Start Stop Continue Retrospective

スタート、ストップ。継続的なふりかえりテンプレート

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートを使用して、前回のスプリントを評価しましょう。チームのフィードバックを得て、アジャイルスプリントやプロジェクトの終了時に実行可能な計画を設定して、チームの改善と前進に役立てます。

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートについて

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートは、チームのふりかえりをサポートし、始めるべきこと、やめるべきこと、続けるべきことを具体的に検討するようチームを促します。協力者と一緒に、生産性を高め成功に続く重要なステップに同意し、セッション終了時に実行可能な計画を設定することができます。

スタート、ストップ、コンティニューとは何でしょうか?

フィードバックを与え、受け取ることは困難を伴います。四半期前、1 週間前でさえ、過去をふりかえって「良い」 / 「悪い」の判断を下すことは困難なことです。スタート、ストップ、コンティニュー フレームワークを使用することで、前回のスプリントや経験のふりかえりが容易になります。これは、個人やチームが前進する際に、何を変えたいかを決定するためのシンプルかつ強力なツールです。

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートは、行動と決断を、始めるべきこと、やめるべきこと、プロセスの一部として続けるべきことの 3 つのカテゴリに分けます。

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートを使用する理由

スタート、ストップ、コンティニューのふりかえりを使用すると、前回のスプリントで取った全員の行動を確認し、やめるべきことか、続ける価値のある行動かを判断することができます。また、チームメンバーが新たに始めるべき行動を考えやすくします。各項目は、行動に変化をもたらし、実行可能な計画を伴います。

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートはどのようなときに使うのでしょうか?

多くのプロダクトチームや開発チームは、アジャイルスプリントの終了時にスタート、ストップ、コンティニューふりかえりテンプレートを使用します。デザインやマーケティングなどの他の部門は、プロジェクト全体、四半期、イベントの終了時に使うべきだと感じるかもしれません。

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートは、プロジェクトの実行方法とイテレーションの実行場所の概要を示します。ふりかえりセッションを終えた後は、誰もがプロセスを改善し、より効率的になれる実行可能な計画を見出すことができます。

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートの 3 つの要素

スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートはシンプルな形式で、3 つのブロックで構成され、そこに情報を追加します。

1. スタート:始めるべきことを教えてください。

これらの活動や行動は、プロセスを改善し、無駄を減らし、チームの機能にプラスの影響を与えるものです。このカテゴリーに当てはまる技術的要素と行動的要素について考えてみましょう。

どのようなツールを使い始めるべきでしょうか?チームにとってより適切なコミュニケーションスタイルはありますか?

2. ストップ:やめるべきことを教えてください。

これらの活動や行動は、非効率、無駄、またはチームの機能にマイナスな影響を与えるものです。ここでも、技術的要素と行動的要素の両方を考慮することが重要です。

チームが使用しているツールで機能していないものがありますか?うまくいっていない会議スタイルやコミュニケーション方法はありませんか?

3. コンティニュー:続けるべきことを教えてください。

これらの活動や行動には、試してみて気に入ったものの、まだコアプロセスとして取り入れられていないものが該当します。前回行ったレビューサイクルの後に試してみたツールや方法をまとめましょう。

何を続けていきたいですか?

ストップ、スタート、コンティニュー テンプレートよくある質問

どれくらいの頻度でスタート、ストップ、コンティニューのふりかえりを使用する必要がありますか?

プロジェクトやスプリントの終了時に、スタート、ストップ、コンティニューのふりかえりを作成することをお勧めします。ふりかえりの頻度に関しては、チームによって異なります。自社にとって最適なものや意味があることを評価します。

スタート、ストップ、コンティニューふりかえりを行う方法を教えてください。

ふりかえりを実施するには、まずチームメンバーを集めます。ボードを作成し、スタート、ストップ、コンティニューテンプレートを選択しましょう。セッションの始めに、ふりかえりの 3 つの側面について話し合うブレインストーミングをチームに促し、タイマーを設定します。全員がアイデアや意見を出した後、付箋をグループ化し、共通するテーマについて話し合います。最後に、実行可能な項目を書き出し、変更点や行動についてのフォローアップをして、改善された内容を追跡しましょう。スタート、ストップ、コンティニューテンプレートは、保存して後で見返すことができます。

スタート、ストップ。継続的なふりかえりテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Project Charter Thumbnail
プレビュー

プロジェクト憲章テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, ドキュメンテーション, 戦略プランニング

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの詳細情報を正確に把握するために、プロジェクト憲章を活用します。プロジェクト憲章では、プロジェクトに関係する主要目的、範囲、チームメンバーなどについて説明します。プロジェクト管理を整理する場合、プロジェクト憲章は、あらゆるプロジェクト範囲の目的、戦略、成果物に関する情報を共有し、全員の認識を合わせるのに役立ちます。このテンプレートを使用すれば、プロジェクトのあらゆる側面を記録して、関係者全員の意識を合わせることができます。プロジェクトの進捗状況、目的、範囲について常に把握することできます。

プロジェクト憲章テンプレート
PI Planning Thumbnail
プレビュー

PI 計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, 戦略プランニング, ソフトウェア開発

PI 計画は、「プログラム増分計画(program increment planning)」の略称です。大規模アジャイル開発フレームワーク(SAFe)の一環である PI 計画は、チームが共有するビジョンに対して戦略を立てるのに役立ちます。通常の PI 計画セッションでは、チームは集まってプログラムのバックログを確認し、複数部門間で連携して、次のステップを決めます。多くのチームが 8 ~ 12 週間ごとに PI 計画イベントを実施しますが、ニーズに合わせて計画スケジュールをカスタマイズすることができます。PI 計画を使用して機能を細分化して、リスクを特定し、関係性を見付け、展開するシナリオを決めましょう。

PI 計画用テンプレート
lesson-reflection-thumb-web
プレビュー

学習と振り返りテンプレート

活躍するシチュエーション:

Education, Meetings

学習と振り返りテンプレートは、反省と改善のための場を作るツールです。学生の皆さんが、授業からの重要な学びと最も関心を持ったトピックを評価できます。教師は生徒の学習と振り返りを受け取ることで、学習と教育の指導方法を改善する機会を得ることができます。学習と振り返りテンプレートは、教育の過程を円滑に進めるのに役立ち、簡単で使いやすいツールです。

学習と振り返りテンプレート
Mad Sad Glad Retrospective Thumbnail
プレビュー

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

ブレインストーミング, アイデア出し, ふりかえり

スプリントの成功の可否は、目標やスケジュールの達成状況だけで評価したくなるものです。しかし、そこには感情がより重要な成功指標として存在しています。喜・怒・哀によるふりかえりは、チームのスプリント後の所感を探り、共有するための人気のある手法でもあります。これにより、ポジティブな点と懸念事項の両方が強調され、チームをどのように前進させるか決めることができます。このテンプレートを使用すれば、喜・哀・楽によるふりかえりを簡単に実行することができます。このふりかえりは、チームの信頼関係、士気、エンゲージメントの向上のために役立ちます。

喜・怒・哀によるふりかえりテンプレート
Impact Effort Matrix Thumbnail
プレビュー

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 戦略プランニング, 優先順位付け

成長中の組織では、非常に多くの To Do を抱えており、たったの 1 日(あるいは大きなローンチ前の数週間だけ)でそのすべてをこなさなければいけないことがあります。そこで登場するのがインパクトエフォートマトリクスです。これは、タスクに優先順位を付け、実行すべき価値のあるタスクを正確に把握するための簡単な視覚的ガイドを提供します。インパクトエフォートマトリクステンプレートを使えば、タスクを次の 4 つのカテゴリーに整理することができます。労力の少ないクイックウィン、長期的な効果が期待できるが労力を要するプロジェクト、労力は少ないが効果の低いフィルイン、時間がかかるが効果も少ないタイムウェイスターです。

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス
Quick Retrospective Thumbnail
プレビュー

短時間のふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, ふりかえり, ミーティング

ふりかえりテンプレートは、インサイトにあふれた会議、業務の棚卸し、効率的な反復を支援します。「ふりかえり」という言葉は、「デブリーフィング」や「反省会」よりも表現が中立的なため、最近はより広く使われています。チームによっては、これらの会議を「スプリントのふりかえり」、「イテレーションのふりかえり」、「アジャイルのふりかえり」と呼んでいます。スクラムチームにいる、アジャイル手法を使用している、特定のふりかえり手法(喜・怒・哀によるふりかえりなど)を使用している、そのいずれの場合でも、ふりかえりの目標は共通しています。すなわち、うまくいったことや問題の根本的な原因を把握し、次の反復に活かすことが目標です。

短時間のふりかえりテンプレート