称:ラディカルイノベーション)の4つの要素から構成されています。

アイデアをカテゴリー別にマトリクスに配置していきましょう。例えば、マーケットにまだ全く浸透していない革新的なアイデアを思いついた場合「ディスラプティブ(破壊的)イノベーション」のセクションにそのアイデアを配置しましょう。

ステップ3:次に、マトリクスを全体的に見直し、成長機会が最も大きな分野を特定しましょう。特定の際には、どのアイデアが最も効果的な結果を生むか、それを実現するためにどのようなリソースが必要かを把握することが大切です。

マトリクスの下半分は、すぐに成果が得られるものを示しており、残り半分は、実現までに多くの時間や資源が必要になるものを表しています。マトリクス上部に設置されているアイデアは、ビジネスに大きな革新をもたらし、ビジネスをさらに推進する戦略などで構成されています。

ステップ4:最後に、マトリクスから集めたすべての情報をもとに、イノベーション戦略を策定しましょう。イノベーション戦略では、設定した目標と測定基準、行動計画、そしてこの戦略においてのイノベーションがどのようにビジネスを推進するのかを説明しましょう。

イノベーションマトリクスの例

多くのビジネスでは、1つの製品だけでは持続的に利益を上げることはできません。例えば、Amazon では、オンラインショッピングサービスに加えて、オンラインストリーミングサイト「Amazon Prime(プライム・ビデオ)」を他のサービスとして提供しています。

同じような例を使って、イノベーションマトリクスを例示してみましょう。ここでは、製品開発においてのイノベーションマトリクスの活用事例を見てみます。

  • ブレークスルーイノベーション:常に変化する顧客ニーズに柔軟に対応するために、製品ラインナップを拡大しましょう。これに関する情報は、マトリクスの左上に設置されます。

  • 持続的イノベーション: マトリクスの右上のセクションに「持続的イノベーション」のカテゴリーがあります。このセクションには、競争要素があり、市場とのギャップを埋める新製品を記入しましょう。

  • ベーシックリサーチ:マトリクスの左下には、ベーシックリサーチのセクションが存在し、より高い価値を顧客に提供するための小規模かつ、すぐに実施可能な製品の改良案が記入されます。

  • ディスラプティブイノベーション: マトリクスの右下には、業界のトレンドに影響を及ぼし、まったく新しい市場を創造し得る可能性のあるアイデアや新製品が記入されます。

これは、製品開発マトリクスでも非常にハイレベルなものの例です。自身で作成されるマトリクスでは、発売すべき製品のタイプ、発売方法、クイックウィンの有無などについて、より詳細に説明することができます。

イノベーションマトリクスよくある質問

イノベーション・マトリックスの活用目的は?

イノベーションマトリクスは、企業が目標に基づいてさまざまなタイプのイノベーションを識別することに役立ちます。ある事業は製品開発に焦点を当てますが、別の企業は顧客サービスに焦点を当てるため、事業によって異なるイノベーション戦略を策定する必要があります。これらの戦略は、ビジネスがイノベーションプロジェクトで何を達成したいかにより、それを具体化するツールとしてイノベーションマトリクスがあります。

イノベーションマトリクスの種類は?

多数の種類のイノベーションマトリクスが世界には存在します。Miro のイノベーションマトリクステンプレートでは、必要に応じてコメントを追加したり、レイアウトの編集、テキストの更新をいつでも簡単にすることが可能です。

なぜイノベーション戦略が重要?

イノベーション無しでは、どんな企業も生き残ることができません。イノベーション戦力を導入することで、トレンドに適応することができ、常に時代の最先端を行く戦略を実施することが可能になります。変化する顧客ニーズに柔軟に対応し、競合他社に差をつけビジネスを推進させる方法を見つけましょう。

イノベーションマトリクステンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
prune-the-product-tree-thumb-web
プレビュー

製品ツリー管理テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design, Desk Research, Product Management

製品ツリー管理(製品ツリーゲームや製品ツリー優先順位付けフレームワークとも呼ばれる)は、プロダクトマネージャーが製品機能の要求を整理し、優先順位をつけるのに役立つビジュアルツールです。このツリーは、製品ロードマップを表し、顧客や関係者から集めたフィードバックの反映をゲーム化し、製品やサービスをどのように成長させ、形づくるかを検討する手助けとなります。一般的な製品ツリーは、4 つの象徴的な要素で構成されます。幹は構築中の既存製品の機能、枝は製品やシステムの機能、根は技術要件やインフラ、葉は製品機能の新しいアイデアを表しています。

製品ツリー管理テンプレート
Gantt Chart Thumbnail
プレビュー

ガントチャートテンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, マッピング, ロードマップ

「ガントチャート」は、プロジェクトの進捗状況を横軸と縦軸で現した図表であり、タスク内容や、担当者、完了日などを視覚的に管理することを可能にします。横軸は時間を示しており、縦軸はタスクや担当者などの詳細を示しています。また、Miro の無料で使用できるガントチャートテンプレートは、チームメンバーやプロジェクトメンバー間で簡単に共有できるため、コラボレーションに最適なツールです。

ガントチャートテンプレート
SMART Goals Thumbnail
プレビュー

SMART 目標テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

目標を設定することは、励みにもなりますが、圧倒されてしまうこともあります。目標達成に必要なすべてのステップを想定することは困難なため、大きすぎる目標を設定したり、達成が不可能な目標を設定してしまうことがあります。SMART は、成功に必要な目標を設定するためのフレームワークです。SMART は、Specific(具体性)、Measurable(測定可能性)、Attainable(達成可能性)、Relevant(妥当性)、Timely(時間制約性)の略です。これらの要素を念頭に置くことで、達成可能で明確な目標を確実に設定することができます。SMART モデルは、目標を設定するときにいつでも利用できます。また、目標の見直しや改善にも SMART を利用することできます。

SMART 目標テンプレート
product-development-roadmap-thumb-web
プレビュー

製品開発ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

ロードマップ, ソフトウェア開発, プロダクト管理

製品開発ロードマップは、コンセプトから市場投入に至るまで、製品を提供する際にチームが実施する必要があることすべてに対応しています。また、製品開発ロードマップは、ガイダンスとリーダーシップを提供するチーム連携ツールで、チームが集中して製品イノベーションのバランスを取り、顧客ニーズを満たすことができるようサポートします。製品開発段階に集中して時間をかけてロードマップを作成すると、チームは、ビジネスリーダー、デザイナー、開発者、プロジェクトマネージャー、マーケティング担当者、その他チームの目標達成に影響を及ぼす個人にビジョンを伝えることができます。

製品開発ロードマップテンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー

プロダクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, UX デザイン

プロダクトキャンバスは、製品がどんなもので、戦略的にどのように位置付けられるかを伝える、簡潔でコンテンツが豊富なツールです。プロジェクトキャンバスは、アジャイルと UX を組み合わせることで、ペルソナ、ストーリーボード、シナリオ、デザインスケッチ、その他の UX 成果物でユーザーストーリを補います。プロダクトキャンバスは、プロダクトマネージャーがプロトタイプを定義するのに役立つので、便利です。プロダクトキャンバスの作成は、見込み客、解決する必要がある問題、基本的な製品機能、検討する価値がある高度な機能、競争優位性、製品から得られる顧客の潜在的な利益を判断する上で重要な最初のステップです。

プロダクトキャンバステンプレート
heart-template-thumb-web
プレビュー

HEART テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Project Management, User Experience

HEART フレームワークは、Happiness(幸福)、Engagement(エンゲージメント)、Adoption(採用)、Retention(継続)、Task Success(タスクの成功)の5つの要素から構成されています。これらはユーザー体験の柱であり、HEART フレームワークが主要な指標として採用されている理由です。Google の研究チームが開発したこのフレームワークは、大企業に対して、大規模なユーザー体験を正確に測定する方法を提供し、製品開発のライフサイクルを通じて参照することができます。HEART フレームワークは 5 つの指標を使用しますが、すべてのプロジェクトでその 5 つが必要なわけではありません。代わりに会社やプロジェクトに最も有効なものを選ぶことができます。

HEART テンプレート