swot-analysis-web

SWOT 分析テンプレート

MiroのSWOT分析テンプレートを活用して自社のビジネスや製品・サービスを取り巻く環境を分析し、競争力のあるアクションプランや戦略を策定しましょう。SWOT分析を使ってマーケティング戦略の立案をしていくことで、常に先手を打ち、ビジネス推進のチャンスを狙うことができます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

SWOT分析テンプレートとは?

SWOT分析テンプレートは、ビジネスやプロジェクト、製品開発におけるSWOT分析に役立つテンプレートです。

テンプレートのガイドに沿って「Strength(強み)」、「Weekness(弱み)」、「Opportunities(機会)」、「Threats(脅威)」を書き出していくことで簡単に要素を洗い出しマップ化することができます。

各要素を分析することにより、戦略やアクションプラン、プロジェクトにおいて重要となる「次の一手」を決断するのに必要となるポイントを発見することができます。

こんな人におすすめ

Miro の SWOT分析テンプレートは、商品やサービスのマーケティング担当者、商品の開発者、経営者など、自社のマーケティング戦略に携わる人に活用していただけます。

経営戦略やマーケティング戦略を打ち出す上で、市場や競合の環境も踏まえながら、自社のビジネスがどのようなポイントに焦点を当てるべきかを検討したいという時、このSWOT分析が力を発揮します。

自社のビジネスや製品・サービスを取り巻く内部環境と外部環境をプラス要因とマイナス要因に分けて分析することができ、競合環境がイメージしやすくなるので、より実現可能性と影響力の高い戦略を策定することが可能になります。

SWOT分析テンプレートの使い方

SWOT分析は書き方で結果が大きく左右されることがあります。SWOT分析をより効果的に進める方法を解説します。

1.外部環境の「Opportunities(機会)」と「Threats(脅威)」から書き始める

SWOT分析の外部環境要因として「Opportunities(機会)」と「Threats(脅威)」があります。外部環境は内部環境に影響を及ぼす要因であるため、外部環境の分析からスタートすることがおすすめです。

「機会」は、自社のビジネスや戦略の目標達成にプラスとなる要因のことを指し、市場拡大の可能性や競争に優位に立つための競争相手の分析内容などを記入します。

「脅威」は、自社のビジネスや戦略の目標達成の障害になるものやネガティブな影響を及ぼしかねない要因のことを指し、市場の縮小や競争の激化が「脅威」の要因の例としてあげられます。

一方で、「脅威」を深く分析することで新たな解決策の特定や新たな「機会」を発見することができるようにもなるため、脅威を丁寧に洗い出すことが重要です。

2. 内部環境の「Strength(強み)」と「Weakness(弱み)」を書く

SWOT分析の内部環境には「Strength(強み)」と「Weakness(弱み)」があります。

上記で分析した外部環境をベースに、その環境において何が強みと弱みとなり得るのかを考えます。「強み」は、自社ビジネスやマーケティング戦略においてプラスになる企業や製品の特質を指します。

「市場ポジション差別化において何が効果を発揮しているのか」や「自社の製品・サービスが人気となっている理由」を顧客の視点から分析し、今後の市場でもプラスになる可能性のある「強み」を特定しましょう。

「弱み」はその名通り、競合他社と比較した際の自社ビジネスや製品・サービスにおいての「弱点」を指します。「弱み」を見える化することにより、競合他社製品に追いつき、追い越すための改善点の特定をしましょう。

3. クロスSWOT分析で、より具体的に戦略をたてる

SWOT分析で自社の内部環境と外部環境を分析した後は、「クロスSWOT分析」を活用して、4つの要因を掛け合わせ、より具体的に戦略を立案していきましょう。

クロスSWOT分析を活用した4つの戦略ケースを紹介します。

①【強み】×【機会】=「Strengths(強み)」による「Opportunities(機会)」の創出を意図した戦略

②【強み】×【脅威】=「 Strengths(強み)」による「Threats(脅威)」を回避するための戦略

③【弱み】×【機会】=「Weaknesses(弱み)」によって損失している「Opportunities(機会)」を取り戻すための戦略

④【弱み】×【脅威】=「Weaknesses(弱み)」と「Threats(脅威)」によって引き起こされかねない最悪のシチュエーションを想定し、効果的に対応または未然に防ぐための戦略

クロスSWOT分析を活用することにより多角的な戦略の立案を行うことができ、競争市場においての自社ビジネス推進の機会を最大化することができます。

SWOT 分析テンプレートは無料でご利用いただけます。このテンプレートを使って、SWOT 分析シートをオンラインで作成しましょう。

SWOT 分析テンプレートよくある質問

SWOT分析とはそもそも何ですか?

SWOTとは、英語のStrengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字をとった略語です。「強み」と「弱み」は、従業員、知的財産、マーケティング戦略、地理環境などの内部環境を指し、「機会」と「脅威」は、市場の変動、競争、原材料の価格、消費者の動向などの外部環境を指します。SWOT分析を使用することにより、戦略の策定や、経営資源の最適化、マーケティング戦略においての意思決定をよりロジカルな方法で行うことができます。SWOT分析の他にも環境分析を行うフレームワークにPEST分析やファイブフォース分析などがありますが、これらはやや難易度が高いため、一番シンプルで取り組みやすいSWOT分析を試してみることをおすすめします。また、SWOT分析は業界の目指す姿(外部要因)を主軸とせず、その環境の中にいる自社がどうあるべきなのかということに焦点を当てているため、自社独自の戦略を立案しやすいという魅力があります。

SWOT分析の正しい読み方は?

「SWOT分析」は、通常「SWOT分析」は英語のまま表記し、「スワット分析」または「スウォット分析」と読むことができますが、どちらの読み方が正しいということはありません。好みの読み方で読みましょう。

MiroのSWOT分析テンプレートの特徴は何ですか?

MiroのSWOT分析テンプレートは、使いやすいフォーマットになっており、ニーズに合わせてカスタマイズできます。SWOT分析の重要な4つの分野を記入し、さらにクロスSWOT分析で組織の弱みや強みを深く掘り下げる分析もしやすいフォーマットです。個人でもチームでも活用してもらいやすいように、付箋を活用して要素を洗い出していく仕様を採用しています。

SWOT 分析テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Target Audience Thumbnail
プレビュー
ターゲットオーディエンステンプレート
Strategy Map Thumbnail
プレビュー
戦略マップテンプレート
BUSINESS PITCH -web-1
プレビュー
ビジネスプランテンプレート
pestle-analysis-thumb-web
プレビュー
PESTLE 分析用テンプレート
3 Horizons of Growth Thumbnail
プレビュー
3 つの成長地平線モデルテンプレート
Storyboard Thumbnail
プレビュー
ストーリーボードテンプレート