Remote-Design-Sprint-preview (1)

リモートデザインスプリント

チームが離れた場所にいても、デザインスプリントを実施することでイノベーションを加速させることができます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

リモート デザインスプリント テンプレートについて

デザインスプリントとは?

デザインスプリントでは、4、5日間かけてプロトタイプの設計、反復、テストを集中的に行います。デザインスプリントは、旧態依然の作業プロセスから脱却し、新鮮な視点を見出し、ユニークな方法で問題を捉えて、迅速にソリューションを開発するための手法です。

デザインスプリントをリモートで実施するための 3 つの課題

デザインスプリントは難しい取り組みです。それをリモートで実行するとなれば、独自の問題が発生します。

コミュニケーション

デザインプリントを成功させるには、全員の認識を合わせ、コミュニケーションをとることが大変重要です。しかし、全員が同じ部屋にいないとなれば大変です。だからこそ、リモートでは、チームメンバー全員が、問題や貢献できることがあれば、発言するよう努力する必要があります。

ツール

リモートスプリントを実行するには、適切なツールが必要です。リモートスプリントでは、全員にビデオ会議ツール(Zoom や Google Hangouts など)を準備しておきます。Slack などのチームメッセージアプリも有効です。また、Miro のホワイトボードのような仮想コラボレーションスペースも、ブレインストーミング、アイデアの共有、デザインの反復を行うには有効なツールです。

エンゲージメント

デザイン スプリントを対面ではなくリモートで行う場合、道に迷いやすくなります。だからこそ、全員に呼びかけ、様々な意見を取り入れるスプリント リーダーを指名することが重要です。

デザインスプリントをリモートチームで実行するための 4 つのステップ

リモート デザインスプリントは、4、5 日間で行われ、次の 4 つのフェーズで構成されています。

1) マッピングとスケッチ

最初のフェーズでは、チームを集めてブレインストーミングを行います。まず、現在の製品やサービスが抱える問題を洗い出すことから始めます。その上で、様々な解決策をマッピングして対策を検討します。

2) アクションプランの決定とストーリーボードの作成

様々なアイデアが出揃ったところで、チームでアクションプランを決定します。デザインと反復をどのように行っていくかを示した計画をストーリーボードに書き出します。計画の実行に必要な関連リソースや資料があれば、必ずここに含めます。

3) プロトタイプの作成

計画の準備ができたら、プロトタイプを作成します。ここでは、一般に公開するような本格的な製品ではなく、MVP(Minimum Viable Product:最低限実行可能な製品)を作成します。最初のブレインストーミングでチームが挙げた問題を解決できよう製品を機能させる必要があります。

4) テストと学習

最後に、他のチームやユーザーとプロトタイプのデモを行い、彼らの反応を確認します。プロトタイプの使い方や反応についてのデータを収集し、次の改善につなげます。

デザインスプリントの最初の 2 日間は、このテンプレートを使用してチーム全員で作業します。

Miro の投票機能とタイマー機能は、デザインスプリントを分散したチームで実行する際に特に有用です。

デザインスプリントのメリット

デザインスプリントを実行すれば、チームの動作はより軽快になり、障害を克服し、迅速な連携が可能になります。この手法は、多様なグループが様々なアイデアを出しながら、複雑な問題を解決していくのに適しています。こうすることで、全員が別々に作業するよりも、より革新的なソリューションを生み出すことにつながります。

ユーザーからフィードバックを早めに得られれば、潜在的な欠陥をより早期に、コスト効率の高い方法で発見することができます。スプリントを終えたら、製品開発に利用可能な実用的なプロトタイプに着手できるはずです。

デザインスプリントは、製品開発でよく使われる手法ですが、マーケティングから人事まで、複数プロジェクトや重点分野に柔軟に対応することができます。

リモートデザインスプリント

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Working Backwards Thumbnail
プレビュー
逆向き解決法用テンプレート
event-planning-thumb-web
プレビュー
イベント計画用テンプレート
user-flow-thumb-web
プレビュー
ユーザーフロー図テンプレート
Buyer Persona Thumbnail
プレビュー
バイヤーペルソナテンプレート
business-model-canvas hero-image EN 3-2
プレビュー
ビジネスモデルキャンバステンプレート
Kanban Thumbnail
プレビュー
カンバン フレームワーク テンプレート