scenario-mapping-web.png

シナリオマップテンプレート

ペルソナが様々な状況で何をし、何を考え、何を感じているのかのガイドを作成しましょう。

シナリオマップテンプレートについて

シナリオマップとは?

シナリオマップは、あるタスクを完了するためにユーザーが取りうるあらゆるステップを概説するプロセスです。一般的なシナリオマップには、各ステップでユーザーが何を考え、何を感じているのかを書き出したメモが含まれています。また、各ステップで重要だと思われるコメント、情報、疑問、仮定、この取り組みの中で生まれたアイデア、提案を含めることもできます。

シナリオマップが活躍するシチュエーション

シナリオマップは、実際に起こったことだけでなく、意図したシナリオや理想的なシナリオ(起こるべきこと)を一緒に概説します。理想的なシナリオを概説するのであれば、プロジェクトのかなり早い段階でユーザーマッピングを行って、ユーザーストーリーやプロダクトマネージャーバックログの作成に役立てるべきです。現状をより詳しく把握するだけなら、ユーザーへの聞き取り調査や観察を行う際のユーザーマッピングだけで十分です。

シナリオマップテンプレートの活用方法

1. まずは、シナリオマップのセッションの目的を説明します。シナリオマップの目標は、ユーザーが何を行うかを把握することで、その方法ではありません。詳細については後で書き出すことができます。このように、前もって期待することを決めておきましょう。

2. 優先的に考慮するユーザーペルソナと、そのペルソナが達成する主要なタスクを特定します。ユーザーに何をしてもらいたいですか?その目標は何ですか?

3. シナリオをコンテキスト化します。ペルソナを具体化し、何をしているのか、なぜそれをするのか、どのくらいの頻度でそれをするのか、などをメモします。詳細にはあまりこだわらないようにしましょう。しかし、次の要素を念頭に置いてセッションを進めることが重要です。

4. ユーザーが取りうる行動をトレースします。サイトにおいてユーザーが取りうるアクションを視覚化します。ユーザーが実行する各ステップで、次の情報を取得するようにしましょう。ユーザーが何をしているのか?このステップで解決が必要な仮定や疑問があるのか?どうすればこのステップはより使いやすくなるのか?

5. ステップをマップ化します。ほとんどの人がマップのステップを左から右に進め、各ステップの下にコメント、アイデア、提案を追加することでしょう。

6. ユーザーのタスクが完了するまでマッピングを繰り返します。

7. 関係者や潜在的なユーザーからフィードバックを集めます。ステップを一通り流して矛盾がないか確認します。不足しているものはありませんか?マップに追加すべきことや提案がないか確認しましょう。

シナリオマップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー

ユーザーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

ユーザーペルソナとは、調査または分析した製品やサービスの対象となる顧客層を表し、要約するツールです。コンテンツマーケティング、製品マーケティング、デザイン、営業、販売のいずれの場合でも、対象者を念頭に置いて運営します。通常、顧客または見込み客がペルソナ作成の対象になります。自社が提供する製品やサービスに対して何かしらのメリットを感じる顧客層かもしれません。通常、個性やニーズが興味深い形で表現されたひとまとまりの情報です。ユーザーに関する知識を抽出することで、対象となるユーザーモデルを作成します。これがペルソナです。

ユーザーペルソナテンプレート
Bulls Eye Thumbnail
プレビュー

ブルズアイ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 優先順位付け, 図表作成

成長している組織にいると、すべての意思決定が運命の分かれ道であるかのように感じることがあります。そのせいで決断を下せずにいたり、優先順位をつけられない状態になったり、効率の悪い会議や士気の低下に至ることさえあるのです。そのようなシチュエーションに直面した時に、ブルズアイ図を活用しましょう。ブルズアイ図とは、その名の通り同心円を使ったダイアグラムで、企業が優先事項を設定したり、重要な決断を下したり、障害となるものを排除あるいは乗り越えたりするのに役立ちます。

ブルズアイ図テンプレート
Customer Problem Statement Thumbnail
プレビュー

顧客課題ステートメントテンプレート

活躍するシチュエーション:

Ideation, Design Thinking, Product Management

会社は規模や業種を問わず、製品が顧客のニーズをどう満たすかを明確にすることにより、論理的に主張する必要があります。顧客課題ステートメントでは、魅力的なステートメントを作り出すのに役立ちます。どのようにして?顧客の考えや気持ちを深く掘り下げることにより、顧客が価値があると思うものを作成できる可能性が高まります。また、課題ステートメントでは、顧客に大きなメリットを提供するだけでなく、チームが明確に定義された共通の目標を認識し、その目標の達成感を味わうことができます。

顧客課題ステートメントテンプレート
Project Charter Thumbnail
プレビュー

プロジェクト憲章テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, ドキュメンテーション, 戦略プランニング

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの詳細情報を正確に把握するために、プロジェクト憲章を活用します。プロジェクト憲章では、プロジェクトに関係する主要目的、範囲、チームメンバーなどについて説明します。プロジェクト管理を整理する場合、プロジェクト憲章は、あらゆるプロジェクト範囲の目的、戦略、成果物に関する情報を共有し、全員の認識を合わせるのに役立ちます。このテンプレートを使用すれば、プロジェクトのあらゆる側面を記録して、関係者全員の意識を合わせることができます。プロジェクトの進捗状況、目的、範囲について常に把握することできます。

プロジェクト憲章テンプレート
Buyer Persona Thumbnail
プレビュー

バイヤーペルソナテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, デスクリサーチ, ユーザーエクスペリエンス

製品やサービスを購入し、愛用してくれるユーザーグループのような理想的な顧客がいます。しかし、その理想的な顧客にたどり着くには、チームや会社全体がその人物と連携する必要があります。バイヤーペルソナは、シンプルですが創造的な方法でこれを行います。現在の顧客や見込み客を半分架空の存在として表現することによって、製品の提供を形にし、「悪影響を与えるもの」を取り除き、成功に向けてマーケティング戦略をカスタマイズすることができます。

バイヤーペルソナテンプレート
Agile Board Thumbnail
プレビュー

アジャイルボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, アジャイルワークフロー

好評のアジャイルフレームワークの一部であるアジャイルボードは、生産サイクル全般を通したタスクを同期させる視覚的なディスプレイです。アジャイルボードは、主にカンバンやスクラムなどのアジャイル開発手法に照らして使われますが、誰でもこのツールを利用できます。ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャーが活用するアジャイルボードは、柔軟で透明性があり、反復的にワークロードを管理するのに役立ちます。アジャイルテンプレートは、タスクやチームに合わせてカスタマイズできる付箋を Miro のレイアウトで簡単に始める方法です。

アジャイルボードテンプレート