safe-roam-board-web

SAFe ロームボードテンプレート

プロジェクトのリスクを率直と透明性を持って文書化し、評価します。

SAFe ROAM ボードテンプレートについて

SAFe ROAM ボーボードは、リスクを視覚化するフレームワークです。このフレームワークは、リスクを無視することがないように、リスクに気づき、浮き彫りにするための共有スペースを提供します。ROAM ボードは、リスクの可能性と影響を検討し、リスクの優先度が低いのか、高いのかを判断するのに役立ちます。

SAFe(Scaled Agile Framework)の基本原則:

  • 費用対効果の高いソリューションの推進

  • システム思考の適用

  • 物事が変化することを想定した選択肢の保護

  • 高速統合学習サイクルによる段階的な構築

  • 作業システムの評価に基づくマイルストーン

  • 進行中の作業の視覚化と制限、バッチサイズの縮小、キューの長さの管理

SAFe ROAM ボードの詳細については、引き続き以下をお読みください。

SAFe ROAM ボードとは何でしょうか

SAFe ROAM ボードは、リスクを強調し、対策の実行を促します。誰かがリスクを特定し記録した後、次に何をすべきかを決定する必要があります。各リスクに対して、次のことを行うことができます。

  1. リスクを回避し、別のアプローチをとる

  2. リスクが現実となる可能性を減らす

  3. ベンダーの専門知識を取り入れてリスクを共有する

  4. リスクを許容する(放置するわけではない)

  5. リスクを軽減し、その影響を低減するための行動をとる

このフレームワークは、リスクの Resolve(解決済み)、Own(所有)、Accept(許容)、Mitigate(軽減)を支援することを目的としています。

  • 解決済みのリスク:このリスクはもはや問題ではないことにチームが同意し、全員が次に進むことができます

  • リスクを所有する:リスクがすぐに解決されない場合、チームメンバーは対策を所有して、解決を先送りにすることができます(緩和策や追加アクションを計画するなどのフォローアップを後で実行します)

  • リスクを許容する:リスクによっては合理的に対処できない場合があります。そのようなリスクを許容する場合は、対処できない理由を完全に把握する必要があります。

  • リスクを軽減する:緩和策を実行することで、これらのリスクの発生確率や影響度を低減することができます。

ROAM ボードは常に更新し、各レベルのリスク状況や、リスクの対応状況に関するチームの認識を常に合わせておくことが重要です。

SAFe ROAM ボードの活用方法

ROAM ボードは、PI プランニングでチームの目標達成の障害を特定するために使用します。

リスクと不確実性は、何らかの形でプロジェクトに影響を与えます。従来のリスク管理計画やリスクログに頼るのではなく、アジャイル アプローチ(バックログにユーザーストーリーを追加 / 作成するなど)により、予測不能な事態や、不意を突かれるような事態に陥る可能性を低減することができます。

また、ROAM メソッドは、アジャイル リリース トレイン(ソフトウェアの実装、テスト、展開、段階的なリリースに必要なチームと関係者)が抱く曖昧さの軽減にも役立ちます。

独自の SAFe ROAM ボードを作成します

独自の SAFe ROAM ボードは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、それらを作成し、共有するための最適なキャンバスです。まず SAFe ROAM ボードテンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従って独自の SAFe ROAM ボードを作成します。

  1. PI プランニング中にプログラムのリスク領域にリスクを追加します。計画策定の過程でチームが緩和策を決定すると、リスクを特定した付箋の数が増減しうることを覚えておきましょう。

  2. 計画の最終レビュー後、すべてのリスクを ROAM ボードに移動します。各リスクを該当する ROAM のカテゴリ(解決済み、所有済み、許容済み、軽減済み)に割り当てます。

  3. どのリスクを優先させるべきかチームで投票し、決定します。アジャイルリーダーは、Miro ボード内の投票ツールを使った投票セッションを開催し、優先して検討すべきリスクを決定することができます。3 票以上を集めたリスクは、優先度の高いリスクとします。

  4. 必要に応じてリスクを見直し、調整します。リスクプロファイルは、計画やフォローアップのステップの実行に応じて変化することがあります。必ず、PO(プロダクトオーナー)との認識合わせを毎週または隔週で行い、チームの認識を調整 / 更新します。

FAQ about the SAFe ROAM Board

What is a ROAM board?

A ROAM board is a framework for highlighting the likelihood and impact of risks, in order to decide which risks are low priority versus high priority. This framework aims to help you Resolve, Own, Accept, or Mitigate risks and increases the visibility of risk management to everyone on the team, which ensures that potential risks are not overlooked or ignored.

What does SAFe stand for in agile?

SAFe stands for Scaled Agile Framework and defines a set of roles, responsibilities, and guiding principles for everyone involved in a SAFe project or working at an enterprise level that follows agile practices.

When is the ROAM technique used to categorize program risks?

The ROAM framework is used when teams need to identify and manage risks and, as an Agile technique, is often followed by those involved in SAFe project management. Using a ROAM board helps keep everyone aligned across each level of risk and maintains awareness of how all identified risks are being handled.

SAFe ロームボードテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Risk Matrix Thumbnail
プレビュー

リスクマトリックステンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Decision Making, Strategic Planning

リスクマトリックス(確率マトリックス、リスク評価マトリックス、影響マトリックスとも呼ばれる)は、潜在的なリスクを図に視覚化して、リスク全体の評価を可能にするツールです。このツールを使用すれば、潜在的なリスクの影響度と発生確率の比較評価が可能になります。リスクマトリックスでは、意思決定に関わるリスクが視覚化されるため、リスク管理に有用です。これを基に、緊急時の対応計画や緩和計画を準備し、想定される最悪のシナリオの回避につなげることができます。

リスクマトリックステンプレート
Bulls Eye Thumbnail
プレビュー

ブルズアイ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 優先順位付け, 図表作成

成長している組織にいると、すべての意思決定が運命の分かれ道であるかのように感じることがあります。そのせいで決断を下せずにいたり、優先順位をつけられない状態になったり、効率の悪い会議や士気の低下に至ることさえあるのです。そのようなシチュエーションに直面した時に、ブルズアイ図を活用しましょう。ブルズアイ図とは、その名の通り同心円を使ったダイアグラムで、企業が優先事項を設定したり、重要な決断を下したり、障害となるものを排除あるいは乗り越えたりするのに役立ちます。

ブルズアイ図テンプレート
3 Horizons of Growth Thumbnail
プレビュー

3 つの成長地平線モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Strategic Planning, Project Planning

「The Alchemy of Growth」で紹介されたこのモデルは、挑戦する企業に現在と未来のバランスをとる方法を提供します。つまり、既存の事業でうまくいっていること、新たに発生しつつあること、そして未来に待ち受ける収益性の高い成長の機会とのバランスです。そうすることで、組織のあらゆるチームが取り組んでいるプロジェクトが、組織のゴールに寄り添い、それをサポートしていることを確認できるのです。また、3 つの成長地平線モデルは、実験と反復を重視し、それに頼るイノベーション文化を育み、新規事業の機会を特定する強力な方法です。

3 つの成長地平線モデルテンプレート
Competitive Analysis Thumbnail
プレビュー

競合分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, 意思決定, 戦略プランニング

優れた製品を開発するには、状況(どこと敵対しているか)を把握し、いくつかの質問に答えることから始めます。競合他社はどこですか?製品やサービスにどのような違いがありますか?卓越しているものは何ですか?競合分析では、こうした質問の答えを見つけ、最終的には製品、価値提案、マーケティング、販売戦略を形にすることができます。これは、新製品のリリースや戦略計画セッションなど、大規模なビジネスイベントを予定している場合に最適です。

競合分析テンプレート
OKR Thumbnail
プレビュー

OKR テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 戦略プランニング, プロジェクト計画

明確性、焦点、構造は、会社の方向性や意思決定に自信を持つのに重要な要素です。OKR フレームワークは、それらを示すように設計されています。OKR(Objectives and Key Results:目標と重要な成果の略称)は、戦略的レベル、そして運用レベルの 2 つの主なレベルで取り組みを行い、組織のリーダーが戦略的目標を決め、重要な結果を四半期ごとに定義するのに役立ち、それがイニシアティブにつながります。そのように OKR を使用すれば、直面している最も緊急性の高い組織の問題に集中して解決することができます。

OKR テンプレート
5 Whys Thumbnail
プレビュー

なぜなぜ分析テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design Thinking, Operations, Mapping

問題の根本的な問題を発見したいですか?Miro のなぜなぜ分析テンプレートを使用しましょう。まずは、簡単な質問から始めます。「なぜこの問題が起こったのか?」答えが明確になり、改善策を実行できるようになるまで、問いかけを 5 回まで繰り返します。さらに、Miro のチャット機能や@メンション、付箋機能を使用すれば、このアプローチをさらに高いレベルで問題の分析に活用することが可能になります。

なぜなぜ分析テンプレート