devops-roadmap-preview

DevOps ロードマップテンプレート

DevOps ロードマップを活用して、開発チームと運用チームを連携させ、製品を継続的に改善しましょう。継続的なインテグレーションによりイノベーションを活性化しましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

DevOps ロードマップテンプレートについて

DevOps ロードマップとは、開発チームと運用チームが携わる継続的なインテグレーションとデプロイメントに頼ってプロセスを実行するためのロードマップです。これにより、チームは、生産サイクル間の変動を少なくし、エンドツーエンドの製品サイクルを複数部門間で確認することにより、高いレベルのアウトプットを提供することができます。

DevOps 手法では、従来の「引継ぎ」による縦割り型の手法に従うのではなく、エンジニアリングチームとITチームが、ソフトウェアリリースサイクル全体の取り組みを共同で、連携して行うことを重視しています。

DevOps チームは、組織の体制を重視するのではなく、一連の原則(成長思考、価値のあるイノベーション、協力、実験、学習、ユーザーの共感)を促進することで、透明性の高い、協力的で、効率的な製品開発プロセスを構築することができます。

DevOps ロードマップの詳細については引き続き以下をお読みください。

DevOps ロードマップとは?

DevOps ロードマップにより、チームの儀式とツールを合理化して、四半期ごとにリソースを効率良く管理することができます。チームのリーダーやマネージャーは、ロードマップを使用して、オーバーヘッドを低く抑える新たな方法を生み出し、時間を費やす作業を削減することができます。チームがチャレンジし続け、モチベーションを保ってイノベーションを活性化する機会を見つけることが理想的です。

また、DevOps により、エンジニアと運用チームを同期させることもできます。チームはギャップを埋め、エンジニアと運用チームが開発し、顧客にリリースするものをまとめる責任があります。

ソフトウェア開発プロセス全体を通してコラボレーションすることで、開発者は、運用チームからのフィードバックに基づいて継続的にコードをイテレーションすることができます。アジャイル手法と同様に、DevOps プロセスは、プロセスに組み込まれた検証と調整の機会を増やすことで、チームの失敗や予期せぬ出来事を減らすのに役立ちます。

この DevOps ロードマップの特長は、以下をカスタマイズ可能なよう視覚化することす。

  • チームがデリバリーパイプラインと企業と顧客間の継続的なフィードバックループを定義する循環ワークフロー

  • 各スイムレーンに製品とプロジェクトを追加し、短期的な優先順位を示した四半期ごとの DevOps ロードマップ

  • チームが四半期ごとに進捗状況を把握するのに役立つ「今日」を動かすことができるプレースホースター

開発者とIT運用の情報を個々に分断せず、DevOps チームを構築すれば、組織は障害復旧の計画を立てることができます。また、DevOps ロードマップを共有して作成することで、拡張性に優れ、持ち運び可能な、安全性の高い製品を構築することができます。

DevOps ロードマップの活用方法

明確に定義された DevOps ロードマップを活用すれば、チームは共同作業を行うことができ、プロジェクトや製品が成功した時や障害が発生した時の学習機会を提供することができます。

また、DevOps ロードマップは、チームが以下のことを行うのにも役立ちます。

  • プロセス全体の具体的な内容を理解し、効果的に連携できるよう重要な日付やイニシアチブに関する開発や運用を調整する。

  • 優先順位と関係性を共有して時間を管理し、注意が必要なアイテムをチームが提供する時期を予想する。

  • ユーザーに定期的に情報を伝え、共有し、段階的に改善して、機能性を向上させることで、商品価値を継続的に高める。

また、視覚的資料として、DevOps ロードマップは、チームが中期的または短期的な優先順位を把握し、優先順位の変化に適応するのにも役立ちます。

ロードマップで各アイテムに優先順位を付けるには、以下のとおりに CAMS フレームワークを使用します。

  • 文化:

  • 互いの目標と責任を伝え、相互理解を促進する活動

  • 自動化:

  • チーム、プロセス、ツール全体にかかる時間、コスト、労力を節約しながら、継続的な提供やインテグレーションを加速させる活動

  • 測定:

  • 進捗状況や方向性を正しく測定するのに役立つ活動

  • 共有:

  • 透明性や公開性をサポートし、フィードバックループを締め、継続的な改善を促進する活動

最終的な目標は、責任を共有し、チーム全員の認識を合わせて、組織の進捗状況をサポートすることです。

DevOps ロードマップの作成方法

DevOps ロードマップを作成するのは簡単です。Miro のロードマップ作成ツールは、それを作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まず DevOps ロードマップテンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

  1. ロードマップの目標を明確に定義する

  2. ロードマップコンテンツを追加または編集する前に、チームがそれを必要とする理由を確認します。例としては、「エンジニアチームと運用チーム間の連携を促進する」、「DevOps 作業のため情報を一か所にまとめる」などが挙げられます。

  3. 短期的な目標や計画を具体的に設定する

  4. デフォルトテンプレートでは、Q1 から Q4 までの 1 年間が設定の対象となっています。しかし、前向きに考えるには 3 か月の計画を立てるのが良いでしょう。これ以上長くなると、DevOps ロードマップは、雑多で目標が定まっていないものになることがあります。

  5. 視覚的な手掛かりを使用してロードマップをより分かりやすくする

  6. このテンプレートでは、デフォルトで、「優先順位高」、「優先順位中」、「優先順位低」としてアイテムをラベル付けしています。また、CAMS 価値(文化、自動化、測定、共有)に応じて各アイテムを色分けすることもできます。

  7. ロードマップをエンジニアリングチームや運用チームと共有する

  8. 「メンバーを招待」をクリックして、DevOps ロードマップで共同作業する必要があるメンバー全員にアクセス権を与えることができます。また、Slack やメールでチームメンバー、クライアント、関係者を招待することもできます。

  9. 必要に応じて DevOps ワークフローを確認し、編集する

  10. 少し異なる DevOps ワークフローに従う必要があるかもしれません。

  11. ロードマップに製品やプロジェクトを追加するようチームに依頼する

  12. 各ロードマップオブジェクトは、CAMS 内で連携された原則に従って色分けされます。また、タグを追加して、優先順位の高いものから低いものまで、優先順位にフラグを付けることもできます。

  13. 必要に応じてロードマップを最新の状態に維持する

  14. 定期的なレビューセッションを設定して、計画変更に応じて DevOps ワークフローやロードマップの優先順位を調整します。また、同僚に DevOps ロードマップを自分で確認し、変更や優先順位を最新の状態に維持するよう促すこともできます。

Miro ではさまざまなニーズに対応するロードマップテンプレートを無料でご使用いただけます。プロジェトの計画や管理に Miro のロードマップテンプレートを活用しましょう。

DevOps ロードマップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
DAILY SCHEDULE -web-1
プレビュー
1 日のスケジュールテンプレート
DFD Maker Thumbnail
プレビュー
データフロー図テンプレート
Kubernetes-2-thumb-web
プレビュー
Kubernetes アプリケーションテンプレート
Project Charter Thumbnail
プレビュー
プロジェクト憲章テンプレート
SAFe Thumbnail
プレビュー
SAFe プログラムテンプレート
hiring-process-thumb-web
プレビュー
採用計画テンプレート