Agile-roadmap-preview

アジャイルロードマップテンプレート

次のタスクやフローに影響を与えることなく、短期的な意思決定をしましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

アジャイルロードマップ テンプレートについて

アジャイル製品ロードマップは、製品が解決策になり、時間とともに進化する方法のためのアクションプランです。

アジャイル変換を通して組織にコーチングしたことがあるなら、チームは製品開発を軌道に乗せるためにアジャイルロードマッピングをすぐに試すことができるでしょう。

アジャイル 製品ロードマップは、機能やタイムラインではなく、日々の生産性に向けた望ましい目標や成果、コンテキストに焦点を当てています。多くのチームは、タスクに優先順位付けし、他のチームと連携するために、アジャイル製品ロードマップを視覚的資料として共有することがよくあります。

アジャイルロードマップの詳細については引き続き以下をお読みください。

アジャイルロードマップとは

アジャイルロードマップ(別名アジャイル製品ロードマップ)があれば、チームは製品戦略の実行可能性について熟考できるようになります。アジャイルロードマップは常に変化するので、市場競争が変わる時や、コラボレーション相手の部署や部門にバリュープロポジションや制約の形式で変化が見られるときには、調整することができます。

製品が時間の経過とともに進化する過程を表すストーリーを伝える方法として、ロードマップを活用しましょう。売り込みしすぎずに賛同を得て、ロードマップをシンプルで実行可能、そして測定可能なものにします。

アジャイル製品ロードマップは、製品ビジョンや望ましい顧客成果についてコミュニケーションを図るための、より効率的な方法だと言えるでしょう。

アジャイルロードマップの活用方法

プロダクトオーナーやマネージャー、アジャイルスクラムマスターは、アジャイルロードマップを使用してチームと連携し、進捗状況を把握し、プロダクトバックログに優先順位付けし、内部関係者と外部関係者の両方に変更点を随時連絡することができます。

アジャイルロードマップとプロダクトバックログを組み合わせて、差し迫ったニーズ(デリバリーメソッド)と全体像(戦略)を考えることができます。どちらのテンプレートも、一方をもう一方に置き換えて利用するのではなく、目標を設定し成果を定義する際に並行して活用することが可能です。

アジャイルロードマップの作成

アジャイルロードマップを作成するのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、この作成や共有に最適なキャンバスです。まずアジャイルロードマップ テンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従って作成します。

  1. プロダクトビジョンを明確にする

  2. プロダクトビジョンボードを再確認し、定義された製品について、そして顧客のためにそれが解決しようとしている問題について、明確でインスピレーションが沸き起こるような未来像をもつようにします。

  3. 製品戦略を検証します。

  4. 戦略は通常、 3 つの部分があります。一つ目は、解決しようとしている市場や顧客のニーズを探し出すこと。二つ目は、主要機能や差別化された部分を定義すること。そして、ビジネス目標は製品が企業にとってどのように役立つかを確認することができます。

  5. ロードマップを構築します。

  6. プロダクトビジョンや戦略をイニシアティブやタイムラインに変換します。このテンプレートでは、デフォルトでマイルストーンは四半期に、イニシアティブはオーナーシップのある職務ごとに色分けされています。自分のタイムラインやクロスファンクショナル・チームのタイムラインを反映するために、必要に応じてテキストを編集します。

  7. ロードマップを他のチームや関係者と共有します。

  8. ロードマップが作成される時、プロダクトチーム全体がドキュメントにアクセスできるようにします。まだアクセス権がない場合は、Slack やメールからチームメンバーを招待することもできます。全員で、依存関係やチームキャパシティ、稼働能力、タイムラインを組み直すべきかどうか、そして各イニシアティブの優先順位は何かについて話し合うことができます。

  9. 期限ではなく、チームにとって測定可能な目標に焦点を当てます。

  10. 短期の戦術や戦略的な長期目標は、従来の期限ではなく、ロードマップを埋めるべきです。チームとリアルタイムで重点的に取り組むことについて議論するには、Miro のライブチャットやビデオチャット機能をお試しください。

  11. 四半期ごとにロードマップを確認し、必要に応じて調整します。

  12. アジャイルロードマップは、重要な意思決定や変更を行う前に、チームが一歩下がってリサーチできるように設計されています。製品や市場、顧客のことを詳細に把握するにつれて、機能は進化することを覚えておきましょう。変更点についての情報をチームや外部関係者に知らせましょう。

  13. そして、コメントの作成やファイルのアップロード、テックスタックの他のツールを使用してドキュメントを編集する必要がある場合。

イノーベーションワークスペースである Miro では便利なアジャイル開発ツールアジャイル開発テンプレートを使って効率的なアジャイルロードマップの作成が可能です。

オンラインプラットフォームで情報も共有できるため、開発チーム内でのコミュニケーションも促進することができます。

アカウント作成も無料なので、ぜひ Miro をご利用ください。

アジャイルロードマップテンプレートよくある質問

アジャイル方式でロードマップを誰が使用しますか?

アジャイル方式を導入している製品開発チームでは、製品開発担当がロードマップの作成責任者です。より革新的な製品を開発するためには、ロードマップに沿っての作業をすることが必須です。

アジャイルロードマップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Agile-transformation-thumb-web
プレビュー
アジャイル変換ロードマップ テンプレート
prune-the-product-tree-thumb-web
プレビュー
製品ツリー管理テンプレート
How Now Wow Thumbnail
プレビュー
How Now Wow マトリクステンプレート
product-development-roadmap-thumb-web
プレビュー
製品開発ロードマップテンプレート
Work Breakdown Thumbnail
プレビュー
WBS テンプレート
Bar chart-thumb-web
プレビュー
棒グラフテンプレート