Risk Assessment

リスク評価テンプレート

潜在的なリスクを最小限に抑え、プロジェクトや製品開発を軌道に乗せましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

リスク評価テンプレートについて

リスクマトリックス(確率マトリックス、リスク評価マトリックス、影響マトリックスとも呼ばれる)を使用することで、発生確率と潜在的な影響度に基づいて、プロジェクトや製品が抱えるリスクにどのように優先順位をつけるかを把握することができます。

リスクマトリックスは、プロジェクトのキックオフ前に、信頼と透明性を確立しクライアントの期待に応えます。社内のプロジェクトチームは将来直面しうるリスクへの心構えができ、リスクとリソースの管理に必要な要素に優先順位をつけることができます。

リスク評価の詳細については、引き続き以下をお読みください。

リスク評価とは何でしょうか?

リスク評価マトリックスは、プロジェクトや製品開発のサイクルの計画策定を支援するシンプルなフレームワークです。リスクを限定して視覚化するグリッドフォーマットは、プロジェクト実行中に直面しうるリスクの低減にも寄与します。

ビジネスが新商品や新サービスに軸を移すときや、不慣れな市場で事業を行う必要がある場合に、リスクの発生確率は上がるものです。リスク評価マトリックスを使用することで、チームは、潜在的なリスクを把握し、それを制御 / 抑制する戦略を策定するためのフレームワークを整備することができます。

リスクは、発生確率が低く影響度が軽度の「1:緑色の領域」から発生確率が最高の「10:赤色の領域」にランク付けされます。リスクをランク付けすることで対処の優先順位がつけられ、強力なアクションプランを策定し、最大の脅威に取り組むことができます。

リスク評価の活用方法

リスク評価の計画を立てる前に、プロジェクトに強力な基盤を用意する必要があります。プロジェクト管理手法でプロジェクトの範囲を明確に定義し、プランニングフレームワークでチームのワークフローを最適化し、役割と責任を整理します。

リスクは様々な形を取ります。プロジェクトマネージャーやプロダクトマネージャーは、影響度と可能性に基づいてリスクをラベルし、管理することに慣れる必要があります。リスク評価は以下のような判断を下すときに役立ちます…

  • リスク回避:影響と発生確率が大きなイベントや状況なら、直ちに費用と労力を増やすべきかもしれません。

  • リスクの移管と分散:影響は大きいが発生確率が低いリスクの場合、リスク対応の責任を第三者に移管(法律事務所への委託や保険への加入)することも有効です。リスクを、社内の別なグループや、グループ会社に分散することも有効です。

  • リスクの低減:影響と発生確率のバランスを取りながら、両方を低減する方法を模索します。この取り組みは、リーダーシップチームと、委託された専門のビジネスコンサルタントが相談して進めることが多いようです。

  • リスクの許容:影響と発生確率が小さいイベントであれば、対策を取らずにリスクを許容する方が安全な場合があります。

新規プロジェクトのキックオフであれ、新しいプロジェクトやサービスの開発時であれ、予測して制御しなければならないリスクは内外に数多く存在します。視覚的なフレームワークによってリスクを種類別にランク化し、分析 / 測定することで、最良の対処計画と復旧計画を策定する機会が得られます。

独自のリスク評価の作成をします

独自のリスク評価は簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、それらを作成し、共有するための最適なキャンバスです。まずリスク評価テンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って独自のリスク評価を作成します。

  1. リスクをどの程度詳細に評価するか必要があるか決定します。簡単なリスクアセスメントのフレームワークなら、リスクを軽度(緑色または 1 の領域)、中度(黄色または 2 の領域)、重度(赤色または 3 の領域)の 3 つのリスクレベルを設定します。より詳細なフレームワークなら、リスクの影響度を重度ではなく、致命的まで拡張し、数値スケールを 20 まで設定することもできます。必要に応じでテンプレートに新しい行やグリッドを追加しましょう。

  2. チームが対処するリスクの種類を把握します。リスクの影響度は、その種類によって変わります。そのリスクは、戦略、組織、財政、市場、技術に関わるものですか?リスクがどのような種類であれ、付箋を貼ってその位置を明確にします。

  3. リスクの評価基準を設定し、それに基づきランク付けします。このマトリックスは、発生確率と影響度に基づいたリスク評価をサポートします。組織の脆弱性やリスクの進行速度など、考慮すべき評価基準が他にもあるかもしれません。何を決めるにしても、チームの認識を合わせることが重要です。Miro の投票プラグインを使えば、現在の業務スタイルに最もフィットした評価基準の合意に素早く達することができます。

  4. リスクを評価します。領域の色(緑、黄、橙、赤)と数値スケールに基づいてリスクを分析します。Miro の投票プラグインとタイマー機能を併用して、各リスクの重要度を決定し、合意しましょう。

  5. リスクに優先順位をつけます。リスクの影響度を重大か致命的のどちらにするかは、発生確率とビジネスへの影響を基に、チームで話し合って判断することが重要です。ここからチームはアクションプランの作成に移ることができます。リスク状況の変化に対応するため、このマトリックスの工程を年に数回繰り返すことを忘れないでください。

リスク評価テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Action-Priority-Matrix-thumb-web
プレビュー
アクション優先順位マトリクステンプレート
Simple Project Thumbnail
プレビュー
シンプルなプロジェクト計画テンプレート
Team Charter Thumbnail
プレビュー
チームチャーターテンプレート
elevatorpitch-thumb-web
プレビュー
エレベーターピッチテンプレート
User Story Map Framework
プレビュー
ユーザーストーリーマッピングテンプレート
2×2 Prioritization Matrix-thumb
プレビュー
2x2 優先順位付けマトリクステンプレート