Agile-transformation-preview

アジャイル変換ロードマップ テンプレート

チームがアジャイル手法をすぐに活用できるためにサポートするテンプレートです。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

アジャイル変換ロードマップ テンプレートについて

アジャイル変換計画を成功させるために、ロードマップは 3 つの異なる状況で活用できます。

  • アジャイルバリューやプロセスをビジネスで素早く実行に移す必要がある場合。

  • アジャイルが、従来のプロジェクト管理や変わり映えしないビジネス文化からの変換として導入される必要がある場合。

  • 機関やコンサルタントなどの外部パートナーがアジャイルを導入し、組織やチームが徐々に新たな手法を身につけるようとする場合。

アジャイルロードマップは、固定のアーティファクトではありませんが、時間が経過してチームが成長し、企業が成熟するにつれて変化する可能性があります。高レベルを維持し戦略的でいることで、これらのロードマップは顧客の新たなペインポイントを発見すると進化させられるほど柔軟性があります。

アジャイルコーチは、企業オフィスやあらゆる規模のチームが適切な知識やツール、トレーニングを身につけて、長期にわたる成功のためにアジャイルな習慣を確実に身につけられるように、このロードマップを利用することができます。

アジャイル変換ロードマップの詳細に関しては、引き続き以下をお読みください。

アジャイル変換ロードマップとは

アジャイル変換ロードマップは、厳格なコンプライアンス遵守のメソッドから、より柔軟でアジャイルな方法での取り組みへとチームや組織を段階的に移行させるために役立ちます。

必要条件からインテグレーション、そしてセキュリティに至るまで、各事業には「スイムレーン」として計画し、定期的に更新するべき不確定要素があるはずです。

製品ロードマップと同様に、アジャイル変換の賛同を得るためのロードマップは、進化するものです。アジャイル プロセスは、四半期ごとに発送されるべき機能の数(それは製品のバックログにあるべきです!)などのような、詳細指向モデルから抜け出すことをチームに促します。その代わりに、チームは俯瞰的な戦略的思考(アウトカムやテーマ、エピック)に戻ることができます。

巧みに作られたアジャイル変換ロードマップは、高レベルの戦略や各要素に対し異なる確実レベルを伝えることができます。このようなロードマップは、通常、当期に近いほどより詳細で具体的になります。当期から離れるにつれて、より単純で流動的になります。

アジャイルロードマップの活用方法

アジャイル変換を視覚化するためにロードマップングに頼ることの矛盾点は、デジタルで行う製品開発は反復的であり、よくある視覚的なテンプレートのように直線的ではないことです。

アジャイル変換ロードマップを最大限に活用するには、チームそして組織全体の透明性を高めるコミュニケーションツールとして考えることです。

アジャイル変換ロードマップは、以下のような状況で利用することもできます。

  • チームや組織をウォーターフォール手法からアジャイルに移行させる

  • 組織文化を静的でサイロ化したシステムから、柔軟で透明性のあるものへとリーダーに変更させる

  • 一貫性のないチームプロセスを、目標志向で分散されたチームに置き換える

  • 権利の平等と仕事の分担を進める組織文化を形成する自主的なチームメンバーに力を与える

  • エンドユーザーのニーズを満たす高品質な製品の提供に焦点を当てる

  • 計画外のミーティングでも、アイデア交換や学習が継続するように、会社全体のコミュニケーションを改善する

アジャイルワークフローを取り入れようとする人には、習慣が身につくとすぐにポジティブな結果が表れるようです。チーム効率の改善や透明性の高いワークフロー、明確なコミュニケーション、より健康なチーム文化、市場投入期間の短縮が、だんだん当たり前のことになります。

アジャイル変換ロードマップの作成

アジャイル変換ロードマップを作成するのは簡単です。Miro のホワイトボードツールは、この作成や共有に最適なキャンバスです。まずアジャイル変換ロードマップ テンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って自分のスケジュール帳を作成することができます。

  1. 事業目標や主要な業績指標を理解しましょう

  2. アジャイル変換計画に取り掛かる前に、そもそもなぜそれを行う必要があるのかについての背景を理解しましょう。ロードマップをチームと再考し、全員が歩調を合わせられる明確な目標や測定可能な KPI を確実に理解するようにします。

  3. プロダクトビジョンを再確認しましょう アジャイル計画でも長期目標は重要です。タイムラインが計画の一部(四半期から会計年度の視点)である場合は特にそうです。変換を計画する際には、製品ビジョンステートメントを念頭に置くようにしましょう。ビジョンは、変換計画と連携している必要があります。

  4. 顧客と話をしましょう

  5. ロードマッピングプロセスを行う前や、その途中で顧客への連絡を怠らないようにします。そうすることで、設定した目標が解決すべき現実の目標と適合します。顧客とはエンドユーザーであるだけではありません。内部関係者であり、クロスファンクショナル・グループの一員でもあるのです。必要に応じて、内部の顧客にコメントや付箋を使ってロードマップにフィードバックしてもらうようにしましょう。

  6. テーマで考えるようにしましょう。ロードマップにはテーマ、つまり最高レベルの目標が必要です。目標とは、あらゆる部門で発生しうる、解決に値する問題点で、無限にある機能リクエストのリストを置き換えるものです。これらのテーマを、先に特定した長期目標や短期目標と連携しなおしましょう。

  7. 必要に応じてロードマップに優先順位を付けましょう。

  8. すべてのテーマを特定したら、最も重要なものはどれなのかを考え始めます。リソースが限られている場合、一度にすべてのものに取り組むのではなく、最も緊急度の高いものに取り組むのが最善策です。

  9. プレゼンをし賛同を得て、構築し、イテレーションしましょう。

  10. あらゆるオーディエンス向けに異なる種類のロードマップが必要になるかもしれません。例えば、エンジニアリングチームにひとつ、そしてリーダーシップ向け Buy-in プレゼンテーションのためにもうひとつ、などのように。これは、絶えず更新される反復的なドキュメントであることをお忘れなく。計画が変わったり優先順位が変動するたびに、チームと協力して、テーマや機能、優先順位が進捗状況やビジョンを反映したものになるようにしましょう。

イノーベーションワークスペースである Miro では便利なアジャイル開発ツールアジャイル開発テンプレートを使って効率的なアジャイル変換ロードマップの作成が可能です。

オンラインプラットフォームで情報も共有できるため、開発チーム内でのコミュニケーションも促進することができます。

アカウント作成も無料なので、ぜひ Miro をご利用ください。

Agile Transformation Roadmap Template FAQs

How long should an Agile transformation take?

There's no one-size-fits-all answer to this question. The duration of an agile transformation depends on various factors, including the size of your organization, the complexity of your current processes, and the depth of the change you're aiming for.

Can we adapt the template to our specific needs?

Absolutely! Miro's Agile Transformation Roadmap Template is fully customizable, enabling you to change it to suit your organization's unique requirements. You can add, remove, or alter steps as needed.

How can we ensure everyone stays on track with the roadmap?

Effective communication is key. Regularly review the roadmap with all stakeholders to ensure everyone is aligned and on track. Miro's collaboration features also make sharing updates and gathering real time feedback easy. As your organization embarks on its Agile journey, the Agile Transformation Roadmap Template will serve as a trusty guide, helping ensure that you stay the course and reach your destination successfully. Happy transforming!

アジャイル変換ロードマップ テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
business-organizational-chart-thumb-web
プレビュー
企業組織図テンプレート
Technology Roadmap Thumbnail
プレビュー
テクノロジーロードマップ テンプレート
growth-experiments-thumb-web
プレビュー
グロースエクスペリメントテンプレート
hiring-process-thumb-web
プレビュー
採用計画テンプレート
aws-git-to-s3-webhooks-thumb
プレビュー
AWS Git to S3 Webhook テンプレート
User Story Map Framework
プレビュー
ユーザーストーリーマッピングテンプレート