prune-the-product-tree-web

製品ツリー管理テンプレート

顧客や社内関係者からの製品機能の要求を整理し、優先順位をつけましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

製品ツリー管理テンプレートについて

ルーク・ホーマンによって作成された製品ツリー管理法(製品ツリーゲームや製品ツリー優先順位付けフレームワークとも呼ばれる)は、プロダクトマネージャーが製品機能の要求を整理し、優先順位をつけるのに役立つビジュアルツールです。このツリーは、製品のロードマップを表し、製品やサービスをどのように成長させ、形づくるかを考える手助けとなります。

製品ツリー管理の詳細については引き続き以下をお読みください。

製品ツリー管理とは?

製品ツリー管理を使用することで、製品管理チームは、顧客や社内関係者からフィードバックや意見をゲーム感覚で整理することできます。

一般的な製品ツリーは、4 つの象徴的な要素で構成されます。

  • 幹:チームが現在構築中の既存製品の機能を表しています。

  • 枝:主要な製品やシステムの機能を表しています(枝の「成長」を見越して図に余白を残すこともできます)

  • 根:機能の実現に必要な技術要件やインフラを表しています

  • 葉:製品機能の新しいアイデアを表しています

チームの議論や専門分野に合わせてオブジェクトを追加することもできます。例えば、木にぶら下げたリンゴで投資収益を表し、木の下の収穫用のカゴで優先順位の低いアイデアを表すことができます。

製品ツリー管理の活用方法

製品ツリー管理は、多忙なプロダクトマネージャーが、アジャイルスプリントや製品ロードマップの機能要求リストから機能を絞り込むのに役立ちます。

製品ツリー管理のような優先順位付けフレームワークを使用することで、定量的(数値ベース)な尺度から、定性的な尺度に焦点を移すことができます。プロダクトマネージャは、チームにこのフレームワークを使用させることで、顧客からのフィードバックや製品戦略に立ち戻るよう、促すことができます。

プロダクトマネージャーは、このゲームのようなフレームワークを使って、次のプロジェクトの検討に影響を与えるチームメンバー、関係者、顧客の数を明確にすることもできます。

独自の製品ツリー管理を作成します

独自の製品ツリー管理は簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、製品ツリー管理を作成し、共有するのに最適なキャンバスです。まずは製品ツリー管理テンプレートを選択し、以下の手順に従って製品ツリー管理を作成します。

  1. このゲームに慣れていないチームのために、ゲームのタスクを決めます。コンテキストが必要なメンバーのために、数分間練習してゲームのやり方を教えます。木に最も近い幹の機能は、短期的に優先する機能を表しています。枝の外側の機能は、長期計画上の機能を表しています。製品計画の機能に、短期、現在、長期の優先順位をつけることがこのゲームのミッションです。

  2. ツリーの各部分を成長させて、機能要求に優先順位をつけます。機能のラベルがついた主枝と側枝を 1 つの機能として付箋にまとめて書き出します。この工程をアイデア出しと混同しないようにしましょう。実現可能で望まれている機能に焦点を当てることが目的です。

  3. 木の各部分についてグループで話し合います。木が「葉」でいっぱいになったら、生産性に関して話し合うため、互いに質問します。重すぎる枝がないかお互いに聞いてみましょう。想定外の機能がないか、さらなるユーザー調査が必要な機能要件がないか、機能の実装に耐えうる木の根(インフラ)を有しているか、などの質問を尋ねることもできます。さらに検討が必要な機能を吟味するため、Miro ボード内の投票ツールを使った絵文字投票の利用も検討します。

  4. 優先順位をつけた結果を製品ロードマップに変換します。製品ツリー管理は、独立したフレームワークとして機能します。実施結果を製品ロードマップに変換して、四半期初めに注力する新機能として扱うことも可能です。

製品ツリー管理テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
RACI Matrix Thumbnail
プレビュー
RACI マトリクステンプレート
Action Plan Thumbnail
プレビュー
アクションプランテンプレート
meeting-thumb
プレビュー
会議テンプレート
cynefin-framework-thumb-web
プレビュー
クネビンフレームワークテンプレート
sailboat-retrospective-thumb-web
プレビュー
帆船テンプレート
Research Design Thumbnail
プレビュー
リサーチデザインテンプレート