swot-analysis-web

SWOT 分析テンプレート

Miro の SWOT 分析テンプレートを活用して自社のビジネスや製品・サービスを取り巻く要因を分析し、競争力のあるアクションプランや戦略を策定しましょう。常に先手を打つことで、ビジネス推進の機会を創出することができます。

SWOT 分析テンプレートについて

SWOT 分析テンプレートは、ビジネスや、プロジェクト、製品開発における「強み」、「弱み」、「機会」、「脅威」をマップ化することに役立ちます。各要素を分析することにより、戦略やアクションプラン、プロジェクトにおいて重要となる「次の一手」を決断するのに必要となるインサイトを Miro のSWOT 分析テンプレートで発見することができます。

このページで SWOT 分析の詳細とテンプレートの活用方法をマスターしましょう!

SWOT 分析とは?

経営戦略やマーケティング戦略を打ち出したい時に、どのようなビジネス要因に焦点を当てるべきか判断に迷うことがありませんか?そんな時に SWOT 分析が力を発揮します。

SWOT とは、英語の Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字をとった略語です。「強み」と「弱み」は、従業員、知的財産、マーケティング戦略、地理環境などの内部環境を指し、「機会」と「脅威」は、市場の変動、競争、原材料の価格、消費者の動向などの外部環境を指します。

SWOT 分析を使用することにより、戦略の策定や、経営資源の最適化、マーケティング戦略においての意思決定をよりロジカルな方法で行うことができます。また、SWOT 分析は、インサイトを得てから意思決定を行う前と、策定した戦略がどれほどの影響を及ぼすのかを事前調査するための分析フレームワークとして活用することができます。

SWOT 分析の目的

SWOT 分析を使用する目的は、経営やマーケティング戦略の立案において知っておくべきである、自社ビジネスや製品・サービスを取り巻く内部環境や外部環境を知るというところにあります。「強み」、「弱み」、「機会」、「脅威」をフレームワーク上に展開することで、競争環境がイメージしやすくなり、より実現可能性と影響力の高い戦略を策定することが可能となります。

また、SWOT 分析を行う際は、主観だけでの分析を行うのではなく、他のフレームワークなども使用して可能な限り客観的な分析を行うようにしましょう。SWOT 分析と一緒に活用できるフレームワークには、PEST 分析ファイブフォース分析がありますが、自社のニーズや目的に一番合ったフレームワークを活用するようにしましょう。

SWOT 分析のやり方(書き方)

SWOT 分析はやり方(書き方)1つで、結果が大きく異なることがあります。ここでは、SWOT 分析をより効果的に進める方法を見ていきましょう。

外部環境の分析

SWOT 分析の外部環境要因として「Opportunities(機会)」と「Threats(脅威)」があります。一般では、「Strengths(強み)」と「Weaknesses(弱み)」の内部環境から分析を始めることが多々ありますが、外部環境は内部環境に影響を及ぼす要因であるため、外部環境の分析からスタートするようにしましょう。

  • Opportunities(機会)

「機会」は、自社のビジネスや戦略の目標達成にプラスとなる要因のことを指し、市場拡大の可能性や競争に優位に立つための競争相手の分析内容などをここ「機会」に記入します。

  • Threats(脅威)

「脅威」は、自社のビジネスや戦略の目標達成の障害になるものやネガティブな影響を及ぼしかねない要因のことを指し、市場の縮小や競争の激化が「脅威」の要因の例としてあげられます。しかし、「脅威」を深く分析することで新たな解決策の特定や新たな「機会」を発見することができるようにもなります。

内部環境の分析

SWOT 環境の内部環境には「Strength(強み)」と「Weakness(弱み)」があります。上記で分析した外部環境をベースに何がこの環境においての長所と短所となり得るのか見ていきましょう。

  • Strengths(強み)

「強み」は、自社ビジネスやマーケティング戦略においてプラスになる企業や製品の特質を指します。「市場ポジション差別化において何が効果を発揮しているのか」や「自社の製品・サービスが人気となっている理由」を顧客の視点から分析し、今後の市場でもプラスになる可能性のある「強み」を特定しましょう。

  • Weaknesses(弱み)

「弱み」はその名通り、競合他社と比較した際の自社ビジネスや製品・サービスにおいての「弱点」を指します。「弱み」を「見える化」することにより、競合他社製品に追いつき、追い越すための改善点の特定などをすることができるようになります。

クロス SWOT 分析での戦略立案

SWOT 分析で自社の内部環境と外部環境を分析した後は、「クロス SWOT 分析」を活用して、4つの要因を掛け合わせ、より具体的に戦略を立案していきましょう。

以下では、クロス SWOT 分析を活用した4つの戦略ケースを見ていきましょう。

【強み】×【機会】=「Strengths(強み)」による「Opportunities(機会)」の創出を意図した戦略

【強み】×【脅威】=「 Strengths(強み)」による「Threats(脅威)」を回避するための戦略

【弱み】×【機会】=「Weaknesses(弱み)」によって損失している「Opportunities(機会)」を取り戻すための戦略

【弱み】×【脅威】=「Weaknesses(弱み)」と「Threats(脅威)」によって引き起こされかねない最悪のシチュエーションを想定し、効果的に対応または未然に防ぐための戦略

クロス SWOT 分析を活用することにより多角的な戦略の立案を行うことができ、競争市場においての自社ビジネス推進の機会の最大化が実現可能となります。

SWOT 分析テンプレートの活用方法

SWOT 分析テンプレートは、シンプルな4 つのブロックコンテンツで構成され、2x2 の各グリッドが分析領域を表しています。作業を円滑に進め、各ブロックを素早く確認できるように、ブロックを色分けすることができます。

例えば、SWOT テンプレートでより深い分析をしたいとします。その場合、ブロックを追加して、チームの弱点に対処するための戦略や、強みを活かすための戦略などの詳細を書き足すこともできます。

SWOT 分析テンプレートの作り方

Miro のテンプレートを使用することにより SWOT 分析を簡単かつ効率的に実施することができます。

SWOT 分析を行う場合、「 Strengths(強み)」を伸ばし、「Weaknesses(弱み)」を抑え、「Opportunities(機会)」を発見し、「Threats(脅威)」を防ぐ方法を検討し、潜在的なリスクを特定することが重要となります。

Miro ボードでは、独自の SWOT 分析を個人またはチームで実施することができ、分析が完了した後の SWOT 分析を他のメンバーに共有するが可能です。まずは Miro ボード右側にあるツールバーからテンプレートを選択し、以下の手順に従ってSWOT 分析を実施しましょう。

1. 機会の明確化

獲得可能な機会をリストアップしましょう。どうすればカスタマーサービスを改善することができるのか?どのようなメッセージがユーザーに響くのか?強みをさらに活かせるリソースやツールはないか?などの情報を「Opportunities(機会)」のセクションに記入しましょう。

2. 脅威の特定

競争市場には多数の脅威が潜んでいます。「Threats(脅威)」のセクションでは、特定の競争相手や新しい競合相手、従業員の高い離職率、市場の変動など、自社の競争ポジションに影響を与えかねない要因を記入しましょう。

3. 強み(長所)の選定

自社のビジネスや製品・サービスを取り巻く外部環境(「Opportunities(機会)」&「Threats(脅威)」)を「見える化」した後は、この環境下で自社のメリットとなる「 Strength(強み)」を選定していきましょう。製品やプロセスの一番の強みは何か?競合他社よりも優れている点は?競争においての差別化に利用できる要素は?を「 Strengths(強み)」として考えましょう。

4. 弱みの発見

自社ビジネスの成長の妨げとなる「Weaknesses(弱み)」を見つけましょう。顧客から最も多く聞かれる問題や苦情は何か。現在の内部要因における最大の障害は何か?競合他社にはあるが、自社にはない強みは何か。「Weaknesses(弱み)」を特定することで、今後、競争市場で優位に立つための機会や改善点を発見することが可能です。

SWOT 分析の例

SWOT 分析は、さまざまな業界や職種で採用され、個人やチームでなど多様なシチュエーションで活用することができます。SWOT 分析テンプレートを使用して、クライアントのビジネスや製品・サービスの強みと弱みを特定し、次のステップや機会を見いだすコンサルタントもいます。

一方で、マーケティング部門では、キャンペーンや、マーケティングチャネル、競合他社の広告、市場シェアの分析や評価に SWOT 分析を使用します。そうすることで、迅速に機会を特定し、広告キャンペーンが抱える大きな問題を特定することができます。

以上が SWOT 分析についてと Miro での SWOT 分析の活用方法となります。「テンプレートを使用する」からMiro の SWOT 分析テンプレートを選択して、して競争市場で優位なポジションを獲得するための戦略を Miro ボードで策定しましょう。

SWOT 分析テンプレートよくある質問

Miro の SWOT 分析テンプレートの例とはどういったものですか?

Miro の SWOT 分析テンプレートは、使いやすいフォーマットになっており、ニーズに合わせてカスタマイズできます。SWOT 分析の重要な 4 つの分野を追加することで、シンプルにすることも、さらにブロックを追加して、組織の弱点や強みを深く掘り下げることもできます。

SWOT 分析を作成する方法を教えてください。

SWOT 分析をする目的を決めます。分析することで、何を得たいのですか?どのような問題を解決しようとしているのですか?関係者は誰ですか?また、表面化する課題に対し、どのように対処したら良いでしょうか?全体的な目標を定義したら詳細について考え、4 つの要素(強み、弱み、機会、脅威)に焦点を当てて SWOT 分析を実施しましょう。

SWOT 分析の読み方を教えてください。

「SWOT 分析」は、「スワット分析」または「スウォット分析」と読むことができますが、どちらの読み方が正しいということはありません。通常「SWOT 分析」は英語のまま使用し、発音されますが、「スワット」または「スウォット」のどちらでも、好みの読み方で読みましょう。

SWOT 分析テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー

プロダクトキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, UX デザイン

プロダクトキャンバスは、製品がどんなもので、戦略的にどのように位置付けられるかを伝える、簡潔でコンテンツが豊富なツールです。プロジェクトキャンバスは、アジャイルと UX を組み合わせることで、ペルソナ、ストーリーボード、シナリオ、デザインスケッチ、その他の UX 成果物でユーザーストーリを補います。プロダクトキャンバスは、プロダクトマネージャーがプロトタイプを定義するのに役立つので、便利です。プロダクトキャンバスの作成は、見込み客、解決する必要がある問題、基本的な製品機能、検討する価値がある高度な機能、競争優位性、製品から得られる顧客の潜在的な利益を判断する上で重要な最初のステップです。

プロダクトキャンバステンプレート
Business Case Canvas by Steve Lydford (1)
プレビュー

ビジネスケーステンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Marketing, Market Research

この完全なビジネスケーステンプレートを使って、関係者に好印象を与え、賛同を得ましょう。ビジネスケースに必要な重要な要素をすべてカバーし、提案を成功させましょう

ビジネスケーステンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー

ユーザーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

ユーザーペルソナとは、調査または分析した製品やサービスの対象となる顧客層を表し、要約するツールです。コンテンツマーケティング、製品マーケティング、デザイン、営業、販売のいずれの場合でも、対象者を念頭に置いて運営します。通常、顧客または見込み客がペルソナ作成の対象になります。自社が提供する製品やサービスに対して何かしらのメリットを感じる顧客層かもしれません。通常、個性やニーズが興味深い形で表現されたひとまとまりの情報です。ユーザーに関する知識を抽出することで、対象となるユーザーモデルを作成します。これがペルソナです。

ユーザーペルソナテンプレート
kaizen-report-thumb-web
プレビュー

カイゼンレポートテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, オペレーション, ドキュメンテーション

偉大な企業が偉大である理由は何でしょうか?これらの企業は、偉大な文化を育み維持していく文化を持っています。そのためには、「改善」に対する努力を惜しみません。そのような企業(またはそれを目指す企業)にとって、カイゼンレポートは理想的なツールです。このツールを使用することで、チーム、部門、組織レベルにおける継続的な改善活動の指針となるシンプルで視覚的なガイドを作成することができます。カイゼンレポート使用すれば、全社員が自身の業務内容を確認し、重要な業務の見落としを未然に防ぐことを可能にします。つまり、カイゼンレポートは、組織の全体的なモラルを向上させる強力なツールと言えます。

カイゼンレポートテンプレート
startup-canvas-thumb-web (1)
プレビュー

スタートアップキャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, ドキュメンテーション, 戦略プランニング

スタートアップキャンバスは、起業家が従来の事業計画よりも堅苦しくない形式で新しいビジネスアイデアを表現し、マップ化するのに役立ちます。スタートアップキャンバスは、新しいビジネスアイデアの長所と短所を判断したい起業家にとって、便利なビジュアルマップです。このキャンバスは、ビジネスアイディアの価値提案、問題点、解決策、市場、チーム、マーケティングチャネル、顧客セグメント、外部リスク、主要業績評価指標を素早く明確化するフレームワークとして使用することができます。成功、実行可能性、ビジョン、顧客にとっての価値などの要素を明確にすることで、起業家は、新しい製品やサービスの存在と、資金提供する理由を簡潔に説明することができます。

スタートアップキャンバステンプレート
Spaghetti diagram template-thumb-web
プレビュー

スパゲッティ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

オペレーション, マッピング, 図表作成

スパゲッティ図は、視覚的に、資産、サービス、製品間のつながりを確認し、依存関係を特定するのに便利です。このテンプレートを使用して、プロセスの概要を把握し、素早く改善すべき領域を見つけることができます。

スパゲッティ図テンプレート